偶発的発見・計画的R&D という二つを調べているのですが、何を調べてもわかりません。
どなたかご存知でしょうか?テキストとしてある本にも載っていなくて困っています。
R&Dの意味はだいたいわかりそうなのですが…。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

偶発的発見のことを、セレンディピティ(serendipity)といいます。

(↓URL)セレンディピティは、通常の計画的R&Dの中で起きます。

つまり「こういうものを創ろう、こうなるはずだ」と意図・恣意をもってR&Dをしている内に、偶然予想だにしなかったものが出来たり、発見されることが、セレンディピティです。

身近なものでは、ウォークマンがそうですし、ノーベル賞の発見の中でも、ペニシリンとかレントゲンとか、いろいろあるようですよ。

 

参考URL:http://www.pref.toyama.jp/sections/1111/genki/to …

この回答への補足

ありがとうございますm(__)m
偶発的発見の外観は大体感覚で理解できたのですが、それを文章にして説明をするにはどうしたら良いのでしょうか?

計画的研究開発管理とはようは、何かを作ろうと思いそれを研究・開発している内に、たまたま別の違うものが出来てしまった、という事が偶発的発見なんですよね?

ややこしい事をお聞きしましてすみません。
『教えてgoo』を利用するの初めてなもので右も左もわからず・・・よろしくお願い致します。

補足日時:2001/10/03 10:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ