姉が2週間程前に「奨膜露出胃がん」と告知を受けました。スキルスです。先生からはX線、ファイバースコープの結果「術前化学療法」でいくと言われました。タキソテール、カンプト、ブリプラチン併用で、あまり例がない様です。この抗がん剤で成果をあげた方はいらっしゃいますか?また幽門狭窄で食べられず鎖骨静脈点滴で栄養を取っていますがずっとこのままで大丈夫でしょうか?高カロリーで栄養的には問題なさそうですがボロボロになり針がさせなくなるとかはないのでしょうか?今現在、鼻管(吐かないように吸い上げている)がつらそうですが歩いてトイレも行けるし少しずつ前向きにがんばっているようです。姉を元気付ける為にも少しでも情報が欲しいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>ボロボロになり針がさせなくなるとかはないのでしょうか?


これはIVH(中心静脈栄養法)ではないでしょうか?
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「経口によらない栄養法」
この針は栄養状態(体力)が改善されるまで留置されているので、何度も刺し直すことはないと思いますので、心配されているようなことはないのでは・・・?

併用療法に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010238. …
(胃がん)
このページで「まだ十分わからない問題と臨床試験」の中にある「スキルス胃がんに対する術前化学療法の意義に関する検討:第三相臨床試験(計画中):術前化学療法後に手術 対 手術単独」でしょうか・・・?

薬剤の組み合わせから、入院されている病院は癌専門病院でしょうか・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://www.jade.dti.ne.jp/~ma-hata/a_06_eiyou.htm

この回答への補足

仰るとおりIVHです。ただ、がん患者の闘病記には体重が30キロ迄減った等、書いてあるのでいつかはIVHも無理な日がくるのかなと思った次第です。「経口に・・・」とても勉強になりました。併用療法のサイトもとても参考になりました。「スキルス胃がんに対する・・・」でしょうか?と言う質問は私は素人なのでよくわかりません、姉は県のがんセンターに入院しています。この3種併用療法は20の臨床例があるとの事です。

補足日時:2001/10/04 16:32
    • good
    • 0

MiJunです。


>効果と言えるかどうかはわかりませんが
担当医は今まで20例の経験があるということなので、その奏効率(○/20)は出ていると思うのですが・・・?(分母は20より少ないかもしれませんが・・・?)

少し専門的になりますが、効果があった症例とは計測出来る癌の面積が1/2以下に縮小して、その状態が4週以上持続した場合に「効果あり」となります(CR例・PR例)。

>段階的に投与量を増やし試験を進めていくようです。
考えられる副作用は「白血球減少・爪の変色・腎障害」等でしょうか?
勿論、副作用の出現を見ながら、投与量を増加させていくのでしょうが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰るとおり、白血球や血小板の数が減ったり貧血になったり肝臓や腎臓の働きが低下したりと言う事が考えられるとの事です。MiJunさんには、たくさんの質問にわかりやすく答えて頂いて大変感謝しています。どうも有難うございました。

お礼日時:2001/10/08 01:12

MiJunです。


>この3種併用療法は20の臨床例があるとの事です。
この施設での奏効率(効果)・副作用はどのようであるか説明されてますか?
少し、ネット検索してみましたが(全てではありませんが)、3剤併用はHitしませんでした。
さらに、担当医に「ブリブラチン」の替わりに「パラプラチン(カルボプラチン)」では効果はどうであるのか尋ねられては如何でしょうか(副作用は少ないと考えられますが・・)?

ご参考まで。

この回答への補足

効果と言えるかどうかはわかりませんが3つの薬ともがん細胞に対する作用のメカニズムが異なり1種類ずつ投与するよりも強力な効果が期待されると言うことです
。逆に併用により副作用(脱毛、下痢、嘔吐、etc)も強くなる可能性もあり段階的に投与量を増やし試験を進めていくようです。この3種併用は世界でもここだけと先生は仰っていました。担当医と話が出来たら「バラプラチン」の事も聞いてみたいです。(でも緊張して聞けるかな・・・)

補足日時:2001/10/05 15:00
    • good
    • 0

 大変ですね。


 抗がん剤に関わる情報ではないのですが、気功や呼吸法によって、かなりのレベルの癌を克服した例は結構聞いています。(完治しないまでも、痛みがやわらぐという話もあります)
 西洋医学と併用して試す価値はあると思いますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気功や呼吸法は自然なものなので良さそうですね。今は歩くのがやっとなので実行出来ませんが少し落ち着いたら姉に話してみます。他にも漢方やヨード製剤などいろいろ考えています。有難うございました。

お礼日時:2001/10/04 16:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q30代女性は、胃潰瘍ではなくスキルス胃がん?

こんにちは。30代女性です。

先日、肋骨のあるあたりに筋肉痛のような痛みを感じ、たまたまお腹をこわして受診した消化器内科でそう言ったところ、胃カメラ(経口)をうけることになりました。

検査自体は寝ている間に終わってしまい、全然つらくなかったのですが、その結果「胃潰瘍があるので、薬で治療していきましょう」と言われました。
「ガンじゃないんですか!?」と聞いたら、「ガンと胃潰瘍は、内視鏡で見れば分かりますよ。」と言われました。

しかし、一応生検はしているようで、結果はまだ聞いていません。
薬が2週間分出ているので、それをまたもらいに行く時に聞くつもりでいます。

薬は欠かさず飲んで、今のところ普段はそんなに酷い痛みなどはありませんが、ネットで胃潰瘍や胃ガンについて調べていると、急に胃がキリキリ痛んだりします。
食欲は普通ですが、医者から「良く噛んで、腹八分目にしなさい」と言われたので、それを守っています。

しかし、30代女性ということが気になります。30代40代の女性は、スキルス胃がんという悪性で助からない胃がんの罹患率が高いということです。
30代女性の何割くらいが、スキルス胃がんを胃潰瘍と誤診されて亡くなっているのでしょうか?
逆に、30代女性でスキルス胃ガンにならなくてすむのは、何人くらいなのでしょうか!?

私も、本当は胃潰瘍でなくスキルス胃ガンで、肋骨辺りが痛んでから検査を受けたということは、もう助からないんですよね?

もう一日中、そのことが頭から離れません。
書いているそばから、症状が悪化していくようです。

これから結婚もする予定なのに、なぜそんな病気になってしまうのでしょうか!?
私は半年後には、もうこの世に存在しなくなっているんですよね?

こんにちは。30代女性です。

先日、肋骨のあるあたりに筋肉痛のような痛みを感じ、たまたまお腹をこわして受診した消化器内科でそう言ったところ、胃カメラ(経口)をうけることになりました。

検査自体は寝ている間に終わってしまい、全然つらくなかったのですが、その結果「胃潰瘍があるので、薬で治療していきましょう」と言われました。
「ガンじゃないんですか!?」と聞いたら、「ガンと胃潰瘍は、内視鏡で見れば分かりますよ。」と言われました。

しかし、一応生検はしているようで、結果はまだ聞いていま...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
他の方が回答されているように
胃潰瘍とスキルス胃がんは見た目が全然違います。
胃潰瘍や胃がんは胃の中にできるものに対し
スキルス胃がんは胃の下を這うように進行していきます。
ちなみにスキルス胃がんは胃カメラでも
発見が困難な病気です。
胃カメラよりもバリウム検査の方が
スキルス胃がんの発見に適しています。

生検もしているようなので
潰瘍かがんかどうかもはっきりします。

胃潰瘍なら当分薬を飲んで
再度胃カメラをする必要があります。
(治ったかどうか診る為に)

おそらく胃酸を抑える薬と
胃の粘膜を治す薬が出ているかと思います。

お大事になさってくださいね。

参考URL:http://xn--mckxhq90sbjq.jp/igan/post-50-50#.Uq6--3LPabA

Qスキルス胃がんの発見法

スキルス胃がんについてです。
 (1)過度のストレスが原因になることはありますか?
 (2)スキルス胃がんであると想定してバリウム検査したとします。画像(?)に反応が出なくて、胃がんではないと診断することもあるのでしょうか?)

Aベストアンサー

こんにちは。
1、ストレスが胃がんの直接の原因にはならないにしても、促進する因子である事は間違えないというのが大方の考え方じゃないでしょうか。
少なくとも「胃がんとストレスは関係ない」という理論は成立たないと思います。

2、昔はレントゲンで出なかった場合、診断が大変難しい病気でしたが、今は最低でも血液検査で腫瘍マーカーの検査程度はするでしょうし、MRIなどもありますので、レントゲン単純撮影だけで判定することはあり得ないでしょう。
ただし、検診のようなスクリーニング検査ではレントゲンでは発見できないケースは多々あります。
また、地方に行くと、時代が逆行してるみたいな現象が起きており、ちゃんと診てくれる病院と、ほとんどまともに見ない病院と極端な事になってますので、かかる病院による、とも言えると思います。

Qスキルス胃がんについて

母をスキルス胃がんで27歳で亡くしているものです。
スキルス胃がんは30代~40代の女性に多い(女性ホルモンが関与?)と聞く一方で、スキルス胃がんには遺伝性があるという話をあちこちで聞くため、不安になって質問させていただきました。
当方、現在22歳の男性で、母が亡くなったのは私が1歳8カ月の時です。
自分自身、現在は胃には特に症状を感じていないのですが、

以下、質問です。
(1)
スキルス胃がんには本当に遺伝性があるのでしょうか?(科学的に証明されたものなのでしょうか?)
(2)
早期のスキルス胃がんをより確実に発見するためにはどのような検査を受けるのが望ましいのでしょうか?(よく聞く話が、スキルス胃がんは胃の底を這うようにして進行していくため、胃カメラよりもバリウムのほうがいいというものですが、本当なのでしょうか?また、最近テレビで血液1滴でがんを発見できる技術が開発途中だという話を聞いたのですが、スキルス胃がんの場合でも発見できるのでしょうか?)
(3)
早期のスキルス胃がんではどのような症状が出るのでしょうか?(昔、テレビの「たけしの本当は怖い家庭の医学」でやっていたスキルス胃がんの症例では、「1か月に1kg程度の体重減少」の症状のみで、胃に違和感を感じた辺りで病院に行ったら既に手遅れだった…という状態でしたので、他に早期の時点での症状はあるのかどうかについて気になって質問させていただきました。)
(4)
スキルス胃がんの治療実績は、母が亡くなった20年前に比べて良くなっているのでしょうか?

質問が多くなってしまって申し訳ございません。部分的な回答でも大丈夫ですので、お答えいただけると嬉しいです。

母をスキルス胃がんで27歳で亡くしているものです。
スキルス胃がんは30代~40代の女性に多い(女性ホルモンが関与?)と聞く一方で、スキルス胃がんには遺伝性があるという話をあちこちで聞くため、不安になって質問させていただきました。
当方、現在22歳の男性で、母が亡くなったのは私が1歳8カ月の時です。
自分自身、現在は胃には特に症状を感じていないのですが、

以下、質問です。
(1)
スキルス胃がんには本当に遺伝性があるのでしょうか?(科学的に証明されたものなのでしょうか?)
(2)
早期のス...続きを読む

Aベストアンサー

1:遺伝性が高いとされる。
2:胃透視で引っかけて、胃カメラで生検。
3:ほとんど無症状。症状が出た時は手遅れ。
4:あまり変わってないかも。

Qスキルス胃がんは遺伝する確立が高い?

今日の「ザ!世界仰天ニュース」で、がんの遺伝について取り上げていました。そのうちのひとつ、ある変異したスキルス胃がん化しやすい性質を持つ祖母の遺伝子がその子供や孫達にも受け継がれていたというものですが、そもそもスキルス胃がんはこのように遺伝によって発症するケースが多いのでしょうか?
それと日本でもアメリカのように発病前でも遺伝子検査をしてくれるところはあるのでしょうか?

私の場合、父と叔母が胃がんで、父はスキルスです。叔母は私が物心つく前に亡くなっていて、父も「進行した胃がん」としか聞いていないとのことですが、スキルスだったかも知れません。
そういえば父の告知の際、私にも何か病歴があるかどうかを聞かれたのも気になります。

スキルスは見つかりにくく、進行も早く、怖いし(父は幸いスキルスの中では早期だったようで、外科手術もでき、予防抗がん剤を続け、現在落ち着いた状態です)、何より若い女性がかかりやすいとのことで、自分の体も非常に心配です。もし、もしも私もそういう遺伝子を持っているのなら、テレビで取り上げられていた例のように、なる前に胃を取ってしまいたい気分です。アメリカでは遺伝性の乳がんなどもそうする人がいると聞きましたが、日本ではそういう例はあるのでしょうか?

スキルスは遺伝の確立が高いのか、
日本にはそういう検査があるのか、
また検査で陽性だった場合、健康なうちに臓器を取ってしまうという手術も日本ではあるのか、
知りたいです。よろしくお願いします。

今日の「ザ!世界仰天ニュース」で、がんの遺伝について取り上げていました。そのうちのひとつ、ある変異したスキルス胃がん化しやすい性質を持つ祖母の遺伝子がその子供や孫達にも受け継がれていたというものですが、そもそもスキルス胃がんはこのように遺伝によって発症するケースが多いのでしょうか?
それと日本でもアメリカのように発病前でも遺伝子検査をしてくれるところはあるのでしょうか?

私の場合、父と叔母が胃がんで、父はスキルスです。叔母は私が物心つく前に亡くなっていて、父も「進行した...続きを読む

Aベストアンサー

仰るように癌家系というものがあるように、癌になりやすい体質、性質は遺伝されます。
大腸癌での、家族性ポリポーシスは有名ですね。この場合にはたくさんポリープができて、対応しきれないときには、癌がなくとも大腸を切除することも適応となります。
しかしながら、胃癌ではそこまでは聞いた事がありません。胃癌家系というのもありますが、それらを特定する遺伝子を検査することは一般的ではなく、確立されたものはありません。あくまで、研究目的となります。そして、もしそれが分かったとしても、予防的に胃切除はされません。胃切除をしたところで、そういうがん家系の場合には胃以外にも癌が発生する確率は高いですから。
現状で出来ることといえば、ドックをこまめに受けることです。

Q胃がん4型(スキルス)のステージIVの術後治療

義父が胃がんの4型で、先日手術を終え、ステージIVでした。リンパ節と脾臓に転移あり(摘出できず)、胃は全摘、腹膜には目視の播種なし、術中の腹腔内洗浄水からはがん細胞がでています。(胃壁外へのがん細胞こぼれあり)
今後はTS-1+シスプラチンの化学療法を開始する予定ですが、他の選択肢としてTS-1+タキセル注射+タキセル腹腔内投与の治療の方がよいのか、迷っています。
(1)現状では標準治療がベターな選択肢なのでしょうか?
(2)胃全摘後や、転移している他内蔵がある場合は、腹腔内タキセル投与は不可能なのでしょうか?
(3)兵庫・大阪近辺で、今の義父の状態からでもタクセル腹腔内投与をしてくれる病院はありますでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

消化器内科医です。
一般論としてお答えします。

タキサン系薬剤の腹腔内投与は保険で認められていないのでいわば実験的医療です。
いま、フェニックス試験という腹膜播種症例で臨床治験がおこなわれおり、有効性の検証中です。
治験以外でも実験的に腹腔内にチューブをおいて手術後に実施している大学病院もありますが少数例にとどまります。

したがってどちらがよいかと答えることは誰にもできません。
そういう場合は、確固たるエビデンスのあるTS1+CDDPの標準治療を第1選択として優先するのが普通でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報