20年程前、自宅を増築しています。
その当時、私は小学生で、発ガン性物質のアスベスト(石わた)を、学校の天井にも使われてて問題になっていた記憶があります。
今になって、自宅のてんじょうにも使われているのではないかと不安になってきました。
アスベスト(石わた)といえば、理科でアルコールランプを用いた実験で使った「石わた金網」を思い出します。
あれの白い部分と同じ様な材質のものが、自宅のてんじょうに張り付けてあります。
これがアスベストなのかどうなのか確認する方法を、誰か知りませんか?
アスベストって、どれほどの発ガンの危険性を持つ物なのか分かりません。そんなに危険なのでしょうか?

知っておられる方、教えて下さいお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アスベストについてですが、学校や、公共施設などに使われている場合、通常、用途としては、耐火性能を確保するために、使われていました。


これは、まず、木造家屋に使用されているケースは
ほとんどありません。
ただ、鉄骨で作られている住宅や、マンションなどは
スラブ(床やヤネ部分)が、鋼板でしかれて、コンクリートが、うたれている場合、鋼板の耐火性能のため
アスベストが、吹き付けられている居ます。
鉄骨建てで、梁や柱をアスベストを吹き付けています。
これは、古い建物のものは、顕微鏡で見ると
アスベストの先が、尖っていて、吸い込むと肺につきささり、抜けないといったことになるのです。
最近のアスベストは、先が丸くなっていて、突き刺さりにくく、なっています。しかし使用しなくていいものであれば、つかわないに、越した事はありません。

>白い部分とおなじようなといっても、同じかどうかもわかりません、天井のどの部分につかわれているのでしょうか?

ただ、一般住宅や事務所の天井に貼り付けてあるものは
ロックウール系の防音材が、あります。表面が白色に塗装してあります。
これは、まず、問題はないのですが

基本的には、メーカーに聞いていただくか
わから無い場合は、都道府県の工業試験場などに、剥ぎ取ったものを、持ち込まれなければ、はっきりと和から名と思います。

天井の防音のほかに、
住宅の天井裏や、外部に面する屋根裏、壁には、グラスウールなどが、薄紙や、アルミに、包まれて、黄色っぽい、ガラスの綿が、貼り付けられています。

これも、問題ないとはされていますが、直接触っていると
痒い感じがして、あまり吸い込むのは、お薦めできません。

これらは、発ガンするというより
ハイに刺さると、喘息になったりするのです
アスベストを扱う職人さんは、胸の病気にさいなまれている方も多く居ます。

アスベストの製造業のニチアス社のホームページを
参考に、御覧ください。

参考URL:http://www.nichias.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細まで分かりやすい説明ありがとうございます。
自宅は木造二階建てで、個室と階段の天井に用いられています。
それらは縦横30cmの正方形型のタイルで、それを敷き詰めて釘で打ち付けてあります。
見た感じが石膏っぽく、指でギュッと突く(触る)と(固めた発砲スチロールの様な)弾力があります。
階段に使われているものには、キラキラした点々が見えます。
黄色いグラスウールは天井裏や壁の中に敷き詰められています。
小学生の時これに触ってしまって、痒くて痒くて、着てた服で手を拭いてた覚えがあります(笑)

自宅に使われているものはアスベストとは違うようで安心しました。
本当に有り難う御座いました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

アスベストの判断方法について、


syunpeiさんのお答えの通りです。
ただmondeさんの場合、アスベストでは無いと思います。
実際に見ていないので、絶対にとは言えませんが。
20年ほど前ですと、アスベストの危険性も認知され、ほとんど使用されていないはずです(アスベスト除去工事が行われているのは、もっと古い建物ばかりです)
石綿金網のイメージと言うことですが、普通建築に使われる石綿はsyunpeiさんのおっしゃる通り、吹付材がほとんどで、あのような平滑な物ではありません。そうですね、立体駐車場の天井・梁に吹き付けられている岩綿(こちらは無害)を白っぽくして、毛羽立たせた感じです。
以上、実際見ていませんので、参考程度に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。
20年以前には、もう認知されてて、立体駐車場に吹き付けられてる岩綿を毛羽立たせた感じのものだとしたら、自宅の天井のモノとは異なる様なので安心しました。
自宅の天井には、タイル状のものを釘で打ち付けてあります。

小学生の時の理科の実験で使った、石綿金網の白い部分を触った時の感触と、天井のそれを触った感触が似てたので不安でした。

本当にありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石綿(アスベスト)関連疾患について

先日テレビで、和室の砂壁にもアスベストが使われている場合があるといっていましたが、私は幼いころ、その砂壁(聚楽壁(じゅらくかべ))をこすって表面の砂を落として(はがして?)遊んでいたことがあります。
もしその砂壁にアスベストが少量混ぜられていて私がアスベストを吸っていた場合、石綿(アスベスト)関連疾患になるのはどのくらいの確率でしょうか?
まだ、研究途中なので答えにくいと思いますが、どのぐらいの感覚でなるかでもいいので教えてください。

ちなみに砂壁で遊んでいたのは1,2回だけで、十数分くらいだったと思います。
そして表面の砂が落ちるだけで、粉塵などは出ていなかったと思います。
また、昔は吹き付けアスベストなどがいたるところにあって、たいていの人が一度くらいはアスベストに触れていると思いますし、実際その下で吹き付けに気づかず何年も働いていた人もけっこういると私は思います。だから砂壁をいじっただけで病気になるようなら
、日本でもけっこうな人がアスベストの病気で死ぬと思っています(実際に死んでいるのは大量に吸った人ですし)が、どうでしょうか?

先日テレビで、和室の砂壁にもアスベストが使われている場合があるといっていましたが、私は幼いころ、その砂壁(聚楽壁(じゅらくかべ))をこすって表面の砂を落として(はがして?)遊んでいたことがあります。
もしその砂壁にアスベストが少量混ぜられていて私がアスベストを吸っていた場合、石綿(アスベスト)関連疾患になるのはどのくらいの確率でしょうか?
まだ、研究途中なので答えにくいと思いますが、どのぐらいの感覚でなるかでもいいので教えてください。

ちなみに砂壁で遊んでいたのは1,2回だけで...続きを読む

Aベストアンサー

じゅらく壁には主成分としてはアスベストは使われていません。使っていたとしても少量混和している程度だと思います。

また、仮に使っていたとしても、固形材になっているものからのアスベストの飛散はありません。
従ってあなたがアスベスト疾患になる確率は限りなくゼロに近いと言えます。

何よりもはっきり言えるのは、道路で交通事故にあう確率や、食品添加物やタバコの煙を吸い込んで癌になる確率の方が高いだろうということです。

あまり心配しすぎると、そのこと精神的に体を壊す確率の方が高いと思いますから、忘れてしまいましょう。

少なくとも、アスベストについては、過去のことを悔いても、もし吸ってしまっていたら諦めるしかないわけですから、悩むだけ無駄です。それよりも、これからの問題として捉えることだと思います。

Q自宅を増築した時の名義について

現在自宅をリフォームを計画しています、既存部分の床面積197m2で増築部分50m2ほか水廻り・外壁です、土地・建物の名義は同居している父の名義です、この場合増築部分の名義は私の名義にしたほうが良いのでしょうか(共有名義)?今の建物の課税評価額は約650万今回のリフォーム費用は約1200万です。
課税評価額はいくらになるかは判りません、すでに銀行の住宅ローンの融資は決まっています私が債務者で父が担保提供者(連帯保証人)となっています、完成後建物のの表示変更登記は自分でできるのですが所有権保存・抵当権の設定登記を自分で行いたいと考えていますこの場合共有名義にしないで行ったほうが良いのでしょうか ?詳しく教えてください。

Aベストアンサー

既存の建物を増築したと云うことですが、その増築した部分と既存の建物の間は、廊下などで繋がっているのでしようか。
そうだとすれば、増築部分だけをinaniwaさんの名義にすることはできません。
廊下などはなく全く別な出入り口となっていてトイレや台所など独立したものであれば区分所有権として登記ができ、その部分だけに抵当権の設定も可能です。そのようなものなら、わざわざ共有名義とする必要はないと思います。
もっとも「リフォーム」と云っておられるので私の考えている区分所有法に基ずくものではなさそうです。
そうだとすれば現在のまま父名義でよく、既存の建物の床面積だけを変更登記し、所有者を父、債務者をinaniwaさんとして抵当権の設定をすればそれでいいとおもわれます。勿論、共有登記にする必要はありません。

Qアスベスト問題について

最近、アスベストについてテレビでよく報道されているのを見かけますが、http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/11/s1126-8f.html
上記のサイトに書いてあるように、アスベストを吸い込んだ場合のアスベスト関連疾患が発症する確率が低いことを考えるとそんなに過剰に反応するようなほど危険ではないと私は思います。
確かに、そういうアスベスト作業に従事されていた方は癌などを発症する確率が高いとは思いますが、一般住民がそんなに気にする事態では無いように思います。
ですが、こんなにテレビなどで『○○○にアスベストが使用されていた』などとよく報道されているのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

多分世界水準で遅れている日本に対して そのことを今までないがしろにした、企業や政府に対して反論を目的に 視聴率が稼げると考えているからしているのでしょう。

 アスベスト 石綿ですが、粉塵と呼ばれるものがあります。 それは、砂、ほこり、紙くずなどから出てくる粉 金属の摩耗で出てくる 鉄粉
 
 知らないと思いますがたばこも実は粉塵に大きく関わっているのです。

 そのことをまだまだ知らない方が多くいますね。
 
 塵肺と呼ばれる病気は、主に肺の中の肺胞と呼ばれる部分に、吸い込んだものが溜まって塵肺という病気になるのですが、その肺の中に一度入った物
 実は時間が経てば出てくる仕組みに 人の体は出来ています。

 しかし長い間 たばこを吸っている方は 肺胞が タールでベトベトですから その排出する機能が働きません。
 そのため発症率がかなりあがるのです。
 ということは、身近ですいたくもないたばこを吸わされている人としては
 塵肺という病気と隣り合わせなわけです。
 
 ある意味アスベストより怖い話ですよね。 いったいこの状況を、たばこをすっている方にどう責任を取ってもらえるのでしょうか?
 
 このことが一番私としてはきになります。
 ちょっと詳しく書けば
 アスベストのように鉱物粉塵では(ほこりが舞ったり 砂が舞うのも同じと考えられます)丸くないために至る所に刺さる性質がある物があります。 それが刺さったままでいるとそのまま肺胞がつぶれて 使い物にならなくなり病気になりますよね。
 どうです? 何でも報道が正しいという時代ではありません。
 
 最初にも書きましたが、世界が注目しているから報道しているにすぎないのです 内容は相当アバウトで アスベストのことばかりしかのべていませんよね。 もっと身近の粉塵を取り上げてからそちらの報道をしてほしいものです。
 
 

多分世界水準で遅れている日本に対して そのことを今までないがしろにした、企業や政府に対して反論を目的に 視聴率が稼げると考えているからしているのでしょう。

 アスベスト 石綿ですが、粉塵と呼ばれるものがあります。 それは、砂、ほこり、紙くずなどから出てくる粉 金属の摩耗で出てくる 鉄粉
 
 知らないと思いますがたばこも実は粉塵に大きく関わっているのです。

 そのことをまだまだ知らない方が多くいますね。
 
 塵肺と呼ばれる病気は、主に肺の中の肺胞と呼ばれる部分に、吸...続きを読む

Q木造住宅におけるアスベスト使用の危険性

リフォーム番組の「ビフォーアフター」が、アスベスト法案適用のためにリフォームに時間がかかりレギュラー放送ができなくて打ち切りになるそうですね。

番組に出てくるのは木造モルタル住宅ばかりで、吹きつけアスベストを心配する必要は少ないように思うのですが、なぜ、解体にそんなに時間を必要とするのでしょうか。

現在の一般の木造住宅自体が危険ということなのでしょうか。
私の家は造って35年ぐらいの金属トタン屋根の木造モルタル住宅ですが、何だか心配になってきました。

Aベストアンサー

以前、アスベストの講習を受講しました。

アスベストは吹付けのほかに、
石膏ボード、ロックウール吸音天井板等の内装材
スレート(壁面、屋根等)などの外装材
に含まれていた時代があります。

ですので、鉄骨や鉄筋コンクリートに限らず、これらの材料を使用していることがあります。

これらの材料は、吹付けと違い、安定した状態であり、切ったり、砕いたり等しなければ、飛散する可能性は少ないものと言えます。

ですので、これらの解体は、テレビにやっているように、バールでバンバン壊すことができません。ビス・釘を抜き、1枚1枚外していく必要があります。(バンバン壊してもいいのですが、その場合は、近隣に飛散しないように完全に囲い、エアーシャワーなどの施設も必要になります。)

ということで、解体自体に時間を要するということが、ひとつ。

もうひとつは、
解体するものに、アスベストが含まれているかの事前調査が必要であり、各届出が必要であれば、これに時間を要することが原因かと思われます。

あと、現在、アスベストが社会問題になったことで、解体費用が高騰していると共に、アスベストの解体に必要な技術者の絶対数が少なく、工事の日程が混み合っていることも一因かもしれませんね。

以前、アスベストの講習を受講しました。

アスベストは吹付けのほかに、
石膏ボード、ロックウール吸音天井板等の内装材
スレート(壁面、屋根等)などの外装材
に含まれていた時代があります。

ですので、鉄骨や鉄筋コンクリートに限らず、これらの材料を使用していることがあります。

これらの材料は、吹付けと違い、安定した状態であり、切ったり、砕いたり等しなければ、飛散する可能性は少ないものと言えます。

ですので、これらの解体は、テレビにやっているように、バールでバンバン壊すこ...続きを読む

Qアスベスト(石綿)かどうか??

先日、知人の仕事で千代田区まで行きJRの橋架下店舗解体工事を手伝いに行きました。

その際アスベスト(石綿)の様な物が、鉄骨に付着していました。
*画像をご確認下さい。この画像はアスベストでしょうか?

作業中皮膚に付着し皮膚の痒みが止まりませんでした・・
知人も同様に痒みがあると言っていました。
知人にアスベストの事を聞いて知人は
受注会社側がアスベスト検査した後
この付着物はアスベストではないとの事。

もちろんこの解体工事現場は
アスベストでは無いと言う認識ですので
アスベストに関する届出は行っていないでしょう。
またアスベストを扱う資格保有者も当然皆無しでしょう。

これがアスベストでしたら騙されて危険な作業を
させられたと思いますので受注会社などを訴えようかとも
検討しています。

アスベストに知識ある方は宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

作られた年代はわかりませんか?
鉄骨の耐火被覆だと思いますが、調べてみないとわかりません。
アスベストってロックウールやグラスウールよりも桁違いに繊維が細いです。
現物があれば手のひらにのせてわかります。
ただし、この写真だけではわかりません。
心配なら、元請けに確認することですね。

ちなみにグラスウールの保温材を扱ったことがありますが、繊維が手の皮膚に刺さりまくりでした。
手に刺さるのなら、まずアスベストではありません。
外皮に刺さるほどの太さや固さではないんです。

Q金網に塗る塗料とは

塗料の知識が全くありませんのでお教えをお願いします。我が家のゴミ出しカラス対策で網の囲み作っています。(バーベキュウ等に利用されている大きな金網)これが少し錆びてきたので色を塗ろうと考えています。塗料はいろいろありそうで、ラッカーとかニスとかアクリルとか良く聞くのですが使用したことがないので判断がつきません。金網は使用しないときは雨の掛からないところに保管しています。特別高級品で高価なものではなく、一般的な程度の品をお教え下さい。自分で塗りますが、でこぼこで塗りにくそうです。塗料によってスプレー式があるのかどうかにもよりますが素人向きのような予感がしますのでその辺もよろしくお願いします。幼稚な質問ですがアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

最近ホームセンターでよく見かけるのですが、スプレー式ラッカー塗料で198円
メーカーの名前は大手メーカーです。
ホームセンターなどの要請で特別に作っているようです。
通常は6-800円位します。

金網にスプレーは勿体ないと思いそうですが、実はコツがあるのです。

風のない日に新聞紙など(段ボールでも良いです)を広い面積に立てかけます。
その手前に少し隙間を開けて金網を手に持ちます(或いは棒切れなどを利用して立て掛けます) そのまま吹き付けます。
(スプレーは乾燥を待って何度も吹き付けるのが基本です)

網にかからなかった塗料はほとんどが裏側の新聞紙などに付きますが、反射して裏面にもいくらかは塗料が付きます。
今度は金網を裏返して吹き付けます。

4-5回も吹きつければ、完全に塗料の塗膜は出来ます。

あくまでも一気に多量は吹き付けない
軽く 薄く吹き付ける事がコツです。


でも、ゴミ置き場のカラス除けに金網ですか・・・。
私は適当にテグスを張りめぐらせて置きます。
一度でも見えないテグスに 羽や足が触れた彼らは二度と同じ場所には寄ってきませんから・・・。
  

最近ホームセンターでよく見かけるのですが、スプレー式ラッカー塗料で198円
メーカーの名前は大手メーカーです。
ホームセンターなどの要請で特別に作っているようです。
通常は6-800円位します。

金網にスプレーは勿体ないと思いそうですが、実はコツがあるのです。

風のない日に新聞紙など(段ボールでも良いです)を広い面積に立てかけます。
その手前に少し隙間を開けて金網を手に持ちます(或いは棒切れなどを利用して立て掛けます) そのまま吹き付けます。
(スプレーは乾燥を待って何度も吹き付けるの...続きを読む

Qアスベストについて。アスベストのことがよくわかりません。わかってるのは、身体にと

アスベストについて。アスベストのことがよくわかりません。わかってるのは、身体にとてもよくないものということだけです。
アスベストは、飛散するとよくないそうですが、飛散してない状態とはどのような状態のことを指すのですか。築地のアスベストは飛散してますか?

Aベストアンサー

NO4さんアスベストとガラス繊維は違いますよ。
アスベストは使用禁止ですがガラス繊維は使用可です。
因みに岩綿(ロックウール)は石綿と別なのでこちらも使用可です。
質問者さん、「アスベスト」で検索すれば正確な情報を公的機関が
出してますのでそちらを検索くださいね。
こんなところの情報聞いて信じちゃだめです。

Q『たけしのこんなはずでは』地震危険度・火災危険度(東京)

先程テレビの『たけしのこんなはずでは』でやっていたのですが、東京の地震危険度や火災危険度のランキング(ランキングではなくて危険度だけでも)は、どこで見れるのでしょうか。
5年位前にも雑誌のサピオか何かで特集していたのを見た覚えがあるのですが、その頃住んでいた地域の部分しか見なかったし、これから引越をする予定なのでもう一度見たいと思っています。
本でもサイトでも良いので教えて下さい。

Aベストアンサー

番組でも紹介されていた、地盤等を含めた建物倒壊危険度を町丁目ごとに表示したパンフレット「あなたのまちの地域危険度」は都民情報ルーム(都庁第一庁舎3階)で販売しているようです。
http://www.koho.metro.tokyo.jp/koho/2003/01/kiji/hinan.htm

東京都のサイトに「東京都地域防災計画 震災編」があります。
資料編第2部の「第30 地震に関する地域危険度(都都市計画局)に地図があります。
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/04saigaitaisaku/tiikibou015/betsu_index.htm

洪水ハザードマップ
http://www.gesui.metro.tokyo.jp/oshi/infn0126.htm

参考URL:http://www.koho.metro.tokyo.jp/koho/2003/01/kiji/hinan.htm

Qアスベストについて

アスベストについてですが、一般大気中にも浮遊しているという事は、普通に生活していてもアスベストを吸っている事になるのですか?だとしたら、外に干している洗濯物や布団にも、沢山アスベストが付いている事になるのでしょうか?教えて下さい。
もしかして、アスベストを一本も吸っていない人は、日本には一人もいないのでは・

Aベストアンサー

アスベストは自然界にある鉱物(石)の繊維です。日本語では「石綿・いしわた」といいます。ごくごくわずかですが、自然な状態でも、全くゼロではないでしょう。また、害をなすのは、この石綿の繊維が細かく解けたものです。同じように見えるロックウール(人工物)やグラスウール(ガラス繊維)は、径が太く有害ではありまぜん。また、環境中にどのぐらいはあっても大丈夫だろうという基準を超えない限りは、たぶん大丈夫でしょう。これは確率の問題です。道路は危ないといっているのと同じです。でも、道路を使用しない人はいないですよね。それなりに注意はしますが。道路でも車道や交差点ののように特に危ない状態の場所がありえるということです。普通の状態では、神経質になる必要もないと思えます。洗濯物や布団にどのぐらい付いていれば、大量といえるのでしょうか。危険な量を大量というのであれば、普通は大量ではないでしょう。確かにいっぽんもすっていない日本人はいないでしょう。だけど、これが、すべて危険な常態であることとは関係がありません。ただし、発病が大気中の浮遊量に比例しているとは思えないデータもあるので、注意するに越したことはありません。周りに数十年前の旧いアスベストの波板があったり、旧い大きな駐車場に耐火物が吹き付けてあり、開放的な常態だと、建物の持ち主に確認されればいいでしょう。飛散が確認できれば持ち主又は管理者は「労働者」に対してですが、対策を講じなければなりません。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/07/tp0729-1.html

アスベストは自然界にある鉱物(石)の繊維です。日本語では「石綿・いしわた」といいます。ごくごくわずかですが、自然な状態でも、全くゼロではないでしょう。また、害をなすのは、この石綿の繊維が細かく解けたものです。同じように見えるロックウール(人工物)やグラスウール(ガラス繊維)は、径が太く有害ではありまぜん。また、環境中にどのぐらいはあっても大丈夫だろうという基準を超えない限りは、たぶん大丈夫でしょう。これは確率の問題です。道路は危ないといっているのと同じです。でも、道路を使...続きを読む

Q主人の転勤の都合で自宅を離れ、半年に1度くらいは風を通すために自宅に帰

主人の転勤の都合で自宅を離れ、半年に1度くらいは風を通すために自宅に帰ってきます。昨日、気付いたのですが、ソファーベット(?)(折りたたむとソファになるマットレス)を掃除のために移動させると、ソファーの底の部分がカビでびっしりで、フローリングも真っ黒になっていて、とてもショックでした。ソファーを処分し、フローリングは表面のカビはアルコールで拭きとりましたが、カビの根がどこまで広範囲に広がっているのか、見えない床の裏部分で増殖し続けているのではないか、そのうち、床がカビて腐って抜けてしまうのでは・・・と気になって仕方ありません。掃除のあとは体質的に呼吸器系が弱いので、咳がでたり喉が痛くなりました。これからもっと湿度も気温も上がるのに、良い方法がわからず皆さんの知恵をおかりしたいと思い投稿しました。一度カビてしまったフローリングはどうすればカビと完全におさらばできますか?このまま表面の掃除だけで終わって大丈夫でしょうか・・。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

定期的にお部屋の空気を入れ換えされてるのに、残念でしたね。

ソファーベットやローソファーなど、床に直置きしてるモノが意外に盲点となり、同じようにカビで悩まれてる方が多いんですよ。

これらのモノは、人の汗を吸ってたり(布団を敷きっぱなしにしてるのと同じ)、湿気を常に吸ってます。

なので長期で留守にする際には片付けてしまうか、立てておくと良いんです。また床に直接触れないように、隙間が空くように簀の子などを敷いたりもします。

さてフローリングのカビですが、普通は除去しても1ヶ月以内には、同じ環境ですと、また発生します(この繰り返しになります)。

アルコールやカビ取り剤は生えているカビに作用し、これを一時的に表面の部分のカビを除去することはできます。

但し、発生したカビが長期間放置されていた場合、対象物のの深部まで根を張ってしまい、完全に除去することはできません。

つまり根本原因である糸菌を取り除かないと、解決できません。

カビ防止には、まず、市販されている

(1)除去剤(スプレー剤・ジェル剤)で除去した後に、

(2)防止剤でカビ以外の雑菌を除去し、

さらにカビの発生を長期間抑制することができます。

この時、防止剤が乾いたら、表面的に見て、変な色(カビてた跡)が無ければ、市販のフローリング用ワックスを塗っておくと良いです。

※乾燥させる時は、扇風機などで風を当てる(首振りしながら)とよいですが、喉を痛めたりするのでマスクなどをして注意です。

また一軒家でしたら、台所に床下収納はありませんか?もしあれば、時折解放し、床下の風通しをされることをお勧めします。この時、扇風機などで風を送ると尚効果的ですね。

※アルコールなどで拭きすぎると、フローリング表面のワックスが取れ変色などの原因になります。

定期的にお部屋の空気を入れ換えされてるのに、残念でしたね。

ソファーベットやローソファーなど、床に直置きしてるモノが意外に盲点となり、同じようにカビで悩まれてる方が多いんですよ。

これらのモノは、人の汗を吸ってたり(布団を敷きっぱなしにしてるのと同じ)、湿気を常に吸ってます。

なので長期で留守にする際には片付けてしまうか、立てておくと良いんです。また床に直接触れないように、隙間が空くように簀の子などを敷いたりもします。

さてフローリングのカビですが、普通は除去して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報