電気の流れる接着剤ってありますか?
接着するものはゴムなのですが?
どなたかよろしくお願いします。

A 回答 (1件)

>電気の流れる接着剤ってありますか?



あります。
ドータイトという黒色の接着剤です。
でも、あまり接着力が強くなかったしゴムの接着には向かない気がします。

理科の実験か何かのサイトで通販してました。
1,200円くらいでした。

ボタン電池にタブを付けるのに使用しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

大変助かります。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 21:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qつけまつげの接着剤があわない

最近つけまつげの使用頻度が高くなってほとんど毎日するように
なったのですが、接着剤にアレルギー反応?のようなものが出てしまいました。
つけてから半日もたつとかゆくなって、まつげがついていたラインが
赤くなってしまっています。接着剤を付属だったものからソニプラでかったものに変えたんですが同じ状態になってしまいました。
その後1週間くらいまつげをしないでおくと治るのですが・・・

接着剤タイプのつけまつげは合わない体質なのでしょうか?
2つの接着剤しか使ったことないですが、どれ使っても接着剤は
同じでしょうか?

Aベストアンサー

お肌に合わなかったのかもしれませんね。
アイプチは試されましたか?
プロはつけまつげの接着剤にアイプチを使用します。
また、接着剤の使用量も少なめに、
手の甲に出した剤に、点でチョンチョンとつける程度が良いです。
ご参考になれば嬉しいです。

Qどなたかよろしくお願いします。

質問は、次の二つです。
(1)0.01mol/l硝酸銀溶液500mlには、0.85gの硝酸銀が含まれていますか?

(2)0.01mol/l硝酸銀溶液500ml中に含まれる銀を全て塩化銀にするにはどのくらいの塩化ナトリウムが必要ですか? 
(AgNO3 + NaCl → AgCl + NaNO3 という式を見たので硝酸銀を同じ質量(0.85g)の塩化ナトリウムがあればよいのかなと・・・。)

ご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

チェ・ホンマンとHey Say Jump の知念君の身長・体重が違う
ように、物質の分子1つ1つも質量が違います。
たとえば、チェ・ホンマンは100mに46人はいりますが、
知念君は65人入ります。

原子1個の質量は原子量という相対的な質量で計り、
これは周期表などに全て記載されています。
また、分子に含まれる全ての原子量の合計を分子量(式量)と
いい、分子の数を求めるときの基準になります。

原子や分子の個数を比較するのに物質量という値を用い、
この単位がmolです。これは質量を分子量で割ったもので、
物質量の値が同じならば同じ個数の分子があります。
例えば、H2Oは分子量1×2+16=18なので、18gで
1molとなり、9gでは0.5molです。
ちなみに、1モルに含まれる分子は6.0×10^23個になります。

H=1.0 N=14 O=16 Na=23 Cl=35.5 Ag=108
従って、AgNO3=108+14+16×3=170
ですから、AgNO3の物質量は0.85/170=0.005(mol)

反応式より、NaClも0.005mol必要になります。
NaCl=23+35.5=58.5
NaClは1molで58.5になりますので、0.005(mol)では
58.5×0.005=0.2925
で、約0.29となります。

チェ・ホンマンとHey Say Jump の知念君の身長・体重が違う
ように、物質の分子1つ1つも質量が違います。
たとえば、チェ・ホンマンは100mに46人はいりますが、
知念君は65人入ります。

原子1個の質量は原子量という相対的な質量で計り、
これは周期表などに全て記載されています。
また、分子に含まれる全ての原子量の合計を分子量(式量)と
いい、分子の数を求めるときの基準になります。

原子や分子の個数を比較するのに物質量という値を用い、
この単位がmolです。これは質量を分子量で割...続きを読む

Q天然石をスタッドピアスにつけるのにおすすめの接着剤

こんにちは。

先日、ピアスの穴が塞がらないように
寝る時やお風呂なども邪魔にならないつけっぱなしでいられる
シンプルなピアスをウェブショップで注文しました。
チタン素材で3mm玉の天然石(水晶やローズクォーツなど)が付いたスタッドピアスです。
ぶらさがったりするデザインではなく、
ファーストピアス等と同じ耳に天然石が直接ついているようなデザインのやつです。

ですが口コミに石が取れやすい、すぐ取れたという意見がたくさんあります。
それでも気に入ったので取れても自分で接着剤でつければいいかと購入したのですが、
よく考えたら、素人の私が全く接着剤をはみ出さずキレイに接着できるとも思えないし、
ピアスってずっと肌に触れている物だから接着剤も肌に触れることになって良くないのでは・・・と思いました。
しかも塞がるの対策用なので基本つけっぱなしです。
考えすぎかもしれませんが接着剤成分が汗などで溶け出て
金属アレルギーの原因になったりしないかな・・・と考えてしまいます;;
触れるのは乾いた接着剤だから気にしなくてもいいのかな?

チタンのスタッドピアス(皿付ポスト)に天然石を曇らせずにしっかり接着でき、
肌にも安心な接着剤ってありますでしょうか?

調べたところ「セメダインのスーパーX」がしっかり接着できて良いという意見があったのですが、
こちらは肌に心配はないでしょうか?

こんにちは。

先日、ピアスの穴が塞がらないように
寝る時やお風呂なども邪魔にならないつけっぱなしでいられる
シンプルなピアスをウェブショップで注文しました。
チタン素材で3mm玉の天然石(水晶やローズクォーツなど)が付いたスタッドピアスです。
ぶらさがったりするデザインではなく、
ファーストピアス等と同じ耳に天然石が直接ついているようなデザインのやつです。

ですが口コミに石が取れやすい、すぐ取れたという意見がたくさんあります。
それでも気に入ったので取れても自分で接着剤...続きを読む

Aベストアンサー

接着剤はA剤とB剤を混ぜて使うエポキシ系樹脂・化学反応形接着剤の硬化後
、透明になるのがいいです。接着してはみ出した場合は接着剤が固まる前に
はみ出したのをティッシュなどで拭き取り、接着剤が固まってからティッシュなどにアルコール(エタノール)を染み込ませたので接着剤の拭き取り跡を拭けばキレイになります。ただしアルコールに弱い(?)石の場合はだめです。(たとえば琥珀。)
 接着しようとする石の形状がわかりませんが、たとえば穴のあいた石を
接着する場合は、石の穴に対して接着するピアスの線部分があまりにも細かったり短かったりすると石がとれやすいです。また皿部分も石とのバランスがありますがなるべく大きい方が接着面が多くなり取れにくいです。
 透明の石の場合は透けて接着面が見えてしまいますが…。
 長文、失礼しました。

Q水には電気が流れる?流れない?

基本的な質問ですが、よろしくお願い致します。

中学の理科では水の電気分解はうすいNaOH水溶液で実験します。
これは、純水だとイオンが存在しない(非常に少ない)ため、
電流が流れないからですよね。

しかし、水に濡れた手で電気製品やコンセントを触ると感電します。

そこで、質問です。
「水は電気が流れるのですか?流れないのですか?」

手に付いている水は純水でなく、イオンが存在しているから
流れるのではないかと考えています。

この考え方で合っていますか?
また、合っているとしたら、手に付いている水(水道水)の
イオン濃度はどの程度でどのくらい電流を流すのでしょうか?

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

純水でも電気は流れます.
水は,わずかながら次の式のように電離しています.
H2O → H+ + OH-
このわずかな両イオンが電気を伝えるのです.
http://www.espec.co.jp/env-test/e-seminar/basic/basic1-2.html
しかし,電気伝導度は非常に低いです.
http://reefaqua.com/tips/jundo.html

一方,水道水などでは,電解質(NaClなど)が含まれていますので,
純水と比較すると電気伝導度は高くなります.
http://www.mmm.muroran-it.ac.jp/~msakai/corrosion/moundless5.htm

イオン濃度がどのぐらいで電流を流すのか,というのは,
明確な区別はありません.入っていればいるほど,たくさん流れる,
というのが答えですね.

Q液に漬けても剥がれない接着剤を教えて下さい。

ビーカーの内壁などにものを接着剤で半永久的に貼り付けたいのですが、
水に濡れても簡単に剥がれない接着剤を教えて頂けないでしょうか?

接着剤の中では王道のエポキシ接着剤のアラルダイトは試してみたのですが、すぐには剥がれませんでしたが、数日間使用しているうちに剥がれてしまいました。
もっと耐水性があって、ガラスによくなじむ接着剤を教えて下さい。

Aベストアンサー

セメダインスーパーXなど如何ですか?
硬化後も弾力がありしかも溶剤が無いという優れもの。

色は透明と白と黒の三種類がありまして私は趣味や仕事に頻繁に使いますが期待を裏切られた事は一度もありません。
ただし水の中での使用は経験が有りません。

http://www.maruya-t.co.jp/products/cemedine/super-xk.htm

Q界面活性剤のちがいについて 様々な化学物質に界面活性剤の役割をするものがあると思うのですが、それぞ

界面活性剤のちがいについて

様々な化学物質に界面活性剤の役割をするものがあると思うのですが、それぞれに違いなどはあるのでしょうか?

例えばアルキルアミンオキシドやポリオキシエチレンアルキルエーテルは2つとも界面活性剤の機能を持っていますが、この2つに効能などの違いはあるのですか?

Aベストアンサー

違いはあると思いますが、具体的に答えるのはむつかしい。少なくとも前者にはN→Oという特殊な結合があり、後者には窒素は含まれて居ない。両者ともアルキルという一般名で側鎖が表わされているので、化合物群になってしまう。このアルキル基は多分直鎖でさらに長い、すると生物の脂質二重膜に潜り込み、場合によっては膜を溶かし、毒性もあるかも知れない。

Qつけまつげの接着剤

つけまつげの接着剤についてなんですが、
専用の接着剤はすぐ剥がれてしまうので、
アイプチでやるといいと聞きました。

最近つけまつげ売り場で、
黒い接着剤も販売している様ですが、
そっちの方が自然なんでしょうか?
つけまつげ専用の接着剤だから
これもまたツキが悪いのでしょうか?

Aベストアンサー

友達が黒色のまつ毛用接着剤を使用していましたが、白い物よりも接着部分が目立たず、自然に仕上がっていました。
でもやはり持ちは悪いみたいで、何回か接着剤を付け直していました。。

Qゴムとプラスティックを接着したいのですが

スポーツ用ゴーグルの鼻の部分がよく外れるので接着剤で固定したいのですが、鼻に当たる部分がゴムでメガネに固定する部分がプラスチックです。
いままでに何度か試しましたが上手くいきません。
どのような接着剤を使えば良いのでしょうか?
または他の方法により固定することはできるのでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

ゴム系なら通常コニシボンドG17ですが、
http://www.bond.co.jp/bond/diy/pop_detail.php?detailno=171315520
上でダメなら
コニシボンドウルトラ多用途S・U
http://www.bond.co.jp/bond/diy/pop_detail.php?detailno=144102110
質問者さんのパーツの材質と相性が良いかどうかは使ってみなければわかりませんが、似たような材質を接着した経験ではこれが一番でした。
鼻当ては、使用することで繰り返し変形することと汗などがつきやすくて、剥がれやすいと思います。
コニシボンドウルトラ多用途S・Uでも、剥がれないことは無いと思いますが、サイクルは長くなると思います。
私は、よく似たサングラスを持っていましたが、その鼻当てゴムは、接着ではなく、物理的に結合されていました。
質問者さんの形状だと、ゴムに入れる突起をもう少し太くすると抜けにくくなるように思います。

Q組み立て家具の接着剤

自分で組み立てる家具のことなのですが、以前私が購入したものは、ネジと接着剤で組み立てるものでした。
数ヶ月使用していると接着剤をつけた所がはずれ、機能を果たさなくなりました。私の組み立て方が悪かったのか、組み立て家具は、そのようなものとあきらめるしかないのでしょうか。添付の接着剤ではなく、瞬間接着剤のような接着剤を使用したらよいのでしょうか。
学習机を通販で購入し、まだ組み立ててはいないのですが、また、同じように接着剤を使用するものでした。
子供はデザイン的にすごく気に入っています。返品できる期間が限られているので、どうしたらよいか、困っています。どなたかアドバイス下さい。

Aベストアンサー

私は、自分で木工細工をしますが、その時木ネジと接着剤の併用をする時が有りますが、十分な接着面は、後から剥そうとすると、木が剥がれる位になります。

接着剤は、木工なので、ボンド(木工用)を使用します。
接着は、接着面をいかに密着し、その状態で接着剤を固めるかで接着強度が決まります。

 接着面の凹凸を無くし(組み立て家具では必要ないかも?)、接着剤を少し多め(密着した時にはみ出てくる位)に塗布し、木ネジ又はバイスなどで密着固定し、はみ出た接着剤をふき取り、完全に乾くまで動かさない。
 これで十分な接着強度が得られると思うのですが?
 端材などが有れば、練習してみてはいかがでしょうか?

 瞬間接着剤は、ボンド以上に接着面の平面性が要求される上に、木自体に吸収されるので、ゼリー状の製品が必要になると思います。
私は、木の接着に瞬間接着剤を使用した事が有りません。

 完成品の家具も、現在は、接着剤が多く使用されていますから、接着のしかたで、良い物が出来ると思います。
 お子さんが気に入っているのであれば、がんばってみてはいかがでしょうか?

私は、自分で木工細工をしますが、その時木ネジと接着剤の併用をする時が有りますが、十分な接着面は、後から剥そうとすると、木が剥がれる位になります。

接着剤は、木工なので、ボンド(木工用)を使用します。
接着は、接着面をいかに密着し、その状態で接着剤を固めるかで接着強度が決まります。

 接着面の凹凸を無くし(組み立て家具では必要ないかも?)、接着剤を少し多め(密着した時にはみ出てくる位)に塗布し、木ネジ又はバイスなどで密着固定し、はみ出た接着剤をふき取り、完全に乾くまで動かさない...続きを読む

Q電解質に電気が流れるのは電気分解?

昔、食塩水に電気が通るかどうかの実験を乾電池と豆電球を使ってやったことがあるのですが、
その時に、どちらの電極にも気体(塩素、水素)は生じなかったような記憶があります。
となると、電気分解が起こったとは考えにくいです。
陰: 2H2O + 4e^- → H2 + OH^-
陽: 2Cl^- → Cl2 + 2e^-

また、電解質である硝酸カリウムKNO3水溶液の場合、
電気分解が起こるとすると水の電気分解と同じですから、
陰: 2H2O + 4e^- → H2 + OH^-
陽: 2H2O → O2 + 4H^+ + e^-
電気を通しやすいとは思えません。
(水って電気を通しにくいですよね)

以上より、私は電解質に電気が流れる時、必ずしも電気分解が起きているわけではないと思います。
だとすると、どのように電気が流れているのでしょうか?

まさか金属内のように電子が水溶液中を泳いでいくわけないですよね?

Aベストアンサー

#5です。
補足に書かれていることについてです。

これは皆が疑問に感じていることです。でも電気分解についての解説を見てもほとんど触れられていません。
書かれているのは、陽極で~ができる、陰極で~ができる、ということだけです。そういうことしか試験には出ないからでしょう。

ご質問は「水の電気分解で反応に関係しない電解質がなぜ必要か」ということですね。
蒸留水に電極を差し込んでも何も起こりません。
硝酸カリウムを入れると電流が流れ始めます。硫酸ナトリウムでも同じです。

これは電気分解が持続的に起こるために必要な条件です。
電気分解が起これば電極の近くに反応によって生じた物質がたまります。
2H2O+2e^- ⇒ H2+2OH^-
の反応であれば溜まるのはOH^-です。陰極の極板の近くに負の電荷を持ったイオンがある程度たまればそのイオンの作る場の働きでそれ以上の電子のやり取りは起こらなくなってしまいます。これは極板からμm程度の距離のところでの話です。電解質の溶液があれば正のイオン、負のイオンがたくさんあります。OH^-はこの正負のイオンの海の中に紛れ込んでしまいますから一方的に負の電荷がたまっていくということは起こりません。
反応に関係しない電解質の働きはこういう電荷の偏り(分極)を打ち消してしまうために必要なのです。
したがってある程度以上の濃度が必要です。
電気分解の反応にはいろんな物質が関係していて複雑です。でもほとんどのの変化は電極のごく近くで起こっています。上に書いたμm程度の範囲です。だから電極の間隔が1cmでも10cmでも1mでもほとんど違いは生じないのです。電極の間に存在する溶液の中のほとんどの部分ではイオンは電極にかかっている電圧の存在に無関係です。ただ反応によって生じた濃度勾配に従って拡散が起こって行くだけです。負イオンは陽極に引き寄せられる、正イオンンは陰極に引き寄せられるというイメージは成り立っていないのです。
イオンの海の中にあるイオンが周囲のイオンから受ける影響は遠くにある電極から受ける影響よりも大きいです。周囲のイオンがほんの少し位置を変えるだけで電極からの影響など簡単に打ち消されてしまいます。電極までの距離が1cmだとします。あるイオンと周りにあるイオンとの距離は10^(-7)cm程度です。

教科書では「分極」については「極板に泡が付着して反応の進行を邪魔する」ということしか書かれていません。
でも反応によって生じた物質が溜まって反応の進行を阻害するのであれば全て分極といってもいいのです。

私がこの仕組みに気がついたのはダニエル電池の実験をやっていてです。
教科書に「銅極板のある方に入れる硫酸銅は消費されるので濃い方がいい、亜鉛板のある方に入れる硫酸亜鉛は反応によって濃くなっていくので薄くてもかまわない」と書かれていました。
それなら硫酸亜鉛を入れずにスタートしてもいいのではないかと考えたのです。
モーターはピクっとも動きませんでした。
反応によって生じた亜鉛イオンが亜鉛板の近くにたまれば反応は止まってしまいます。
同じ理由です。
だから硫酸亜鉛である必要はありません。食塩水でもいいのです。電荷の海を作れば生じたイオンはその中に紛れ込んでいきます。
ダニエル電池は充電可能な電池(2次電池)として扱われていました。逆に戻して繰り返し使うということを考えると硫酸亜鉛でないといけないとのです。単に電池として働かすということであれば硫酸亜鉛ではなくて食塩水でもかまいません。

こういう内容については c80s3xxx 様の方が詳しいはずです。

#5です。
補足に書かれていることについてです。

これは皆が疑問に感じていることです。でも電気分解についての解説を見てもほとんど触れられていません。
書かれているのは、陽極で~ができる、陰極で~ができる、ということだけです。そういうことしか試験には出ないからでしょう。

ご質問は「水の電気分解で反応に関係しない電解質がなぜ必要か」ということですね。
蒸留水に電極を差し込んでも何も起こりません。
硝酸カリウムを入れると電流が流れ始めます。硫酸ナトリウムでも同じです。

これは電気分...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報