レポートで、芸術について考えています。
そこで、ヨーロッパなどでパトロンがいて、良い絵を残した画家には
どのような人がいたのかお教えください。
具体的な名前、時代、また、どのような本を調べればいいか
教えてもらえたら助かります!宜しくお願いいたします!

A 回答 (1件)

テレビ東京系列で放送している美の巨人たちはどうでしょうか?


毎回一枚の絵を取り上げている番組ですが、
作者の人物像もある程度は掘り下げています。

ルーベンスはアルブレヒト大公夫妻のお抱え画家として活躍したそうです。
そのほかにもイタリアやスペインの貴族たちにも寵愛されていたそうです。

参考URL:http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

レポート、無事提出できました!
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/21 21:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマスターズのパトロンとは

 マスターズの話題が沸騰していますが、テレビでは観客をパトロンと呼んでおり、これは何か特別な意味があるのでしょうか。

 ギャラリーとは何か意味が異なるものでしょうか。

 気になるので質問してみました。

 回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

NO1の方の意見で合っておりますが補足するとマスターズの創始者であるボビー・ジョーンズ(ご存知ですよね?)の友人達が運営資金を援助したらしいですね。
色んな大会を見てもあそこまで盛り上がるのは恐らく「マスターズ」だけでしょう。
果敢な攻めにはたとえ失敗しても大きな拍手を贈る反面逃げたようなプレーには大ブーイングですからね(笑い)
毎日の早起きはチョットつらいですが明日からが楽しみです。

Q病院で 飾られていました。この絵画の 題名と画家名を知りたいです。ご存知の方、宜しくお願いしま

病院で 飾られていました。

この絵画の 題名と画家名を知りたいです。
ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ウラジーミル・クッシュ(Vladimir Kush) さんの
Red Wood Cuttingという作品です

http://item.rakuten.co.jp/art-hiroba/14186/

Q叶姉妹のパトロンは誰ですか?

タレントの叶姉妹、お金をたくさんもって
いますよね。
きっと、パトロンがいると思うんですが、
一体誰なんでしょうか?

世間で注目を浴びている二人だから、
マスコミもパトロン探しをすると思うのですが、
特にテレビとかで報道されたのを
見たことがありません。
自分は芸能に疎いのでただ知らない
だけかもしれませんが、大物パトロンで
マスコミに圧力がかかって表にでないとか
あるでしょうか?

ご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

過去のQ&Aで、叶姉妹と入れて検索してみてください。
叶姉妹のことが色々書かれてます。

Qヨーロッパの芸術家で誰を選ぶ?

ヨーロッパの芸術家で、あなたの好きな芸術家を5人あげなさい。
と言われたら誰を選びますか?
もちろん今の人でも昔の人でもかまいません。
皆さんの意見をお聞かせください(^-^)

Aベストアンサー

 こんばんはnike78さん。ぼくなら順位はつけずに、ミケランジェロ、ドラクロワ、ルノワール、ルーベンス、ダ=ヴィンチ。これが芸術家五傑ですね。必然的にルネサンス期の画家が主になってしまいましたが。

Qゴルフ中継で言う、【パトロン】とは、観客のことですよね。

ゴルフ中継で言う、【パトロン】とは、観客のことですよね。
以前の、【ギャラリー】から、なぜ変わったのでしょうか。知りたいです。教えて頂けますか。

Aベストアンサー

パトロンは、ゴルフの場合にはマスターズだけで呼ばれる”ギャラリー(観客)”の事です。
他のゴルフトーナメントで使われない言葉で、「ひいき客」「お得意さん」という意味です。
マスターズの入場券はパトロンバッジといいます。

参考URL
なぜゴルフでは、観客を「ギャラリー」というんだろう?
http://www.prgr-golf.com/webmagazine/essay/dictionary/dic_01.html

参考URL:http://www.prgr-golf.com/webmagazine/essay/dictionary/dic_01.html

Q私は懐に余裕が有る時にはぶらっと美術館に行って絵を眺める事も好きです。私の好きな画家は印象画家で有名

私は懐に余裕が有る時にはぶらっと美術館に行って絵を眺める事も好きです。私の好きな画家は印象画家で有名なモネです。モネは蓮の絵で有名ですが蓮ばかりでなく日の出とかモネの庭の絵の方がむしろ好きです。好きな画家と絵を教えて下さい。

Aベストアンサー

私は、時間の余裕だけがあって、懐に余裕がない時に、フラッと美術館・博物館や遺跡に行きます。もう、老人割引様様です。昔は、小・中学校の美術の教科書に掲載されている絵や彫刻の実物を見ると感動していたんですが、最近は、パッと一目見て、気に行ったいらなかったで、展示物の前を素通りか、ゆっくり時間をかけての鑑賞になってきています。

アメリカの首都のワシントンDCの美術館、それこそ教科書に掲載されて絵だらけ、入場者もほとんどいない、しかも無料。しかも、著名な絵画の前にはベンチも設置で、心いくまでゆっくりと鑑賞してください、ってサービス。3日連続で入館しましたが、やっと半分くらい回れただけです。モネの絵も展示されています。

スペインのプラド美術館、ベラスケスの作品が多く、それにあの有名な着衣と裸のゴヤの2作品が並べて展示。暗い感じのばかりで、立ち止まって鑑賞することなかったです。

パリのルーブル博物館。有名なモナリザの絵があるんですが、そこだけが人盛り。あのモナリザはどの位置でもモナリザと視線が合う手法で描かれているんですが、それを確認する人はなし。モナリザの目を見ながら右に行ったり左に行ったり、目が動くのに。そのモナリザの前にも、すごく感動する絵が大量に展示されているのに、それは無視で、モナリザに急いで直行の人だらけ。作者不明の大きな絵で、その左下に白い鳩が。その鳩を見ながら歩けば、鳩も正面で動いてきます。写真撮影もOKなので、写真撮れば、どの位置でも鳩はぼやけて撮れています。

この間、バチカンのシクティーナの礼拝堂のレオナルド・ダビンチの、あの指と指がふれる直前の絵が見たくて、わだわだ行ってきましたが、騙された、って気持ち。高すぎる天井の中央にちょっこと描かれているだけ、首は痛くなるし、あまりにも距離があるのでよく見えない、と不満だけ残りました。

メキシコのフリーダ・カーロの住んでいた家。10年くらい前はがら空きで60歳以上は無料だったの、この間行ってきたら、有料になっており、ばからしくて入場しなかったです。お金払ってまで、何度も見に行く気がしないケチ爺さんになりました。

最近は、ソフィア美術館で見たシャガールの絵が楽しいな、なんて感じるようになってきています。

私は、時間の余裕だけがあって、懐に余裕がない時に、フラッと美術館・博物館や遺跡に行きます。もう、老人割引様様です。昔は、小・中学校の美術の教科書に掲載されている絵や彫刻の実物を見ると感動していたんですが、最近は、パッと一目見て、気に行ったいらなかったで、展示物の前を素通りか、ゆっくり時間をかけての鑑賞になってきています。

アメリカの首都のワシントンDCの美術館、それこそ教科書に掲載されて絵だらけ、入場者もほとんどいない、しかも無料。しかも、著名な絵画の前にはベンチも設置で、...続きを読む

Q絵画パトロンになる。絵を見てもらいたい。

良い作家を見つけました。
前衛美術絵画の方です。無名です。
私は一般人で、パトロンになりたいのですが、

そういった時代の新しい作品をあつめ、パトロン たちが買った絵を展示し合ったり、
話し合ったりする場やネットはありますか?



死んでから認められるような作品をもっと早く持ち上げて芸術を進めることを夢みています。絵を売りたいのですが、他にも方法がありましたら教えてください。

ちなみに村上隆さんとかの作品は、芸壇のうちなのでしょうか売買が行われるマーケットのことも存じませんが、見た目の感覚であの値段なんですか?それとも説明がついて、何かしら納得されてあの値段なんですか?どちらが先でしょうか。

Aベストアンサー

まずは、彼の描いた絵を、来月の生活費にするようにという意味で買ってあげる、という応援をし、

時には、個展を開かせて、それをお披露目したり、評論家の目にとまるような場所とし、

二科展などの公募展に出させては、審査員の評価などを励みにし、

前衛芸術は、奇をてらうためではなく、この表現を用いることで、この1平面にこれまで以上の物事・心情・時の流れ、などを盛り込み組み込んでいるのだ、という「見る側の教養」も養う形で提示されるようなきっかけを増やすしかないと思います。

そうして、絵画バブルを目指す人々が群がる「ブーム」のような作家も生まれることもあれば、

何百年経っても名を残すような作家に創作活動の援助をして本人が亡くなることにはやっと時代が追いついて評価されるようになり、でも老害評論家などと呼ばれないような作家のままで亡くなるのを望む芸術家もいるでしょう。

Qモーツァルトの時代は、コンサートはパトロンとなる貴族の館などで行われた

モーツァルトの時代は、コンサートはパトロンとなる貴族の館などで行われたと聞きましたが、その後劇場やコンサートホールのような現在の我々が体験しているような場所でのクラシック音楽のコンサートが開かれるようになったのはいつ頃からなのでしょうか。またどの作曲家あたりからなのでしょうか。ご存じの方がおられましたら宜しくご教示の程お願い致します。

Aベストアンサー

モーツアルトの死後、ベートーヴェンの全盛期になると
フランス革命の影響で、パトロンとなってた門閥貴族が没落し、
音楽家も、貴族の家付き音楽師より、
楽譜を出版社で売ったり、
劇場で、演奏会を開いたりするのが、主な収入源となった。
見栄えがする大編成の交響曲が、もてはやされ、
台頭してきたブルジョア資本家の協力で、
各地にコンサートホールや交響楽団が誕生するようになった。

Q芸術家のパトロンになりたい!

ただいま、就職活動中の大学生の者です。
文系です。
自分が60歳、70歳になって、経済的に安定したときに、芸術家のパトロンになって、その方たちの才能を育てたい、というのが夢です。
今から準備するとしたら何をすべきなのでしょうか。また、どういった職業に就くのがよいのでしょうか。
まったく見当も付かず、困っているのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

別に経験がある訳でもなんでもないです。
単に考えてみただけの事ですけどね。
まじめに考えるとすると、単にパトロンと言ってもピンキリですが、ただ作品を買い取る程度では、お客の範疇ですね。
パトロンというからには、生活費の面倒やら、制作費用やら色々あると思います。
それに、その方たち、と複数形で書いてらっしゃるように、一人だけに絞ると、そいつが芽が出なかった場合、金はともかく、時間が無駄になります。
芸術家が世に認められるには、最低でも数年、悪ければ死んでからって事になります。
一人だけではつまらないですね。

そして、世に認められるまでは、作品が売れる訳ないので、生活費がかかります。
もちろん、働いたら制作活動ができません。

1人の生活費や、制作費、年に500万として、2人だけでも年に1千万、10年で億になります。
2人だけ?確率は低いですね(当然、認められる確率)5人くらいは・・・となれば・・・

他に支援の方法ですか・・・
あまり聞いた事はありませんが、そういう活動をするNGOでも作って、補助的な(作品販売の仲介とか)支援でも考えられたらいかがでしょう?

でなければ、単純に画廊を経営して、若き芸術家の作品を買い取ってやればいいのではないでしょうか?
ノウハウとは、まともに経営していく、つまりちゃんと利益を出すために必要なものですから、もともと、パトロンのように採算を度外視するのであれば、特別なものはいらないでしょう。
(というか、普通の画廊でそんなに成功しているところも少ないでしょう)
何なら、画廊で働いてもいいんじゃないですか?
コネというのは、そういう事をしていれば自然にできてくるものです。
特別なコネではなく、コネクション、つながりという意味ですけどね。
絵をさかんに買えば、画廊や作家とつながりができます。
そういうところから、つながりはどんどんできてきます。

でも、やはり大事なのは、何が芸術で何がくだらない物か、きちんと見極める眼力だと思いますよ。
(もちろん、芸術が売れるとは限らないが、、、)

別に経験がある訳でもなんでもないです。
単に考えてみただけの事ですけどね。
まじめに考えるとすると、単にパトロンと言ってもピンキリですが、ただ作品を買い取る程度では、お客の範疇ですね。
パトロンというからには、生活費の面倒やら、制作費用やら色々あると思います。
それに、その方たち、と複数形で書いてらっしゃるように、一人だけに絞ると、そいつが芽が出なかった場合、金はともかく、時間が無駄になります。
芸術家が世に認められるには、最低でも数年、悪ければ死んでからって事になります...続きを読む

Qアメコミのような絵を描いている画家

以前、美術の教科書でアメコミのような女性の絵を見ました。
よーく見ると点で描かれていたと思います。
マンガ家などではないようですが、あの画家はいったい誰ですか?

Aベストアンサー

ほかの方とは意見が異なりますが、ひょっとしたらアンディ・ウォーホルではありませんか?点で描かれていたとかいうところから、彼も当てはまるかと。


人気Q&Aランキング