子供の頃、茶木ひろみさんの漫画にハマったことを思い出し、ムショ~に読みたくなりました。
特にハマったあの作品が読みたいのですが、タイトルもストーリーも覚えていません・・・。 覚えているのはこれだけです。

1.17年くらい前、別冊マーガレットに連載されていた。
2.男の子が肉まんを一口で食べている(肉まんに醤油をかけてる人がいた気がする)。
3.ふすまの向こうから覗いてる女がいる。

記憶が確かではなく、もしかしたら、2と3は違う作品かもしれません。
曖昧な質問で申し訳ありませんが、タイトルがわかる方ご回答願います。
あ、もう一つお聞きします。 この作品は絶版だと思うのですが、古本屋さんで
簡単に見つけられるもんなんでしょうか? 私が行ったお店には無かったので・・・。
ご回答、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お役に立てるか判りませんがとりあえず、手持ちのコミックスに載っていた


コミックスのリストからコミックス名と収録作品名を。

「わたしの首領<ドン>」首領がこわい/くちづけどろぼう
          /ロマンティック・ホリディ/どうぞお手やわらかに!
「17の赤くなる病気」ふぉーてぃーん・らぶ/ゼンコ・・・ショック!
/熱くなれ!
「なないろ7日め」おいっこころ!/女の子のピアノ線/ところが11年目・・・!
「あなたのプロフィール」さむい私をあたためて/タッチミー
「紫(パープル)ショック!/おまえがヒロイン
「ごはんだよ!」
「おれのピンク星(スター)」全2巻/ロマンチック高校I組(2巻に収録)
「真珠姫」全2巻
「かのこ」全2巻/悪ガキ!ララバイ(2巻に収録)
「ももいろ宝石」別マS59年7月号から10月号に連載。時期的にはコレ?
  何となく付き合っている明彦さんがいる瀬菜。子持ちの青(せい)と娘の
 ぜりいちゃん(一才半)と知り合い、ひかれていく。明彦と別れ話をして
 いたとき外は雨で、絡まれた酔っ払いの傘の先が明彦の目に当たって...

「純恋夜(じゅんれんや)」週マS59年21・22号掲載
  「失恋したから死ぬ」と言っていきなり友人が電話に応じなくなった。
 焦った孝子(こうこ)は大声で、相手の電話の周囲の人に助けを求める。
 ぶら下がった受話器から呼びかける声に、通りかかった汀間里志(ていま
 さとし)が出て、近くで泣いている女の子を連れてきてと頼まれる。

       /カレーライスの王子様 週マS59年47号から50号に連載
  捨て猫の泣き声をたどったびわ子は猫を抱いた若い男性に会う。おでん屋
 でまた再会し、近くにアパートを探していると知る。町でキャッチセールス
 にひっかかり、20万円の化粧品セットを買う羽目にあう孝子。家に帰れずに
 いたら2人組にナンパされ絡まれる。困っていたところに先の男性が現れ、
 助けてもらう。家に帰れない事情を話すと、ここに住むひと月の間だけ猫と
 自分の世話をしてくれるなら20万円払ってくれるという。

「絹のヒーロー」全3巻 週マS60年10号から42号に連載
  黒木瞳は高校の受験日に、ふとした事から受験する高校の生徒と知り合う。
 受験に自信がない瞳を励ましてくれた。受かって入学した高校で、学校名物
 陸上部のリレー選手四人「金時大福」の一人金田一絹彦が彼だと知る。

「姫(クラシックガール)」週マS61年2号から9号に連載
  喫茶店「黒屋」のマスター進藤雪路(しんどうゆきじ)は12月の雪降る夜
 落っことして雪の道路に転がった肉まんを探していた。するといきなり着物
 姿で黒髪の長い女の子が現れた。絶間(たえま)と名乗るその娘は、戦国時代
 辺りからタイムスリップしてきた本当のお姫様らしい。

まだありますけど、時期的にはこれくらいだと思います。思い出せそうですか。
集英社のサイトの感じではやはり古本しか無さそうですね。
入手出来るといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわぁーっ!感激ですーっ!!こんなに詳しく教えてくださって、本当にありがとうございます!!じっくり読ませていただきました・・・が、思い出せません・・・ごめんなさい(涙)。私の記憶があまりに薄っぺらくて・・・。茶木先生の作品がこんなにあるとは思っていませんでした。 びっくりです。
それにしても、どのストーリーも独特な茶木ワールドですね(笑)。質問した作品にこだわっていましたが、他のも面白そう! 茶木先生の少女漫画らしからぬクセのあるストーリーが好きだったことを思い出しました。 depu2さんのご親切を無駄にはしません。 古本屋で見つけたら買いますね! ありがとうございました!!

お礼日時:2001/10/01 19:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q別冊マーガレットの

別冊マーガレットで書いてる河原和音先生の、
「先生!」というマンガを最近読んで、面白いと思いました。
コミックの20巻(最終巻)に、作者が「先生!の番外編書かせてもらえるそうなので」みたいなことを言っていました。
河原さんの書いた「プラチナ・スノウ」というマンガが、「先生!」のキャラクターに似てるのですが、もしかしたらそれが番外編?とも思いましたが、違いますか?

すごく読みたいので、知ってるかた教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

#2です。
新連載は私もしっかり読んではいないので、何とも言えないのですが「高校デビュー」という作品です。
また先生!とは違った主人公とストーリーで楽しめると思いますよ。
って、中身の話全然できてないですよね…。
主人公はもっと…響というよりちいちゃんみたいなキャラだった気が…。違ったかな?

たしか、近々第1巻が発売されるはずです。
楽しみですよね(^^)

Q今月号の別冊マーガレットの・・・

巻末あたりにある次号予告ページの「高校デビュー」のカットが、どう考えても河原和音の絵には見えないのは私だけでしょうか?
どうでも良い事かもしれませんが、気になったもので…。

Aベストアンサー

こんにちは。
昨日こちらの質問を読みまして、早速家に帰ってから確認しました!(パソコンが家に無く、学校でしか見られないので)
その結果・・・パッと見は違うようにみえますね。少し雑というか、主役の女の子ってあんなに色っぽくないですよね。でもジーっとよく見てみると目の辺りが河原和音さんの絵だよなって感じでした。あまり詳しくないので違うともそうだとも言えないのですが、時間が無く少し雑になってしまったか、後は主役の女の子はこれからどんどん女の子らしくなっていくんだよみたいな感じて書かれたのかなと思います。
答えになって無くてすみません。
ひとつの意見として参考にしてください。

Q徳島県で別冊マーガレットのバックナンバーが読める所教えてください!! 

別冊マーガレットの2002年11,12月号と2003年1月、二月号が読みたいので知ってる人はどうか教えてくださいい!!お願いします・・・またその他オークション以外の手に入れ方も教えていただければ嬉しいです。集英社ではもう在庫がないとのことなので・・・
できれば喫茶店とかが望ましいのですがそれ以外でもいいのでよろしくお願いします^^
 

Aベストアンサー

補足を拝見して、再びおじゃまします。#2です。

まず、板野町立図書館にご相談されてはいかがでしょうか。徳島県内に限ったことではありませんが、図書館同士で、お互いの持っていない資料を融通しあう制度があります。(相互貸借制度といいます)「池田町立にあるはずなので、相互貸借を申し込んでほしい」とおっしゃれば、手続きしてくれると思います。2週間程度かかるかもしれません。但し、図書館によっては、雑誌は相互貸借の対象外としている所もあるので、ひょっとしたら断られるかもしれません。ともかく、板野町立図書館にお問い合わせいただくことをお勧めします。

Q別冊マーガレットでの読みきりマンガについて知ってる方いますか?(1990年頃)

恐らく別冊マーガレットかデラックスマーガレットで、1990年の前後2、3年あたりにちょくちょく載っていた漫画家さんの名前が思い出せません。

よく覚えてるお話は、
(1)グランマ・モーゼスという実在の画家の絵を飾っている喫茶店に、いじめにあっている女子高生が仲良しの友達といつも通っている。
そこに同じく通っている男の人が相談に乗っているうちに打ち解ける。「辛くない?」との問いに、「卒業する日は必ず来る。時間が経つのを待ってるだけでいいから辛くない。」と。
最後はその喫茶店に夫婦になった二人が。

(2)女子高生の主人公のクラスに、いつも一人でいる女の子がいて気になっている。
お弁当の時間に「一緒に食べない?」の一言が言えず、いつも影から見ている。
ある日、雨の日に濡れながら帰る彼女を見つけ、思わず呼び止めてタオルを買って渡す。
その次の日、彼女は事故(?)で亡くなる。ショックを受ける主人公。さらに何年か経ち、大人になった主人公の前にその彼女が現れ、あの時のタオルがとても温かかったと告げる。
最後はちょっと曖昧ですが、ふと気付くと一人で公園に座っていて、タオルが置いてあった・・というような結末だったような・・。

他にもいくつかお話を覚えていますが、絵柄は当時の他の読みきりのようなお目めパッチリの少女漫画的なタッチではなく、ほのぼの素朴なかわいらしい絵でした。ストーリーも温かいものが多かったです。

当時は、冬野さほさんと、この漫画家さんがお気に入りでした。
どなたかわかりませんか・・?

恐らく別冊マーガレットかデラックスマーガレットで、1990年の前後2、3年あたりにちょくちょく載っていた漫画家さんの名前が思い出せません。

よく覚えてるお話は、
(1)グランマ・モーゼスという実在の画家の絵を飾っている喫茶店に、いじめにあっている女子高生が仲良しの友達といつも通っている。
そこに同じく通っている男の人が相談に乗っているうちに打ち解ける。「辛くない?」との問いに、「卒業する日は必ず来る。時間が経つのを待ってるだけでいいから辛くない。」と。
最後はその喫茶店に夫婦にな...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
お探しの漫画家さんは、あきの香奈さんという方ではないでしょうか。
私もマーガレットを昔から読んでおり、
気になったので検索をしてみると
ファンサイトにのっていたあらすじが出てきまして、
内容があっていましたのでこの方だと思います。
2の内容の話は、すみません、どれかわかりませんでした。
昔のマーガレットはいい漫画家さんが多かったですよね。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/2262/meipuru2.html

QBLコミック、この作品にハマったら大変という作品

BLコミックで、中毒性がある作品を教えてください。



BL小説で、木原音瀬さんという作家さんの作品をご紹介いただきました。

購入前に色々調べてみると、何と言うかBLの王道というか典型的BL作品というのではなく、
しかも、何だか中毒性というのでしょうか、
読んでしまった後、日常生活に戻るのが大変なような、そんな感想文をネットで何度か目にしました。

BLは小説もコミックもあんまり多く持っていなくて、
コミックで高永ひなこさんの作品を大体持っているくらい。
小説では、きたざわ尋子さんのだまされたいシリーズを全巻持っているのと、
御堂なな子さんの作品を数冊持っているくらい。

興味はあるのですが、仕事を持っていますので(主婦とか大学生とかではないので)
中毒してしまって、日常生活に差障りがあっては・・・と思い、
木原音瀬さんの小説は未読です。
ただ、アマゾンで購入した、FRAGILE という作品が、手元にあることはあります。

Aベストアンサー

私も木原さんの作品は、ネットでの評判等を読んでいて、
まだ怖くて一度も読む気になれないので、
質問者様と似ているかもと思いました。

BLコミックでハマったら大変な作品…とのことですが、
中毒性があるかと言われると、人それぞれかと思いますので、
私が1冊読んでハマってしまい、その後作品を全て揃えたり、
新刊が出たら買い続けているような作家さんを上げますね。

可愛らしい系だと、
 ・小椋ムクさん
 ・三島一彦さん
 ・藤谷陽子さん
 ・北別府ニカさん
 ・タカハシマコさん

王道かな?と思うのが、
 ・山田ユギさん
 ・夏目イサクさん
 ・夏水りつさん
 ・まさお三月さん

個性的(独特の世界観)かな?と思うのが、
 ・猫田リコさん
 ・ヤマシタトモコさん
 ・雲田はるこさん
 ・腰乃さん
 ・草間さかえさん
 ・鈴木ツタさん
 ・鹿乃しうこさん


ふと読みたくなり、頻繁に読み返すことが多い方々の作品です。
作品でハマるよりは、作家買いが多いので、多くなってすみません…
15年以上BL作品を読んでいるのですが、
最近の作品をあまり知らないので、ちょっと古めかもしれません。

1冊で終わるものや、読み切りばかりを集めた本もありますので、
試しに1冊読んでみて、ご自分に合うかどうか確認してみると良いと思います。
参考にして頂けたらと思います。

私も木原さんの作品は、ネットでの評判等を読んでいて、
まだ怖くて一度も読む気になれないので、
質問者様と似ているかもと思いました。

BLコミックでハマったら大変な作品…とのことですが、
中毒性があるかと言われると、人それぞれかと思いますので、
私が1冊読んでハマってしまい、その後作品を全て揃えたり、
新刊が出たら買い続けているような作家さんを上げますね。

可愛らしい系だと、
 ・小椋ムクさん
 ・三島一彦さん
 ・藤谷陽子さん
 ・北別府ニカさん
 ・タカハシマコさん

王道かな?と思う...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報