「適当な量の仕事と楽しめる余暇とで釣り合いのとれた生活をする」
を自分で英訳してみると、
spend as much time in working as in enjoying your leisure .
のような感じかなと思ったのですが、これではだめだといわれました。
確かに100%伝えられているとは思えませんが、何故だめなのでしょうか。どこかに大きな文法的欠陥などがあるのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

S-Wordさんがんばってますね。


再び答えてみようと思います。
もしも僕が”適当な量の仕事と楽しめる余暇とで釣り合いのとれた生活をする”を英訳してみるとしたら

It would be suggested to have a balanced life with the adequate amount of work as well as that of enjoyable leisure.
こんな感じでしょうか ちょっと堅いですけどね。

日常会話では
You are too serious with your work!! Sit back and relax!! It's won't hurt you, mate!! とかぐらいくずれてもいいでしょう。(テストの回答にはむかないけどね; 日本の先生もそのぐらいのユーモアがあってもいいですよね)

ではS-Wordさんの
spend as much time in working as in enjoying your leisure
について考えてみましょう

まず、S-WORDさんがいう文法的欠陥について考えましょう
もしも
in working & in enjoying としたところですが、僕ならFOR を使うと思います。spend as much time for working のほうが、time とworkingの関係が良く分かると思います。~するための時間としたわけですね。もしもINを使った場合、仕事をするときに多くの時間を使うという感じになります。

しかしながら、spend as much time for working as for enjoying your leisureといったとしても、まだ変な感じがします。この違いはworking がTHINGとして働いているのに対し、ENJOYING YOUR LEISUREはACTであるためだと考えられます。このACT とTHINGの違いを、古典文法(学校でならうもの)で説明するのは難しいのですが、簡単にいうと、THINGは名詞と同じクラス、同じように用いることができるのに対し、ACTは一つの節として働いているためです。

私がすこし、S-wordさんの英訳を見て感じたことは、日本語をそのまま英語にしようとしているところです。日本語をそのまま訳せば、英語で通じるかというと、そういったものではあります。言語は文化のなかではじめて生きるわけですから。もうすこし、FLEXIBILITYをもってもいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず、S-WORDさんがいう文法的欠陥について考えましょう もしも
in working & in enjoying としたところですが、僕ならFOR を使うと思います。spend as much time for working のほうが、time とworkingの関係が良く分かると思います。~するための時間としたわけですね。もしもINを使った場合、仕事をするときに多くの時間を使うという感じになります。

なるほど、何も考えずinにしましたが、これではいけませんね。それにしても前置詞は選ぶのに苦労します。

>しかしながら、spend as much time for working as for enjoying your leisureといったとしても、まだ変な感じがします。この違いはworking がTHINGとして働いているのに対し、ENJOYING YOUR LEISUREはACTであるためだと考えられます。

なるほど、そうですね、たしかに変な感じがします。名詞という品詞ばかりに気を取られて作ってみたのですが、文法的には正しいかもしれないけれど、そういう印象も大事にしないといけませんね。

>私がすこし、S-wordさんの英訳を見て感じたことは、日本語をそのまま英語にしようとしているところです。日本語をそのまま訳せば、英語で通じるかというと、そういったものではあります。言語は文化のなかではじめて生きるわけですから。もうすこし、FLEXIBILITYをもってもいいのではないでしょうか。

私はだいぶ日本語をかみ砕いて使いやすい英語にしたつもりなのですが、ただ日本語の伝えたい内容を削って、ある一部分だけに注目して英訳してしまっていただけかもしれません。もう一度自分の英語を見てみるとどこか抜けているような気がしました。もう一度よく考えてみたいと思います。

お礼日時:2001/10/02 09:38

あなたの一連のご質問内容を拝見すると、実にまじめに英語に取り組んでおられる様子が伺えます。



その姿勢は素晴らしいのですが、私から見ると、ちょっと肩に力が入り過ぎています。
つまり、すべての英語の文法や表現を、数学のような「公式」に当てはめて理解しようとしているような感じを受けます。

あなたが「理論好き」なのはよく分かりますが、もう少し、いろんな英語を読むことをお奨めします。すべての英文が文法理論どおりに書かれているとは、あなたも思わないでしょ。

前置きはさておき、ご質問への回答をさせていただきます。

あなたの作った英文が何故だめなのか。
それは、あなたの「英文」を「和訳」してみれば分かります。もとの和文が伝えたい意味になっていますか。
そして、だめな理由を、すぐに「文法的欠陥があるのかな?」と思ってしまうのが、あなたの「欠陥」です。(ちょっときつい言い方で、ごめんなさいね。)

こうしたことをもう一度考えて、そして、#2の方のご回答も参考にして、英文を作り直してみてはどうですか。

ぜひ、新しい英訳を作って「補足」で知らせてください。

この回答への補足

「適当な量の仕事と楽しめる余暇とで釣り合いのとれた生活をする」 をもう一度英訳してみます。模範解答を見てしまっているので、自由に考えられなくなっているのですが、いくつか書いてみます。

keep your balance between the proper amount of work and enjoyable leisurre.

何か模範解答と似てしまいました(^^)

lead a well-balamced life by enjoying your leisure more and working proper time .

well-balamced を使ってみました。

lead a well-balamced life in this way you find yure leisure which you can enjoy as well as you devote your life to work .

kobeccoさんお返事どうもありがとうございました。

補足日時:2001/10/02 09:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>その姿勢は素晴らしいのですが、私から見ると、ちょっと肩に力が入り過ぎています。
つまり、すべての英語の文法や表現を、数学のような「公式」に当てはめて理解しようとしているような感じを受けます。
あなたが「理論好き」なのはよく分かりますが、もう少し、いろんな英語を読むことをお奨めします。すべての英文が文法理論どおりに書かれているとは、あなたも思わないでしょ。

すいません、よくいわれます。凝り固まった考えは捨てていきたいのですが、なかなかうまくいきません。いろいろな英文にふれることで、そういった物を乗り越えていきたいと思います。

>あなたの作った英文が何故だめなのか。
それは、あなたの「英文」を「和訳」してみれば分かります。もとの和文が伝えたい意味になっていますか。
そして、だめな理由を、すぐに「文法的欠陥があるのかな?」と思ってしまうのが、あなたの「欠陥」です。(ちょっときつい言い方で、ごめんなさいね。)

お返事ありがとうございました。まさしくその通りだと思いました。意味より文法を優先させていました。文法ミスはなくすのは当たり前ですが、意味が伝わっていないとそれこそ意味がありませんね(^^)もう一度考え直したいと思います。

お礼日時:2001/10/02 09:40

仕事するのと同じ時間遊んでいたら釣り合いが取れないからではないでしょうか?



釣り合いを取るのは「少なめの仕事」と「楽しい余暇」であって、「仕事の量」と「余暇の量」ではないと思います。

あと「適当な量の仕事と楽しめる余暇とで生活の釣り合いを取る」のほうが英語っぽいような気がしますが、どうなんでしょう???(全く自信なし)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>仕事するのと同じ時間遊んでいたら釣り合いが取れないからではないでしょうか?
釣り合いを取るのは「少なめの仕事」と「楽しい余暇」であって、「仕事の量」と「余暇の量」ではないと思います。
あと「適当な量の仕事と楽しめる余暇とで生活の釣り合いを取る」のほうが英語っぽいような気がしますが、どうなんでしょう???(全く自信なし)

そうですね、「釣り合い」って必ずしもイコールの関係ではないですね。そこを間違っていました。お返事ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/02 09:39

自動翻訳サービス?と言うURLを紹介します。


http://www.excite.co.jp/world/text/

こんな訳文が出て来ますが、使う時はおおよその訳文をゲットして適当に手を加えます。

It lives a life which was able to take balance at work of a suitable quantity, and the leisure which can be enjoyed.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>自動翻訳サービス?と言うURLを紹介します。
http://www.excite.co.jp/world/text/
こんな訳文が出て来ますが、使う時はおおよその訳文をゲットして適当に手を加えます。
It lives a life which was able to take balance at work of a suitable quantity, and the leisure which can be enjoyed.

お返事ありがとうございます。今度からは、できるだけいろんな英文を見るために翻訳サイトも覗こうかなと思います。やはりbalanceを素直に使った方が良さそうですね。

お礼日時:2001/10/02 09:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMuch as=as much as? 何か意味が違うのですか? また[]で括った所についてなん

Much as=as much as?

何か意味が違うのですか?
また[]で括った所についてなんですが2番目の文のどこが最初の文の例というかサポートなんでしょうか?微妙に違いませんか?ホーンのように声を使うとは言ってないですよね…彼らがホーンを使う事と同じようにと言っているだけで

Aベストアンサー

as much as = much as となる用法もありますが、
その場合、much は何か前にある動詞を修飾します。

でも、今回の much as ~は「~するように」という as の度合を強めています。

日本語では「とても同じ」とは言わないので、「ほとんど~と同じように」
と訳すことにはなっていますが、まあ、ただ as ~だけだと同じようなものです。

最高のジャズシンガーというのは、ホルン奏者が楽器を扱うかのごとく、
自らの声を使う。

>彼らがホーンを使う事と同じように
というのがよくわかりませんが、
>ホーンのように声を使う
と言っています。

Q比較 as much as

こんばんは。とある私立大学の問題で、文の誤りを正せ。という問題がありました。

You should save money as much as you can.

で答えは(誤)money as much→(正)as much moneyでした。訳は「できるだけたくさんのお金を節約すべきだ」となると思います。
 高校生のころの私でしたら、ここで「ああ、そうかmuchの後ろに名詞おかなきゃだめって先生言ってたなー」で終わるのですが、よくよく考えてみると、この問題文のままではだめなのか?という疑問がうかんできました。そのままで「できるだけたくさんお金を節約すべきだ」とmuchが動詞にかかるようにして考えてはだめでしょうか?

明確な理由がわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題を整理しますと、下の文のどちらが正しいのかということだと思います。

1)You should save money as much as you can.
2)You should save as much money as you can.

1)の文章を日本語にやくしてみますと、「あなたはお金の出費を押さえるべきです、できるだけ」
ここのas much as あなたが出来る分量と同じだけ、つまりできるだけという意味になります。

2)の文章は「あなたは節約すべきです、あなたが出来る多くの金額を」という日本語としてはすこし不思議ですが、そのようになると思います。つまりこのmuchはmoneyに掛かる形容詞で「沢山のお金」ということを述べています。しかし1)のmuchはできるだけたくさん節約するという節約という動詞に掛かる副詞となっています。

しかしながらmuchがどちらに掛かろうとも意味は大きく変わりません。否、同じだと言っても良いと思います。強調が点が異なるだけで意味は同じと思いますが、いかがでしょうか。

従いまして、あえて正解をどちらかとすれば、ご指摘のように「muchの後ろに名詞おかなきゃだめって先生言ってたなー」ということで2)になるのだろうと思います。英語の専門家ではございませんが、設問にすこし配慮が必要ではなかったかと思います。

問題を整理しますと、下の文のどちらが正しいのかということだと思います。

1)You should save money as much as you can.
2)You should save as much money as you can.

1)の文章を日本語にやくしてみますと、「あなたはお金の出費を押さえるべきです、できるだけ」
ここのas much as あなたが出来る分量と同じだけ、つまりできるだけという意味になります。

2)の文章は「あなたは節約すべきです、あなたが出来る多くの金額を」という日本語としてはすこし不思議ですが、そのようになると思います。つまりこ...続きを読む

Qas much as に関して

よろしくお願い申し上げます。

Tom has no less than ten dollars.

Tom has as much as ten dollars.

という書き換えが問題集にあるのですが、
ten dollars というのは1ドル札10枚であり、
数えられるからこそ、dollarsと複数形になっているの
ですよね?そうすると、as many as の方が望ましいのでは
ないかと思ってしまいます。
また、I bought the identical dress for 20 $ less.という
例文があったのですが、これも、20$を中心に考えると、
I bought the identical dress for 20 $ fewer.

では何故ダメなのかと思ってしまいます。

ご指導よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは。お久しぶりです。お元気でいらっしゃいましたか?

ご質問1:
<数えられるからこそ、dollarsと複数形になっているのですよね?>

おっしゃる通りです。

1.貨幣単位は可算名詞になります。
例:
5 cents
5 euros
100 yen(yenは単複同形)

2.つまり、10 dollarsは1ドルという単位が10集まったものなので、10この1ドル単位という意味で、複数形になります。

3.なお、紙幣はコインはそれぞれ、bill、pieceという可算名詞になり、これらを使うと
10 dollars
=ten bills of a dollar「1ドル紙幣10枚」
=1000 pieces of a cent「1セント貨幣1000枚」
という表現は可能で、可算扱いになります。

例:
I have as many as 10 bills of a dollar.
「1ドル10枚分(=10ドル)持っている」

4.ところが、その集合体が「金額」を表す場合は、moneyとして「量」を表す物質名詞となり不可算名詞になります。

5.ご質問にある10ドルは、「10ドルという価値を表す金額」なので不可算扱いになります。

No.2の回答にもありますが
How much is it ?
It’s 10 dollars.
と動詞が単数扱いになるのは、10ドルという複数の数字が「金額」を表すからです。

5.金額が不可算で用いられる例は他にも以下のような例があります。
例:
10 dollars is much money.
=10 dollars is a large amount.
「10ドルは大金だ」
ここでは「10ドルという金額の概念」として使われています。

10 dollarsは10枚の1ドル紙幣とは考えないので、可算扱いになることはないのです。

6.ちなみにmoneyの大小はmuch、littleで、amount(総額)、sum(額)、income(収入)はlarge、smallで表します。

以上ご参考までに。

こんにちは。お久しぶりです。お元気でいらっしゃいましたか?

ご質問1:
<数えられるからこそ、dollarsと複数形になっているのですよね?>

おっしゃる通りです。

1.貨幣単位は可算名詞になります。
例:
5 cents
5 euros
100 yen(yenは単複同形)

2.つまり、10 dollarsは1ドルという単位が10集まったものなので、10この1ドル単位という意味で、複数形になります。

3.なお、紙幣はコインはそれぞれ、bill、pieceという可算名詞になり、これらを使うと
10 dollars
=ten bills of...続きを読む

Qas much an illusion as の訳し方が分かりません。

That words are as much an illusion as a mirage in the desert is a theme often adopted by poets.
という文がありました。
その単語は、砂漠の蜃気楼が詩人によってよく採用されるテーマであるのと同じくらい多くの幻想である。という風に訳してみましたが、as much an illusion as の訳し方がどうもしっくりきません。砂漠の蜃気楼が詩人によってよく採用されるテーマであるのと同じくらい多くの、までは合ってると思うのですが、illusionは何と訳せば日本語として正しい訳になるのでしょうか。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは

この文のどこにも誤記がない(That words areのThatとwordsなど)との前提で考えると

(1)文構造
That words are as much an illusion as a mirage in the desert:S
Thatは接続詞→名詞節:……ということ(は)

is:V

a theme:C

(2)詳説
1.That words are as much an illusion as a mirage in the desert

Thatは接続詞→名詞節:……ということ(は)

words are an illusion:ことば(というもの)はan illusionである
a mirage in the desert (is an illusion) :砂漠の蜃気楼はan illusionである
のふたつをas much asで比較しながら結んで
words are as much an illusion as a mirage in the desert(is an illusion):
ことば(というものは)砂漠の蜃気楼と同じくan illusionである

That words are as much an illusion as a mirage in the desert:
ことば(というもの)が砂漠の蜃気楼と同じくan illusionであるということは

2.a theme often adopted by poets:
詩人がよくとりあげるテーマである

全体
直訳)ことば(というもの)が砂漠の蜃気楼と同じくan illusionであるということは、詩人がよくとりあげるテーマである

ことば(というもの)が砂漠の蜃気楼と同じくan illusionにすぎないという命題は、詩人がよくとりあげるテーマである

(3)an illusion:
幻影、幻想、幻覚、まやかしetc.でよいのではないでしょうか。

こんにちは

この文のどこにも誤記がない(That words areのThatとwordsなど)との前提で考えると

(1)文構造
That words are as much an illusion as a mirage in the desert:S
Thatは接続詞→名詞節:……ということ(は)

is:V

a theme:C

(2)詳説
1.That words are as much an illusion as a mirage in the desert

Thatは接続詞→名詞節:……ということ(は)

words are an illusion:ことば(というもの)はan illusionである
a mirage in the desert (is an illusion) :砂漠の蜃気楼は...続きを読む

Q以下の英文についてご教授お願いいたします。as much as

1You can eat as much as you want.
2She earns at leasttwice as much as I do
1はmuchが形容詞又は副詞用法と説明がる一方、2ではearnsの目的語はmuchだとの事なのですが、
2のように目的語にmuchが入るのは1及び2ではどのような差異(品詞の用法)があるのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに、自動詞・他動詞という違いによりますが、
>eat much たくさん食べる(副詞) 食べ方が沢山だ(形容詞的用法)
ではありません。

他動詞であれば eat much で、much が目的語となるので、
名詞的なので、代名詞となります。

自動詞であれば、eat much の much は動詞を修飾する副詞となります。

study much などもどちらか判断できません。
earn も自動詞・他動詞両方あります。

It rains much. (普通には It rains a lot.)
のように、自動詞でしかないものであれば much は副詞と決まります。

rain とか、
I like chocolate very much. のように、他動詞ではあっても、
much は目的語ではないので、やはり、副詞としか言えません。

much money のように、名詞の前にあると、日本では形容詞とします。
some books なども、日本では形容詞とするのですが、
名詞の性質を「形容」するものではなく、
英語では much や some を adjective などとは言いません、普通は。

名詞の前にある場合が形容詞で、
「食べ方がたくさんだ」で形容詞などではありません。

確かに、自動詞・他動詞という違いによりますが、
>eat much たくさん食べる(副詞) 食べ方が沢山だ(形容詞的用法)
ではありません。

他動詞であれば eat much で、much が目的語となるので、
名詞的なので、代名詞となります。

自動詞であれば、eat much の much は動詞を修飾する副詞となります。

study much などもどちらか判断できません。
earn も自動詞・他動詞両方あります。

It rains much. (普通には It rains a lot.)
のように、自動詞でしかないものであれば much は副詞と決まります。

ra...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報