肝炎やエイズに感染している人の血液が
どこかについた場合 じかんがたつとかわきますよね!
それはどのくらいふけばよいのでしょうか?
たとえば ふいたつもりでもウィルスがのこっていたりすると たまたまそこを触った場合手にウィルスがついて
また 違う所を触ったらそのウィルスがそこについて
となるのでしょうか?
肝炎を持った家族と同居しているのですが
どこまでどうしたらよいか さっぱりわかりません。
手から手へウィルスというものは移動するのですか?
どなたかよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

まずB型肝炎についてお話すると、一般の日常生活でB型肝炎のキャリアーからの家族内感染が起こるのは、母子感染と性行為感染のみといっても過言ではありません。

ただし、血液の付着したものについては十分な注意が必要で、他人が直接血液に触れないようにしなければなりません。もちろん感染が成立するためにはある程度以上の量の血液に汚染されることが必要であり、少量の血液が皮膚に付着した程度では感染することはありません。

経口感染するためには、血液に入って感染する数十倍のウイルス量が必要といわれており、食品や入浴などを介して感染することはないと考えられています。ただ、子供に口移しで子供に食べさせたり、カミソリや歯ブラシを共用するのは避けた方がよいでしょう。

さて、乾燥血による感染についてですが、B型肝炎のウイルスで汚染されたシーツやガーゼなどの乾燥血からB型肝炎の感染が起こったという報告はありません。実験的なデータなら一週間乾燥させたあと、チンパンジーに接種して感染を成立させたという報告はありますが、日常生活では一般的な注意で十分です。

また、薬品や加熱による消毒をしなくても流水による洗浄だけでも十分に感染力をなくすことはできます。
拭ける場所はよく拭き、流水で洗い流せる場所はよく洗い流すことで普通は十分です。血液が付着した布などはできれば処分することが望ましいですが、処分できないときは加熱処理をします。B型肝炎のガイドラインによると100度 15分の加熱で感染性は全くなくなるとされています。

C型肝炎やエイズの場合は、B型肝炎より感染力が弱いので、B型肝炎に準じれば十分です。

この回答への補足

例えば手のひらがただれている(傷になっりかさぶたになっていて)てであちらこちら触った場合 乾いた血の中のウィルスが あちらこちらにつくということはありますか?目に見えない程度の血ならばだいじょうぶなのでしょうか?すみません よろしくお願い致します。

補足日時:2001/10/04 16:35
    • good
    • 0

補足させていただきます。


完全にかさぶたになっている状態では、そこにウイルスは存在しないと考えてもよいと思いますが、傷がまだ乾いた状態でないときは、少量の血液が存在している可能性があると思います。
感染性については、ウイルスの量によって異なりますので、キャリアーの方の血液にHBe抗体が出来ているかどうかがとても重要です。これが出来ていると血液中のウイルス量は激減しますので、感染する確率もかなり下がります。
いずれにしても、血液の扱いには十分な注意が必要ですが、傷のない皮膚からウイルスが侵入することはありませんし、経口感染の可能性も極めて少ないと思いますので、日常生活であまり神経質になる必要はないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB型肝炎ウィルスキャリア=慢性B型肝炎?

家族がB型肝炎ウィルスキャリアです。
定期的に血液検査に通っていますが、ウィルス量も少なく肝臓の数値も異常がなく安定しているので治療の必要はない、悪化の心配もないといわれております。

医師から慢性B型肝炎との診断は受けていませんが、キャリアであれば、症状がなくても慢性B型肝炎と判断されるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の場合、質問者のご家族と同じ状況です。数値が安定しており特別に治療の必要はないわけですが、ただそうでない人よりは、肝炎や肝硬変などの病気に掛かる確率が多いと、専門医から聞いております。
よって、定期的に血液検査や、エコー検査を受けていますが、
基本的に普通の生活をしています。 大丈夫です!。

質問の回答とすると、慢性B型肝炎とは判断されないと思います。

あとご家族への注意ですが、血液感染という可能性も考えられるので、血液の付着したもの(しそうなもの・・髭剃りなど生活用品含む)の
取り扱いをきちんと処理する と聞いたことがありますので参考まで。

QB型肝炎について 教えて下さい。父親が 母子感染のB型肝炎ウィルスキャリアの場合、生活する上で 子

B型肝炎について 教えて下さい。
父親が 母子感染のB型肝炎ウィルスキャリアの場合、生活する上で 子供たちが気を付けなければないないことはありますか?

Aベストアンサー

あまり深く考えなくてもいいと思います。
ただ、お父さんキャリアなのなら、
発病しないように、定期的な通院必要ですね!
普通の人より、肝硬変・ガンになる確率が高いので、定期的な検査は必要だと思います。

Q40代B型肝炎キャリアとバラクルードと恋愛 B型肝炎のキャリアで、3ヶ月前に慢性肝炎に発症してしま

40代B型肝炎キャリアとバラクルードと恋愛

B型肝炎のキャリアで、3ヶ月前に慢性肝炎に発症してしまい、ALT.ASLが両方とも40超えていたので今はバラクルードで治療中です。
ただ、バラクルードとの相性が合わないのかアレルギーが出るのでザイザルと一緒にのんでますが、数値が飲み始めて2ヶ月後に倍に上がり、昨日の検査ではALT.ASL両方が160位に跳ね上がっていました。先生も若く迷い迷いの処方をしている様子です。
来週の採血の結果で治療法を変えるか入院するか決めましょうとのことですが、バラクルードを飲んでからウィルスは減ったのですが、肝臓自体が悪くなってます。そのような事例を知っている方がいたら教えて下さい。

また私はシングルの為パートナーは居ません。
親とも疎遠で、頼るは子供ですがなかなかそうもいかないのが現実です。
恋愛もB型キャリアがある為なかなか踏み込めず残念しています。まだまだ偏見を持たれる病気なのでカミングアウトできず付き合う前にサヨナラします。
同じ様な境遇の方がいらしたらご意見お願いします。

Aベストアンサー

バラクルード自体に肝障害の副作用があるので、
1.ザイザルをやめてもAST/ALTが増加するならバラクルード自体の副作用ですから、ラミブジン+アデホビルの投与を検討するしかないでしょう。
2.ザイザルをやめてAST/ALTが改善するなら、アレルギー症状が我慢するか、他の系統の薬(アレルギーの内容次第)を試みるしかないでしょう。

QB型肝炎ウィルス感染、30年近く前の検査の信頼性は?

以前にも、B型肝炎ウィルスが体内から消えることがあるのか質問した事があります。
改めて、宜しくお願いします。

私は1歳の頃にした検査でB型肝炎ウィルスに感染していると、母から聞いていました。
現在、妊娠をしているので、最近病院で検査をしたらなぜか陰性でした。
お医者さんにも再確認し、検査を2度してもらいましたが陰性。「ウィルスは消えていますね」と言われました。

そこで質問です。
私が検査したのは今から27年程前です。地元の大学病院でした。
この頃の検査の信頼性はどうなのでしょうか?そもそも私は感染していなかったのではないか??
…というのも、この頃上の兄弟が病気になり、検査をしたらB型肝炎ウィルスに感染していて、家族全員も調べたところ、母と私も感染しているといわれました。
だから母子感染でしょう、と。
しかし、母も同様にB型ウィルスは消えていると10年ほど前にわかっています。今現在もウィルスを持っているのは兄だけ。
つまり、実は私と母の検査結果は間違いで、兄が輸血をした際に感染したのではないか、と疑念を抱いているのです。
今となっては調べようもない事ですが、こういう事は有り得るのか気になっています。
専門家の方、経験者の方いらっしゃいましたらアドバイスをください。

以前にも、B型肝炎ウィルスが体内から消えることがあるのか質問した事があります。
改めて、宜しくお願いします。

私は1歳の頃にした検査でB型肝炎ウィルスに感染していると、母から聞いていました。
現在、妊娠をしているので、最近病院で検査をしたらなぜか陰性でした。
お医者さんにも再確認し、検査を2度してもらいましたが陰性。「ウィルスは消えていますね」と言われました。

そこで質問です。
私が検査したのは今から27年程前です。地元の大学病院でした。
この頃の検査の信頼性はどうなの...続きを読む

Aベストアンサー

私の叔父が今、B型肝炎と闘病中です。
発症は約10年程前だったのです。今は肝硬変にまで進行してしまい、食事制限はもちろん、運動、仕事にまで制限がされております。
叔父は50代半ばで、戦後の生まれもあってか、この様な事になってしまったのだと思います(つまり約50年程前の話になります)。
基本的にB型肝炎は垂直感染(母子感染)で、出産時の母親の血液にまみれて感染します。
潜伏期は数十年と非常に長く、一度発症してしまうと治療には膨大な時間、医療費がかかります。
現在は産後直後に新生児には予防接種が行われるため、この様なことにはならないのですけどね。
話が変わりますが、私は約30年前に血液型判定でABと判定されましたが、10年前に献血を行った際にA型と判定されました。
時代がかぶるのでこの様な話題をさせて頂きましたが、何が言いたいかといいますと、昔はその様な判定を行うための診断キットがない/判定が甘い(断定ではありません)可能性もあったかと思います。
もし、ご心配されておられるのでしたら、一度病院で判定されてみられたらいかがでしょうか。
現代の判定でしたらかなり高い確率で判定結果が出ます。
昔は血液を元にした判定でしたが、今はPCRという手法を用いたDNA判定に切り替わっている施設も多いので、(一回でも問題ないと思いますが)二回判定されてどちらとも同じ結果であればまず間違いないでしょう。
ただ、この判定は「治療」の行為ではないため、保険適用がなされないと思います。よって結構コストは高いと思います。
ご参考になれば幸いに思います。

私の叔父が今、B型肝炎と闘病中です。
発症は約10年程前だったのです。今は肝硬変にまで進行してしまい、食事制限はもちろん、運動、仕事にまで制限がされております。
叔父は50代半ばで、戦後の生まれもあってか、この様な事になってしまったのだと思います(つまり約50年程前の話になります)。
基本的にB型肝炎は垂直感染(母子感染)で、出産時の母親の血液にまみれて感染します。
潜伏期は数十年と非常に長く、一度発症してしまうと治療には膨大な時間、医療費がかかります。
現在は産後直後に新生児には予...続きを読む

QB型肝炎ウィルスのキャリアー

こんにちは。
私は、つい最近母子感染による「B型肝炎ウィルス」のキャリアーだということを知りました。
結婚が決まり、母に相談したところ打ち明けられました。
この20数年間ずっと言えずに、一人で苦しんでいたそうです。
打ち明けられたときは、B型肝炎が実際どのような病気なのかもわからず
ただ泣いて詫びる母に「大丈夫だから!」と声を掛けることしか考えられませんでしたが
今、自分で調べて、将来、肝硬変や肝臓ガンになる確立が高いということにショックを受けています。

そして、5年間交際してきて来年結婚が決まった彼にも打ち明けなければいけません。
いまのところ、私自身、血液検査の結果は正常で、彼からも会社の健康診断結果は正常だと聞いています。でも、もしかしたら私が知らない間に、彼にB型肝炎ウィルスを移してしまったかもしれません。将来、発病するかもしれない、長く生きられないかもしれない。私が妊娠したら、母子感染してしまうかもしれない(←可能性はゼロではありませんし)
とにかく、今まで何も知らなかったので不安でいっぱいです。
日常生活で注意することは、ハブラシ・剃刀の共用はしない。性交渉はコンドームを使用する・・・等インターネットで調べました。
定期的に血液検査をすることも。

私がキャリアーだということは、彼に打ち明けてダメと言われれば結婚はできません。
もし、彼が理解してくれた場合。
これからの人生でなるべく発病しないために、日常の食生活等で注意できることがありましたら教えてください。
私の母はとにかく食べ物に気を使っていました。
また、私はお酒も好きなのでたまに飲みます。量は多くはないのですが、やはり肝臓への負担を考えるとお酒は控えたほうがよいのでしょうか?
それと、ストレスや働きすぎによる疲労などは?
避けたほうがよい食品などありましたら教えてください。

宜しくお願いします。

こんにちは。
私は、つい最近母子感染による「B型肝炎ウィルス」のキャリアーだということを知りました。
結婚が決まり、母に相談したところ打ち明けられました。
この20数年間ずっと言えずに、一人で苦しんでいたそうです。
打ち明けられたときは、B型肝炎が実際どのような病気なのかもわからず
ただ泣いて詫びる母に「大丈夫だから!」と声を掛けることしか考えられませんでしたが
今、自分で調べて、将来、肝硬変や肝臓ガンになる確立が高いということにショックを受けています。

そして、5年間...続きを読む

Aベストアンサー

一部補足します。
HBV(B肝炎ウイルス)ワクチンとガンマグロブリンを使用したHBVによる母子感染の防止に対しては1998年より保険医療が認められています。これにより限りなくお子さんへの感染は0になると考えてください。このHBVワクチンは、HBVウイルス(-)の患者さんに対して免疫をつけるために投与をします。

一方既にHBVによる慢性肝障害がある方に対して、HBVワクチンを投与して後に30%位の患者さんでHBVDNAが消失した報告がありますが、まだ全体のコンセンサスを得てはいません。
インターフェロン治療、ラミブジンともキャリアーの方のような現在肝機能が動いていない人には投与を原則的には行いません。その理由は、せっかく安定している肝機能が、これらの薬剤によって活動が始まる事があるからです。同じように、HBVワクチン投与もキャリアーの方にはまだ一般治療とはなっていません。

>私がキャリアーだということは、彼に打ち明けてダメと言われれば結婚はできません。
婚約者の方も最初は混乱するかもしれません。一度は専門家に同席をしてもらって、誤解や偏見があればといてもらって下さい。

HBVによる慢性肝障害は、定期的な血液検査、超音波検査が非常に大切です。youchankoさんもそうですが、お母様ご自分もウイルス保持者だと思います。お母様にも定期的な検査を必ず受けるようにお話ください。今後この分野の研究の進歩はかなり期待できると思ってください。将来的には確率の高いウイルス駆除方法も出来ると思います。

HBVキャリアーである事はyouchankoさんにとって楽しいことではありませんが、将来的な危険が早めに分かり、それに対応できる準備が事前に出来ると考えてください。今でも事前に予測できない病気がたくさんあるのですから。

一部補足します。
HBV(B肝炎ウイルス)ワクチンとガンマグロブリンを使用したHBVによる母子感染の防止に対しては1998年より保険医療が認められています。これにより限りなくお子さんへの感染は0になると考えてください。このHBVワクチンは、HBVウイルス(-)の患者さんに対して免疫をつけるために投与をします。

一方既にHBVによる慢性肝障害がある方に対して、HBVワクチンを投与して後に30%位の患者さんでHBVDNAが消失した報告がありますが、まだ全体のコンセンサスを得てはいません。
インターフェ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報