先日もこの事故の件で質問をしたんですけれどそれに関連して。先日人身事故をおこしてしまって、現場は信号のない十字路交差点。こちら側の道路に一時停止線、標識あり、相手側の道路には一時停止なし。で、私が南から北方向へ道路を40キロ位で走行、交差点の15M手前付近で一時停止に気付きアクセルを緩め、ただ、その時道に迷っておりそちらの考え事で頭が一杯で注意力が散漫になっていたのか一時停止せずにそのまま交差点にさしかかり左側を確認し交差点を通り過ぎようとしたら東から西方向へ走っていた車と交差点の真ん中で衝突。右側は確認していなかったので、先程書いた左側の確認を済ませて正面を見たらもう目の前に相手の車が、という状況でした。相手側の状況は知らされていません(交差点前で徐行しこちらの確認をしたとか)。簡単に言ってしまうと私が一時停止と右方確認を怠ったため起きた事故です。怪我のほうは相手方は家族4人乗っていたんですけれどご主人と奥さんがムチウチで全治4日間。私は頭部打撲とムチウチで全治1週間。車のほうは両方全損というかたちです。で、この件で警察に調書をつくりに行ったら、最後に「まぁ、業務上過失傷害ということで罰金か懲役(禁固刑?)それか不起訴、だいたい1ヶ月位で返事がくるから」と言われたのですが、何しろ急に「業務上過失傷害」と言われ正直、ショックというか動揺していて、それも返事は1ヵ月後と考えるとこのショック状態で果たして私自身がもつかどうか不安でしょうがないのです。それで、質問なのですが今回のような状況であったら一体どのくらいの罰が下るのでしょうか?とにかく禁固刑だけは避けたいのですが、、あと、当たり前かもしれませんが罪が下りた場合私は前科者ということになってしまうのでしょうか?それと、今回の発端でもある一時停止の無視というのはどのくらい重い(例えば酒気帯びと比べてとか)罪なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

下手な同情めいた言葉を書いてもあまり意味がないので、結論のみ書きます。



「業務上過失致死傷等」の処罰については、“五年以下の懲役若しくは禁固又は五十万円に以下の罰金」という規定がありますので、裁判が確定するまでは、それ以下ということしか言えません。
詳しい状況がわからない以上、所詮私個人の憶測にすぎませんが、今回の事故で懲役や禁固という可能性は低いと思います。恐らく罰金ではないかと思います。(くどいですが個人的な予測ですので、一喜一憂は避けた方が賢明だと思います。)
「前科」については当然残ります。前科については以下の参考URLの私の回答履歴を見ていただければ、比較的詳しく説明しているつもりなのでわかると思います。
「一時不停止」の処罰については、状況がどうであれあくまでも「一時不停止」には変わりがないので、乗用車での違反なら2点減点(加点?)と7千円の罰金だけです。
ただし以前は事故に伴う違反をすべて処理していたようですが、最近は比較的悪質な違反(酒気帯び運転や信号無視等)に限って処理しているようです。一時不停止では切符処理がなされない可能性が高いと思われます。
ついでに一言。
よけいなお世話かもしれませんが、自分が動揺しているのと同様(又はそれ以上)に相手方も動揺してはずです。(家族が皆乗車している時に一時不停止の車にぶつかられて、2人が怪我をし、車も全損になってしまったわけですから。)自分の処分が気になるのは仕方がありませんが、処分を気にする前に、相手方に可能な限りの誠意を尽くすというのが先決なのではないかと思います。(それは当然そうしているということであれば)別の方が回答しているように、できるだけ早めに示談を交わす。相手がそれに応じてくれなければ、とりあえず見舞金や必要経費の一部でも相手に渡しておくと、相手方や裁判官の心証はかなり良くなると思います。保険に加入しているのであれば、保険会社の人とよく相談した上、例え自腹になるにしても幾分かの出費を覚悟して早めに誠意を示す事も大事だと思います。(ご承知だとが思いますが、金を出すことが誠意を示すことだと言っているわけではありません。ただ1つの手段として例示しているだけですのであしからず。)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=111951
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。今の私には同情などいらないので、このようにスパスパと書いてくれた方が逆にありがたいです。もちろん、私もなにより相手側の怪我のほうが心配なので今まで電話なりお見舞いなりをしてきました。で、今ちょうど保険会社を通して示談書の作成中です。で、もし相手が納得いかないようであれば回答にあるように(世の中お金、お金ではないけれど)見舞金などで誠意を尽くそうと思います。

お礼日時:2001/10/02 11:11

あなたの場合、略式起訴されて罰金(50万円以内)で済むか通常起訴されて裁判になるかどちらかですが、多分罰金で済むものと思われます。

相手の受傷の程度によりますので20、30万円ぐらいは覚悟された方がいいでしょう。ちなみにこれは反則行為だけの問題ではありませんので、一時不停止のみを基準に反則金が決まるものではありませんので誤解のないように。
また、一時不停止が重いかどうかについては質で考えれば酒気帯びに比べ軽いのかもしれませんが、要はその行為をしたことの責任の問題だと思います。
それと、無実でなければ成人であれば当然前科になります。
結論としては、あなたがお礼欄に書いているように見舞いをするなど相手に対する誠意を見せるのが一番です。その方が検察官もある程度考慮してくれますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。起訴に2種類あるなんて知りませんでした。とにかく今となっては罪は当然のもの。相手への心からの誠意に望もうとおもいます。

お礼日時:2001/10/03 16:08

一時停止の標識がある場所は一般的に危険な場所ですので、一時停止を怠ったという過失は重いですね。

ただ、酒気帯びの人身事故に比べれば軽いだろうと思います。(酒気帯びの場合、人身事故自体は過失でもそこに至る酒気帯び運転という行為自体は故意犯なので)また、相手の進行していた道路が優先道路か否かでも違ってきます。刑罰は検察官が起訴か不起訴を決め、刑の重さは裁判官が決めることになるので断定はできませんが、怪我が軽いようなので懲役や禁錮ということはないと思います。罰金かうまくすれば起訴猶予ということもあるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。これからの進行状況がよくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/02 10:57

私が書いたか?と思うくらい似たような事故に、上司が先週あいました。


で、やはり業務上過失傷害と言われましたが、保険会社さんが話をするという事で訴えられませんでした。示談にできれば4点マイナス(1年間無事故無違反ならこのポイントは戻される)で済みます。上司もこの手の事故ははじめてでひどくショックを受けていましたが、反省しつつも今は落ち着いた様子です。
prtさんは自動車保険の方は入っておられますか?加入していない場合は高くついてしまうかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ちょうど今、保険会社から示談書を書くように言われています。ただ、相手がサインしてくれるかどうかわかりませんが・・・

お礼日時:2001/10/02 10:54

人身事故を起こすと、運転という「業務」を遂行する上での過失で相手に傷害を負わせた、ということで「業務上過失致傷罪」となります。


刑罰の重さは事故の大きさに比例します。事故の大きさは相手のケガの程度(全治○日を全員分合計した日数)で判断されます。
また、貴方が過去に刑罰を受けているか、初犯か?(のようですが)、また相手が貴方に対して「厳罰に処して欲しい」と言っているか、「穏便に済ませて欲しい」と言っているかにもよります。
ということは、相手に対する謝罪をきちんとしておいた方がいいということになります。
また、お知り合いに弁護士がいたら、相談してみることをお奨めします。刑罰があるか、不起訴(起訴猶予)になるかは、何ともいえません。
なお、これは刑事上の責任の話。民事上は相手の治療費の負担など損害賠償が発生しますし、行政上は免許停止処分などが発生します。
こういった衝突事故の場合、相手にもいくらかの過失があったということで、保険会社は全額は支払わない可能性があります(相手の保険会社が差額を払う場合もある)。これは双方が加入している保険の内容によります。保険会社と相談してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。色々な要素があるので素人判断では難しそうですね。

お礼日時:2001/10/02 10:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務上過失傷害について

先ほど、ニュースで芸能人の方がハンドル操作を誤ってバイクと衝突しバイクの運転手は右手首を骨折しており、車の運転手は駆けつけた警察官に業務上過失傷害で逮捕されたとありました。
ここで、お聞きしたいのですがよくニュースの事故などで用いられる業務上過失傷害はどういった場合に用いられるのでしょうか?
事故を起こして、相手が怪我を負ったという話なら、事故を起こした人の大半が業務上過失傷害ということになると思うのですが。。。
また、業務を行っていない時にも業務上過失傷害と言われるのでしょうか?

Aベストアンサー

業務上過失傷害罪は刑法211条に規定されています。
(業務上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は…)
まず業務の点についていうと、この場合の「業務」というのは、日常の用法で用いる業務とは異なり、人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う行為であって、かつその行為が他人の生命身体等に危害を加えるおそれのあるものと定義されています。つまり、業務=仕事ではありません。

自動車事故のケースでいうと、例えばタクシーやトラックの運転手のように営業の一環で運転する人のみがこの罪に問われるのではなく、一般の人でも、日常自動車を運転する以上、自動車運転手としての注意義務が課せられているので、それを怠って傷害を負わせた場合には業務上過失傷害罪が適用されます。
himmelさんがおっしゃる通り、小さな傷害を負わせた場合もこの罪が成立するとなると大変ですから、傷害が軽い場合には刑が免除されることになります。
傷害の度合い等、具体的な事は他の方の補足を希望します。

Q懲役刑と禁固刑はどちらが罪が重いのですか?懲役は労働を伴う、禁固は労働

懲役刑と禁固刑はどちらが罪が重いのですか?懲役は労働を伴う、禁固は労働を伴わない。とされていますが、死刑囚は労働せずに、独房に入れられるそうですから、禁固刑の方が罪が重いのでしょうか?

Aベストアンサー

禁固刑とは
 日本国の現行刑法では、禁錮(きんこ)とは、自由刑の一種であり、受刑者を刑事施設に拘置する刑罰である(刑法第13条)。禁錮は無期と有期とに分類される

・無期禁錮
 無期禁錮は、死刑、無期懲役に次いで重い刑である。日本国の刑事法においては内乱罪並びに爆発物使用罪(爆発物取締罰則第1条)及び爆発物使用未遂罪(爆発物取締罰則第2条)にのみ定められている、非常に稀な刑罰である。少なくとも1947年以降に無期禁錮を言い渡された者はいない。

・有期禁固刑
 有期禁錮は、原則として1ヶ月以上20年以下である(但し、刑を加重する場合には30年まで、減軽する場合は1ヶ月未満にすることができる)。したがって、ある条文において「2年以上の有期禁錮に処する」などと書かれている場合、天井知らずの刑が言い渡される可能性はない。裁判所は原則として「2年以上20年以下」の範囲内で量刑しなければならない。
有期懲役と刑の軽重を比較するときは、「有期の禁錮の長期が有期の懲役の長期の二倍を超えるとき」は禁錮のほうが重い刑であるとされている(刑法第10条)。3年以下の禁錮刑が言い渡された場合においては、情状によって、その刑の執行を猶予することができる。2007年に通常第一審事件の終局判決として禁錮が確定した人員は、3,548名である。このうち実刑判決は、3年超が11名、1年超3年以下が156名、1年以下が44名である。執行猶予を付された者は3,337名で、執行猶予率は94%に達している。

懲役刑とは
 懲役(ちょうえき)とは自由刑のひとつであり、受刑者を刑事施設に拘置して所定の作業を行わせる刑罰のことである(日本の刑法12条2項を参照)。
日本においては自由刑として他に禁錮と拘留が存在する。

隔離
 犯罪者を一定期間社会から隔離することにより社会の安寧を図る。また犯罪者を被害者による報復や社会の疎外から保護する。

抑止
 長期間自由を奪うペナルティーを科すことにより、犯罪を割に合わないものとする。

矯正
 強制労働という苦痛を与えることによって再犯防止を図るとともに、生活習慣などの健全化や職業訓練ともなるため社会復帰に役立つとされている。

禁固刑と懲役刑の違い
 同じく自由刑である懲役との制度上の違いは、懲役では「所定の作業」を行わなければならないのに対して、禁錮ではただ拘置(監禁)することのみが定められていることにある。
ただし、願い出により刑務作業を行うこともできる(「請願作業」あるいは「名誉拘禁」などといわれる。刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律93条、刑事施設及び被収容者の処遇に関する規則56条)。多くの禁錮受刑者は、請願作業に従事することを望むのが実情で、懲役と禁錮を区別する意義は薄いとする議論(自由刑単一化論など)も存在する。
また、同じく自由刑である拘留との違いは、期間の長短による。禁錮刑が無期または1ヶ月以上20年以下であるのに対し、拘留は1日以上30日未満である。



古くは、禁錮は政治犯や過失犯に科されるもので、懲役は破廉恥罪(殺人、窃盗など道徳的に非難されるべき動機により行われる犯罪)に対して科されるものとする理解があった。その名残りとして、政治犯的性質を持つ内乱罪の法定刑には懲役がない。しかし、現代においては必ずしもこのように解釈されているわけではなく、例えば、過失犯は非破廉恥罪であるが懲役刑が科されることもある。

結論からは、基本的に懲役刑の方が刑罰は重いと言えます。

参考に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%81%E9%8C%AE
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%B2%E5%BD%B9

>死刑囚は労働せずに、独房に入れられるそうですから

刑務所は刑を執行される場所という機能が大きい。刑は禁固刑から懲役刑、死刑などの身柄が拘束されるものに限定される。罪の償いを行うべき場所であり、それが前提で運営されている。ただし、社会復帰が見込まれる者に対してはそのための支援が行われる場合もある。
日本において死刑囚は刑務所には収容されず、拘置所に収容される。
矯正施設である刑務所の方が厳しい施設です、死刑その物が刑であって、死刑執行までのそれまでは拘束してるだけに過ぎません。

禁固刑とは
 日本国の現行刑法では、禁錮(きんこ)とは、自由刑の一種であり、受刑者を刑事施設に拘置する刑罰である(刑法第13条)。禁錮は無期と有期とに分類される

・無期禁錮
 無期禁錮は、死刑、無期懲役に次いで重い刑である。日本国の刑事法においては内乱罪並びに爆発物使用罪(爆発物取締罰則第1条)及び爆発物使用未遂罪(爆発物取締罰則第2条)にのみ定められている、非常に稀な刑罰である。少なくとも1947年以降に無期禁錮を言い渡された者はいない。

・有期禁固刑
 有期禁錮は、原則として1ヶ...続きを読む

Q重過失傷害罪と業務上過失傷害罪、どちらが重い罪?

重過失傷害罪と業務上過失傷害罪とでは、どちらが刑法上の罪は重いのでしょう?

Aベストアンサー

刑法第209条以降に定めのある「過失傷害の罪」については、「業務上過失致死
傷罪(211条前段)」、「過失傷害罪(209条)」、「過失致死罪(210条)」、
「重過失致死傷罪(211条後段)」があります。

「業務上」の“業務”とは、「人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う
事務(行為)」で、自動車の運転等がこれにあたり、初めて運転した場合でも、
継続を予定した形態でされた場合には、「業務」にあたります。

「業務上過失」が「通常の過失」より加重されるのは、業務者は注意能力が高い
はずなので、同一の注意義務に違反しても逸脱の程度が大きいからであって、その
意味では「重過失の一類型」だという考え方が一般的で、過重についての法的根拠
としては「特別に高度な注意義務が課されているとする説」、「法律的意味の考慮
が不足しているとする説」 、「被害法益が重大とする説」、「認識の範囲が広く
また認識が確実とする説」等々の学説があります。

また「重過失」とは、「通常の過失に対して、行為者の注意義務に違反した程度が
著しい場合、換言すれば、些細な注意を払うことを怠った場合」をさすようです。

従って通常人が予想するとおり、罪の軽重としては、「過失」「業務上過失」そして
「重過失」の順に重くなるのが理論上は正しいでしょう。

osapi124でした。

刑法第209条以降に定めのある「過失傷害の罪」については、「業務上過失致死
傷罪(211条前段)」、「過失傷害罪(209条)」、「過失致死罪(210条)」、
「重過失致死傷罪(211条後段)」があります。

「業務上」の“業務”とは、「人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う
事務(行為)」で、自動車の運転等がこれにあたり、初めて運転した場合でも、
継続を予定した形態でされた場合には、「業務」にあたります。

「業務上過失」が「通常の過失」より加重されるのは、業務者は注意能力が高...続きを読む

Q一時停止の必要な交差点とは?

もう交通法規の教本を持っていないので、教えてください。

信号のない交差点において、一時停止しなければならない交差点とはどのようなものでしょうか?

1.「止まれ」の標識がある場所
2.「とまれ」と道路に白い文字で書いてある場所
3.白い横線(停止線?)のみ引いてある場所
4.上記のものがなくても全ての交差点で一時停止しなければならない

法規上、一時停止が必要な信号のない交差点はどれでしょうか。

Aベストアンサー

#5です。

>すいません、よく理解できないのですが、

申し訳ありません。回答に1箇所訂正があります。
「法規上、一時停止が必要な信号のない交差点はどれでしょうか。」を
「法規上、一時停止が必要のない信号のない交差点はどれでしょうか。」と
勘違いをしました。
「一時停止」が必要な信号のない交差点は、1になります。

>「止まれ」の標識があるところのみ、「一時停止」する必要があり、その他は効力がないということでしょうか。

その通りです。

>停止線のみでは効力がないんですね。

「とまれ」「トマレ」「止マレ」などの路面に書かれた文字は、事故防止の観点から注意喚起のために書かれているものですが、標示についての法的な規定や規制力などはありません。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/ak-kogami/kasitu-itijiteisi.html

Q交通事故に対する業務上過失傷害罪

交通事故を起こし相手側が診断書を提出したため、警察から業務上過失傷害罪に当たるいわれましたが、どういう罪に問われるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

業務上過失傷害罪はいわゆる人身事故扱いと言うことで物損事故とは大きく違ってきます。 懲役や禁固刑及び罰金刑などの刑事処分を受ける可能性があるんです。 そのほか免許停止などの行政処分・被害者に損害保証を行う民事処分の3っの責務が発生します。 物損事故扱いの場合、よほど悪質でない限り警察はあまり介入しませんので当事者同士での話し合いになりますので刑事処分・行政処分はほとんど発生しません。刑事処分は1~2ヶ月後に検察庁から呼び出しをうけ取り調べ・書類送検後罰金刑などの判決を受けることもありますし些細な事故では呼び出し等無い起訴猶予処分となる場合もあります。罰金刑は相手のケガの度合いにもよりますが12万~50万の間です。行政処分は人身事故の場合4点~15点(安全運転義務違反込み)累積点数が6点以上ですと免停等の処分を受けます。最後に被害者に対して治療費や慰謝料などの金銭的な保証になります。

Q懲役刑と禁固刑の違い

ニュースで良く耳にする「懲役」と「禁固」とはどう違うのでしょうか?
禁固刑はずっと牢屋に閉じ込められて一切外には出れないのでしょうか?
この犯罪は懲役刑、この犯罪は禁固刑と犯罪によって決まるのですか?
わたしなら、牢屋に閉じ込められるくらいなら禁固刑三ヶ月なら、ある程度自由のある懲役刑1年くらいの方がまだマシです。

独り言のような疑問なのでおヒマな方、回答おねがいします。

Aベストアンサー

処遇の内容については皆さんお答えのとおり
刑務作業(要は強制労働)の有無のちがいです。

懲役刑は軽蔑すべき犯罪を故意に行った「破廉恥犯」に課されますが
禁固刑は政治犯など、自分の政治的信念に従って「正しいこと」と信じて行動した結果が犯罪になった場合、また過失犯など「非破廉恥犯」と言われる場合に課されます。

禁固受刑者で作業をしない人は1%にも満たないそうです。ほとんどの禁固受刑者は自ら望んで刑務作業(請願作業といいます)をします。

と、大学で習いました

Q被害者でも業務上過失傷害は適用されますか?

先日物損事故にあいました。
相手に7割前後の過失があるのですが(現在調整中)
相手が人身を主張した場合(切り替えた場合)
こちらの業務上過失傷害になるのでしょうか?

もし、そうなった場合は速度違反などの違反や罰金も科せられるのでしょうか?

Aベストアンサー

交通事故で相手が怪我をした場合は業務上過失傷害罪が適用されます。
ただ、事故の態様や事故原因によって、処分があるかどうかはわかりません。
過失割合というのは民事問題なので、警察の処分には関係ありません。
警察がご質問者にも事故の原因がある判断すれば、取調べをして検察に書類を送ります。
その後、検察で処分が決定されることになります。

交通事故の場合の速度違反は測定したわけではないので、速度違反としての罰金や処分はありません。
しかし、業務上過失傷害の量刑を決める上で、速度違反があれば参考になれます。

Q禁固刑と懲役刑の違い

禁固刑と懲役刑の違いはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

あります。

参考URL:http://www.hou-nattoku.com/mame/yougo/yougo2.php

Q過失傷害と業務上過失傷害との違いを教えてください

先日知り合いの祖父が犬の散歩中にその犬が通りがかった子に
噛み付いて負傷を負わせてしまいました。
犬は自分で所有している犬で、散歩は日常的に行なっています。

犬を散歩させていた知り合いの祖父は、過失傷害なのかそれとも
業務上過失傷害なのかどちらになるでしょうか?
それによって責任の重さが違うようなので、どなたか判りましたら
お願い致します。

Aベストアンサー

 すでにお答えしている方がいるとおり、業務上過失傷害とは性格が異なるものかと思います。通常は車とか重機とか医療行為などです。このケースでは、過失傷害かと思います。

 ただし、祖父の行為がどれだけ相手に怪我をさせないよう注意を払っていたかがポイントになると思います。ひもをつけて注意していたのに一瞬の事故だったら、過失傷害かもしれません。しかし、凶暴な犬なのにもかかわらず、ひももつけていなかったら、重過失傷害と判断される可能性があります。業務上過失傷害と同様の罰になり、禁固刑の可能性も生じます。詳しくは刑法第211条を参照願います。

 さらに、例えば闘犬等を訓練し、故意に子供を襲ったと認定された場合は、傷害罪となり、さらに厳しい罰になりますが、まあこれはよほど悪質なケースでもなければ適用されないかとは思います。

 ちなみにこれらはすべて刑法上の罰則です。被害者に対する損害賠償(治療費等)は民事的に解決することになります。

Q禁固刑と懲役刑

検索すると、判決結果が出てくるばかりで結局わかりませんでしたので、質問させて頂きます。

禁固刑と懲役刑は、何が違うのでしょうか?
同じ年数の場合、どちらの方が重い刑と判断できるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ま、平べったく書くと若干の正確性は飛んじゃうわけで、そのへんはご容赦。

 さて、禁固囚の請願作業についてですが、作業に対して「刑務作業報奨金」というお金が支払われます。が、これは「賃金」ではありません。月間の平均(全収容者での)が4000円ぐらいという代物です(最低賃金を下回るので、賃金扱いできない説有り。また、あがりは国のモノなので、「奴隷的な使役である」という批判者もいる)。作業や作業ランクへのモチベーションを持たせる目的や、恩恵的措置であるとされています。
 上限があるものの、中での買い物(指定された日用品類や本などが刑務所内でも購入できる)や賠償、送金などに使うことができます。

#懲役十何年入っていた作家が出たときに数万円だったと書いていた気がする。

http://www.moj.go.jp/KYOUSEI/kyouse10.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報