こんばんは、お世話になっております。
ゴールデンレトリバーを飼っているのですが、
いつも食べさせているカリカリタイプのドライフード...
原材料を見てみた所、「肉骨粉」と表示されていました。
狂牛病の犬への感染はまだ聞いた事がないのですが、
やっぱり不安になります。
同じように肉骨粉が原料に含まれているフードを与えている方、どのように対策をとっていますか??
また、どのようにお考えでしょうか。

私の考え過ぎなのでしょうか...。
いろいろお話をお聞かせ下さい。

A 回答 (7件)

こんにちは!



ペットは、現在の所日本では二の次・三の次であり その原料たるや何を使っているか分かりません。
獣医が推奨している物も 原材料及びその添加物・保存料に至っては 大変危険なものを使用しております。

肉骨粉、つまり ミートミール・ボーンミールなどと原材料に記載されているものはお使いにならない方が賢明です。
また、保存料や添加物に何を使っているのかよく確かめてお求めになると良いでしょう。

サプリメントについても カルシウム剤などは全て肉骨粉ですので与えられないようになさるのが良いと思います。
    • good
    • 0

こんにちわ。



確かにドライフードには「骨紛」って記載されてますものね。
10月4日より国内での飼料、肥料、ペットフード用の肉骨粉の製造・販売の一時停止と、輸入の一時全面停止を実施すると決まりました(本日発表)。
いくら安全とはいえ、まだ「絶対に感染しない」と確証していないから中止になったんだと思います。
昨日ドッグフードを購入するのにお店に行ったのですが、殆どに「骨紛」って記載されていました。すると「吉岡油糧」さんから注文していたフードが届いた(もう少し先に来ると思っていた)ので成分表をみてみると「骨紛」は使用していませんでした。これでしばらく凌いで、騒ぎの動きを見ていきたいと思っています。
参考URLは「吉岡油糧」さんです。とっても食いつきがいいです。(笑)

ちなみにワンコには関係無いのですが、私自身は、大好きなヤキニクをたらふく食べて狂牛病にかかっちゃうんだったら、それでも幸せかな?とも思っちゃったりして。(∩.∩)「毒を喰らわば皿まで」ってカンジ。

ではでは。

参考URL:http://www2.vc-net.ne.jp/~yosioka/
    • good
    • 0

Liririさん、こんにちは。



先週にもこの欄にドッグフードの質問があり、フードメーカーに聞き書いたのですが、再度書かせていただきます。

1.現在の所、犬には狂牛病は感染しないといわれています。しかし刻々と情報は変わるのでよく調べて下さい。

2.3件のドッグフードメーカーに聞いたのですが、2件はアメリカ・オーストラリアの「牛骨粉」を使っているので安心してくださいとのことでした。(1件は鶏肉主体)

以上の結果でしたが、今使われているドッグフードの袋に、ほとんどのメーカーがお問い合わせ番号(フリーダイヤル)が書いてあると思いますので、一度メーカーに問い合わされてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

米国産こっぷんの場合には.狂牛病よりも鉛中毒が恐いです。


牛や羊の原因不明の肝臓病の原因を調べていたらば.こっぷんの材料の骨に蓄積されていた鉛が原因であったとの報告(雑誌名.かん・号・年・頁忘却)を読んだことがあります。
    • good
    • 0

お門違いなアドバイスとは思いますが、言わせて下さい。


私は肉骨粉以前に、3Dミート(4Dミート)と言われる、病気や薬品づけになった人間が食べられない肉を使用しているメーカーもののフードを与える気にはなれません。もしLiririさんがメーカーもののフードを与えられているのでしたら、原材料の表示を見て下さい。「肉類」など「○類」と書かれていませんか?それは「肉」ではないからです。「肉」の色んな副産物なのです。中には人間の場合は農薬としての使用すら認められていないものが合成料としても含まれています。会社などでは安全性を確認している、などと言っているようですが、安全ならどうして人間には禁止されているのか疑問です。もちろん人間と動物が全く同じ条件の食物が必要などとは思いませんが、少なくとも自分が食べられないものを、ウチの子(ウチの子は猫ですが)与える気にはなりません。

もし良ければ「ペットフード」「危険性」などのキーワードで検索してみてください。色んな「ペットフードの危険性」を伝えてくれているページがヒットします。現在私は、確かにお金はかかりますが、(「類」などという言葉を使用して逃げない)原材料をきちんと明記してくれていて製造過程も公開している所でしかフードは買いません。

あるページで、日本人はイメージやCM、もしくはホームセンターなどの安さでペットフードを買う傾向が強いと書かれていました。有名な某ペットフードも、日本では獣医が推奨していて値段も高いですし、よほど良いものだろうと思っていたのですが、最近色々分かってきていて、アメリカでも人気が落ちているそうです(その理由などは、ぜひ検索して色んなページを読んでみて下さい)。アメリカ人がペットフードを選ぶ基準はちゃんとした原材料を使用しているか、それを確認した上で決めるそうです。

私も以前いた子には「安い」「おいしそうだな」という理由だけでフードを選んでいました。ですが、それは競争に勝つために原材料費を下げたメーカーの「過剰なCM」だったのです。最初、まともなフードに変えた時、値段が高くてビックリしました。ですが、メーカーものは安くて当然なんですよね。そんな「類」などの名称をつけなければならない質の悪いものを使ってるんですから。これを機会に色々ペットフードについて調べてもらいたいです!!!

余談ですが、私も最近までペットフードの危険性なんて知りませんでした。「栄養満点」なんてCMしていて、そのまま鵜呑みにしていました。きっかけは、少し前に見たニュースで「ペットフードも食品扱いに」と言っていたのを聞いて「ペットフードって食品じゃなかったの?」と怖くなりました。それで色々調べて私も知りました。
    • good
    • 0

犬は狂牛病にかからないのでご心配いりません。


猫はかかるそうですが。
人間はそのペットフードを口にしないほうがいいかもしれませんね。
    • good
    • 0

こんばんわ。

狂牛病での、肉骨粉の事で、私のお店で扱っているであろう商品は全て撤去(売場に置かない方針)することになり、今日からは、牛肉も販売しなくなったようです。。

ご参考までに・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ