正確には、会社の団体保にの入っています。内容は・・??
生活設計が未定なのですが、そろそろ何か保険に入りたいと
思っています。自分でも調べ中ですが、アドバイスがあれば教えて下さい。

今まで、大けが、大病はしていませんが、婦人科、消化器系は弱いので、
よく病院には通っています。それがちょっと心配・・・。

結婚は2年以内の予定ですが、もしかしてしないかもしれない。
結婚する場合、住所が変わり、今の会社は退職することは決定済です。

なにぶんこれらは予定・・・なので、変更もありありなんですが・・・。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (6件)

独身ということで、今「自分の家計で支えてる」のはご自身だけなんですよね?それならば高い掛け金の終身保険などは無駄かもしれないですね。


掛け金が安い、掛け捨て型の共済などはいかがでしょうか?私は独身時代、お付き合いで入ってた、大手保険会社の積み立て型をやってましたが、あまりにも保険料の負担が大きく、共済に変えました。
共済でも死亡保障重視型と入院保証重視型とがありますので、今なら入院保証重視型のほうがいいかもしれませんね。

ご結婚されると旦那さんが家計を支える中心になられるのでしょうか?それなら旦那さんの分はやはり、死亡保障が大きいものをかけ、奥様としてはやはり入院保証が高いもののほうが役に立つようですね。主婦が入院すると、結構大変らしいですから。
もし将来的に子供さんが生まれたら、学資保険なども併用されるといいのでは?

後はライフスタイルが変わる、節目ごとに見直しをされるといいと思います。郵便局や行政の無料相談などもあると思いますので、一度利用されてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答してくださった皆様、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/09 18:19

保険は基本的に、定期保険(掛け捨て)と、終身保険(積立型)の二つに分類されるんです。


更にどんな保障をするかによって、ガン保険等の種類に分かれてます。
私が絶対必要不可欠と思うのは、終身型医療保険...どんな生活設計にも絶対欠かせない保障だと思うんです。
これなら、もし先々寝たきりになって入院保障が受けれなくなったとしても、ある程度年数がたってれば、解約返戻金が貯まってるから、良いと思います。

元々、生保で営業を3年してた本音でした!(^o^)
    • good
    • 0

 こんばんわ。


 今独身と言うことですよね。
 保障とは、残されて生活費に困る遺族がいた際の生活費を補填するものです。あなたに万が一があった際に生活に困る人がいれば考るものです。独身の場合、多くは保障自体をあまり考える必要がない場合が多いです。結婚した場合も、あなたの収入(共働き?パート?)に占める家計の割合から生活に窮する人がいれば保障を考えます。この場合も多額の保障を必要としないケースが多いです。

 必要とする理由がない限りは割安な会社の団体定期保険と言えども加入意義がありません。

 現状考えておくと良いのは、終身医療保険と思います。ご主人(予定)の人の定年までに払い込めるのが原則ですので、年齢差から払込年齢を判断してください。(2歳差なら58歳払込等)払込年齢を細かく指定できない会社も
ありますのでご注意を。
 独身時には生涯のベースとなる保険を備える時期と言えます。健康保険では月63600円を超える医療費を高額療養費として還付する制度があります。こういった物を勘案すると日額5000円の入院費が出るタイプの終身医療保険をベースに考えていくと良いかと思います。(もう少し上乗せしたい場合は定期型の医療保険や県民共済等を考えればいいと思います。)
 終身医療保険の選択のポイントは、解約返戻率の高いもの、を選ぶと元を取りやすい保険となります。ピーク時に9割以上の返戻率のある終身医療保険がお勧めです。(将来もらうだけもらって解約すると高い確率で元が取れます。)

参考URL:http://members.jcom.home.ne.jp/thirano1/kougaku. …
    • good
    • 0

団体保険は会社を退職したら効力がなくなりますので、一般の生命保険をかけることをオススメします。



ただ、今現在は会社の保健に加入し、結婚も2年以内と、漠然としているのなら今の保険をしっかり把握し、不要な部分があればプラスしたほうがお得だと思います。

せっかく団体保険に加入しているのであれば利用しないともったいないです。
ただ辞める時期がわかれば遅くとも辞める3ケ月前には一般のものをかけましょう。
3ケ月はダブってもったいないかもしれませんが、保険の有効はたいてい1ケ月以上後ですし、特定の病気などは3ケ月以上後の場合もあります。(あなたの場合 通陰暦があるのでその点も考慮しなくてはいけません。→保険会社によって有効となる月数は異なる)また、申込をして支払完了時点で申込年月日になるため、そういう点を考えても退職3ケ月前に一般の会社の生命保険へ加入することをオススメしますね。

結婚してもしなくても、あなたにはまだ責任(誰かを養う)はだんな様のようにはないと思うので、医療保険中心に考えた方がいいですよ。

とくに女性特有の保証が充実されているものがいいと思います。
値段重視であれば、都民共済(東京の場合)や外資系の保険会社がいいかと思います。

では
    • good
    • 0

生命保険は補償目的によって、加入する保険が変ってきます。



まず、ご自分が事故や病気で亡くなった場合、あとに残された人が困らない為の死亡保険です。
これは独身であることから、あまり必要だとは思いません。

医療保険は、入院された時に支払われる保険です。
婦人科系が弱いのでしたら、そういった病気をカバーする保険があります。
入院した時に、幾らぐらい補償があればよいのか考えるといいと思います。
また保険の種類により、入院当日から補償されるもの、数日入院しないと補償されないもの等あります。

ご結婚されたら、その時にご夫婦で保険の見直しをされることになると思いますので、今必要だと思う保険だけで、じゅうぶんだと思います。

大手保険会社には、ファイナンシャルプランナーがいますので、いろいろ相談されては如何でしょうか?
    • good
    • 0

ご結婚の予定が無いのでしたら、病気の際に入院費の出る医療保険を中心に加入を考えたらよろしいと思います。



参考URLをご覧ください。
保険の知識が書かれています。

下記のページも参考になります。

賢い生命保険の入り方 
http://www3.plala.or.jp/kyog/insurance/doc/main. …

参考URL:http://www.jili.or.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ