最近、脈拍が、減って困ってます。昔は、70代後半あったのがいつの間にか、50あるかないか、低いときには、40くらいです。これって、まずいのですか。心臓ペースメーカーとかつけなきゃいけないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

脈拍についてですが、他の人も答えられているように運動選手は、一般的に少なくなるのはもうお分かりになっていると思いますが、そこで、問題になるのは心臓の疾患(問題)があるかどうかというところになってきます。


問題というのは、心臓での脈拍を誘発する元は刺激伝導系といわれる、心臓自体に収縮の命令を出して、その刺激を心臓全体に伝える部分があります。
そして、この刺激伝導系というところで、一番最初に刺激を発するのが洞結節というところになるのですが、ここの異常によっても、徐脈になります。
また、もう一つは、この刺激の伝導路全体を刺激伝導系といいますが、この伝導路で、心房(心臓の上の部分)と心室(心臓の下の部分)の間で刺激の伝わり方が遅くなるもの。
があります。
最初の病気は洞機能不全症候群(SSS)と言われるもので、この病気は徐脈になったり頻脈(脈が多くなること)になったりする場合がありますが、徐脈の時に適応となります。
次に、完全房室ブロックと言われる病気が2つ目の病気になります。
また、その他に徐脈型心房細動も適応症となります。
一般にこの、3つ(洞機能不全症候群、完全房室ブロック、徐脈型心房細動)
が適応症となります。
運動を始めてどのくらいになるのかわかりませんが、ご心配なら一度診察を受けられることをお薦めします。
診断には、心電図、及び、必要ならばホルター心電計と言われる24時間もしくは48時間心電図を取るもの、によって診断されると思います。
他にも必要ならば医師が検査をすると思いますが、これで異常なしと診断されれば安心でしょうから、一度病院に行くことをお薦めします。
それでは、お大事に・・・・。
    • good
    • 0

はじめまして。


yuuhelpmeさんのご質問だけでは正確には回答できませんのでもう少し情報を加えられた方がよろしいかと思います。
一応公開されている情報をまとめると野球に詳しい高校生で8月にはけがのためか車椅子生活をしていた。9月にはアイスクリームの模擬店をやっておられるのでけがが治ったのでしょうか?テニス経験がありそうな神奈川県にくわしい男性。
と言うことになるのでしょうか・・・
脈拍が70台であったのは何歳くらいのことでしょう?普通人間は赤ん坊の時が一番脈が速く成長に従って遅くなっていく者です。特にテニスなどの過激なスポーツを部活動等で長くやっておられた場合脈が多少遅めになるのはスポーツ心臓と呼ばれて前の回答者の方々がおっしゃるとおり生理的な現象です。
ペースメーカーは普通除脈性心房細動や完全房室ブロック、洞機能不全症候群などの不整脈によって除脈となり脈と脈の間隔が最高で3秒以上あいていたり意識消失発作に近い症状があると言った人に適応とされています。
自分で脈を計って規則正しく脈が飛んだりすることがなければ最も考えられるのは洞性除脈、つまりスポーツ心臓などに近い者です。
洞性除脈でも意識が遠くなるなど何らかの症状がある場合にはペースメーカーの適応となる場合もありますが普通症状がでる程の方は少ないようです。
高校の検診で心電図をとられたと思いますがそれで脈が遅くても異常なしと判定されているならそれほどの心配には及ばないと思います。
どうしてもご心配でしたら病院で心電図と24時間心電図をとられれば治療が必要な状態かはっきりすると思います。
ご自愛ください。
    • good
    • 0

初めまして.一般に脈拍が50回/分をきると,徐脈とされます.運動をなさっておられる方には50回/分くらいの方もおられると思いますが,40は相当低いと思います.


運動をなさった時などに息切れが起こったりしませんか?
yuuhelpmeさんの文章から察するには,私の意見では循環器系内科に一度受診なさった方が良いかと思います.
まだまだ学生なもので知識足らずで申し訳ありません.
    • good
    • 0

こんにちは。


年齢はおいくつの方でしょうか?
医者ではないので、病的なことはわかりませんが、スポーツインストラクターの立場から言わせてもらうとすれば、脈拍の測り方が間違っているひとが以外にも多いんです。
自動血圧測定器や病院で測ってもらったのなら間違えはないと思いますが、自分で計っている場合・・・
通常6秒間計って10倍するか、10秒間計って6倍するのですが、よーいハイと同時の脈は数に入れません。よーいハイの次のトクンからカウントします。これを間違ってしまうと、6倍10倍した時の数値はかなり違ってしまうことになります。
あと、考えられることは、水泳やジョギングのような有酸素運動を始めて数ヶ月経ったなどの場合、トレーニングの効果として現れます。
動悸や息切れなどがなければ大丈夫だとは思いますが、脈拍が40代というのは、一流のマラソン選手のレベルですからねぇ・・・
yuuhelpmeさんの年齢や今までの運動の経験などにもよるので、なんともいえませんが、病院で診てもらってスッキリされたほうがいいですよ。
    • good
    • 0

私も平均して50台の前半くらいです。


高校生の頃、一時期50を割ってしまって、病院で検査してもらいました。
心電図の機械の小さいものを、1日付けて生活したんですが、結果としては、その脈拍で安定しているなら大丈夫だということでした。
ただ、40前半や、40を切ったらまた来てくださいね、とも言われましたので、念のため、一度検査してもらうことをオススメします。
心配して毎日過ごすのは、精神的にもよくないと思いますよ。
    • good
    • 0

最近運動を始めましたか?


運動選手は脈拍が遅い(と言うんですかね?)そうです。私も50~55くらいですよ。

ただ、短期間で急激に落ちたとなるとなにか病気かもしれませんので、心臓の専門医の診察を受けたほうがいいと思います。私の弟も体操をしていて、脈拍が40~45くらいで就職試験の健康診断で専門医を受診しろと言われたようです。なんともなかったようですけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心臓ペースメーカーについて

教えてください。ペースメーカーを日本語?で表すとすると何といいますか?また正式名称があれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。国内でも名称は「ペースメーカー」として通っている様で、強いて言えば「脈拍調整機器」でしょうか?詳しくなくてすみません。

参考URL:http://www.kpu-m.ac.jp/ICUman/circulation/c.html

Q心臓ペースメーカーの埋め替え手術の保険金

愚妻が心臓ペースメーカーの入替手術受けたのですが、かんぽ生命の手術保険金の支給を受けられませんでした。
手術は患者が手術室に入ってから出てくるまでに四時間以上掛っていました。
医師の説明によると身体から取り出した旧のペースメーカーは、約6年間持続したものでしたが、
今回新しく埋め込んだペースメーカーは、約8年間持続できる少し大きなものになった為、
ペースメーカーを支持するポケットを大きく作り直したため、長時間を要したとのことでした。
術後の外見は 左胸に4~5センチの切開 縫合のキズが残っています。
かんぽ生命の説明によると、手術保険金を支給しない理由が、下記の条文が根拠だと説明されました。

「第9 手術保険金の支払い対象となる手術」の一覧表のなかで、
循環器 28 体内用ペースメーカー埋込術(開胸を伴う手術に限る。)20倍 とあり、脚注で
(3)開胸を伴う手術とは、胸腔を開き、露出した状態で、胸腔内に操作を加える手術をいいます。と 規定されています。
胸を切り開き、体内にペースメーカーを入れる手術が、上記条文に該当しない為、保険金支払い対象にならないとする理由を教えてください。
ちなみに、明治安田生命のパンフレットには手術の一覧表の中で、
24 体内用ペースメーカー埋込術(電池交換を含む)10倍 と 明記され、保険金支払い対象になっています。

愚妻が心臓ペースメーカーの入替手術受けたのですが、かんぽ生命の手術保険金の支給を受けられませんでした。
手術は患者が手術室に入ってから出てくるまでに四時間以上掛っていました。
医師の説明によると身体から取り出した旧のペースメーカーは、約6年間持続したものでしたが、
今回新しく埋め込んだペースメーカーは、約8年間持続できる少し大きなものになった為、
ペースメーカーを支持するポケットを大きく作り直したため、長時間を要したとのことでした。
術後の外見は 左胸に4~5センチの切開 縫合...続きを読む

Aベストアンサー

ペースメーカー埋め込み手術には、2種類あります。
一つは、鎖骨下の静脈を経由して、リード線を心臓に固定する方法。
もう一つは、開胸して、リード線を直接、心臓に固定する方法です。
ご参考に……
http://www.jll.co.jp/patient_family/pacemaker-2.html

まず、保険の支払対象になる手術については、
保険会社が自由に決めることができます。
従って、A社は支払い対象、B社は支払い対象外
ということがあっても、不思議でもなんでもないのです。
また、A社、B社も支払い対象だけれど、金額は違う
(入院給付金日額の倍率が違う)ということも普通にあることです。

今回の場合、
かんぽは、体内用ペースメーカー埋込術(開胸を伴う手術に限る。)
ということで、開胸手術という条件付です。
明治安田生命は、開胸手術という条件がない、ということです。
対入院給付金日額の倍率も違います。

このようなことは、良くあることです。
他にも、簡保の支払い対象になる手術は、「入院を伴う」
という条件も付いています。
つまり、外来手術は、対象外ということです。

かんぽの保険は、そういう保険なのです。
そういう契約なのです。

ペースメーカー埋め込み手術には、2種類あります。
一つは、鎖骨下の静脈を経由して、リード線を心臓に固定する方法。
もう一つは、開胸して、リード線を直接、心臓に固定する方法です。
ご参考に……
http://www.jll.co.jp/patient_family/pacemaker-2.html

まず、保険の支払対象になる手術については、
保険会社が自由に決めることができます。
従って、A社は支払い対象、B社は支払い対象外
ということがあっても、不思議でもなんでもないのです。
また、A社、B社も支払い対象だけれど、金額は違う
(入院給...続きを読む

Q心臓移植ではなく、ペースメーカーをつけて生きることはできないのですか?

こんにちは。調べてみても素人にはよくわからなかったので質問させて
いただきます。

(1)心臓移植が必要だと言う人たちは、ペースメーカーをつけるこ
とで心臓の機能が保たれることはないのでしょうか? 人工心臓だと
60日持てば成功とのことですので、多くの人にとっては移植しか
生きる道がないかのように受け取られていますが、実際はどうなので
しょうか?

(2)少し話題がずれますが、心不全の人は心臓移植をすることで
寿命を延ばすことができるのでしょうか? 
ありえない話かもしれませんが、老い衰えて心停止するであろう人
に心臓を移植するようなケースはあるのでしょうか?
老死する多くの人は、心臓を動かすに足りる筋力が衰えることで
心停止に至るのだと思うのですが、筋肉はまだあるのに心臓のみ
が動かなくなるような高齢者が心臓移植を受けることは、実際に
あるのかどうか、気になります。

稚拙な質問かもしれませんが、回答いただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

ペースメーカーは心筋に電流を送ることで心臓の鼓動を制御する機器です。
あくまで、「鼓動を制御」するだけで、鼓動そのものを継続させることは
出来ません(止まった心臓を動かすAEDが、物凄い電気ショックなことは
その手の研修を受ければよく分かります)。

また、そもそも論として、心臓そのものに欠陥があって、鼓動が正常でも
心臓機能が正常でない(心臓に穴が開いているとか)場合は、外部からの
電気信号だけではどうしようもありません。

あと、当然のことながら、心臓が正常でも、他の臓器が不全ならどうし
ようもありません。一般的な「老衰」は一種の「多臓器不全」ですから、
ひとつの臓器を新品にする意味はないのです。

Q不整脈、脈拍欠損について・・・

何気なく脈を触ってみたら、脈が正常でなく、抜けていました。
抜け方はまばらですが、今は3回打って1回抜ける感じです。
生活、食生活は不規則です。
体調は特別悪くはありません。
疲れた感もありません。
脈が抜けている時は、同じに心臓もなっていないのでしょうか?
やはり、病院にいったほうが良いんでしょうか?

Aベストアンサー

おそらく、期外収縮と呼ばれる不整脈が発生しているものと思われます。
この不整脈は、それ以外の心臓病が無い場合は害が生じることは少ないものですが、こうしたことを確認するために負荷心電図などの検査を受けられることをお勧めします。

参考URL:http://www.gik.gr.jp/~skj/arrhythmia/arrhythmia.php3

Q脈拍数が上がる病気

人と話す時に、心拍数が妙に上がります。
上手くコミュニケーションが取れません。
心拍数を抑える薬を飲んだほうがいいでしょうか?

現在、精神安定剤を飲んでいますが、効果はいまいちです。
深呼吸をしても効果はいまいちです。

Aベストアンサー

心拍数を抑える薬の代表として、βーブロッカーという薬があります。
この薬は一日中心拍数が多くて血圧が高い患者様には有効なのですが、一時的に心拍数が上昇する程度の方には普通使いません。また、気管支喘息を悪化させることが知られており、この点を考慮しても使用が難しいと思います。
ところで、精神安定剤ですが、いろんな種類があるどれもが、心拍数は抑える方向に効果を示していると考えられています。
http://www.fuanclinic.com/byouki/tori_5.htm
このあたりの情報を患者様に説明するのは、時間がかかるし、専門的な分野でもあるため、主治医の先生も少しずつご説明される予定だったのだと思います。
この場で少し補足すると、
(1)運動する時には、筋肉に酸素を送る必要があるため、心拍数が上昇する。
(2)これと別に、驚いたり、興奮したりする時にも心拍数は上昇する。
(3)これは、誰もが持つ特性で特別なものではない。
(4)ただし、その程度が人並みはずれて上昇するのであれば、心臓に対する負担を考慮して治療する。
 また、治療時には、眠気などの副作用を考慮して、薬の量を最小限にする。
このような理由で、心拍数の上昇を抑える効果には、ご不満をお持ちなのかなと推測しております。
薬の治療と別に、出来ることがあるとすれば、ジョギングなどのご提案をしたいと思います。
これは、マラソンなどのスポーツ選手の平常時心拍数が低いことに注目したものです。
ジョギングなどの軽めの有酸素運動で平常時の心拍数を低めにトレーニングすることで、緊張時に少しでも心臓の負担を和らげようとするものです。
また、場数を踏むことは緊張を和らげるのに有効なので、知らない人と意識的に話すよう心がけることも考えてはどうでしょうか?
会話術や会話のマナーを身に付けることは、薬物療法と併用することで、効果があると思います。

心拍数を抑える薬の代表として、βーブロッカーという薬があります。
この薬は一日中心拍数が多くて血圧が高い患者様には有効なのですが、一時的に心拍数が上昇する程度の方には普通使いません。また、気管支喘息を悪化させることが知られており、この点を考慮しても使用が難しいと思います。
ところで、精神安定剤ですが、いろんな種類があるどれもが、心拍数は抑える方向に効果を示していると考えられています。
http://www.fuanclinic.com/byouki/tori_5.htm
このあたりの情報を患者様に説明するのは、時間がか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報