海洋深層水の有効性についてですが、科学的、医学的にはどうなんでしょうか?

A 回答 (1件)

医学的、科学的な有効性はまだ研究段階だと思います。

特定の病気に特効薬のような効果があるというのは聞いたことはありません。

しかし、海洋深層水には、さまざまなミネラルや、細菌等の有害なモノが含まれていないため、健康を維持するために有効に利用できるものだと思います。

現段階では、「健康食品」のようなものと解釈するのが妥当だと思います。もし、海洋深層水が万病に効く特効薬のように売り込む業者がいたなら、ちょっと注意する必要があるのではないでしょうか。

参考に、高知県の海洋深層水研究所のHPを。

参考URL:http://www.kochi-kg.go.jp/~kochi-dw/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/03 18:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qありのままの海洋深層水の入手方法について

学校の研究で海産クロレラを育てようと思っているのですが、そのさい海産クロレラを育てるのに海洋深層水を用いるのですが、その栽培用の海洋深層水はどこから入手したらいいのですか?なにも手がつけられてなく、ありのままの海洋深層水がほしいです。教えてください。

Aベストアンサー

焼津にある駿河湾深層水取水供給施設では水深397m及び687mから取水した海洋深層水の原水を100円/200リットルで一般給水しています。

参考URL:http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-420/surugadsw-top.htm

Q医学的にみて合理的な昼休憩の取り方

PCに向かって仕事をすることの多い技術系の仕事なんですが、実感として昼ご飯を食べながらでも仕事をするのは全く苦になりません。しかし、14時ごろに襲ってくる強烈な眠気は何とかならないかと思います。最近では昼寝を取り入れる企業が増えていますが、そのためではないかと思うくらいです。

医学的には昔からご飯を食べながら仕事をするのは消化に悪いとか、血流が胃に集中するから脳に行かないとかいろいろ言われますが、本当にそうなのでしょうか?
実際には食べてしばらくしてからの方がそういう状態になっているのではないでしょうか?

少なくとも実感としては、13:00を過ぎてからの強烈な眠気に必死で抵抗することの方がよほど体に悪そうな気がします。はっきり言って昼は仕事しながら飯食ってて構わないので、13:00~14:00とかを昼休憩にしたいです。実際のところどうなのかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には、横になって寝てしまうと夜の睡眠に障害がでるとされています。
また、食べてすぐ横になると、(特にお腹がでている人は)逆流性食道炎を起こしやすくなります。

理想的な午睡は、机に俯せになるか、背もたれにもたれて、20分前後の睡眠?です。
これだと夜の睡眠に邪魔にならないか、かえってよい効果をもたらすと言われています。

なお、午睡を考えるのも大事ですが、夜の睡眠の質を向上させるのが一般的には有効で大事です。

Q海洋深層水

今頃なんですが、海洋深層水と言う言葉を見聞きします。誰かに聞いたか、どこかで読んだのか忘れましたが、海洋深層水は、『塩水で無く、真水である』と言うような事を覚えていますが、これは嘘ですね?海があるなら、水は山から流れ込むか、地下から湧いてくると思われますが、どちらにしろ、比重の関係で混ざり合い、調和しようとするはずですが、ひょっとすると湧いてくるほうなら、既に岩塩層に当たっているかも知れません。よくある『海洋深層水』と書かれたものは、深層水を酌み上げて、その深層水から、塩分を取り除いたものと考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

> 海洋深層水は、『塩水で無く、真水である』と言うような事を覚えていますが、これは嘘ですね?
・ハイ。
100%嘘です。
海洋深層水は「海水」です。
比重的には、海水の方が淡水よりも重いのですが、海流などの大きな力が働くので、海水と淡水は分離せず、混じり合います。

> よくある『海洋深層水』と書かれたものは、深層水を酌み上げて、その深層水から、塩分を取り除いたものと考えていいのでしょうか?
・ハイ。
海洋深層水を使った、様々な製品があります。
飲料水の場合は塩分を除去し、人間の体に必須のミネラル分を濃縮したり、添加したりして製品化しています。

Q現代医学とその他の医学

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと悲劇的なことを言われても、多くの人は現代医学の治療法を受けます。ほかの医学に目を向ければ何か道が開けるかも知れないのに、目の前には現代医学しかみえていません。

皆様、がん患者や、慢性の腰痛の患者、難病の患者、原因不明の病の患者の人たちが、医者に「治らない」といわれてもなお現代医学に頼るのはどうしてなのでしょうか?現代医学しか知らないからなのでしょうか?ほかの医学は、科学的証明に希薄なため信用がおけないからなのでしょうか?現代医学にだって解明できていないことはたくさんあるし、病に関することすべてが医学的、科学的な根拠で立証できるものではないのでは・・・?

ほとんどの人が現代医学だけにしか頼らない、という現状についてなにか意見を下さい。よろしくお願いします。

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと...続きを読む

Aベストアンサー

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科学雑誌片手ではないのでおそらく他の部分に原因があると思います。

私自身が考えるのは
『施術者の社会的な信用』だと思います。漠然とした言い方ですが『きちんとした教育と学問の上に成り立った施術』であれば多くの共感が得られるのでは?と思います。少なくともどんなバカな西洋医でも6年の期間を費やし、国家試験を通過しそれなりに名の通った先人に教えられて研鑚した結果でなければ『独自の』医療は展開できません。人の体について考える以上、西洋医学でも基礎とされる解剖学や生理学は全ての医療の基本となると思いますが、少なくともここ日本におけるその他の医療者…施術者がこれを身につけているとは考えられないところが不安の種です。解剖学で骨に関して熟知していない人間が骨のずれなどわかるわけがない…本当はわかるのかもしれないけれど普通はそうは考えない。他も同様です。体のバランスを整えるなどと宣伝するもののでは真のバランスとは如何に?と聞かれて答えられるものはいるのか?そこが問題です。中医の中には完璧な生理学を修めている方は山ほどいます。そういった人が行うものに関してなら信頼はおける…そういう理屈です。

現代医学にだけしか頼らないのではなく、信頼できる医者が(一般的には)現代医学にしかいない(確かに中には変なのもいるが・・)というだけのことだと思います。
健康食品の宣伝などで、玉石混交といってもコンマ1以下しか玉はない(ほんとにあるのか?)というところです。

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科...続きを読む

Q海洋深層水とにがり水の違いは?

最近海洋深層水がブ-ムになってますが、自宅の周りのス-パ-やコンビニは完売状態でいつ入荷するのか?分からないし、ネット販売でもありますがどれがいいのか?分かりません。
そこで成分がほとんど同じにがりを、沸騰させたお湯を冷まし入れにがり水を作ったところ、とても美味しく頂けました。
にがり水は海洋深層水の代わりになるのでしょうか?

Aベストアンサー

海洋深層水とにがり水は全然違います。
にがり水は、海洋深層水の代用にはなりません。

海洋深層水とは、大陸棚より沖合で光合成に必要な太陽光が届かない、およそ水深200mより深いところにある海水をいいます。 深度200m以深では太陽光線はほとんど届かず、海水の温度は低温でしかも細菌が少なく、ミネラルなどをバランスよく豊富に含んでいます。
市販される海洋深層水は、それから塩分を除き、飲みやすく成分調整したものです。

一方にがりは、通常の海水から塩分(塩化ナトリウム)を摂った後の残りです。様々なミネラルはあるものの、その主成分は殆ど塩化マグネシウムと硫化マグネシウムです。
にがり水はそれを水で稀釈しただけの物ですから、ミネラル水としてはマグネシウム濃度が高すぎます。
マグネシウムは大量に摂取すると有害です。腸での栄養吸収を阻害するだけでなく、特に腎臓に負担をかけます。
少量の摂取なら問題ないと思いますが、
にがり水を長期にわたり常用する事は、お避けになった方が良いと思います。

Qドラマ「24」を医学的に見た場合

こんばんは!

この前「24」というドラマを見ていて感じた疑問についてご意見をお聞かせください!

そのドラマでは、いったん心停止した登場人物が回復した直後に走ったり仕事をしたり、まったく普通に行動しているのですが、これは医学的にみてどの程度リアリティがあることなのでしょうか?素人の私からすると、かなり無理があるのではないかと感じたのですが・・・

状況としては、記憶が確かではないのですが、だいたい以下の通りだったと思います。

<状況1>飛行機が墜落し心肺停止状態に。その後、人工呼吸と心臓マッサージで生還。その直後に走り回っていた。

<状況2>拷問を受けた登場人物が心停止状態に。エピネフリン(?)というような薬を投与されて心臓が動き出し、すぐ意識を取り戻す。その数分後には立ち上がり、30分後ぐらいには車の運転したり銃撃戦に参加。

病気のことなどで真剣に悩まれている方が多い中、このような質問は恥ずかしいのですが、医学的なご意見が聞きたくてあえてこちらのカテゴリーにしました。

お時間のある時で結構ですので、ご意見をお聞かせ下さい!よろしくお願いします。

こんばんは!

この前「24」というドラマを見ていて感じた疑問についてご意見をお聞かせください!

そのドラマでは、いったん心停止した登場人物が回復した直後に走ったり仕事をしたり、まったく普通に行動しているのですが、これは医学的にみてどの程度リアリティがあることなのでしょうか?素人の私からすると、かなり無理があるのではないかと感じたのですが・・・

状況としては、記憶が確かではないのですが、だいたい以下の通りだったと思います。

<状況1>飛行機が墜落し心肺停止状態に。そ...続きを読む

Aベストアンサー

蘇生処置が迅速かつ的確で心停止の期間が極めて短く,かつ停止の原因が直後に無くなっている場合には短時間に全快に近い回復が可能だと思います。
具体的には窒息、WPW症候群や洞不全症候群などの不整脈、心停止には至らないかもしれませんが迷走神経反射によるショックの場合などです。蘇生処置を続けていたら患者に「もういい」と押しのけられた、なんて話も聞いたことがあります。
とはいえ、医師としては回復しても一日は入院させたいところです。
墜落による外傷とかエピネフリン(昇圧剤)を要するほどのショックがあったとすると脳へのダメージは相当なものがあったと考えるのが普通でしょう。
日本の脚本家の程度の低さは困ったものです。

Q蒸留海洋深層水の成分について

名古屋市立大学院の岡嶋教授と言う方が、蒸留した海洋深層水がマウスの認知症に効果があったという記事を見ました。この蒸留した海洋深層水というのは、何か認知症に効果のある成分が含まれているのでしょうか?また、人にもある程度の効果があると考えても良いのでしょうか?どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

元はこれみたいですね。
http://okajima-lab.net/igf/index12.html

海洋深層水に効果があるのではなく、青色光を照射した水に効果があるという主張のようです。海洋深層水の存在環境では青以外の波長が届かないので海洋深層水も青い光を照射した水と同じと言うことのようですね。成分ではなく、青色光を照射しただけって、波動という言葉の使い方もが科学というよりは「ト」の主張に近いし、ちょっと危なさを感じます。

人に対しての実験はしていないようですから、効果は不明でしょう。

Q医学の専門的な質問がしたい。

こんにちは。医学で治療方針や診断、検査など具体的な内容についてDrに気軽に質問ができるサイトなどはないでしょうか?
当然、内科・外科・小児科・循環器科・など色々な科があり、またさまざまな専門分野に分かれているとは思いますが、教えていただけるDrがいればいいのですが。特に内科的なことです。

Aベストアンサー

 会員になる必要がありますが、@nifty のすこやかフォーラムなどいかがでしょうか。http://forum.nifty.com/fskyk/

参考URL:http://forum.nifty.com/fskyk/

Q海洋深層水=にがり水??

 ドラッグストアで購入した液体のにがりをミネラルウォーターに入れて飲んでいます。
 この「にがり水」はペットボトルなどで売っている海洋深層水と成分的に同じになるのでしょうか?

 知り合いに海洋深層水を勧められているのですが、まだにがりが大量に残っているので、同様の効果があるのなら買わなくて良いかなと思ってるのですが。

Aベストアンサー

どちらも海水が原料なので、「海のミネラルが豊富」という点では同じですね。
違いは、にがりは「海水から塩を作ったのこりの水」なので、海水でも海面に近い方になる(潮流が激しい)のに対し、海洋深層水は読んで字のごとく、「海の深いところの水」(潮流がおだやか)ということになります。
「海洋深層水 成分」で検索すれば、説明しているページが多数ヒットしますので、ご自分でどういうものか確かめられてはいかがでしょうか。

Qいわゆる東洋医学というものに懐疑的です。

いわゆる東洋医学というものに懐疑的です。
以下質問です。
1.針で突くと肩こりが治ったり、人を死に至らしめるツボというのは本当にあるのでしょうか?
2.サイの角が病気に効くというのは本当なのでしょうか?
以上二つ科学的に証明されているのでしょうか?あるいは迷信ですか。
3.物理でも農業でも西洋、東洋の区分はありません。医学のみ西洋だ東洋だと言っているのはなぜですか?

Aベストアンサー

アメリカ在住です。A03さんの意見が私の意見とにているので、補足として、意見をのべます。

現在アメリカでは日本で言われる西洋医学をもう1度見直そうという人たちがふえています。
というのも、あまりにも早く、短期にその症状だけをなおそうとするあまり、症状Aを直すために症状Bがあらわれ、その症状Bを直すために、また、新たな薬の投与がおこなわれる。

これが普通のことのように、行われ2-30年前より、それらに疑いを持った人達が、東洋医学に目をむけだしました。
東洋医学も徐々に研究、科学的な論文が出されるようになりましたが、まだ、歴史的に西洋での知名度がひくいため、研究結果として、発表に至らない研究もあります。

ただ、科学というものはまだ、人間の歴史ではとても短い開発、発見しかなく、つい10年まえに科学的証拠がないというものも、今は科学的に立証されている常識のこともあり、すべてをその時点での科学的に立証にすぎません。ですから”これは科学的な証拠”とうのは現時点2010年においての”科学的な”といわなければただしくありません。というのも明日はまた、別のその証拠を揺るがす結果がでてくることもあるからです。

今、アメリカでの薬剤による治療の問題点は、人間の気持ちを無視した治療です。
それまで、日本で言う東洋医学、針マッサージ等を含めた、処方は単なる擬似的な治療とされていましたが、心電図、脳の働きを詳しく探っていく上で、これらの効果を立証し、治療にアメリカでは保険が利くようになりました。

まだまだ、色々な研究結果に時間がかかりますが、
東洋医学はその症状が出てきた本来の原因からさかのぼって治療するため、時間がかかります。

事故はちがいますが、色々な病気が現れるにいたって、常にその人がたどってきた衣食住が関係あります。
これが今、アメリカでは気にかけるようになり、東洋に色々な情報を求めるようになりました。

参考までに。

アメリカ在住です。A03さんの意見が私の意見とにているので、補足として、意見をのべます。

現在アメリカでは日本で言われる西洋医学をもう1度見直そうという人たちがふえています。
というのも、あまりにも早く、短期にその症状だけをなおそうとするあまり、症状Aを直すために症状Bがあらわれ、その症状Bを直すために、また、新たな薬の投与がおこなわれる。

これが普通のことのように、行われ2-30年前より、それらに疑いを持った人達が、東洋医学に目をむけだしました。
東洋医学も徐々に研究、科学的な論文...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報