カビについて調査中なのですが、カビはシリカ(砂の主要成分)などを餌として育つことはできるのでしょうか?
コンクリートなどは食料にすると聞いたことはあるのですが。
またカビが好む食料ってなんですか?
ちなみに、調査しているのは糸状菌です。
回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

従属栄養生物ですから、いちおう、「有機物」でないと繁殖しないと思います。

(Cが含まれていても、炭酸カルシウムみたいな無機物では・・・)
(細菌だとイオウ細菌や鉄細菌など、無機物で生きている奴がいますが)

コンクリート壁についているカビも、コンクリート自体はエネルギー源にはならないので、表面についた(あるいは浸透した)有機物を栄養にしているでしょう。

好みは、それぞれあります。とりあえず湿度と温度があれば、適したカビがはえてきます。パンとか・・。

ただ、見た目でカビ、というのは胞子の色で、実は菌糸は見えないうちに広がっていたりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
結構助かりましたー。思わぬところでカビが発生して、原因はなんだ!と・・・カビについて全く知識が無かったので。
でもほんとうにカビって不思議な生き物ですね。
では
mizusumashi

お礼日時:2001/10/24 16:35

純粋なシリカに超純水では培養できないかも?。

なにかしら栄養となるものが必用ですね。ガラスにカビが生えるのはガラス表面の汚れが栄養となるからです。カビなどの菌類は基本的に光合成をしない(例外もあるらしい)ので超純水だけでも培養できないかも。

でも、分子配列にC(炭素)が含まれている物質なら生える可能性が高いかも知れません。

好むとしたら有機物全般と石油から生成したもの(プラスチックや塗料など)

ガソリンタンクですらカビで穴が開きます。サビ止めの塗料も分解しますからね。殺菌に使えるお茶(カテキン)でもカビます。チューブの練りワサビはしばらく放置すると刺激臭が無くなりますが、3ヶ月も冷蔵庫内に臭い消しとして放置(チューブから出した状態)してもカビません。
カラシも似たような結果です。

話が逸れましたが、シリカ単体では繁殖しないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q菌・カビ・ウィルス

菌・カビ・ウィルスは、違いに定義はあるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

同じ微生物でも全く違うんですね。
定義といえるかどうかは別にして・・・、

細菌の大きさは1~5μm(ミクロン:1000分の1mm)程度で、形状は球状・桿(かん)状・らせん状などのものがあります。
細菌は一つの細胞からなり、細胞分裂をして増えていきます。条件が揃えば、大腸菌は約20分で倍に増えます。
水で薄めた食器洗い洗剤を放置しておくと濁ったりするのは、細菌が増殖したためです。
また、水道水中のわずかな有機物を栄養にして増殖する細菌もいます

カビは細菌とは異なり、多細胞でできています。空中に舞っている胞子は水分を吸って発芽し、汚れを栄養源にして菌糸(長さ10~30μm、幅2~10μm)を伸ばして繁殖します。菌糸を伸ばし、枝分かれし、子孫を残すために胞子を形成して、増えていきます。
家の中でも、食品はもちろん押入や浴室などの湿気の多い所によく見られます。

ウイルスは必ず他の生物(細菌、カビ、植物、動物)に入り込んで宿主の力を借りて増殖を行いますので生物とは言えないかもしれません。
また、ウイルスは非常に小さく、細菌の何十分の1、何百分の1の大きさしかありません。

以上、下記サイトを引用・参考にしました。

http://www.toto.co.jp/tips/dirty/d02.htm

参考URL:http://biology.at.infoseek.co.jp/2iroiro.html

同じ微生物でも全く違うんですね。
定義といえるかどうかは別にして・・・、

細菌の大きさは1~5μm(ミクロン:1000分の1mm)程度で、形状は球状・桿(かん)状・らせん状などのものがあります。
細菌は一つの細胞からなり、細胞分裂をして増えていきます。条件が揃えば、大腸菌は約20分で倍に増えます。
水で薄めた食器洗い洗剤を放置しておくと濁ったりするのは、細菌が増殖したためです。
また、水道水中のわずかな有機物を栄養にして増殖する細菌もいます

カビは細菌とは異なり、多細胞でできています。...続きを読む

Qカビについて。カビの種類の中のカビ毒のマイコトキシン、アフラトキシンに

カビについて。カビの種類の中のカビ毒のマイコトキシン、アフラトキシンについて詳しく解る方お願いします。


自分なりにネットで調べては見たものの、自分の理解能力が低いためよくわからないので困ってます。

疑問になってることは、
1、マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

2、アフラトキシンはピーナッツやタピオカなどのカビとゆう事ですが、マイコトキシンは何がカビたものなんでしょうか?

3、アフラトキシンやマイコトキシンを少量口にしてしまってもガンになってしまうのでしょうか?


どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1)マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

マイコトキシンは一般家庭に存在する可能性はあります。
マイコトキシン産生菌にはアスペルギルス(コウジカビ類)、ペニシリウム(青カビ類)、フザリウムなどがあります。
これらは畑地土壌に生息していて、農作物に侵入して食卓にあがるまでの段階でマイコトキシンを産生します。
(ただ、アフラトキシン産生菌は日本にはあまり生息していないようなのでアフラトキシンに汚染されたピーナツは殆ど輸入品のようです。)
勿論マイコトキシンの規制は行われていますが、検査機器が検出できる量以下のマイコトキシンが含まれていることやサンプリングされたもの以外が汚染されてる場合なども考えられます。
食品のカビ汚染やマイコトキシン汚染を全くなくすることは難しいです。


2)アフラトキシンはピーナッツやタピオカなどのカビとゆう事ですが、マイコトキシンは何がカビたものなんでしょうか?

マイコトキシンは何がかびたもの、というよりかはマイコトキシンというのはmyco(菌の)toxin(毒)という意味で菌が産生する毒の総称のことです。
アフラトキシンもマイコトキシンの一種になります。
アフラトキシンを産生する菌の例としてはアスペルギルスフラバスがいますが、これが食品について生育しても必ずしも食品が汚染されるわけではありません。
カビの生長、増殖とアフラトキシンが産生される条件とがそろって、そこでアフラトキシンが量的に作られて食品が汚染されます。
マイコトキシンがつくられる条件は生育可能な条件よりも範囲が少し狭いのでカビの生育を抑えることが出来ればマイコトキシンの汚染は抑えられると考えられています。

3、アフラトキシンやマイコトキシンを少量口にしてしまってもガンになってしまうのでしょうか?

アフラトキシンをずっと摂取し続けるとガンになる可能性は高くなります。
少量を摂取したからと言って直ぐにガンになるわけではないです。

マウスの実験では1ppbを104週与えて肝がんを発生というデータが。(1ppbとは、50メートルプールに1g混ぜた程度の濃度に相当。)
ただ、この実験の詳しいデータが不明なので本当に正しいかどうかはちょっと分かりかねます。すみません。

参考URL:http://www.iph.pref.osaka.jp/news/vol39/news39_2.html

1)マイコトキシンやアフラトキシンは一般家庭に存在してしまう可能性はあるのでしょうか?

マイコトキシンは一般家庭に存在する可能性はあります。
マイコトキシン産生菌にはアスペルギルス(コウジカビ類)、ペニシリウム(青カビ類)、フザリウムなどがあります。
これらは畑地土壌に生息していて、農作物に侵入して食卓にあがるまでの段階でマイコトキシンを産生します。
(ただ、アフラトキシン産生菌は日本にはあまり生息していないようなのでアフラトキシンに汚染されたピーナツは殆ど輸入品のようです。...続きを読む

Qウイルス、菌、カビは全部微生物ですか?

ウイルスは微生物ですか
菌は微生物ですか
カビは微生物ですか
ネット検索しましたが難しい解説ばかりで分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

三つとも微生物と思います。
その三つは病原菌の代表的なものです。
まず大きさが違います。

カビ(真菌)> 細菌>ウィルス

カビ(真菌)でよく知られているのが、水虫です。
水虫もうつるので注意しましょう。


細菌は顕微鏡で見ることができるようになった。
結核菌 コレラ菌 大腸菌 などなど
抗生物質や予防注射など対策は進んでいる。


ウィルスは電子顕微鏡で見ることができるようになった。
インフルエンザウィルス エイズウィルス
などなど
ウィルスには細胞内に核がなく、ウィルスが体内に入ると、その動物や人間の核を乗っ取り増殖 悪さをする。
乗っ取られた細胞は外敵とは見なされないのでやっかいです。

ウィルスの治療薬も進んではいますが、宿主というか、寄生先を移っていくのでやっかいです。

Q乳酸菌とビフィズス菌

最近ヨーグルト類にはまっています。
お腹の調子をよくするのに乳酸菌は有名です。
 
今日買ってきたヨーグルトをみるとビフィズス菌と書いてありました。
そういえば乳酸菌もビフィズス菌もよく聞きます。
同じ仲間なんだろうと思ってますけど、違うものなのですか?
 
後、オリゴ糖というのも時々みかけます。
これも胃腸に良い菌なのでしょうか?

Aベストアンサー

乳酸菌は、発酵食品の食品製造(味噌、しょうゆ、漬物、チーズ、ヨーグルト)に利用される他、人を含め動物の腸内で食物の消化や悪玉菌の撃退・駆除したり、整腸作用や腸壁に住み着いて発癌物質や有害食品から腸壁を保護しています。女性の膣内を細菌感染から守る乳酸菌「デーデルライン桿菌」や赤ちゃんの腸内の90%を占め腸内の細菌感染や消化を助けている乳酸菌「ビフィズス菌」(加齢と共に減少し成人で50%、老人では15%以下に減少して腸内細菌による病気が増加して行きます)が良く知られています。ビフィズス菌は善玉菌の一種で赤ちゃんの腸内に住み着いていて安全性や病気から守ってくれていることから注目され、ヨーグルトの生産(牛乳中の脂肪分を食べて乳酸やアミノ酸などを生成してくれる)に利用されています。大抵の乳酸菌は胃液の強酸性(塩酸)に絶えられず腸内まで生きて到達できませんが、医の強酸に耐えて腸内まで生きて届く乳酸菌を使ったヨーグルトが一躍人々の注目を浴びています。腸内まで生きて届く乳酸菌を含んだヨーグルトを「プロバイオティクスヨーグルト」といいます。スーパーなどでヨーグルトの容器に「プロバイオティクス・ヨーグルト」と印刷がされ、ビフェズスヨーグルト、ブルガリアヨーグルト、カスピ海ヨーグルトなどで知られています。胃がんの原因とされているピロリ菌駆除に効果がある胃の強酸にも耐える乳酸菌LG-21を使ったヨーグルトも注目されています。

乳酸菌は広く存在し、発酵食品製造や胃腸の健康の為の善玉菌や女性の健康を守っていることで、利用や研究されているのは本の一部に過ぎません。ビフィズス菌(乳酸菌)も人体(主に口から肛門にいたる消化器系や女性生殖器)に棲み付く約100兆匹の細菌の中の善玉菌の主要な微生物(細菌やウイルス)に属します。

参考URL
http://www.probiotics.to/
http://allabout.co.jp/r_health/gc/322012/
http://my.kotokiri.com/lg21.html

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/乳酸菌

乳酸菌は、発酵食品の食品製造(味噌、しょうゆ、漬物、チーズ、ヨーグルト)に利用される他、人を含め動物の腸内で食物の消化や悪玉菌の撃退・駆除したり、整腸作用や腸壁に住み着いて発癌物質や有害食品から腸壁を保護しています。女性の膣内を細菌感染から守る乳酸菌「デーデルライン桿菌」や赤ちゃんの腸内の90%を占め腸内の細菌感染や消化を助けている乳酸菌「ビフィズス菌」(加齢と共に減少し成人で50%、老人では15%以下に減少して腸内細菌による病気が増加して行きます)が良く知られています。ビフィズス...続きを読む

Q善玉菌と悪玉菌の違い

善玉菌と悪玉菌の違いについてなのですが、善玉菌が宿主に良い作用をもたらす菌だということはわかりましたが、それはつまり、オリゴ糖などを餌にしている菌と言い換えることができますか?また、悪玉菌はそれらを餌にせず、主にアミノ酸を餌としているものといえますか?
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

悪玉菌にもいろいろあります。腐敗物を作る腐敗菌、毒素を作る毒素菌、生体を食べる菌、特定の病原菌・・・などなど。

善玉菌にもいろいろあります。悪玉菌を捕食する菌、乳酸菌等の有機酸を作って腐敗物の生成を抑えて発酵を促す菌、・・・など。

もっと知りたい場合は、Wikipediaで「腸内細菌」を検索してみてください、「善玉菌と悪玉菌」の章があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報