リン酸二水素カリウムのマイナスでの溶解度を知っていたら教えてください。
あと硝酸ナトリウムもお願いすます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どんな理由で0℃未満での溶解度が必要なのかわかりませんが…



化学便覧には0℃未満の溶解度のデータはないようですので、補外によって推定するしかないでしょう。便覧の溶解度のデータをグラフにして、うまく合うような曲線を描き、その曲線を0℃未満まで伸ばして推定します。ただし、溶解度は氷晶点までしか意味がありません。

無機化合物の性質の詳しいデータが必要なら、Gmelin(グメリン無機化学全書、ドイツ語)を調べるとよいと思います。ただ、Gmelinにもこれらの物質の0℃未満での溶解度のデータはないようですが、氷晶点はありますし、場合によっては原文献にデータがあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそくグラフを書いて近似してみました。

私は晶析の実験をしており次にマイナスの温度で実験しようと思っています。しかしリン酸二水素カリウムの氷晶点は-2℃程度しかありません。ですが-5℃で実験しても凍るまでには3日はかかります。その前に結晶の成長速度を測定しても問題ないのでしょうか。ちなみに実験は4,5時間で終わります。再度意見をきかせてください。

お礼日時:2001/10/03 21:34

「マイナスでの溶解度」って何の事でしょうか?


「溶解度」にプラスもマイナスもありませんが。
 これの意味が不明ですので回答は付きにくいと思います。

 補足お願いします。

この回答への補足

マイナスというのは0℃以下の溶解度という意味です。すみません

補足日時:2001/10/02 23:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q溶解度とPH

ある本の問題に
「水にCa(OH2)を溶解させて飽和に達した時の、その水溶液のCa2+濃度とPHをそれぞれ概算せよ。ただしCa(OH2)の溶解度積Ksp=5.5×
10-6(mol3/L3),水のイオン積Kw=1.0×10-14(mol2/L2)とする」という問題があるのですが、その問題を解く過程で,起こっている反応は
Ca(OH)2<=>Ca2+ +2OH-

    H2<=>H+ + OH- である。…(1)

この水溶液の電荷収支を考えると
2[Ca2+]+[H+]=[OH-]とあります。…(2)
そこで、質問なのですがなんで(2)のところで[Ca2+]の前に2がかけられているのですか?よく分からないので、教えてください。
ちなみにこのことを自分なりに調べたら類似問題があって、そこを参考にすると「Ca2+は2価の陽イオンなので、イオン1個につき、2倍の正電荷をもつため」とあるのですが、いまいちよくわかりません。
わかりやすく教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

ある本の問題に
「水にCa(OH2)を溶解させて飽和に達した時の、その水溶液のCa2+濃度とPHをそれぞれ概算せよ。ただしCa(OH2)の溶解度積Ksp=5.5×
10-6(mol3/L3),水のイオン積Kw=1.0×10-14(mol2/L2)とする」という問題があるのですが、その問題を解く過程で,起こっている反応は
Ca(OH)2<=>Ca2+ +2OH-

    H2<=>H+ + OH- である。…(1)

この水溶液の電荷収支を考えると
2[Ca2+]+[H+]=[OH-]とあります。…(2)
そこで、質問なのですがなんで(2)のところで[Ca...続きを読む

Aベストアンサー

電荷収支というのは,電荷の数を数えているものだから.
Ca2+ は2価の陽イオンなのだから,1個あれば水素イオンとかの2倍の電荷を持っているので2倍する,それだけのことです.そうしないと,電荷の総数を数えたことにならないからです.
リンゴを2個持っている人が10人,リンゴを1個持っている人が40人います.リンゴは全部でいくつありますか.

Q硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液

硫酸水素カルシウム、硫酸アルミニウム、リン酸二水素ナトリウム の水溶液の液性は酸性ですか?
またそれぞれの強度を教えて下さい。

Aベストアンサー

全てが酸性です。

Q溶解度積と溶解度の違いについて

CaCl2の溶解度積が4.0×10^(-11)であるのに対し,
CaCl2の溶解度が何であるか?という問題が解けず,困っております。

溶解度積の公式は承知しておりますが,
溶解度積から同様の物質の溶解度を解く方法などあるのでしょうか?
お力を貸して下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

Ksp値から察すると多分「CaF2」でしょうか。


CaF2(固) ⇔ Ca^2+ + 2F^-

ここで注意する点は「HFが弱酸だから、F^-が無視できない程度加水分解する」可能性がある事です。

しかし問題がその点に触れていないから無視できるとして求めると、

[Ca^2+][F^-]^2=s*(2s)^2=4s^3=Ksp=4*10^(-11)

∴ 溶解度:s=(Ksp/4)^(1/3)=2.2*10^(-4)M


(計算してみると実際に無視できるようです)

Q塩化ナトリウムと硝酸カリウムの溶解度

塩化ナトリウムと硝酸カリウムの溶解度曲線が示されて、ごく普通の問題が問4まであります。最後に問5として

『 新しくビーカーをひとつ用意し、硝酸カリウムと塩化ナトリウムをともに68gずつ入れた。これら二つの物質を完全に溶かすのに、43℃の水は少なくとも何g必要か。最も適するものを次のア~オ  から選び、記号で答えよ。
ア、50g  イ、100g   ウ、150g  エ、200g  オ、250g 』

という試験問題です。

 溶解度曲線を見れば塩化ナトリウム68gを溶かすには43℃の水、約183gが必要だということがわかります。硝酸カリウム68gを溶かすには、硝酸カリウム約99g必要なことがわかります。でもこれらは、それぞれ単独で水に溶かした場合のことです。一緒に溶かした場合は、それぞれの粒子の違いなどから、単純な足し算はできなかったと記憶しているのですがいかがですか?ちなみに上の問題の解答は、『エ』です。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

単純な足し算はできませんが,もっとも単純には塩化ナトリウムの方を溶かすには183g必要,これは硝酸カリウムを溶かすには十分なので,溶解が相互に邪魔しあわないなら,183g でいいはず,というのが答です.
そして,この選択肢では150gではあきらかに塩化ナトリウムは溶けきらないので,エということになるのでしょう.実際,183gでは溶けきらないと思いますが,200g で溶けるか,250g まで増やさないとだめか,という点は予想できませんので,中学,高校までの理科の問題であれば,エと答えざるを得ません.もちろん前問までに補足情報があれば話は別です.

ところで,「溶解が相互に邪魔しあわないなら」というところですが,これはそれほど悪い近似ではありません.使えないのは,極端に溶解度の高いもの同士をどちらも高濃度に溶かす場合 (水にエタノールと砂糖とか),コロイド溶液の場合,そして,化学的な平衡が関与する場合 (たとえば塩化銀の溶解に対する共通イオン効果とか) です.
硝酸カリウムと塩化ナトリウムでは共通する成分もないし,極端に溶解度が高いとまではいえませんので,単独の溶液の場合に比べて,極端な変化はおこらないと見ていいのです.ただ,こんなことは中学高校の理科では教えませんけどね.

単純な足し算はできませんが,もっとも単純には塩化ナトリウムの方を溶かすには183g必要,これは硝酸カリウムを溶かすには十分なので,溶解が相互に邪魔しあわないなら,183g でいいはず,というのが答です.
そして,この選択肢では150gではあきらかに塩化ナトリウムは溶けきらないので,エということになるのでしょう.実際,183gでは溶けきらないと思いますが,200g で溶けるか,250g まで増やさないとだめか,という点は予想できませんので,中学,高校までの理科の問題であれば,エと答えざるを得ません.も...続きを読む

Q見かけの溶解度とはなにか

見かけの溶解度とは, いわゆる溶解度と何が異なるのでしょうか。
具体例で教えていただけるとうれしいです。

シクロデキストリンを使って、化合物Aの見かけの溶解度が.....
というような文章がありました。

何卒お願い申し上げます。

Aベストアンサー

水に溶けにくい物質(親油性、疎水性の物質)をシクロデキストリンに包接すれば、見かけ上水に溶けたようになります。シクロデキストリンに包接させたときに溶ける溶解度を見かけの溶解度といいます。普通の溶解度は、シクロデキストリンなどの補助剤を使わないときの溶解度ですね。
シクロデキストリンは、グルコースが環状に結合したもので、空洞部分が親油性で、外周部分は親水性です。親油性物質がこの空洞部分に入り込んで(包接)水に溶けるようになります。

いわば、1mしか泳げない人が浮き輪を使って10m泳げたというようなもので、1mが溶解度、10mが見かけの溶解度ということですね。


http://www.cyclochem.com/cd/o_001.html

Q硝酸カリウムが塩化カリウムに変化することってありますか? 硝酸カリウム

硝酸カリウムが塩化カリウムに変化することってありますか? 硝酸カリウムとイオウ、松煙を混ぜて火薬を作り、燃やした場合に、塩化カリウムが発生することってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

黒色火薬の実験ですね。
硝酸カリウムが酸素を供給して、硫黄と松煙(炭素粉末)が
参加されることによって爆発的に燃焼します。

硝酸カリウムは反応して酸化カリウムになると思われます。
No.1の方がおっしゃっているように、塩素が全くないので
塩化カリウムはほとんどできないと思いますが、松煙が天然の
素材で、不純物としてNaCl、KCl等を含んでいる可能性は
あります。
精製された素材で実験すると塩化カリウムはできないでしょう。

Q溶解度積

物理化学の溶解度を求める問題で、分からない所があるのでお聞きします。

水に対する塩化銀の溶解度は1.3×10^-5mol/Lであるが、0.10MのNaCl(aq)を加えれば2×10^-9mol/Lしか溶けず・・・。という文があります。

水に対する溶解度については理解できたのですが、0.10MのNaClを加えたときの溶解度がどうして2×10^-9mol/Lになるのかが分かりませんでした。
0.10Mは式にどう利用すればいいのでしょうか?
(塩化銀の溶解度定数は1.6×10^-10です。)

知識不足なのは承知しておりますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 水に対する塩化銀の溶解度は1.3×10^-5mol/L

  AgCl → Ag(+) + Cl(-) Ksp=[Ag(+)][Cl(-)]

> 塩化銀の溶解度定数は1.6×10^-10です。

  Ksp=[Ag(+)][Cl(-)]=1.6X10^-10

> 0.10MのNaCl(aq)を加えれば

  NaCl → Na(+) + Cl(-)

 NaCl は完全に解離するとして良いですから [Na(+)]=[Cl(-)]=0.10 (M)。

 この状態でも AgCl の溶解度積は Ksp=[Ag(+)][Cl(-)]=1.6X10^-10 ですから,[Cl(-)]=0.10 を代入して [Ag(+)]=(1.6X10^-10)/[Cl(-)]=(1.6X10^-10)/(0.10)=1.6X10^-9 (M)。

 有効数字2桁なら 1.6X10^-9 (M) ですが,有効数字1桁ならお書きの 2X10^-9 (M) になります。

問題の答えは有効数字1桁で求めよとかなっていませんか?

Qリン酸水素二カリウムの溶かし方

分子生物学の実験として、細菌を培養するために
リン酸水素二カリウムを水道水に溶いた基質を
使っていますが、基質瓶の底に塩のようなものが
付着して取れなくなりました。これを何かの薬品で
溶かしたいのですが、何を加えると良いですか?

Aベストアンサー

ANo.2のkiku007です。
補足拝見しました。

>10Lの水道水に8gのリン酸水素二カリウムを加えています。
>ここに10gの炭酸水素ナトリウムを加えています。
>瓶の口が狭い割りに、高さが高くブラシで擦っても力が入りにくい

この場合でも沈澱は燐酸塩化難溶性合物(炭酸塩より難溶性のため)です。pHが高いほど更に難溶になります。

瓶を洗う場合、試験液を捨てて空にしてからクエン酸溶液を入れて
1日程度そのままにして置きます(実際に試した事は有りませんので放置時間は試行錯誤でお願いします)。

分析化学実験に以前はよく使っていた器具に「ポリスマン」という器具が知られています。
(ポリスマンといっても警官に手伝って貰うのではありませんよ?!)

カラス棒の先端部分がゴムで覆われていて、沈澱をこそぎ取るものです。なにも市販品である必要はなく手製でもできます。

Q溶解度積と一致する場合…

化学で
[Ag+][Cl-]>溶解度積→沈殿する
[Ag+][Cl-]<溶解度積→沈殿しない
と習いました。では
[Ag+][Cl-]=溶解度積
となる場合は沈殿しないのでしょうか。
もし沈殿しないなら、なぜ[Ag+][Cl-]≦溶解度積→沈殿しない
と教えないのでしょうか。

どこにもそのことが記載されておらず納得がいきません。
教えてください。

Aベストアンサー

厳密なことを言うと、
AgClの沈殿が生じているとき、[Ag+][Cl-]=Kspです。(Kspは溶解度積)
AgClの沈殿が生じていなければ[Ag+][Cl-]≦Kspです。
[Ag+][Cl-]>Kspになることはありません。

では[Ag+][Cl-]>Kspとなる場合を考えるのか。
これは、仮にAgClの沈殿が生じず全て溶けていると考えたとき、矛盾が出ないかどうかを考えています。背理法のようなものですね。
AgClの沈殿が生じていない(⇔[Ag+][Cl-]≦Kspのはず)のに、
計算してみると[Ag+][Cl-]>Ksp、これは矛盾
よって初めの前提の「沈殿が生じていない」が誤り、故に沈殿が生じている。

QNa2HPO4(リン酸水素二ナトリウム)の融点について

Na2HPO4(リン酸水素二ナトリウム)には無水、2、7、12水和物があるらしいのですが、今回実験で無水リン酸水素二ナトリウムを蒸留水に溶かして0.1M、0.5Mのリン酸水素二ナトリウム水溶液を作り、50の乾燥機で乾燥後に、200、400℃で熱処理して何度で融解するかを調べたんです(゜ー゜;A。すると50℃ですでに融解しているようでした。「こんなに低温に融点があるのか!」と思い、参考書やネットで無水リン酸水素二ナトリウムの融点を調べたところ、12水和物の融点しかありませんでした・・・無水リン酸水素二ナトリウムについては240℃でピロリン酸ナトリウムになるとしか書いてありません( p_q)。無水リン酸水素二ナトリウム水溶液を50℃で乾燥するとどうなるのでしょうか?またその融点はいくつ位なのでしょうか??知っている方、ご意見お願いしますm(_ _"m)ペコリ

Aベストアンサー

>つまり、無水リン酸水素2ナトリウムを蒸留水に溶かし、50℃で水を飛ばすことで7水和物ができていたということでしょうか?

そういうことですね。
塩によっては水溶液を濃縮していって水和物は得られても無水物は得られない場合があります。


人気Q&Aランキング