今年から営業から生産技術に配属されこまっています。
実務経験が全くないため、ソレノイドとかリレーとかさっぱり
わかりません。
機械、電気の用語、仕組みをわかりやすく説明している
HP等あれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

goo-hotomailさん、こんにちは。



文面拝見させて頂きましたが、生産技術での機械、電気、等となりますと
それを一概に記載しているHPは殆どないのではないかと思います。

それぞれ電気系(IT系)での生産技術・機械系(車)での生産技術系とか、
分離されてしまいます。
生産技術は、それぞれの業態によって、その必要となる内容が異なって
きます。
よって、それらを総合するようなHPは、殆ど見たことがありません。
(但し、あるHPがそれを行おうとしているところはありますが、現在
 リンク企業を募集している為、自社の生産技術のみを抜粋表示して
 います。)

文面中にソレノイド等の語句の記載がありましたが、gooーhotmail
さんの企業では、電磁石関連の部品なり製品なりのお取り扱いでしょうか。

それでしたら、電気関連系の生産時術でインターネット上でサーチすれば
すこしは、ヒットする可能性があります。
リレーでは、あらゆる業界で使用している為、恐らく生産技術まで行き着かない
と思います。

ちなみに、ソレノイドは、物理学の応用で解説しておりますので、そちらで
それらを記載しているHPは存在します。
私の方で、いくつかのサーチの中で、分かりやすくその仕組みを説いたものを
見つけましたので、ご参考になればと思い、下記に記載しておきます。
お役に立てば幸いです。

参考URL:http://doraneco.pos.to/physics/column/jiki.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自分でも探したんですが、総合的なHPって全然ないんですよ。
やっぱり各分野のものを地道に見ていくしかないんですかねぇ・・。
ご意見参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/04 00:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q職種に迷ってます(開発・生産技術・技術サポート)

就職活動中の学生です.現在職種選択に迷っています.社会人の方アドバイスをお願いします.
候補に挙がっているのは,開発・生産技術(品質保証)・技術サポートです.
私は自己分析の結果,「ありがとう」と言われることにやりがいを感じると考えています.そこで,技術サポートに興味があります.また,効率性をよく考えるので,生産技術にも興味があります.
しかし,先輩の助言では「技術サポートは正常に動いて当たり前,故障したのはサポートのせいにされるからお客様のクレームをもろにうけて大変だ.自分(先輩)からみて,君(私のこと)は開発ができる能力があるのだから,開発にすればいいのでは?」と言われました.ただ,自分には開発をする自信がありません.特に1年間卒業研究をして研究はあまり自分にあってないのではないかと考えています.先輩は「開発で技術全体を見渡せる能力を身につけて,もし,合わなかったら生産技術やサポートに移動すればいいのでは?開発から生産技術,サポートにいくのは比較的容易だけど,生産技術,サポートから開発に移動するのは容易ではない」と言います.生産技術,サポートから開発に移動は容易でないことは想像できますが,今の不況の時代に,開発から生産技術,サポートに移動という逃げのような道が会社で許されるのか,ちょっと疑問に思っています.実際の会社ではこのような移動はよくあるのでしょうか?
また,私はゼロからものを作ることに自信はないのですが,改良などは少しできるかなと思っています.このような私が開発で通用するでしょうか?また,開発,生産技術,サポートを選択した方々のそれぞれの理由,仕事での苦労,やりがい,うれしいことなど聞かせていただけたら幸いです.

就職活動中の学生です.現在職種選択に迷っています.社会人の方アドバイスをお願いします.
候補に挙がっているのは,開発・生産技術(品質保証)・技術サポートです.
私は自己分析の結果,「ありがとう」と言われることにやりがいを感じると考えています.そこで,技術サポートに興味があります.また,効率性をよく考えるので,生産技術にも興味があります.
しかし,先輩の助言では「技術サポートは正常に動いて当たり前,故障したのはサポートのせいにされるからお客様のクレームをもろにうけて大変だ.自...続きを読む

Aベストアンサー

できる技術者になりたければ両方経験した方がいいと思います。開発経験のあるサポート担当、サポート経験のある開発担当はそれぞれ強みになると思います。
ただ、nicnic1234さんもわかっているように「開発から生産技術,サポートにいくのは比較的容易だけど,生産技術,サポートから開発に移動するのは容易ではない」のでまず開発をやってみては。大学(?)の卒研と開発とは違います。卒研は自分で考える要素が多いですが、新人に初めから考えさせる会社は少ないでしょう。初めは下っ端として手足を動かしながら先輩のやり方を覚える、発想力が必要になるのは何年か先です。その時点でやはり自分にはできないと思ったらサポート業への異動させてもらうとか。それでも十分に開発経験のあるサポート担当として活躍できると思いますよ。また、開発からサポートへは「逃げ」ではなく、むしろ「いやな役を買って出る」というイメージが私にはあります。

ちなみに私は、工場の生産技術経験のあるシステムエンジニアかな(?!)。

Q生産数 生産時間の出し方

複数の部品から一つの製品を製作する場合の生産数、生産時間の
出し方
生産数 20台(20台が1set)
A 60分 使用数 1個 (20台に1個使用)
B  4分 使用数 20個 (各台に使用)
C 3分30秒 使用数 20個 (各台に使用)
D 3分 使用数 20個 (各台に使用)
E 10分 使用数 2個 (20台に2個使用)
F 1分 使用数 5個 (4台に1個使用)
G 1分 使用数 20個 (各台に使用)
H 15分 使用数 20個 (各台に使用)

1台の製作時間と20台の製作時間を出す場合は
単純にプラスして20台で÷ばいいのでしょうか?
全てプラスしたものが20台分の時間??
それを20台で÷れば1台分の時間??

そこから1日(8H)の生産数をだしたいのですが
合計558分÷20台=27.9分(1台分の製作時間)
  480分(1日)÷27.9分=17.2台(1日/1人の製作数)
              2人 34.4台
              3人 51.6台
              4人 68.8台

このような出し方であっていますでしょうか
各部品の工数、使用数が違うのが気になり分からなくなってしまいました

ご指導お願いいたします

複数の部品から一つの製品を製作する場合の生産数、生産時間の
出し方
生産数 20台(20台が1set)
A 60分 使用数 1個 (20台に1個使用)
B  4分 使用数 20個 (各台に使用)
C 3分30秒 使用数 20個 (各台に使用)
D 3分 使用数 20個 (各台に使用)
E 10分 使用数 2個 (20台に2個使用)
F 1分 使用数 5個 (4台に1個使用)
G 1分 使用数 20個 (各台に使用)
H 15分 使用数 20個 (各台に使用)

1台の製作時間と20台の製作時間を出す場合は
単純にプラスして2...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんの計算では、1人1日で17.2台 となっていますが、17.2台を作るときの部品Aの作業時間は 60分×(17.2/20)で計算されています。しかし部品Aの作業には、60分が必要です。

質問者さんの計算は、すべての部品で20台分ずつ生産をする、という生産方法になっています。すると、20台生産するのに558分=9.3時間かかります。1日8時間労働とすると、1日目には1台も出来上がりません。
1日目にできるのは、生産作業が8/9.3だけ行った仕掛品が20台です。完成品はありません。

1ヶ月間生産してから、1か月分まとめて出荷するときに何台出荷できるか、というような計算なら良いのですが、毎日何台出荷できるか、という計算には不適切です。

また、2人以上で作業を行う場合は、一人が部品Bを使う作業をしながら同時にもう一人が部品Cを使う作業をし、さらに3人目が部品Dを使い・・・というような方法が考慮されていません。全員で部品Bを使う作業をし、次に全員で部品Cを使う作業をし・・・というようにして、 20台×作業人数 だけの数を生産する場合の計算になっています。これはとても効率の悪い方法ですし、上記の1人のときと同じで、1日目には完成品は1台もありません。


計算の目的は何でしょうか?
生産管理の練習問題であるのなら、もう少し条件があるはずです。
これが練習問題であるとして、1人で作業を行った場合に1日に出荷できる完成品の数の最大数を求めさせる問題であるのなら、以下のように計算します。


まず、各作業の投入個数を考えます。

Aは、(20台に1個使用) とあります。
これが、常に20台を投入しなければならないのか、部品Aを無駄に使えばもっと少ない数、たとえば10個とか5個、あるいは1個でもよいのか、によって、計算が変わります。
ここでは、20個を投入しなければならないということにしておきます。

すると、常に複数を投入しなければならないのは、
E (20台に2個使用)
F (4台に1個使用)
があります。
ここでFについては(4台に1個使用)と書いてあるのに、Eについては(10台に1個使用)ではなく(20台に2個使用)となっています。とすると、Eも20台を投入しなければならない工程であると解釈できます。
ということは、Eまでは20個を生産しなければならないわけです。ここまでに要する時間は

60+4×20+3.5×20+3×20+10=280分

となります。1日8時間=480分ですから、あと200分あります。この200分で残りのFGHの工程を行って、最大何個作れるかを考えればよいわけです。

工程Fでは4台ずつ作業を行います。そこで、4台生産するときにFGHでどれだけの時間が必要かを計算すると、

1+1×4+15×4=65分

となります。時間は200分ありますから、4台ずつ3回(12台)生産すると

65×3=195分

で、残りが5分です。
Eまで20個生産し、12台を使ったのでEまで終了したものが8台あります。
部品Fの工程で、4台ずつ2回生産すると、残りは3分です。
Hは15分必要ですから、残りの3分で部品Gの工程を3台生産します。

結局、1人で作業すると、完成品が12台、Fまで終了が5台、Gまで終了が3台になります。
複数の作業者で生産する場合は、同時に複数の工程で作業するので、もう少し複雑になります。

質問者さんの計算では、1人1日で17.2台 となっていますが、17.2台を作るときの部品Aの作業時間は 60分×(17.2/20)で計算されています。しかし部品Aの作業には、60分が必要です。

質問者さんの計算は、すべての部品で20台分ずつ生産をする、という生産方法になっています。すると、20台生産するのに558分=9.3時間かかります。1日8時間労働とすると、1日目には1台も出来上がりません。
1日目にできるのは、生産作業が8/9.3だけ行った仕掛品が20台です。完成品はありません。

1ヶ月間生産...続きを読む

Q生産技術と設計

こんにちは。
ただいま機械工学を専攻しているものです。
生産技術と設計と開発をそれぞれ異なる会社から内定をいただいています。
正直どれもすてきれず将来がんばりたいなと思っています。
そこでひとつの指標として考慮したいのでお聞きします。

生産技術→設計・開発
設計・開発→生産技術

上のパターンで転職をするとしたらどちらのほうが転職しやすいでしょうか。できるだけ多くのことがおぼえられる仕事がしたいです。

Aベストアンサー

ANo1さまに賛同します。

転職の現実は、社会的評価が高い所から低い方へが一般的です。
その逆を求める人は多く、少なくはありませんが、運、コネ、その他、不確定的な要素が絡みます。
その為には、少しでも社会的評価の高い企業が有利でしょう

Q斎藤一人さんの講演会とかどうやったら日にちとかわかるのですか?今は講演会とかやってるのですか?

斎藤一人さんの講演会とかどうやったら
日にちとかわかるのですか?
今は講演会とかやってるのですか?

Aベストアンサー

下記サイトなどをみるといいでしょう。

銀座まるかん創業者で納税日本一の斎藤一人さんの【大阪講演会】
w ww.youtube.com/watch?v=zn9nMBvvxss

w ww.youtube.com/watch?v=u_JY6Ds1_P4

https://w ww.youtube.com/watch?v=SUfWoxvY3wA

斎藤一人さん一番弟子。銀座まるかん柴村グループ代表。
18歳のとき専門学校で、斎藤一人氏と出会い、
斎藤氏の教えを自ら実践し、広めている。

http://www.shibamura-emiko.jp/

http://ameblo.jp/tuiteru-emiko/

Q生産技術ってやりがいありますか?

現在、食品関係のプラントエンジニアを1年間やっていましたが、
転職したいと思います。その前は化学プラントのプラントエンジニアを
6年やっていました。今度もプラントエンジニアをしたかったのですが
現在求人が生産技術の方が多いのが現状です。
そこで、生産技術の職務内容,やりがいや良し悪しがあれば教えて
いただきたいのですが・・・
失礼な話ですが、生産技術ってそんなにやることあるのかなーって思ってます。

Aベストアンサー

こんにちは

自分は経験ありませんが,生産設備メーカーだったので
生産技術の方とお付き合いがありましたので・・・
#1様のおっしゃるように波乱万丈・・・でしょうね!
追求心のある人にはやりがいとなるでしょうが,多くの外注をまとめ
「早い」「安い」「良品質」「環境保全」「機械保全」「安全」「作業性」などなど意識しながら
進めていくものです
だから極めて根気のいる仕事であると思います
また,大きな会社の工場ラインは,平日稼動,休日保守などが多いため
新規導入や,改造・保全などは,休日に集中すると思います
休みが不定期な仕事であるとも思います
設備トラブルに関係する部署が保全課だったり生産技術だったりするので
如何にノントラブルの設備を創りあげるかもポイントになってきますが
設備は受注後設計と言われる一品設計も多いので,トラブルが多いのも
現状です
二勤交代や三勤交代の会社だと,夜中にトラブルなんてことがあれば
呼び出し食らうかも知れませんよ・・・

一応参考にして頂ければと思います
ではでは

Qソレノイドが発生する磁界

空心のソレノイドが発生する磁界の強度について、流す電流と巻き数を増やさずに上げる方法は、ありますか?

Aベストアンサー

空心コイルという以上使用場所は空気中、精一杯範囲を広げても真空中ということになります。
(空中と真空中の透磁率の差だけでほとんど差は無いといえる)
その上で電流、巻き数を変えなければ、発生する磁界の強度はかえようが有りません。

補足
 コイルを扱う時、昔はA・T(アンペア・ターン)を使っていましたが
 現在は電流*巻き数を一括でA(アンペア)になっています。

Q生産技術と生産管理

生産技術についてお聞きします。

・生産技術という仕事と生産現場での違いが分かりません。
(実際にたとえばフライス盤を使ったり、旋盤で加工したりも生産技術の仕事となるのでしょうか。)以前、質問させていただいたのですが意見が2分しており正確に理解できていません。それは会社によって異なるということなのでしょうか。もっといえば生産管理、設計、開発との違いも理解できてないです。
あと職場環境がどのようなものかも実際わからないのでご回答者様の事情でもかまわないのでご享受ください。

「きつい」「帰れない」「給料が安い」「休暇が取れない」「規則が厳しい」「結婚できない」等6K職場とたとえる人もいました。
正直劣悪な環境で給料が安ければ働く気になれません…

ご意見をお待ちしてます。

Aベストアンサー

おはようございます♪
No2.です。

なんとなくなんですが・・ほんとになんとなくなんですが・・(-_-;)
gaejqhjewaさんは内定はもらっていても行きたくない気持が半分以上お持ちではないですか?
4000人規模の会社ではあるけどオリジナル製品を造っていない言わば下請け的な会社で、製品設計や製品開発をする可能性が低いとか・・・?
違っていてご気分を損なわれたらゴメンナサイ<(_ _)>

確かに自分が製品設計や製品開発した商品が世の中に流通するのは嬉しいことです。
しかし、ある程度の規模の会社でそうなったとしても自分一人で全てを成し遂げられることでもないので「自己満足」の領域を脱するのは困難性が高いですね。勿論スーパースターになれる可能性もありますけどね(^^)v
私なんぞは未だに「自己満足」の世界で生きてます(^^)

生産技術者の多くはより良い商品を世間が必要としている数量をより安価に供給しているという自負心と誇りを持って業務に励んでいると思います。
生産技術者が常に募集されていて定着性が悪いとすれば、一般的なイメージに比し製造業にとって重要かつ困難性の高い業務であるため直面しての戸惑いがあるのでしょう。
私は23年前まで2万人規模(現在は6万人規模)の会社で現場→生産技術→設計(デザイナーとの協業含む)→事業計画をやってきました。
現在は独立して自社&他社の製品開発や過去の経験を元に技術指導をしています。

余談はこれくらいにして本題ですが・・

製造業においては生産管理は商品・部品の受注窓口でもあり、生産能力を把握した上で希望数量・納期を満足できるか判断して回答します。
満足できないと判断できるなら顧客や後工程に実情を説明し、可能な数量・納期を伝えて変更をお願いします。
それでも変更が受け入れられない場合は残業や休日出勤を視野に入れ現場に要請します。
その残業や休日出勤の限界(アクシデントに対する多少の余裕代は必要)を元に再度顧客や後工程と調整します。
数量・納期が確定したら現場に予定を伝達します。
加工が始まってからの途中で予定通り進んでいるか進捗チェックします。
アクシデントがあって予定数量・納期が満足できそうもない場合は余裕代の取り崩し範囲内であれば現場に危機的な状態を伝えます。
余裕代の取り崩し範囲外であれば顧客や後工程に伝え変更を要請します。
こういう状態になれば変更は余儀ないのですが、顧客や後工程からの信頼は低下せざるをえません。
加工能力把握が不正確であったり進捗チェックができなくて納期直前になっての顧客や後工程への伝達は信頼の最悪レベルになります。
順調ではない事例を挙げましたが、順調な受注や納品だけであれば誰でもできることなので特別な解説はいらないのです。
生産管理担当業務はアクシデントとの戦いみたいなものですね。

設計ですが色々な設計があります。
生産技術にまつわる型治工具設計や比較的簡便な加工機械の設計。
広義に解釈すれば機械・オペレーター配置などのレイアウトも設計に入ります。
製品設計もありますが工業デザインとの仕切り方は難しいところです。
工程設計ということも製造業では重要で、原材料選定・加工機械・加工手順を設計しますが品質・工数(加工時間)に影響を与えます。

開発ですが製品開発と生産技術開発があります。
文字通り製品開発は市場を予測して世間に受け入れてもらえるものを創造することなのですが、会社に所属しての製品開発は業務命令がほとんどということになります。
稀に自分で提言して承認が得られれば、自らのアイデア商品が世の中に普及することになるかも知れませんが世間では会社が生み出したモノということで個人の評価にはなりにくいですね。
どこかの会社のノーベル賞該当者や世界的な特許で訴訟を起こしたような人レベルは別ですけど。
生産技術開発は設計と重複するところもありますが、生産性向上のためにオリジナルな加工機械を開発したり、原材料組成や既成機械や切削工具をメーカー共同で提言開発したりします。

おおよそ製造業についての業務はこのようなことです。
会社の規模や取り扱い品目の違いで微妙に異なるところはあるでしょう。

いずれの業務も実体験しないとわかりにくいかと思いますが 少しでも伝われば嬉しいです。。。

おはようございます♪
No2.です。

なんとなくなんですが・・ほんとになんとなくなんですが・・(-_-;)
gaejqhjewaさんは内定はもらっていても行きたくない気持が半分以上お持ちではないですか?
4000人規模の会社ではあるけどオリジナル製品を造っていない言わば下請け的な会社で、製品設計や製品開発をする可能性が低いとか・・・?
違っていてご気分を損なわれたらゴメンナサイ<(_ _)>

確かに自分が製品設計や製品開発した商品が世の中に流通するのは嬉しいことです。
しかし、ある程度の規模...続きを読む

Q配属先初出社に持っていくとよいものを教えてください。

4月1日から働き始めた新社会人です。
5日間の研修を終えて、明日が(土曜分の)代休、明後日から配属先に出社します。
会社からは
・名刺入れ(明後日に名刺が配られるそうです)
・筆記用具(ペンとノート)
・スケジュール管理のできる手帳
の三点を持ってこいと言われていますが、他に何か持っていった方が良いようなものはありますか?
私は上記の他に、デスク等に置いておくための
・歯ブラシ
・スーツ用のブラシ
・靴磨き
・ビジネスマナーの本
を持っていくつもりですか過不足ないでしょうか?
ちなみに業種は製造業界、職種は事務のような仕事です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

付箋はあると結構便利です。
手帳のメモの中の特に大事なところに貼っておいたり、手帳にメモするほどじゃないことは付箋に書いて机やパソコンに貼っておいたり・・・。

Q生産技術と設計

私は新卒で入社をして1年5ヶ月のものです。
今現在は大田区で機械部品を製造(生産技術)しております。(設計経験はありません。)

大手の転職支援会社を利用して転職を考えております。このまま、生産技術でいくか、設計にいくか悩んでおります。

どちらかと言いますと、手先は器用なので生産技術の方は自信があります。

設計でいく場合は、転職支援会社の話では、派遣会社(派遣会社の社員)でスキルを付けて2年後以降に転職をするようです。

どうも、転職支援会社は利益を上げたいだけで、
早くどこかに入れたい感じがします。

・大手の自動車業界では生産技術と設計はどちらが需要がありますか?!
・設計でいく場合は、派遣会社(派遣会社の社員)でスキルを付けて2年後以降に大手企業が雇ってくれるのでしょうか?!

何かコメントを頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

この業界を良く知っていますが、設計はどんどんアウトソーシングされる傾向にあります。社内に設計専門の子会社を作ったり、人材派遣会社に依頼したり様々です。設計は、より専門家が重用されるようになり、最新のCADや3D、解析手法もどんどん高度化され日進月歩です。この分野で人並み以上の手腕を上げるには努力以外に才能も必要です。

一方、生産技術は明らかに人材不足です。特に製造技術に関わる人材は育てるのに時間が係り、折角育てても会社へのロイヤルティが低く流出したり、海外生産への応援派遣とで、明らかな労働者側の売り手市場です。

私はあなたがどのような技術をお持ちか分かりませんが、自動車会社はどこも同じような悩みを抱えていることは確かですから、派遣会社へ身を置かず、正面から応募されることをお勧めします。

Q専務とか常務とか

取締役の序列がよくわかりません。
また、法的にはどうなっているのでしょうか。

Aベストアンサー

 日本の会社では、定款において取締役中に会長・社長・副社長・専務・常務などの名称を付した取締役を設けるのが、通例です。これらを実務界では役付取締役といっています。しかし、No.1の方が言われているように、これらは法の定めた期間ではなく、任意機関です。したがって、登記できるのは、代表取締役と取締役のみとなります(社外取締役を選任した場合はそれも登記しなければなりません)。
 社長は業務担当取締役の筆頭者であり、対内的・対外的業務の執行の権限を有します。会長は、社長の諮問を受けたり、相談に応じたりする権限しか有しないのが一般的ですが、会長も代表取締役にして対外的業務執行の権限を与える例もあります。
 さて、専務と常務についてですが、専務は一般的に社長の業務執行の全般を補佐し、常務は会社業務の部門的事項を担当し、また社長および専務の業務執行を補佐するのが通例です。
 ではヒラの取締役はなにをやるかと言いますと、取締役会を通じて会社の業務の意思決定に参与するという基本的職務のほかに、代表取締役ら会社の業務執行機関の業務執行状況を監視するという職務を行ないます。
 これら役付取締役の構成比については会社によってまちまちですので、なんとも言えません。

 日本の会社では、定款において取締役中に会長・社長・副社長・専務・常務などの名称を付した取締役を設けるのが、通例です。これらを実務界では役付取締役といっています。しかし、No.1の方が言われているように、これらは法の定めた期間ではなく、任意機関です。したがって、登記できるのは、代表取締役と取締役のみとなります(社外取締役を選任した場合はそれも登記しなければなりません)。
 社長は業務担当取締役の筆頭者であり、対内的・対外的業務の執行の権限を有します。会長は、社長の諮問を受けた...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報