現在、東南アジア地域で起こっている環境問題について調べています。そこで、どなたか東南アジアの環境問題の現況などについて取り上げているホームページ、その他お勧めの本などがありましたら、ぜひ教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

岩波書店から「岩波講座 地球環境学」というシリーズが出版されています。


その中の第2巻「地球環境とアジア」がいいと思います。
アジア各地、もちろん東南アジアも含めた地域別の環境問題が詳しく記載されています。本体価格3700円です。
この本のオンラインショッピングのページのアドレスを書いておきます。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/01/2/0109020.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまり大きく取り上げられない環境問題は?

タイトルのとおりにあまり大きく取り上げられないが深刻である環境問題について教えてほしいです。特に興味があるのは小動物や虫の生態系の変化についてなんですが他のことでもかまいません。
「みんなあんまり気にしてないがとても深刻な問題だ」とかあればぜひ教えてください。
またそういったことに詳しいサイトも教えてもらえるとうれしいです。
皆さんよろしくお願いします。

Aベストアンサー

メーカーの環境部門におります。

最近のトレンドといいますか、あまり広く知られていないが対応を迫られているのは、化学物質関係でしょうか。今までは、化学物質というと、製造工程で使用するものが危険で量も多かったので、そちらが中心でしたが、最近は製品に含まれる少量の化学物質への対応(製品の製造・使用・廃棄)が大変ですね。OEM供給先からも含有情報や不使用証明などの提出を求められます。ただ、深刻さという点から言うと、今までも大きな健康被害が出ているわけではありませんし、今後もきちんと対応できると思います。

生態系の関係ですと、外来種による生態系の破壊でしょうか。たしか昨年環境省に政策の説明を聞きに行ったときに、その関係の法改正の話が出ていたような気がします。外来種を捨てる不届き者が後を立たないのが頭の痛いところでしょうが、最悪出入りを止めてしまえば良いわけで、今後注意深く監視していけば、対応はできると思います。

今後、場合によっては深刻になる可能性があるのは、中国の急激な経済発展による環境汚染の影響でしょうか。中国政府の賢明な対応を期待したいところですが。

あと、個人的に深刻だなと思うのは、個人の意識の問題として、未だに環境と経済は対立するものだと思い込んでいる人が多いことです。環境活動にはおカネがかかります。環境と経済はクルマの両輪、いずれか片方だけでも成り立ちません。イメージではなく、現実を直視しないと道を誤ると思います。

メーカーの環境部門におります。

最近のトレンドといいますか、あまり広く知られていないが対応を迫られているのは、化学物質関係でしょうか。今までは、化学物質というと、製造工程で使用するものが危険で量も多かったので、そちらが中心でしたが、最近は製品に含まれる少量の化学物質への対応(製品の製造・使用・廃棄)が大変ですね。OEM供給先からも含有情報や不使用証明などの提出を求められます。ただ、深刻さという点から言うと、今までも大きな健康被害が出ているわけではありませんし、今後もきちんと...続きを読む

Q工業地域、塗料会社や化学物質会社の開発部のある地域の住環境

近くに塗料会社、化学物質開発の会社などの開発部がある地域はやはり住むのには向いてないのでしょうか? 1km以内の距離なのでちょっと心配なのですが。

Aベストアンサー

よほど危険な物質を扱っていたり、大量の物質を扱っていたりせず、その会社の敷地内で社員が普通に呼吸しているようでしたら、1km離れた場所ではあまり気にする必要はないでしょう。

どんな会社で何をどのくらい扱っているかなどで違うのですが、PRTR法指定の化学物質を年間1トン以上扱う工場などは、物質名と排出量を国に届け出る必要があります。
PRTR法の届出者で一番多い業種はガソリンスタンドで、そこから何種類かの有害物質が空気中に出ていますが、ガソリンスタンドから1kmの場所が住むに適さないとは普通思われていないでしょう。
PRTR法の届出内容は公開されていますので、気になるようでしたら都道府県庁(または政令市)の環境・化学物質担当に問い合わせてください。

無論絶対安全とは誰にもいえませんし、どんなに少なくてもリスクはあるわけで、例えば化学物質を積んだ工場出入りのトラックやガソリンを積んだタンクローリーがお宅の家の前で横転する可能性もないとはいえません。それが気になるようでしたら、かなりの場所が住むには適さないことになりますね。

Q環境問題(ゴミ、新幹線その他)

環境問題についてのホームページを探しています。

環境問題に関する本の概要をまとめられているホームページや
または卒論、レポートなどが掲載してあるURLでもかまいません。

ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミシュラン式で手元にあったのだけご連絡しますね。

★★★
青山ブックセンター > エコブックス
http://www.aoyamabc.co.jp/public-html/enviro/KMEN/kmen.html

★★★
日経エコロジー > 書評レビュー
http://eco.nikkeibp.co.jp/eco/index.html

★★
エコ探検隊でサーチ! > 書籍・刊行物
html/enviro/KMEN/kmen.htmlhttp://www.ecology-japan.com/search/eco.cgi?mode=kt&kt=15

★★
「あすの経営」エネルギー環境情報 論文
http://www.gpc.pref.gifu.jp/infomag/asukei/menu/energy.htm

★ちょっと古いですが、書評集です。↓
http://humanum.arts.cuhk.edu.hk/Lexis/Latin/
上記ページと同系列の、ただし千葉県の環境問題における主張、報告など
http://www4.justnet.ne.jp/~boso/mondai.htm

ミシュラン式で手元にあったのだけご連絡しますね。

★★★
青山ブックセンター > エコブックス
http://www.aoyamabc.co.jp/public-html/enviro/KMEN/kmen.html

★★★
日経エコロジー > 書評レビュー
http://eco.nikkeibp.co.jp/eco/index.html

★★
エコ探検隊でサーチ! > 書籍・刊行物
html/enviro/KMEN/kmen.htmlhttp://www.ecology-japan.com/search/eco.cgi?mode=kt&kt=15

★★
「あすの経営」エネルギー環境情報 論文
http://www.gpc.pref.gifu.jp/infomag/asukei/menu/energy.htm

★ちょ...続きを読む

Q環境問題・地球環境問題について

環境問題の定義を教えてください!
地球環境問題と環境問題って何ですか?

Aベストアンサー

woopywankoさん、こんにちは!

環境問題の中には、『家庭環境問題』のように自然環境とは異なる社会環境も含まれます。

従って、環境問題とは、『人間やその他の生物が生活して行く上で立ちはだかる諸問題』といえるでしょう。

ただし、『環境問題とは何か?』と聞かれたら、『環境問題とは、人間やその他の生物が生活して行く上で立ちはだかる諸問題を指す。環境問題の中で、地球温暖化・オゾン層の破壊など地球規模に至る環境問題(地球環境問題)が近年クローズアップされている。』とフォローして置けば、突っ込まれないし安心かも知れません(無手勝流? http://www.d2.dion.ne.jp/~aut_c/kengou/mutekaturyu.htm)。

参考URL:http://www.koizumi.co.jp/topics/yougo_a.html

Q今一番取り上げられている環境問題について

環境問題について簡単にまとめることになった
のですが、今、一番話題になっている(?)環境問題
はどんなことなのでしょう?酸性雨?リサイクル?
…などなど。教えてください。

Aベストアンサー

○とりあえず、環境白書を読んでください

 とりあえず国(環境省)が発行している環境白書を読まれるのが、良いのではないでしょうか。

http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/index.html

 そこで、書かれている文章からある程度どの問題が、重要視されているか分かります。(多分、温暖化と廃棄物と自動車公害が重要視されていると推測されます。文章の分量が全然違いますから・・・)
 国が書いた物だから信用できないという方もいらっしゃいますが、彼らも環境が良いと書いてしまったら、自分たちの仕事がなくなるので、それほど偏った内容にはなっていないと思います。

○ここ一年間で最もマスコミに取り上げられたのは、多分ディーゼル車規制だと思います。

 No.1の方も書いてあるとおり、ディーゼル車対策が一番取り上げられたと思います。去年の10月から関東圏で規制が始まったこともあり、一番取り上げられた問題だと思います。

 2番目はリサイクルだと思います。最近、パソコンや家電のリサイクルが始まりましたので、取り上げられることが多かったと思います。

 あと、環境ホルモンの問題ですが、ここ数年、色々研究、調査がなされたようですが、あまりセンセーショナルな結果にはならなかったようです。(だからマスコミも取り上げない)

○参考までに

 もし、自分がmilk36さんの立場だったら、下のような感じでまとめると思います。

 題名 ディーゼル車対策

 構成
1 これまでの経緯
 都市部での環境の悪化
 新車の規制(大気汚染防止法)
 環境が改善せず。(交通量の増大等)
 既存の車の保有規制(自動車NOx法)
 環境改善せず。(交通量の増大、規制区域外からの流入)
 規制の強化(自動車NOx・PM法への改正、関東圏での自動車の交通規制)

2 現在の対策の内容と問題点
 自動車NOx・PM法と関東圏のディーゼル車規制の違い
 それぞれの問題点

 という感じでしょうか。

○とりあえず、環境白書を読んでください

 とりあえず国(環境省)が発行している環境白書を読まれるのが、良いのではないでしょうか。

http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/index.html

 そこで、書かれている文章からある程度どの問題が、重要視されているか分かります。(多分、温暖化と廃棄物と自動車公害が重要視されていると推測されます。文章の分量が全然違いますから・・・)
 国が書いた物だから信用できないという方もいらっしゃいますが、彼らも環境が良いと書いてしまったら、自分たちの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報