今、"タクシー"と"さとうきび"のイラストを探しているのですが、検索方法にあまり慣れていないのでちょっと手間取っています。どなたかイラストあるいはフリー素材分野に詳しい方で、"さとうきび"と"タクシー"のオススメをご存知の方がいたら、そのサイトを教えてください。できればポップ調のイラストとかだと助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

イラスト検索はこちらがいいかと・・・。


ピッタリのものがあるといいのですが。

参考URL:http://www.dex.ne.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

紹介してくださってありがとうございます!いろいろ探してみますね。

お礼日時:2001/10/02 13:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水泳のゴーグルをフィットさせ暗さに慣れる方法

お世話になります。

スイムグラス ミラー BLSK を購入しました。
特に内容を把握せず
・見た目がかっこいい
・競泳用っぽいけどクッション付き
の理由で購入しました。

購入し着用してみると
今までの大きな?ゴーグルと違いうまく調整できません。
緩くても、きつく締めても泳いでいると片方から水が入ってきます。。。
好み的にはきつくしまないのが好きです(一時間以上着用しますし)。

また、UV加工されている様で
サングラスをかけているようで、周りがブラウンで暗く
見え、違和感を感じます。

ゴーグルをフィットさせるコツはないでしょうか?
また、周りの暗さ?には慣れるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>片方から水が入ってきます

実はゴーグルのゴム部分が外れている
なんてことはありませんか。

きつく締めても水がはいるなんてことは
ないはずですが。

1000円以下の中国製の安物でも
そういうことはありませんし。

>ゴーグルをフィットさせるコツはないでしょうか?

ゴーグルと顔の間に髪の毛とかがはいると、
そこから水が漏れてくることがあるので、
そういうことのないようにするくらいでしょうか。

>また、周りの暗さ?には慣れるものなのでしょうか?

すぐに慣れます。
特に屋外だと光量を多く感じますのでちょうどよくなります。

Q拳銃が弾詰まり、あるいは不発を起こす原因・理由

本物の自動拳銃あるいは回転式拳銃が実際に起こりうる弾詰まりの原因や理由を教えてください。

趣味で脚本などを書いていますので、どれほど可能性が低くてもあり得るのであればお願いします。
想像のつくだけ書いていただきたいです。

Aベストアンサー

 不発の原因として考えられるのは

 1 雷管(プライマー)自体の製品不良
 2 カートリッジパウダーの品質不良
 3 ファイヤリングピンの欠損(オートのみ)
 4 ファイヤリングピンの磨耗(主にリボルバー)
 5 メインスプリング(コイル)のへたりによる、プライマー打撃力不足。(リボルバーの場合はコルト社はコイルスプリング、S&Wはリーフスプリングの場合もあり)
 6 セイフティ不良(主にオートですが、種類が多すぎるので詳細は省きます)
 7 シアの解放ミス(オート) 

 次にこれはオートのみですが、ジャミング(弾詰まり)を起こす原因としては
 
 1 カートリッジとチェンバーランプの相性の悪さによるジャム。(主に弾頭形状に起因しますが、稀に長すぎや短すぎなどのケース長の精度不足もあります)
 2 スライド内に、もしくはマガジン内に紛れ込んだ、小枝や小石などの異物によるスライドの閉鎖不良によるジャム。
 3 マガジン形状の変形による送弾不良によるジャム。(マガジンリップの変形が主)
 4 エジェクト不良。(主にエキストラクターの欠損や、ケースリムの強度不足)
 5 シューターのグリップ力不足。(銃をしっかりホールドしない場合に起こりやすいジャムです)

 ざっとこんなところですが、不発の原因のほとんどはカートリッジ自体の製品不良によるものです。これも一昔前のファクトリー物でしたらそれほど不発の発生率は高くはありませんでした。しかしその後中国製(ノリンコ)がはびこってきたことと、ウィンチェスターやレミントンなどが経費節減を狙って南米へ工場を移転させたことによって、製品にばらつきが増え、自然に不発率が高くなっています。

 また不発の際の処置ですが、オートの場合はシングルアクションの銃はスライドを引いてそのままエジェクトさせるしかありません。ダブルの場合はそのままもう一度トリッガーを引いてハンマーを落とします。この方法で結構発射できるケースが多くあります。
 リボルバーの場合は、そのままトリッガーを引きなおせばいいように思いがちですが、ひとつ落とし穴があります。つまり不発弾時に「ディレードファイヤ」(遅発)という現象が稀にあるからです。プライマーやパウダーの燃焼がまったく起こらない場合は別ですが、ちろちろと燃焼していくケースがあります。速くて数秒、遅くて10秒後に発射されたケースが報告されています。このため管理射場・シューティングレンジでのシューティングでの不発の場合、オート、リボに関わらず、最低10秒は銃を的へ向かって構えたままを維持することが推奨されています。

 オートはそういうことはありませんが、リボルバーの場合、不発弾を放置して次弾を発射しようとしたとき、シリンダー内にあった不発弾がディレードファイヤを起こす可能性があります。良くて銃本体をバラバラにするだけで済みますが、最悪シューターの指が2,3本持っていかれてしまうことも考えられます。

 以上つれづれに書きましたが、何かの参考になれば幸いです。

 不発の原因として考えられるのは

 1 雷管(プライマー)自体の製品不良
 2 カートリッジパウダーの品質不良
 3 ファイヤリングピンの欠損(オートのみ)
 4 ファイヤリングピンの磨耗(主にリボルバー)
 5 メインスプリング(コイル)のへたりによる、プライマー打撃力不足。(リボルバーの場合はコルト社はコイルスプリング、S&Wはリーフスプリングの場合もあり)
 6 セイフティ不良(主にオートですが、種類が多すぎるので詳細は省きます)
 7 シアの解放ミス(オート) 
...続きを読む

Qステッピングモータの脱調解消方法について

電子工作まったくの素人ですよろしくお願いします。
昔の雑誌にラジコンヘリのロータ回転数を離れたところからモータの回転するシヤッターより見て、止まって見える位置の回転数でロータの回転数が確認できる測定器の記事を見つけ作成してみました。回路はうまく動作しているようですが周波数を上げると脱調の症状が出ます。
(脱調の意味は理解しているつもりです)
回路の説明をするとNE555による発振で約160Hzから320Hzと記載されております、回路は間違いないようで簡易測定で確かに出力しています。その後段に7474(ic)でX、バーX、Y、バーYの出力を各3.3kの抵抗を通して2SC458(Tr)のベースに接続し各コレクタに1S2076と+を接続、ユニポーラのステッピングモータ(SPG-20-332)です。
NE555の周波数をあげるためのボリュームで周波数を180Hzぐらいにあげていくと脱調の症状が出ます。ちなみに電源はニッカド4.8vしており、あいにく7474が入手できなかったので74HC74APを使用しました。
周波数をあげていったときに脱調しないようにするにはどのような工夫が必要でしょうか?モータでしょうか?ICでしょうか?
詳しい回路はGoogleで"ラジコン技術 1991年10月号"で検索すると2番目に出てきます。(リンクの了承をえていないのですいません)
以上、アドバイスよろしくお願いします。

電子工作まったくの素人ですよろしくお願いします。
昔の雑誌にラジコンヘリのロータ回転数を離れたところからモータの回転するシヤッターより見て、止まって見える位置の回転数でロータの回転数が確認できる測定器の記事を見つけ作成してみました。回路はうまく動作しているようですが周波数を上げると脱調の症状が出ます。
(脱調の意味は理解しているつもりです)
回路の説明をするとNE555による発振で約160Hzから320Hzと記載されております、回路は間違いないようで簡易測定で確かに出力しています。その後段...続きを読む

Aベストアンサー

せっかくですので色々何点か。とりあえずモーターと回路図もざっくりと確認しました。
そこで気になる点ですがまず発振周波数はモーターの動作上とくに問題はないのではないかと思います。回路も配線間違いなければいいかと思います。ICの74HC74はC-MOSですのでもし使用していない入力側があればGnd(-側)にプルダウンしておきましょう。
で問題はモーターですが確認したところギアヘッドつきのモーターのようですね。記載されている特性は多分モーター自体の特性でギアヘッド分を考慮していないのではないかと思います。つまりは実際にはギアの分の負荷がかかっていると考える事も出来ますが。あと減速1/24ですから回転数も影響するかと思いますのでその辺も考慮したほうがいいかと思います。元の回路の写真(映り悪いですけど)みるとモーターだけ使用したタイプかと思いますのでその辺も調整する必要あるかもしれません。で脱調の主な原因は多分電流不足ではないかと。
モーターの特性は最大2Wまで可です。またグラフを見る感じでは120~200mAくらい流すのがよさそうですが現在の4.8Vでは100mAも流れないのではないかと思います。そうなると周波数が高くなると通電時間が短くなり余計にトルクが弱くなる。(ギアが付いてるので余計?)
と考える事もできます。なのでモーターの最大定格を考えると9V位でいけるのではないかと思います。(電源は集合電池9V)
その場合はICなどの制御側は直につなぐ事はできませんので必ず三端子レギュレーターで5Vにして接続しましょう。
もうひとつの電流を流せない問題として考えられるのがトランジスタ。
規格表で2SC458を確認したところ最大定格がコレクタ損失(流せる限界電力)は何とかですがコレクタ電流(引き込める電流)が0.1Aになっています。つまりこのトランジスタは100mAしか流せないと考えていいと思います。(用途がオーディオ、増幅用となっていましたが)
個人的にはステッピングモーターは大電流用のダーリントン接合のタイプ(2SD1509とか)使います。この場合は高周波用でCタイプで無いと問題があるのかもしれませんから何かCタイプの大電流用(またはもう少し流せるタイプ)の方がいいと思います。(どちらかといえば458より1815の方がよさそうですけど)周波数の特性で458なのかもしれませんが。変わりは結構廃盤になってたりしますので購入可能なところで適当なのを探してみましょう。そんなところで電流量を増やせば多少は解決しそうな感じはします。とりあえず参考までに。

せっかくですので色々何点か。とりあえずモーターと回路図もざっくりと確認しました。
そこで気になる点ですがまず発振周波数はモーターの動作上とくに問題はないのではないかと思います。回路も配線間違いなければいいかと思います。ICの74HC74はC-MOSですのでもし使用していない入力側があればGnd(-側)にプルダウンしておきましょう。
で問題はモーターですが確認したところギアヘッドつきのモーターのようですね。記載されている特性は多分モーター自体の特性でギアヘッド分を考慮してい...続きを読む

Qミスディレクションの他の分野への応用

マジックの用語の一つであるミスディレクション(ここでは詳しく書きませんが)は非常に大きな汎用性を持っていると私は感じています。
そこでミスディレクションを使ったマジック以外での他の分野での応用方法を考えています。
よろしければ皆様のご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

普通に商談に使えるでしょう。
こちらのアピールポイントに着目してもらって、都合の悪いところはスルーしてもらうとか。
話の順番や、選択肢の出し方で、相手方の思考の範囲をそれなりに限定させることができます。

行きすぎて嘘まで交えるようになっちゃうと詐欺になりますが。

QR&B・ヒップホップ調のインストの

アルバム探してますがお勧めを教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

それならば”ロニー・ジョーダン”はどうだろうか。!

ロニー・ジョーダンは新進気鋭のジャズ・ギタリストで彼のアルバムで”ザ・クワイエット・レボリュウション”といものがあります。これが自分が知るかぎりインスト・ミュージックとヒップホップの融合の世界でも最初の成功例ではないかと、実際アメリカ本国でもかなりの反響を呼んだと聞いています。

このアルバムのなかでも”カム・ウィズ・ミー”という曲はたまにテレビのBGMに使われていたりします。実際自分自身この曲が気に入って買いました。たしか早朝のラジオで聞いたのがきっかけだったと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報