忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

株式会社設立の際、発起人は必ず株式の引受をしなくてはならないのでしょうか?
 例えば、A会社の代表取締役Bが、友人から株式会社Cの設立を頼まれ、代取Bがその会社の発起人になる場合、引受株をA会社とすることは不可能なのでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

商法第169条(発起人の株式引受)に、


「各発起人は、書面又は電磁的方法によりて株式の引受を為すことを要す」
とありますので、発起人は株式の引受が必要だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!もやが取れました!
ありがとうございました!

お礼日時:2005/06/10 15:19

A会社が引き受け株をもつのなら、代取B個人を発起人にせず、A会社そのものに発起人になってもらえばよいのではないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。

それが一番楽なんですけどね^^;

ちょっと知りたかったのは、
発起人は必ず株を引き受けなければならないのか
どうかということだったんです。
教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/06/09 16:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出資者は必ず発起人にならないといけないのですか?

株式会社設立時に出資者は必ず発起人として定款に載せなければならないのでしょうか?
自分で調べたところではいけないともいいとも出ておりません。
詳しいことが分かる方がいらっしゃったらお教え頂けませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>ちなみにですが、募集設立は手続きは簡単に出来るものでしょうか?

 発起設立に比べると煩雑です。発起設立との一番の違いは、創立総会で設立取締役等を選任しなければならないことと、金融機関に払込金保管証明書(発起設立の場合は、払込がされた発起人の通帳のコピーでも良い。)を出してもらう必要があることです。

募集設立の大まかな流れ(現物出資は考慮していません。)

1.発起人による定款の作成
2.公証人による定款の認証
3.発起人による設立時発行株式の引受(1.の段階でしても良い。)
4.発起人が定めた銀行等の払込取扱金融機関と株式払込取扱事務の契約締結
5.発起人による払込取扱金融機関における払い込み
6.設立時募集株式の引受の申込みをしようとする者に対する発起人が定めた設立時募集株式に関する事項の通知(株式引受申込証にその事項を記載する方法でも良い。)
7.設立時募集株式の引受の申込み
8.発起人による設立時募集株式の割当の決定
9.設立時募集株式の引受人による払込取扱金融機関における払い込み
10.発起人による創立総会の招集(公開会社ではない場合は、開催日の1週間前までに招集の通知をする。ただし、設立時株主全員の同意があれば、招集手続の省略が可能。)
11.創立総会の開催(設立時取締役等の選任をする。定款変更決議も可能。なお設立時株主全員の同意により、創立総会を開催する代わりに、書面決議による方法も可能。)
12.設立時取締役等による調査及び創立総会への調査報告
13.設立時代表取締役による設立登記の申請

>ちなみにですが、募集設立は手続きは簡単に出来るものでしょうか?

 発起設立に比べると煩雑です。発起設立との一番の違いは、創立総会で設立取締役等を選任しなければならないことと、金融機関に払込金保管証明書(発起設立の場合は、払込がされた発起人の通帳のコピーでも良い。)を出してもらう必要があることです。

募集設立の大まかな流れ(現物出資は考慮していません。)

1.発起人による定款の作成
2.公証人による定款の認証
3.発起人による設立時発行株式の引受(1.の段階でしても良い。)
4...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング