一昨年前にマイホームを購入しました。
その際資金の一部を、私の親の預金を担保にして銀行から借りたのですが、その分を担保にしている預金で一括返済し、直接親にお金を返していくように変更しようという話が出ています。(私たちからみれば借り換えのようなものでしょうか)
もちろん、借用証はきちんと(といってもお手製のものですが)作成し、親の銀行口座にお金を入金していく形を取るつもりでいます。
この場合、一時的とはいえ親のお金でローンを返済することになると思うのですが、贈与税等はかかってくるのでしょうか。

他に何か注意しなければならない点があったら教えて下さい。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

親子間の金銭の貸し借りは、贈与との関係で厳しく調べられますから、慎重にする必要があります。


まず、返済方法・返済期限・利率・利息の支払い方法などを記載した、正式な契約書を作成して、その契約通りに返済を実行する必要があります。
契約書には、金額に応じて収入印紙も貼ります。
収入印紙の額は参考URLをご覧ください。

また、この返済が実際に行なわれたことを証明するためには、銀行振り込みの方法で返済するのが確実です。

上記のように、きちんとした対応が出来ていれば、金銭の貸し借りとして認められ、贈与税の問題は発生しません。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/sana/memo/inshi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり慎重に行わないといけないのですね。「正式な契約書」を作るのも難しそう・・・。
とりあえず、がんばって契約書を作ってみます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/02 11:44

#2の追加です。



利息については、社会通念としては、資金を借りたら利息は支払うものですから、契約書では一応利息の支払いについても決めておきます。
そして、実際には利息を支払わなくても、その金額が贈与税の非課税の年間110万円の範囲内なら問題が発生しないことになります。この方法が完璧です。

なお、契約書は文房具店などに行くと「金銭消費貸借契約書」という既製品の用紙がが売っています。
    • good
    • 0

実質課税の原則から、親の支配下にある口座への返済の事実が証明できれば問題はありません。

また、無利息であっても、親子間なら年間110万の範囲内なら許容されるようですね。強いてあげれば、借用金額に係る印紙は貼付すること。返済期間と平均寿命との間に整合性を持たせること。ここら辺は押さえておきたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無利息では贈与とみなされると聞きましたが許容される場合もあるのですね。参考になりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2001/10/02 11:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀行の定期預金担保型の引き落としについて

銀行の定期預金担保型の引き落としについてお聞きしたいのですが、身内(親)の定期預金は担保になりますでしょうか?今は成人しておりますが、通帳を作ったのは未成年の頃です。どうしてもお支払いが間に合わず、お給料日までそちらでお借りしたいと思っているのですが、どうなのでしょうか?お詳しい方いらっしゃいましたらお教えいただきたく思います。

Aベストアンサー

>>定期預金担保型の引き落とし
総合口座のことでしょうか?これは、定期預金と普通預金がセットになった
商品ですから他人名義の普通預金の担保にはなりません。

総合口座が出来る前は、定期預金証書を担保に入れた貸出がありました。
本人の同意がある前提で他人名義でも貸出しをした筈です。

しかし、総合口座が出来てからは定期預金を担保に取る貸出は
法人でないとやらないと思います。貸出の手続を取るので
書類も多く煩雑ですから・・・それに数日と言う様な短期の貸出は
してくれません。

親御さんの定期は多分総合口座になっていると推測しますので
その口座からお金を引出して貰って借りる事は可能です。

Q銀行が返済金を受け取らない・預金が動かせない・・・・

友人のことでアドバイスください。

友人は製造メーカーの2代目、現社長は親父さんです。
基本的に”優良中小メーカー”で、事実上無借金で経営できるそうです。ところが、バブル後に多少銀行に世話になったこともあり、現在3億を借り入れ中。年間の金利が1000万円。当該銀行には1.5億の貯金があり、これをまず返済に充てようとすると、

「”担保預金”だから手をつけては駄目」

と銀行はいうそうです。(大体”担保預金”なんて言葉がある????)

別の預金から返済しようとしても、受け取らないそうです。

そこで質問ですが、

1.他行の貯金で1.5億円、返済の意思があるのに銀行が受け取らない場合、”供託”という手段は有効でしょうか?

2.銀行のいう”担保預金”なんて”担保”があるのでしょうか?よしんば、契約上”借金の条件として預金を積まなければならない(←大体こんな状況で借金など必要ないはず)”とあったとしても、その銀行の返済に使うなら、全く問題ないと思うのですが・・・・

社長は、過去銀行に世話になったこともあるので、今日まで”なぁなぁ”で済ませてきたようです。しかし、それは過去10年の金利支払いで恩義は十分返したはず、というのが2代目の考えです。

アドバイスをお願いします。

友人のことでアドバイスください。

友人は製造メーカーの2代目、現社長は親父さんです。
基本的に”優良中小メーカー”で、事実上無借金で経営できるそうです。ところが、バブル後に多少銀行に世話になったこともあり、現在3億を借り入れ中。年間の金利が1000万円。当該銀行には1.5億の貯金があり、これをまず返済に充てようとすると、

「”担保預金”だから手をつけては駄目」

と銀行はいうそうです。(大体”担保預金”なんて言葉がある????)

別の預金から返済しようとしても、受け取らないそう...続きを読む

Aベストアンサー

元、金融機関に勤務しておりました。
前段は机の上の回答、後段はぶっちゃけ回答します。

まず前段。
>(大体”担保預金”なんて言葉がある????)
預金担保は存在します。
もし、借入金が返ってこなくなったり、貴社が倒産したりした場合に、該当担保預金を、借金返済に充てるのです。
なお、預金を担保とする場合には、担保差入証を、借金を借りる人と、預金名義人 連名(借りる人=預金名義人ならば一人だけですが)で記入して銀行に定期預金証書と一緒に差し入れます。
そのような担保差入証を記入した覚えはないでしょうか

1.
供託については、私も旧業を離れて久しく、その職務歴でも、供託の経験はないので何とも言えませんが・・・・
そもそも、本当に預金が担保として差し入れとなってるのならば、まちがいなく供託は不可です。担保として差し入れている=銀行の許可なく預金の解約、他債務への弁済とかできませんから。

2.
担保預金は上記の通り存在します。
たとえば、3億借りるのに、1.5億の預金担保と、1.5億は会社社長の信用ということで借りられたりするわけです。
”ならば、3億じゃなしに、1.5億を信用で借りればいいじゃないか!!”とおっしゃると思いますが・・・・・
その会社、割引手形とかも短期借り入れもないのですね? だったら、1.5億の信用でも良いと思いますが、それだと、金利が預金担保の時より高めに設定する必要あります。

★ここからば、お待ちかねの? ぶっちゃけ予想モード★
>今日まで”なぁなぁ”で済ませてきたようです。
預金は置いてくれるは、お金は借りてくれるわで、銀行からすれば、最高の上得意様です。
銀行は、
・預金が多いほど
・借入金が多いほど
上得意様です。また、担当支店の成績も上がります。

可能性としてですが、
”社長、ちょっと借りといて~や~ うちの銀行、決算で本店からいじめられて、困ってまんねん!!”とか、該当銀行の支社長に泣きつかれて、借り入れした可能性はありますね。
これは、完全に、お付き合い借り入れです。
で、3億借りた当時の支店長は、ウハウハなワケです。
ただし、お付き合い借り入れしてあげたら、銀行に相応の貸しを作ったことにできるから、後に、不動産購入とかで、10億とか借りたいとかなったときに、有利に展開できるわけですけど・・・・それか、日々の小銭の集金って、今は銀行は集金なかなか来てくれないのですが、それを来てくれたり・・・
一面的に、お付き合い借り入れがメリットないとは言い切れません。
それに、
・借り入れ金利発生=支払利息で決算上は経費で落ちる。
http://shikaku.boo.jp/kaikei/archives/2005/09/post_56.html
国に税金を払うくらいなら、支払利息を発生させて、それを銀行への将来への工作費用的交際費として考える人もいますので、対税務対策も考えるなら、単純に、借り入れが全く損と言うわけでもありませんが。

そこで、これらを踏まえて、
>これをまず返済に充てようとすると、
「”担保預金”だから手をつけては駄目」

上記のとおり、預金を増やして、借入金を増やす銀行員が成績いいのです。逆に、預金が減って借入金が減る銀行員が成績悪いのです。
・預金を借入金と相殺=預金残高も減り、貸し出し残高も減る
一番銀行員が嫌がるケースです。
しかも、9月に相談してませんか? やつら、9月の決算なんて時期に預貸し金相殺されたら、もう本店から大目玉食らいます。
ですので、
・本当に担保預金として入っている
・銀行が、うまく丸め込むために、担保預金とか言っている
どっちかじゃないかと。

★でも、
現在借入残が3億で、当該銀行預金1.5億で、1.5億だけ預貸金相殺してくれと言っても、銀行は、そのまま受けないのは、私から言えば当たり前ですが。
なぜなら、
・相殺後の1.5億の借入金に関しては、まったくの信用貸となってしまう。そうなると、保全不足となり、当初の、預金も見た金利条件では貸せなくなる(リスクに見合った金利を徴求しないといけないから。)

もし、借り入れ金をなくしたいなら、3億まるまる他銀行の預金をかき集めて、一気に消せないでしょうか? それなら、その銀行も絶対に拒めません。
ですが、一気に消したら、まちがいなく、その銀行のその会社に対する優遇配慮なりお付き合いは激減します。

まあ、いろいろ書きましたが、とりあえず、2点チェックしてください。
1.
「預金担保と言うことですが、預金担保差し入れ証を見せてください」
と、ひとこと言ってください。隠し録音くらいはしてもいいと思います。
2.
銀行の怪しい行為がなかったかどうかをチェック。
その銀行預金1.5億ですが、会社が3億を借り入れたすぐ直後に作成されたりしてないでしょうか?
たまに、巧妙な手段を使って、
・銀行がお金を貸す→貸したお金を定期にする
ということをする、不届きな銀行員がいます。
この行為は、歩積両建預金として、相当なグレー行為です。
http://money.infobank.co.jp/contents/H300150.htm
http://ameblo.jp/bhycom/entry-10001777667.html
>今日まで”なぁなぁ”で済ませてきたようです。
だったら、ここの点も、一応チェックしてみてください。

※預貸金相殺したい気持ちも分かりますが、1.5億の預金からは、3億貸してくれることあります。預金ゼロからは、1千万も貸してくれるかどうかわかりませんよ。今後の、会社の大きな借り入れ予定があるかとか、その辺の将来的なことも熟慮して、慎重に預貸金相殺は行ってください。あと、他に銀行取引あるなら、それらの銀行とも相談してみてもいいかも。他銀行が3.5億貸して、金利は低廉に設定、問題の銀行の貸出金3億を相殺、預金もうちに持ってきてなんていう、ズル賢い?銀行員がいるかもしれませんが。
あと、お抱えの税理士にも相談してみてください。

#3様おっしゃるように、億を越える融資の場合は、ひとすじなわでは行きません。

元、金融機関に勤務しておりました。
前段は机の上の回答、後段はぶっちゃけ回答します。

まず前段。
>(大体”担保預金”なんて言葉がある????)
預金担保は存在します。
もし、借入金が返ってこなくなったり、貴社が倒産したりした場合に、該当担保預金を、借金返済に充てるのです。
なお、預金を担保とする場合には、担保差入証を、借金を借りる人と、預金名義人 連名(借りる人=預金名義人ならば一人だけですが)で記入して銀行に定期預金証書と一緒に差し入れます。
そのような担保差入証を記...続きを読む

Q定期預金による返済か、カードローンによる返済か

現在、三井住友カードローンで20万ほど借りている状態です。
今度ボーナスが出るので一括返済を考えているのですが、また何かでカードローンを使いそうな気がします。(意思が弱いと言われればそれまでですが)
ちょっと調べた所、定期預金なら90%の額まで借りる事が出来るようなので、
ボーナスを定期預金にして、20万借りてカードローンを返済してしまおうかなと考えています。
理由はカードローンだと年利12%ですが、定期預金から借りれば金利0.25%+0.5%上乗せで0.75%の利息で済むみたいなので。(銀行口座は三井住友です)
上手い話に見えるんですが何か落とし穴がありそうなので、これを見落としている!という点があればご指摘頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

>定期預金から借りれば金利0.25%+0.5%上乗せで0.75%の利息で済むみたいなので。(銀行口座は三井住友です)

これは落とし穴でもなんでもなく、普通にあります。
総合口座を開設していて、定期が担保であるから、融資してもとりっぱぐれがないからです。
ただし、金利は、銀行の利息が付くときに引かれます。
(大体2月と8月)
その時、借りた分の利息がマイナスでつきますので、入金し忘れないようにだけしておいてください。

それから、カードローンと定期担保の借り入れは金利が全然違います。
それだけお金に困っているなら、どれだけ無駄に利息を余計に支払うことになるのかを考えると、定期などせず、カードローンは返済してしまって、一切使わないようにすべきです。

定期預金の利息が0.25%しかつかないのに、カードローンではそれ数十倍の利息を払っているのですから。
大損ですよ。(銀行はそれで儲かりますが)

まともな考え方をするなら、1,借金は返す、2,借金しない、3,お金を貯める です。
借金してお金を貯めている気分になっても、利息の支払いで、利息がマイナスなので、意味ないです。

それから、定期が担保でお金を借りているので、預金残高はマイナス表示になります。その借りた20万円を戻さない限り、ずっとマイナス表示のままで、いずれ定期を解約するとき、その分の返済がきます。
勿論マイナスの間はずっと借り入れ利息がつきます。

>定期預金から借りれば金利0.25%+0.5%上乗せで0.75%の利息で済むみたいなので。(銀行口座は三井住友です)

これは落とし穴でもなんでもなく、普通にあります。
総合口座を開設していて、定期が担保であるから、融資してもとりっぱぐれがないからです。
ただし、金利は、銀行の利息が付くときに引かれます。
(大体2月と8月)
その時、借りた分の利息がマイナスでつきますので、入金し忘れないようにだけしておいてください。

それから、カードローンと定期担保の借り入れは金利が全然違います。...続きを読む

Q銀行の普通預金にはいくらまで預金できるのですか?

銀行の普通預金にはいくらまで預金できるのでしょうか。
数千万円・数百億円入れておいてもいいのでしょうか。
ある金額まで入れると税金のようなモノが取られ、少なくなってしまうのでしょうか。

Aベストアンサー

普通預金に預け入れ制限はありません。
(あるのは、キャンペーン金利が適用される定期預金ぐらい)

ただしペイオフが解禁されているため、
もしも銀行が破綻した場合は非決済専用預金(普通預金、定期預金含む)場合は、1000万円までの元本と利息のみしか確実には保証されません。

管理さえ面倒でなければ、1000万ずつ多数の銀行に預けておくのが一番安全です。(ただし、利息受け取りにより1000万を超えることになりますので利息の利息は安全圏からはみ出します。)

また、決済用預金はいくらでも元本保証される代わりに無利息です。
増やさなくてもいいなら一番だと思います。

預金に対する税金は利息に対して20%ですので、0.01%の表示金利なら0.008%が実質金利ということになります。税金をどれくらいというよりも、表示金利から実質金利を考えるほうが簡単です。

ところで、定期預金は窓口までいけば普通預金より少し悪い金利でいつでも解約できます。すぐに必要なお金でないなら短期の定期預金を組んでおき、必要なときに解約するのがよいのではないでしょうか?
(途中解約時に元本割する特約付定期預金もあるのでご注意を)

最後に、多額の預金をすると銀行担当者がつき、あれこれ金融商品を購入させようとがんばってこられるのでがんばってください。

普通預金に預け入れ制限はありません。
(あるのは、キャンペーン金利が適用される定期預金ぐらい)

ただしペイオフが解禁されているため、
もしも銀行が破綻した場合は非決済専用預金(普通預金、定期預金含む)場合は、1000万円までの元本と利息のみしか確実には保証されません。

管理さえ面倒でなければ、1000万ずつ多数の銀行に預けておくのが一番安全です。(ただし、利息受け取りにより1000万を超えることになりますので利息の利息は安全圏からはみ出します。)

また、決済用預金はいくらでも元...続きを読む

Qアメリカ国内の銀行預金を、日本の銀行に米ドルのまま移すには?

現在、アメリカ在住の者です。

来月の帰国に伴い、アメリカの銀行で預金しているお金(数万ドル程度)を、日本の銀行に米ドルのまま、預金したいと考えています。
(現在は、円高ドル安なので、円安になるのを待ちたいと思っています。)

そこで質問なのですが、
最も安く(費用や手数料がかからない)、お金を移動できる方法を教えてください。

自分でもいろいろ調べてはいるのですが、これといったものは見当たりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「最も」という制限をかけられると困りますが、、、
日本のシティバンク銀行にドル口座を開いて、アメリカの銀行のパーソナルチェックを預けるのはどうでしょうか?
おそらく手数料は1000円で済むと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報