「ヴィン・サント・マルケージ・ディ・フレスコバルディ」というワインです。
新聞に載っておりました。写真を見る限りでは、黄金色をしているので白ワインと思われます。ボトルもとても美しい。
“トスカーナ地方でぶどうを干してから造る。リンゴの蜜・蜂蜜・ナッツの香り。甘味と酸味のバランスが絶妙。”と説明文にはあり、とても美味しそう…ちょっと嘗めてみたいかも!と思ったのですが、どこで手に入るのでしょうか?
「提供・カンティネッタエノテーカピンキオーリ/アクアシティお台場5階」とあったので、その辺にワイン屋さんでもあるのか、と思っていたらレストランでした。
国内で、このワインが手に入るところってどこでしょうか?そしてこのワイン、お値段はどのくらいなのでしょうか?
ちなみに当方「ワインとは葡萄を原材料とするアルコール飲料である(最近はそうでもないですが)」「一般的に、赤が肉料理、白が魚料理に合うといわれている」くらいの知識しか持ち合わせておりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

どうもすみません、我が家にあった[フレスコバルディ社]の裏側ラベルによると、輸入業者は神戸でした。



(有)フードライナー:〒651-0054神戸市中央区野崎通り3-2-13・・・(078-241-0131)

独占輸入の可能性がありますから、直接電話の問合せが確実です。

念のため(FAX:078-241-0132)があります。
    • good
    • 0

フレスコヴァルディ家のワインについて書かれている中で、


一番詳しいのが下のURLですが、サント・マルケージは
出ていません。
私の記憶では、赤いマルケージは飲んだことがありますが?

 
http://allabout.co.jp/gourmet/italiancuisine/clo …

参考URL:http://allabout.co.jp/gourmet/italiancuisine/clo …
    • good
    • 0

エノテカはワインの輸入業者として有名です。

。。
有栖川公園の方にありますから、電話されて行かれたら如何でしょう?

http://www.enoteca.co.jp/

参考URL:http://www.enoteca.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました!
しかし、お教えいただいたHPで目当てのワインを探してみたのですが、見つけられませんでした…やはり問い合わせるなり何なりしたほうがよいのでしょうか…。

お礼日時:2001/10/09 14:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国産で原材料100%蜂蜜について・・・

最近はちみつに興味があります。
ちょっとこだわったストアだと色々な国の蜂蜜を置いているのですが、スーパーでは殆どが安い中国産です。
過去の質問回答にて、中国産の蜂蜜が多いワケは分かったのですが、他の情報で「中間業者が入るほど、薄くなる(混ぜ物が入る)」
と言われているのが蜂蜜なんだそうなんです。

中国産の蜂蜜100%・・・(原材料:はちみつ(中国))は、本当に混ぜ物をしていないんでしょか・・・??
試しに中国産の安っすいものを買ってなめてみたところ、何だか水あめに近い味だな・・・という感じです。匂いは、蜂蜜の「甘~い良い香り」ではなく、「ちょっと蜂蜜クサイかも(クセのある臭い)」といった印象です。
感触も、何だか蜂蜜のねっとりとろり(想像ですが)というより、水にサラッと溶けやすく、粘りが少ない感じです。

これは・・・本当のところは、微量にでも混ぜ物のしてある「シロップ」なのでしょうか・・・??本当のところは、どうなのでしょう??

Aベストアンサー

中国産蜂蜜は危険ですね。

マレーシア保健省は中国製食品のうち、蜂蜜、ナツメヤシの実、海草、果物の缶詰、塩漬け野菜を要注意品目に指定している。
http://www.malaysia-navi.jp/news/070917083340.html

北京市の食品安全弁公室は蜂蜜含有量の少ない蜂蜜製品5種が商店の商品棚から撤収される主要対象となったと発表した。
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/070914/12227.html


我が家では、蜂蜜は「蜂蜜専門店」で買っています。
人工甘味料などの化学調味料を加えた蜂蜜は食べたくないですから、多少高くても信頼の出来る店から買っています。

なぜかと言うと、少し前にあった「偽はちみつ」事件が原因です。
http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/20070514gr09.htm

「純粋はちみつ」のラベルを付けて販売している蜂蜜の内、
規約に反して人工甘味料などの混入が疑われる商品が、
過去7年間で延べ120点、検査対象の約2割に上っていたのです。

蜂蜜は「純粋はちみつ」、「精製はちみつ」、「加糖はちみつ」とわかれている。
まず、精製はちみつは、「はちみつから臭い、色などを取り除いたものとする」となっていろのだが、実際には天然の純粋はちみつには約190種類もの栄養成分が含まれていて、その栄養を抜いてしまったはちみつのことである。
例えば、はちみつに含まれている鉄分などは飲料や製菓に使うと化学反応をおこし製品の色が悪くなってしまうからだ。
ただ、蜂蜜業界として問題なのは、天然のはちみつから精製したものに多くの人工甘味料を加えているものが実際には多い。

そして、問題になった「加糖はちみつ」は本来、純粋なはちみつに加糖した割合を表示しなければならないことになっている。
しかし、業界でも問題になっているのは純粋はちみつに人工的にブドウ糖、果糖を加えたり、水あめなどを加えてあたかも天然の純粋はちみつのようにうたっている業者が多い。

そして消費者にわかりづらいのは、天然のはちみつだけでも価格差は産地や単花はちみつ(1種類の花でとれた蜜)か、雑蜜といって数種類の花でとれた蜜によっても違う。
なのに純粋といって安い価格で販売しているものが純粋はちみつではないって、なぜそんなことをするのか?
と疑問に思われる方も多いと思う。

はちみつは天然の加工をしない健康食品なのだけど、実際蜜蜂が蜜をとり、羽で乾かして数ヶ月たってようやくはちみつになる。
蜜蜂が集めた当初は糖度40度くらいの水のようにさらさらしておりこれが蜜蜂たちが乾かしていくことで栄養成分が凝縮し、約70度~80度のはちみつのあのとろっと、またはブドウ糖が多いと、固まるほどのはちみつになるのである。

そこで、多くの業者は、薄い純粋はちみつに、人工的な甘味料をいれて
糖度をあげたり、水あめを加えて本物のはちみつのように見せかけるのである。
当然、数ヶ月かかるものをさらさらした状態でとりだせば、量はその約10倍程度とれるため価格も安くなり市場競争力もでるので、偽はちみつを販売するのである。

だからまず単純に私は、講演などでも必ずはちみつの見分け方を話すときに、やけに安いはちみつはまず疑ったほうがよいと話している。
どんなに企業努力でも、蜜蜂が1匹で一生かかってとれるのはスプーン1杯なのである。
そんな希少な純粋はちみつだからこそ、取れる量も毎年毎年安定していないし、価格も当然添加されたものより高い。

食品業界も飲料業界も産地や、いろんなものを混ぜて価格をごまかしてきているものは多いがこれからは多くの食品が今回のはちみつのように
消費者がより知識を深めていただくと、われわれのように正直に製品をつくっている会社や本物の商品が評価されていく時代になってほしいと願っている。

http://www.nagomi-tea.co.jp/mt2/archives/2007/05/post_82.html


私は日本産・中国産のどちらも、安い価格で販売している蜂蜜は全て人工甘味料を加えたものだと認識しております。

中国産蜂蜜は危険ですね。

マレーシア保健省は中国製食品のうち、蜂蜜、ナツメヤシの実、海草、果物の缶詰、塩漬け野菜を要注意品目に指定している。
http://www.malaysia-navi.jp/news/070917083340.html

北京市の食品安全弁公室は蜂蜜含有量の少ない蜂蜜製品5種が商店の商品棚から撤収される主要対象となったと発表した。
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/070914/12227.html


我が家では、蜂蜜は「蜂蜜専門店」で買っています。
人工甘味料などの化学調味料を加えた蜂蜜は食べたくないです...続きを読む

Qトマトの酸味を増す方法or酸味のあるトマトの入手法

トマトって結構甘いものか、味があんまりないものはよくあると思うのですが、酸味のきちんとあるもって少なくないですか?普通のスーパーにはあまりないのでしょうか?先日普通に買ってきたトマトは3個パックのうち全部酸味があって、美味しい料理が出来ました。(いつもトマトの酸味が足りないと感じてたんです)

若しくは普通のトマトでも酸味を増す方法ってあるんでしょうか?父が熟したら酸味が出ると言っていましたが、熟したら甘くなると思うのですが。。そういう方法をご存知でしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

桃太郎などの生食用の品種は高糖度、低酸度に品種改良されています。
加熱調理に利用する場合は、調理用トマトのほうが良いでしょう。
数年前から、サンマルツァーノ種などの調理用トマトをスーパーでも見かけるようになりました。

生食用でも、一昔前の主力品種だったファーストトマト(先が少し尖った形)は、酸度が高かったのですが、最近のファーストトマトは甘く改良されているようです。

Qとある葡萄(ぶどう)を探しています、この葡萄の名前を教えて下さい

形はラグビーボールみたいな形をしています。
色は黄緑色です。
皮ごと食べられます。
種はあったりなかったりしていたような気がします。

これに当てはまる葡萄を探しています。
この葡萄の名前は何というのでしょうか?

Aベストアンサー

ロザリオ・ビアンコかピッテロ・ビアンコではないでしょうか。

参考URL:http://yokohama.cool.ne.jp/vineyard1040/Hinsyu.htm

Q【スーパーフードの】タイガーナッツってなんですか? ナッツの種類にタイガーっていう品種があるんです

【スーパーフードの】タイガーナッツってなんですか?

ナッツの種類にタイガーっていう品種があるんですか?

アーモンドみたいに?

何の種ですか?

なぜ急にタイガーナッツなるナッツが登場したんですか?

新しい品種?新たにどこかの山奥から見つかった?

Aベストアンサー

タイガーナッツは、ナッツではありません!

タイガーナッツはカヤツリグサの塊茎(カイケイ)で野菜のなかまです。

200万年以上も前、アフリカでは、主要な食料であったという記録があります。

タイガーナッツは豊富な食物繊維と栄養のカタマリです。
スペインでは600年以上も前からタイガーナッツから作る
Horchata de Chufa(Chufa=TigerNuts)オルチャータデチュファと呼ばれる、
それはそれはクリーミィで天然のやさしい甘さとコクのある飲み物があります。

スペイン人にとって愛して止まない、国民的飲み物です。
このように古くから食されてきた歴史あるタイガーナッツは、
近年改めて世界が注目したスーパーフードです。

http://tigernuts.co.jp/tigernuts/

Q料理の白ワイン・赤ワイン

料理の白ワイン・赤ワイン

料理で使う、白ワイン・赤ワインって具体的にどういったものを買ったら良いんでしょう?

飲む用のとは違うのでしょうか?

また、普通の家庭では幾らくらいのものを使うものですか?

Aベストアンサー

某ホテルのソムリエです。

料理人なら自分の味を出す為に色々とこだわりがあるのかもしれませんが、
色んな料理の味を見ながらそれに合う飲料物を考えるソムリエ的な見方をすれば、
家庭で作る料理ならどんなワインでも問題ないです。

ワインは基本的に高級になるにつれて風味と土壌からくる個性が強くなります。
なので高級ワインを使えば風味や濃縮感が強くなりますが、調理によって個性はほぼ飛ばされます。

そして安い物でもワイン自体の風味や味わいはあるので、ワインを使った意味のある料理ができます。

レストランやホテルで使われる食材の様に高級で食材自体にパワーがあり、料理人の個性を
出すような料理ならそれに合ったワインが必要になってくるのです。
でも、それでさえそんなに高いワインは必要ありません。せいぜいワンランク上か有名生産地の
ワインやブドウ品種を考えて使うぐらいです。
実際に高級ワインを使っている料理人はほぼいません。
料理の付加価値を高めるために無理やり高いワインを使ってそれを料理名に出す場合以外は
使いません。

家庭で使う様な食材やちょっと豪華に作りたいと言う感じなら安いワインでも
充分美味しく作れますので変に高いワインは必要ないと思います。

フランスワインなら【vin de table】
イタリアワインなら【vino da tavola】とラベルの下の方に書かれている物で充分です。
所謂、テーブルワインです。

色を強く出したい時や風味が比較的強い物が良い時は、カベルネ・ソーヴィニヨンを
使ったワインが良いと思います。ラベルに【cabernet sauvignon】と書かれたワインです。
ただ、ブドウ品種を明記しているワインは少しだけ値段が上がります。

【vin de table】を使う場合はフランスワインを使うのが良いと思います。
フランスはワイン法が細かいので安いワインでもそれなりの造りになっているので
ハズレを引きにくいですし、安いなりに濃縮感がある産地なので。。。

料理用のワインは特に何の変哲もないワインで充分と言う事と、飲み残しのワインでも
問題ないです。

某ホテルのソムリエです。

料理人なら自分の味を出す為に色々とこだわりがあるのかもしれませんが、
色んな料理の味を見ながらそれに合う飲料物を考えるソムリエ的な見方をすれば、
家庭で作る料理ならどんなワインでも問題ないです。

ワインは基本的に高級になるにつれて風味と土壌からくる個性が強くなります。
なので高級ワインを使えば風味や濃縮感が強くなりますが、調理によって個性はほぼ飛ばされます。

そして安い物でもワイン自体の風味や味わいはあるので、ワインを使った意味のある料理ができます。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報