介護保険はサラリーマン・事業主等40歳以上65歳未満
は(65歳以上の老人は年金より徴収されている)全員徴収されているものと思っていましたが、サラリーマンの妻は負担がないのはおかしい。ちなみに事業主の妻は国民健康保険より妻の分として均等割りを徴収されている。サラリーマンの妻のみがどうして徴収されないのか。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 サラリーマンの妻の分は、妻の分としては徴収されていませんが、妻の分も計算されて夫が負担しています。



 介護保険料の40~64歳までの第2号被保険者の保険料は、保険者ごとに年間の負担額が計算され、保険者にむ加入している40~64歳の家族も含めた人数に全国平均の2号被保険者の金額を掛けて算出しています。給料から天引きできる人の給料に一定の率を掛けて、年間負担額になるようにしています。

 したがって、妻の分も含めて支払っていることになります。40歳以上で独身のサラリーマンは、多く負担しているともいえますね。医療保険に加えて、介護保険も「相互扶助」という考えになっています。サラリーマンの妻の年金も、同様です。

この回答への補足

早速回答有り難うございます。             続けて教えて下さい                 どうして独身扱いになる人が、(夫婦が個々で社会保険に加入している場合も含め)サラリーマンの妻の分まで負担せねばならないのか。

補足日時:2001/10/02 16:47
    • good
    • 0

 No1の補足に対する回答です。

夫婦が個々で社会保険に加入している場合は、それぞれ給料から介護保険料が引かれます。

 介護保険は40歳以上の日本国民全員が、被保険者となり介護保険料を負担しなければなりません。納入方法は、65歳以上の第一号被保険者は年金から天引きされますし、40~64歳の第2号被保険者は加入している保険料に上乗せして保険料として一体徴収されますので、その保険料は給料から天引きされるため、妻の分として直接収めることが出来ません。したがって、妻の分も含めて夫が支払うことになります。

 この、妻の分とは自分の妻の分だけではなく、加入している医療保険の40~64歳の全員分を相互扶助により負担しています。自分の加入している医療保険が介護保険料として負担しなければならない金額は、厚生労働省が全国共通の1人当たり単価を算出し、医療保険者毎に加入している40~64歳の人数を掛けた金額となります。

 例えば、全国平均1人あたり3万円で、加入している医療保険の40~64歳の人数が1千人の場合、この医療保険者は年間で三千万円を介護保険料として負担しなければなりません。半額は事業主負担ですので、一千五百万円を加入者が負担することになります。

 この年間一千五百万円の徴収方法ですが、給料から引きますので毎月の給料の総額から逆算して、毎月の負担率を決めます。この負担率は全員共通ですので、独身の40歳以上の人と夫婦共に40歳以上の人も、同じ率で介護保険料を負担することになります。したがって、給料が同額であれば独身者も世帯を持っている人も、同額の介護保険料を負担することになるのです。
    • good
    • 0

本来介護保険料は市区町村にて徴収されるべきものですが健康保険等に加入している第二号被保険者は健康保険料といっしょに徴収されることになっています。


健康保険料(健保法では一般保険料)と同じように介護保険料も額が決まるのです。
(健保法71の2)
第2号被保険者たる(一般)被保険者の保険料=
標準報酬月額x一般保険料率+標準報酬月額x介護保険料率

また介護保険料率は保険者が納付すべき介護納付金の額に応じ決めることが出来ます。
(健保法71の4)
#一般保険料と介護保険料の合わせた料率の限度が決まっています。
法律上人頭割は出来ないことになっています。
#一部表現が間違っているかもしれません...(__;)
では。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主 振込み手数料の領収書

個人事業主で業務委託を受け報酬を受け取ったとき、源泉徴収税10%と振り込み手数料735円が差し引かれて入金されていました。

振り込み手数料が個人事業主もちになっているため、735円分を経費に計上するのですが、この際の領収書はどこから発行してもらったらよいのでしょうか?

 銀行?業務をうけおった会社からでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>業務委託を受け報酬を受け取ったとき、源泉徴収税10%…

源泉徴収されるって、具体的にどんなお仕事でしょうか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>735円分を経費に計上するのですが…

「売上値引」という科目。
財布を抱えて集金に行ったら「少し負けてよ」と言われて負けてあげたのと同じ扱いです。

>この際の領収書はどこから発行してもらったらよいの…

値引きに領収証は必用ありません。

>銀行?…

振込料をあなたが直接支払ったわけではありませんから、銀行は関係ありませんし、仕訳も「支払手数料」ではありません。

>業務委託を受け報酬を受け取ったとき、源泉徴収税10%…

源泉徴収されるって、具体的にどんなお仕事でしょうか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が...続きを読む

Q個人事業主の場合、弊社?

個人事業主の「弊社」にあたる言葉を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

弊舗、弊店、弊所、当○○etcとされれば良いでしょう。

参考URL:http://www.ddart.co.jp/businessletter.html

Q個人事業主の名刺について

教えてください。
事務所を持っていない場合は住所は記入しなくて良いのか、それとも自宅の住所でも記入したほうが良いのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

具体的な職種が知りたいところですが・・・

名刺を渡す目的を考えればいいでしょう。
・名前だけを覚えてもらえばいいのなら、住所は不要です。
・何かあったとき連絡がほしかったり、年賀状等を期待するのなら、住所は必要です。

もっとも、電話番号くらいは記載するでしょうが・・・

Q事業主が行う年末調整処理とは?

同じような質問があったかもしれませんが、質問させてください。
事業主(総務)が行う年末調整処理はどのようなことなのでしょうか?
お恥ずかしい話なのですが、7月末に転職し始めての総務で(前任者は既に退職)処理がよくわからずに困っています。
今までの勤め先では総務の人にやってもらっていたので・・・。
前任者が退職する前にしてくれた説明は、税務署からの用紙を社員に配り、住所・氏名・押印してもらったのち税理士さんに送付すればよい。とのことでした。
処理の概要を知っておきたいので、よろしくお願致します。

Aベストアンサー

給与計算などを外部に委託しているのであれば、その程度で済むと思います。

年末調整というのは、給与に関する所得税の計算です。
毎月の給与から所定の率で計算した税金を天引き(源泉徴収)していますよね? これを1月から12月までの給料の総額に対する税額(正しい税額)を計算しなおして、貰いすぎなら返し、足りなければ追徴する、という仕事です。

その計算のために生命保険料控除、住宅取得控除、扶養家族控除などの書類を提出してもらうわけです。その内容によって、同じ給料でも所得税に違いが生じます。

個人情報を扱いますので、きちんとした処理が必要です。

Q2以上事業所勤務届

2以上事業所勤務届
2つ以上から給料をもらっているもので
役員で、一方(甲欄)には在籍して勤務しており一方(乙欄)
には在籍しておらず給料だけが支払われている場合
2以上事業所勤務届を提出する必要はありますか?

Aベストアンサー

>2以上事業所勤務届を提出する必要はありますか…

それはどこへ出すおつもりですか。
どちらかの会社、あるいは双方の会社がそのように支持されているのなら、出す必要があるとしかいいようがありません。

甲欄とか乙欄とか書かれているので、税金の関係でご心配なのかとも想像しますが、税関系でそのような手続きはありません。
税関係で必要なことは、年が明けてから「確定申告」をするだけです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報