日本テレコムを1株持っていますが、TOBになりました。この場合のメリット、デメリットが知りたいのですが?また今後どのような状況が考えられるのでしょうか。

A 回答 (1件)

昨年だったかに有った日本アムウェイのように、本国の親会社からTOBを受けた結果日本での株の公開が廃止される、というような展開ではありませんよね?


それなら、買い付け価額で十分に儲かっているのなら売ってしまうのも良いし、まだ将来性が有ると判断したり、売却が不利な状況なら持ち続けるのも良いし。その辺はご自分で判断されれば良いと思います。
 もっと、ご自身で日本テレコムやその買収先に付いて調べてはどうでしょう。いざという時には証券会社の担当に調べてもらうことも、当然出来ますし(ネット取引をしている時にはそうも行きませんが)。差し当たりヤフー掲示板でも読んでみては如何ですか?

参考URL:http://messages1.yahoo.co.jp/bbs?action=topics&b …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式を企業が公開するメリットデメリットを教えて下さい!また、投資家のメリットを教えてください!

株式を企業が公開するメリットデメリットを教えて下さい!また、投資家のメリットを教えてください!

Aベストアンサー

企業のメリット
信用されたら、発行した紙屑で換金できます。
デメリット
下手すると、一回の換金できます。2回目以降、倒産など(信用失い)
個人投資は売買できる。運良ければ儲ける

QTOBされたクラリオン株を持っているのですが

クラリオン株をかなり前から所有しています。日立製作所によるTOBが先日発表されています。TOBの価格は230円。当方の取得単価はそれよりも高く、TOBで売却すると損出が確定してしまいます。

TOBに関しての案内文がクラリオンより郵送されてきているのですが、その中で以下のような記載がありました。
「株券上場の廃止基準に接触する可能性が生じるが、本TOBは上場廃止を意図するものではないので、上場廃止基準に接触した場合は、クラリオン株式の上場を維持するために日立は最大限努力する。」、にも係わらず「上場廃止を回避できない場合は株主保護のため必要な措置を講ずるものとする。具体的な措置内容については、TOBの結果を踏まえて検討する。」

過去、TOBによって同様な事例があれば、TOB後にどのようになったかを考えて、持ち株継続か、TOBに応募するかを考えたいと思いますので、参考事例があれば教えてください。

Aベストアンサー

事例は

TOB後に上場維持基準に該当しなくなり上場廃止

他の可能性としては、(具体的な措置内容)
東証1部より基準のゆるやかな
ジャスタックに鞍替えする

上場廃止後、買取希望者に日立がTOB価格で買取をする

くらいでしょうね

Q加ト吉の株を持っていますがTOBに応じたほうがいいのでしょうか?

加ト吉の株を持っているのですが
TOBに応じたほうがいいのでしょうか
私は何年も前に購入したので
TOB価格の710円より高い750円で購入したので
TOBに応じてもはっきり言って損になります
もし応じずに株を持ち続けるとどうなるのでしょうか
どなたかお教えください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

JTは加ト吉の株式100%の取得を目指しています。
まずTOBへの応募が3分の2に満たない場合は、TOBそのものが中止になります。(この可能性は少ないでしょう)
3分の2以上取得できても100%取得できない場合は、加ト吉の普通株式とは別の種類の株式を発行して、その株式と交換になるようです。
その新株と交換してもらっても配当があるのかどうか不明ですし、上場は廃止されますので売却も出来なくなります。
市場で売ってしまうのが良いと思います。

Qバリュー株のメリット・デメリットを教えて!

これから株をはじめようとするサラリーマンです。
以前友人から「バリュー株投資」がおすすめと聞いたのですが、一般的な株式投資と比較して、メリット・デメリットを教えてください。

Aベストアンサー

私もどちらかというとバリュー投資派です。バリュー投資の特徴は#1さんが簡潔に回答されており私もその通りと思います。

現在のような強気相場において、バリュー株はなかなか株価が上がらずイライラするのも大きな特徴です。それだけ忍耐力が要求されると思っています。(よその人が莫大な利益を上げているのを横目で見ながらじっと耐えるのは結構つらいです)


でも株価がいつまでも右肩上がりでどんどん上昇するとも考えにくいのできっといつかは下落する局面を迎えます。こういうとき人気で売買されていた「割高株」は上昇するのと同じくらい下落するのも早いです。

現状ですと人気株のスイングトレードの方が利益はあがると思います。しかし、数年間のスパンで見れば株式は山あり、谷ありですからバリュー株の威力が発揮されると考えています。(どちらがいい悪いでなく、質問者さんがどのような考えで株式投資に取り組まれるかでおのずと回答が出てくると思います。)

QTOB成立後の全株取得における金銭

ある会社AをBがTOBしています。
全株取得を目指し成立後種類株式会社に変更し売らなかった既存の株主に株式交換させて強制的に全株取得します。
その後TOBに賛同しなかった者に金銭での支払いをします。

そこで伺いたいのですが
株式交換が行われ強制買取となったとき、通常(おおよそ)TOBの
価格と同じ価格で買い取るものなのでしょうか。それとも整理ポストの価格に鞘よせし目減りするものでしょうか。
また会社側に買い取られる場合、何らかの手数料はかかるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

TOBに応じず・・・・
会社に強制買取が安いので裁判している事例もありますので・・・

会社側に買い取られる場合、何らかの手数料はかかるものなのでしょうか。

通常は買い付け代理人に手数料が発生します
通常は買収会社の負担ですので手数料は発生しません


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報