プロが教えるわが家の防犯対策術!

庭で小松菜を栽培していたのですが、よく見ると
葉全体に黄色い点がビッシリとありました。
どうもアブラムシやら害虫が食べた後のようなのですが、
こうなってしまった野菜は食べられますでしょうか。

よくよく見ると黄色い小さな(尖った)卵のようなものも
沢山ついています。これが何の卵なのかも気になる所なのですが…。


よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アブラナ科の植物は害虫がたくさん付いてしまいます。


アブラムシは液を吸うだけなので穴は空かないかと思われますが…。
多分この手の害虫と思います。
http://www2.pref.shimane.jp/age-plan/home/databa …
名前は忘れましたがテントウムシっぽい色と形をしていてお尻が三角っぽい虫も飛び回りながら葉を食害します。
うちも昨年やられました…(T.T)。

卵の件ですがもしかするとテントウムシの卵かもしれません。
http://www.mitene.or.jp/~kakoya/i/tenntou.html
アブラムシがたくさんいるならテントウムシがよってきてもおかしくありません。
テントウムシはアブラムシが大好きだからです。
ただし、テントウムシダマシはナス科の葉っぱを食べる害虫ですが…。
ま、蝶などの幼虫の可能性もあります。
もし、テントウムシなら貴重なので保護してあげましょう(^^)V
私は卵を毎年集めて畑や果樹に置いてアブラムシ対策をとっています。
根元にはアリ駆除のためのアリの巣ころりん…(#^.^#)。
こうするとテントウムシを追い払うアリが駆除できてテントウムシはアブラムシを食べてくれるからです。

話はそれましたが虫食いは無農薬の印でいいと思います。
食べれますが見た目を本人が気にするかしないかの問題だと思います。

無農薬栽培の参考に↓
http://mamedamaru.dip.jp/saien/musi.htm
http://www16.ocn.ne.jp/~nouen/bouchu.htm
http://www.mitene.or.jp/~kakoya/i/tenntou.html

一番効果的なのはホームセンターなどで売られている防虫ネットです。
ま、それでも完璧ではなく間から虫がはいることがあるのですが、出来るだけ地面(畑)やプランターなどに密着させれば最小限で食い止められます。
畑の場合ネットの端に土をかぶせると大変効果的です。

以上、これからの季節虫との格闘ですが頑張って下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

テントウムシに似た虫。これ庭で見たことあります!
それも小松菜の近くで…。コイツかもしれないですね(--;)

ウチの庭には薔薇も沢山あるので、テントウムシなら
大歓迎なのですが、ナス科の葉を食べるニセモノだとしたら、
菜園のナスが心配です。

虫くんカビさんには色々と対策しているのですが
農薬使わずに…はやはり難しいですね。
無農薬栽培のURLも非常に参考になりました。

ありがとうございました(^^)

お礼日時:2005/06/11 08:11

小松菜についた卵はモンシロチョウの卵かと思います。


一箇所にたくさんプチプチッと産み付ける場合もあるし、点々と一個ずつ産み付けている場合もあるみたいです。ウチのはプチプチッと30個ぐらいいっぺんについていて気持ち悪かったですが、アオムシに孵るともっと気持ち悪いことになるので、卵のところだけちぎって捨てました。(というか潰した)

虫の食害にあった葉が食べられるかどうかですが、きれいに洗ってしまえば大丈夫だと思います・・・私は食べてしまいます。
あまり黄色くなっていたり、レース編みのように穴だらけでは食べる部分もないですが、普通に緑色で所々穴が開いているくらいなら、大丈夫ですよ。
スーパーなんかでもキャベツが穴あきになってるの売ってたりしますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
モンシロチョウの卵ですか。もしそうなら放っておけば
モンシロが沢山孵るかもしれないですね。
都会では珍しいのでそれも見てみたい気もします(^^)

多少の虫食いならと思ったのですが全体に一ミリぐらいの
黄色い点がビッシリなので、微妙かなぁと思っていました。
もし無害ならば食べてしまおうと思います。
せっかく育てた野菜ですからね(^^)

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2005/06/11 08:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアブラムシが付いた野菜

トマトとかは
実にアブラムシが付かなかったときにだけ実を食べているのですが・・・

葉を食べる野菜、例えば、
葉ダイコン、サントウサイ、シソ、コマツナとかにアブラムシが付いた時、
みなさんアブラムシを洗い落として食べてますか?

洗い落とせば食べても問題ないのでしょうか。

チャレンジしようかどうか迷っているので、
すでにチャレンジした方がいたら教えてください(笑

Aベストアンサー

 今日も誤って、虫付きの手作り野菜を食べてしまったのですが…(^^ゞ

 アブラムシくらいなら1~2匹食べても、甘いだけで問題は無いと思います。
青虫で苦い経験もありましたが…。(-_-;)

 対策としては、野菜が完全に水につかる状態で、1時間ほど水につけましょう。
アブラムシがぷか~っと浮いてくれますよ。

 でも、とても気になるようでしたら、やめたほうが無難です。。。
精神衛生上良くないかもしれません…。
 (青虫を噛み砕いたときは1日ヘコみました。)

Qアブラムシ駆除に有効なもの?

我が家のベランダ菜園の、ししとうとピーマンにアブラムシが大量発生してしまいました(T-T)
特にししとうはものすごくついています。

ここで色々検索して、牛乳を吹きかけると、皮膚の弱いアブラムシは死んでしまう、と知り、試しにやってみました。
なるほど・・・確かに死にますね。
しかし量が半端じゃないので、死んだアブラムシを
爪楊枝ではじき落としたりして結構大変でした。
(水で流しても取れなかったので)

・・・牛乳で死ぬ、と言うことは、他の物でも効果はあるんでしょうか?
例えば、クエン酸水とか、酢を薄めた物をかけるとか、
ジュースとか・・・
それとも、牛乳自体にアブラムシに効く成分??でも
あるんでしょうか?
観葉植物も枯らしてしまう超初心者な私なので、まさか
アブラムシがわくとは思ってもいませんでした・・。
アブラムシ駆除について色々教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

絶対に農薬を使いたくないなら
クラフトテープがお勧めです。
ガムテープじゃなくて紙で出来ているテープです。
あれでぺたぺたやってください。
アブラムシやヨトウミシや尺取虫などなんでも取れます。
おまけに植物に与える影響はまったくありません。
テープもあまり強く押しつけない限り葉っぱなどにもくっつきません。
アブラムシだけ取れます。爪楊枝で落とす必要もないのでらくちんです。
私もこの方法で薔薇をアブラムシから守ってますよ。
うちの薔薇は完全無農薬です。
今は100円均一で安く手に入るのし毒性はまったくないので(あたりまえ)
近所に迷惑も掛かりません。
取ったアブラムシはそのままテープをはっつけてしまえば手も汚れません
一度お験しあれ!

Q野菜についた害虫、食べたら・・

有機野菜を宅配してもらっているのですが、よく大きい虫や小さい虫がくっついているのですが、
サニーレタスを洗うとゴミや土と一緒にいっぱいの小さな目で確認できる虫がいました。
それだけなら、何度も洗えばいいのかとも思うのですが、よく見ると、何箇所もプクっと膨れている箇所があり、葉を裂いてみると、1枚の葉の細胞の中(?と言うのか、内部に)に幼虫をたくさん植え付けているのです。

サニーレタスは生で食べるものだけに
こういうのを知らずに食べるとどうなるのでしょうか??
中には生きている(動いている?)のもいました。。

Aベストアンサー

こんにちは。
昔、問題になった寄生虫は回虫というもので、これは肥料として使われる糞尿の中の卵が野菜に付着して・・・というもので、よく洗えば防げるものです。

そして、単純に野菜に付着しているだけであって、葉っぱの中に食い込んで寄生している事はありません。

ですのでこういうやからでは無いことは一目瞭然ですね。
植物を食べる虫はゴキブリなどを除けば人間を食べる事はありえません。
安心して召し上がってください。(笑)

有機野菜ではそういった虫の付着を防ぐ事は不可能です。

ただ、動物由来の寄生虫の卵などは付着する可能性がないとはいえないのでよく洗って食べてくださいね。
そうする限り何も問題はありません。

Q農薬を使わない野菜の害虫駆除方法は?

庭で野菜(サラダ菜)を栽培しています。青虫ならず、小さい黒虫がせっかくの野菜を食い荒らします。農薬以外に害虫駆除方法がありますか?

Aベストアンサー

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫やウリバエにあります。ただし、悪乗りして**菌を添加しても、効果はありません。
http://kame65.seesaa.net/category/4243824-1.html
・不織布を利用し、虫の接触を断ちます。寒冷紗の使用は作物の生育を遅らせるのでお勧めできません。
・鳥よけに使われるキラキラ反射するカラーテ-プと、シルバーのマルチフィルムは、アブラムシ防除に有効です。
・堆肥の施用は播種・移植の1週前とし、完熟の堆肥を使用します。
(2)駆除
・園芸愛好家は「Green Finger」と言われておりますが、これはアブラムシを見つけ次第、指で殺すため赤緑に染まるため付けられた名称です。アブラムシ、青虫、毛虫は殺すか遠くに投げます。これがもっとも有効かもしれません。
http://www.eiga-kawaraban.com/01/01021602.html
・アブラムシは、蟻のサポートがありますので、なかなか撲滅できません。私は牛乳原液をアブラムシに向けて噴霧します。臭いが気になれば、乾いた翌日水をかけます。最近は噴霧式の洗たくノリもありますので、これも使えそうです。

 色々と試みましたが、天敵の利用などは施設園芸での話で、この程度の技術しか利用しておりません。キャベツ、ブロッコリでは無農薬では虫の害で商品にはなりませんし、不織布栽培しても価格競争で負けます。トモロコシでは、アワノメイガの害に毎年悩まされた結果、離れた畑で農薬を2回使います。試しにハーブを作物の中間に植えてみましたが、300坪の畑では、作業が煩雑で中止しました。
結論:(1)時期外れの作物は植えない。(2)土を作り、作物は順調に生育させる。(3)しっかり観察し、病気、虫の害を早く見つける。こんな基礎が大切です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3380698.html

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫や...続きを読む

Qサニーレタスにつく虫は?

今日は。
今日サニーレタスをサラダにして食べていたのですが虫などに過敏なもので目をこらして見てみると黒いゴマのような大きさの虫の卵らしきものがついているではありませんか。
半分くらい食べて気付いたので背筋が凍る思いでした(-_-;)
もうショックでショックで仕方ないのですが一体なんの虫の卵かご存知の方いらっしゃいましたら教えて頂けませんでしょうか。
知りたくないのですが知りたいというような複雑な気持ちです。
どうかハエではないことを願っております。
(ハエが大の苦手なんです)
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 無農薬・有機栽培の栽培家です。chomomoさんの「背筋が凍る思い」やNO1さんのお話を伺い、女性の方々が虫を苦手とされているのが良くわかりました。私の畑では農薬は使用していませんので虫と共存状態です。恐らく私の農園に来られたら大変でしょうね。
 さてサニーレタスの話ですが,黒い胡麻のようなものは多分ヨトウ虫の糞だと思います。レタス系統はキャベツなどと違い、比較的虫が付き難い品種で私の畑ではノーマークです。ちなみにキャベツやブロッコリーなどは虫が付きやすいので防虫ネットを張って栽培しています。NO1さんのキャベツからミミズは良くある話で私の畑も下はミミズだらけですので、冬場はミミズさんが寒さから逃れるためにキャベツや白菜にどっさり入ってしまいます。以前にミミズだらけの白菜をご近所や友人に配達して大変なクレームをいただきました。そりゃ台所で白菜を切った時にミミズが
ドヒャとでてきたらビックリしますわね。今は特殊な工夫をしてシャットアウトしていますのでミミズサンは白菜やキャベツ,レタスに入ってきませんが.。 
 でも、無農薬栽培でこれだけ虫がいるということは、普通の栽培ではそれだけ農薬が使われているという事です。普通は野菜に小さな虫食いの穴があっても商品になりません。農薬だけでなく、生産農家の労働力不足から除草剤まで使われています。chomomoさんも、それは気色悪いしお気の毒だったと思うのですが、農薬や除草剤で育てられた野菜は水で洗っても駄目です。虫の糞なら水で洗ってから安心して食べてくださいね。

 無農薬・有機栽培の栽培家です。chomomoさんの「背筋が凍る思い」やNO1さんのお話を伺い、女性の方々が虫を苦手とされているのが良くわかりました。私の畑では農薬は使用していませんので虫と共存状態です。恐らく私の農園に来られたら大変でしょうね。
 さてサニーレタスの話ですが,黒い胡麻のようなものは多分ヨトウ虫の糞だと思います。レタス系統はキャベツなどと違い、比較的虫が付き難い品種で私の畑ではノーマークです。ちなみにキャベツやブロッコリーなどは虫が付きやすいので防虫ネットを張って栽...続きを読む

Qアブラムシはどこから来るの?

変な質問ですみません。ガーデニングをはじめて間もないのですが、寄せ植えした花にアブラムシがたくさん!このアブラムシは一体どこから来るのでしょうか?また、アブラムシ、どのように対処するのがベストでしょうか?ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

アブラムシで暑くなった現在では、どんどん雌だけで繁殖(単為生殖)していますが、
寒くなると羽根の生えた雌雄のペアがでてきます。
コイツが飛んでまわって、あちこちでまた条件が合えばまた繁殖します。
ですから、春の初めには羽根の生えたアブラムシを見かけますが、その周りに羽根のない子が
ずらーっと並んだら、羽根組の用がなくなります。

牛乳を利用する方法が、教えて!gooによく出ています。

参考URL:http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/gaichu03.html

Qミニトマトの葉に茶色の斑点

ミニトマトの葉に茶色の斑点が何枚も見られるようになりました。
苗の購入時から少し見られていたので、植え付け時に切り落としていたのですが・・・

調べると斑点病のようにも思えますが、今ひとつ確信が持てません。

どなたか詳しい方、対処法と併せて教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

>ミニトマトの葉に茶色の斑点
ミニトマトの葉に茶色の斑点が何枚も見られるようになりました。
苗の購入時から少し見られていたので、植え付け時に切り落としていたのですが・・・

       ↓
葉かび病や輪紋病が推測されます。

ご心配なこととお察し申し上げます。
家庭栽培では安全安心な野菜作りと相まって、病害虫被害が強力な農薬散布等をしませんので、どうしても出やすくなります。
でも、苗の初期の段階を超えれば、本来の性質が丈夫で育てやすいので、日照と風通しに気を付け、水遣りの過剰を避ければ耐性もあり大丈夫だと思います。
痛んだ葉を摘葉・摘芯し感染拡大を図りながら、ダニやナメクジ被害にも朝夕の点検で注意してあげ(見つけ次第割りばし等で捕殺)し、丈夫なトマトは病気にも強いです。


~ご参考~

葉かび病
<被害の特徴と発生生態>
主に葉に発生する。はじめ葉の表面にかすかに黄斑が現れ、その裏側に灰白色~灰褐色のビロード状のカビが密生する。被害が進むと葉は乾燥して巻き上がり枯れる。
葉裏の胞子が飛散して伝染する。とくにハウスなどの多湿な環境で発生しやすく、晩秋から早春に多。密植や通気が悪いと発病しやすく、肥料切れにより株の勢いが衰えた時にも病気にかかりやすくなる。
<防除>
被害葉を摘除し、ハウスの換気を十分行う。
抵抗性品種の利用が有効である。


輪紋病
<被害の特徴と発生生態>
葉でははじめ暗褐色、水浸状の小さな斑点ができ、しだいに拡大して1センチ程度の同心輪紋状の大型病斑となる。
被害が進むと茎や果実にも同様の病斑をつくる。多湿になると病斑上には黒いビロード状のカビが生える。
病斑上にできた胞子が飛散して染する。
適温は28℃で、高温乾燥条件で発生が多い。
<防除>
着果期以降、肥料切れしないように注意する。とくに生育後半に発生しやすい。

http://osaka-ppa.or.jp/zukan/index.php



<私見>

トマトは南米のアンデス山地(高地)が原産地ですから、本質的に乾燥の痩せた土地でも丈夫な育て易い野菜です。

症状が進んでいる場合は、写真orガラス瓶に被害葉を入れて、園芸店やホームセンターにて相談し薬剤「トップジン・ダイセン・ベンレート他」を用途用法をアドバイス頂き散布します。

しかし、私は特別に収量や大きさを重視する農家ではない場合は薬剤の使用は安全性や周辺の草花への影響等より最後の手段だと思います。

主な原因は、家庭栽培では、過保護&愛情過多となり→水・肥料の与え過ぎ、土壌の湿潤、置き場所が日陰や葉の密生による日照不足が原因として考えられます。

また、鉢やプランターに苗の株間が狭く、根詰まり(根が張れず)や根焼け(肥料に直接触れて根が傷む)していませんでしょうか?

その他、アブラムシやナメクジ、ヨトウムシ、ダンゴ虫の被害、うどん粉病や縮葉病にも注意してください。
被害葉は感染を防止する為に手で切り取って捨ててください。
さらに、その土やプランターは連作(昨年も栽培)障害は大丈夫でしょうか?

とりあえず、
日照不足の解決:置き場所の変更、摘葉。

水遣り      :土が乾かない程度に水遣りは抑え気味に、夕刻に上げる(昼間は日差しで水が煮立つ)

摘葉・わき芽欠き:密生している葉、地上部に近く傷んだ葉を取り除く、またわき芽は手で欠く。

葉の状態でチェック:下葉が内側に巻き込んでいる(チッソ過多)、葉が小さく薄い色で植えに向いている(栄養不足)、葉が大きく下に向いている(栄養過多)。

受粉        :風や虫が媒介して実成しますが、念の為に花を揺する等して受粉を促す。

落花する      :高温で葉や根が傷む(株元にマルチをする)、落花(栄養不足→追肥、着果促進剤)

支柱と紐保持  :風対策やつるの誘引に支柱を立て、紐で保持する。 

追肥には鶏糞・米ぬか・草木灰をチッソ・リン・カリのバランスや過不足にあわせ調整してあげる。
土壌が弱っていると思う場合は、株元から少し離して鶏ふんや堆肥を与え土に元気を与える。
さらに、花が元気に咲いて来たら、トマトトーン(着果促進剤)を100倍希釈して霧吹きで花に散布してあげる。

摘果と収穫     :たくさん実が出来てきましたら、適当に間引く(摘果)事で、ミニトマトの大きさや味が良くなります。



◇ご参考記事

http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query …

http://www.iris-saien.com/howto123/#step_a

http://nao-k.jp/kusabana/planter/purannta.htm

http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%83%7E%83j%83g%83%7D%83g&index=log

>ミニトマトの葉に茶色の斑点
ミニトマトの葉に茶色の斑点が何枚も見られるようになりました。
苗の購入時から少し見られていたので、植え付け時に切り落としていたのですが・・・

       ↓
葉かび病や輪紋病が推測されます。

ご心配なこととお察し申し上げます。
家庭栽培では安全安心な野菜作りと相まって、病害虫被害が強力な農薬散布等をしませんので、どうしても出やすくなります。
でも、苗の初期の段階を超えれば、本来の性質が丈夫で育てやすいので、日照と風通しに気を付け、水遣りの過剰を避...続きを読む

Q野菜に付いてる虫って大丈夫?

鍋料理など白菜の美味しい時期になりました。
葉物野菜に虫が付いている事が有りますよネ?
「農薬が少ない証拠」と良い方に考え、洗い落として使ってます。
それほど神経質にならずに、「万が一残っていても、毒にはならぬ」と考えていましたが・・・・。
本当に大丈夫なのかしら?
例えば、サナダムシとか(昔聞いた名前)体の中に虫が湧くとか言った事は皆無なのでしょうか?
どなたか、医学的(?)生物学的(?)に説明して頂けませんか?
ちなみに、胃腸の弱い家系です。(^^ゞ

Aベストアンサー

近年未熟な有機農法が一部あるためか、寄生虫は増えているそうです。きちんと熟成した肥料なら安全ですが、#2番さんのおっしゃるように動物の侵入などによる汚染の可能性は捨て切れません(農薬をまいている畑も同じ)
寄生虫が増えるもう一つの理由は、従来刺身で食べなかった魚、肉などを刺身で食べるためだそうです。
残留農薬除去、食中毒防止のためにも、よく洗い、よく熱を通して食べることが肝心です。
ちなみに、サナダムシは、魚を通して寄生するそうです

Q葉の色が薄いのです(家庭菜園)

家庭菜園をやってるのですが、周りの畑に比べて私の畑のものは葉の色が薄いのです。虫の攻撃にもあいやすいカンジがします。本を読みながらやってるのですが、周りとの差は歴然。隣の芝生は青く見えるといいますが、ほんとうに青いんです。苗の生育も悪いです。ちなみに畑をはじめるにあたって苦土石灰を施し、適宜肥料は与えてたつもりなのですが。なにか思い当たることありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

植え付ける野菜により好みの肥料や酸度があります。
http://www.ne.jp/asahi/nao-k/e/engei/etc/arukari.html
一般的に日本は酸性度であり、中和するのにアルカリ性の石灰を使用するわけです。
石灰は植物が育つのに必要な成分でもあります。
消石灰、苦土石灰、有機石灰など種類があり消石灰苦土石灰は植え付け前2週間ほどに混ぜ込みます。
苦土石灰はリン酸の吸収を助ける苦土が入っているのでおすすめです。
上記の2種の石灰ほど中和力はないですが有機石灰はすぐに植え付けられるという利点があります。
以上が中和。

次に肥料ですが、野菜にあった肥料がいいでしょう。
肥料に表示されているN:P:Kはチッ素、リン酸、カリウムを示します。
8:8:8で売られている化学肥料はそれぞれ8ずつの割合と言うことです。
肥料には暖効性でジワジワ効いてくる物から速効性で効く物があります。
暖効性は元肥として土に混ぜ込んでおくといいし、速効性は追肥に向いています。
化学肥料と有機肥料がありますが化学肥料ばかり使っていると土が痩せてくるため長年菜園したいなら有機肥料中心でいきましょう。
ま、追肥程度なら化学肥料がいいかもしれませんが…。

さて、チッ素ですがこれは葉を育てるための成分です。
ただし、やりすぎるとひ弱に葉ばかりひょろ長く育ってしまい病気にもかかりやすくなるので程良くあげましょう。
油かすなどを植え付け2週間ほど前に施すといいでしょう。
ただし、油かすは肥料焼けしやすいため注意が必要です(根にあたらないようにしてやるか熟成物を使い植え付けまで期間をあける)。
腐葉土もいいし、堆肥も土壌改善効果や連作障害軽減効果があります。
牛糞もいいでしょう。
追肥には硫安などがいいかもしれません。

リン酸は実や花を育てる成分です。
個人的には骨粉がお薦めです。
鶏糞なども土壌改善効果がありお薦めです。
過リン酸石灰を植え付け前に混ぜておくのも酸度調整を兼ねられるのでいいかもしれません。
リン酸は一般的には多すぎても問題がない成分といわれています。

カリウムは草木灰などに含まれ根を育てる成分です。
イモなどはこれがないとダメでしょう。
病気に強くなったり耐寒性を高めてくれる作用もあります。
また、日照時間不足の改善効果もあります。

サツマイモにチッ素ばかりやればツルボケしてイモがちっちゃくなるしトウモロコシでも実が出来なくなったりします。
肥料は植える植物によって調整しましょう。
リン酸は多くてもいいですが…。
また、肥料が根にあたると肥料焼けをおこし最悪の場合枯れてしまうので注意しまょう。

家庭菜園参考ページ
http://www.honda.co.jp/helloyasai/index.html
http://mamedamaru.dip.jp/saien/mameda.htm
http://www.jaac.or.jp/saien/
http://www.yasai-web.com/vege/sh/s.html

無農薬、虫対策
http://www16.ocn.ne.jp/~nouen/bouchu.htm
http://homepage2.nifty.com/tiba-infrc/tenshurui.htm
http://mamedamaru.dip.jp/saien/musi.htm

農薬
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/

長文失礼しました。

植え付ける野菜により好みの肥料や酸度があります。
http://www.ne.jp/asahi/nao-k/e/engei/etc/arukari.html
一般的に日本は酸性度であり、中和するのにアルカリ性の石灰を使用するわけです。
石灰は植物が育つのに必要な成分でもあります。
消石灰、苦土石灰、有機石灰など種類があり消石灰苦土石灰は植え付け前2週間ほどに混ぜ込みます。
苦土石灰はリン酸の吸収を助ける苦土が入っているのでおすすめです。
上記の2種の石灰ほど中和力はないですが有機石灰はすぐに植え付けられるという利点があります...続きを読む

Qオルトランの人体への影響

 10数年前のパソ通時代さるフォーラムでも話題に上がっていたオルトランの人体への影響ですが、当時から漠然と薬害を理解していたに過ぎませんでした。

 最近の汚染米の問題からメタミドホスがにわかに世間に知れるようになり、農薬のオルトラン主成分のアフトラキシンが体内でメタミドホスへ変化することがおぼろげながら理解出来るようになりました。
 http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-105.html

 これまでもオルトラン粒状を、家庭菜園で野菜の播種後の発芽後に焼香程度土壌表面に使用していますが、近隣の菜園ではキャベツの青虫駆除として直接この粒状を散布しているのも見かけます。

 数年前オルトランメーカーに、この直接散布での人体への影響を質問したことがあります。回答は「悪影響があれば国が認める訳がありません」でした。

 実際オルトランが本当にどれほどの影響があるのか、その真実を知りたくアドバイスをお願いするものです。

Aベストアンサー

100%影響がないとはいえませんね。

じぶんはずいぶん前に使いましたがよく喉がへんな感じになってました。それ以来使ってません。

影響がないといってもそれは現時点での話しということですよね。未来永劫影響がないとはいえないのではないですか。なんせ農薬の技術から”科学兵器”が作られたりしていますからね。

だから害虫退治はニームオイル。病気には木酢液などをいまは使っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング