潰瘍性大腸炎と診断されて、プレドニンを服用して3日目です。吐き気がひどくて1時間おきくらいに胃液をはいています。現在24時間点滴中で、絶食。水分の補給だけ許可さr手居ます。他に有効な治療はないでしょうか。吐き気はつき物なのでしょうか。どうか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

専門家ではありません,経験者としてアドバイスさせていただきます.


潰瘍性大腸炎の治療法は,薬物療法が主とされています.
サラゾピリンやペンタサなどの炎症を抑える薬のほか,炎症がひどい時などにプレドニンが処方されているようです.
プレドニンは効果も強い薬ですが,反面人によっては副作用も強く現れるようですから,あまり長期間にわたって大量に処方されているようでしたら問題ですが,そのようなことはないでしょう.私自身は顔が丸くなったり,毛深くなったりといった程度の副作用でした.
潰瘍性大腸炎の炎症部位が直腸に限局しているようでしたら,ステロネマ注腸やプレドニン坐剤などの形態によって患部に直接的に投与するほうが薬が全身に及ぼす影響も少しは減るようですが.
潰瘍性大腸炎は難解な病気ですので,これらの薬を用いて炎症を抑え,その間栄養療法を併用し体力・治癒力を改善して,病気の症状を抑えることになります.
あまり炎症が強いようだと,腸管の安静を保つためにも,長期にわたって絶食し24時間点滴(中心静脈栄養IVH,高カロリー輸液TPN)することも少なくありません.体に必要な対応ですし,せっかく点滴を連れ歩くことをしているのですから,絶食は極力守ったほうが良いでしょう.ただ,どうしても口寂しいですから,どうしても何か食べたくなったら主治医や看護婦さんに相談してみたらいかがですか? 私自身はおよそ5ヶ月ほどほとんど絶食となったこともあります.

他回答に見られるような治療法ももちろんあります.
白血球除去療法,顆粒球除去療法などといわれています.
透析のような感じで,血液をフィルターを通して顆粒球を除去し体に戻すという方法らしいです.副作用があまりないようです.

焦らず,賢く潰瘍性大腸炎と付き合う方法を学んでください.
各HPのほかにも,各地に患者会もあります.参加すればきっと勉強になると思いますよ.

主治医と良くコミュニケーションをとって,不安・不満なく療養下さい.
くれぐれもお大事に.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんとうに、ありがとうございました。
診断から8週間を過ぎ、ようやく全がゆになったところです。
最悪のことも覚悟してましたが、幸いプレドニンが効いたようです。
ただ、吐き気がひどかったのですが、これは結局、十次式健康法という、脊髄の矯正と、気功を合わせたような、健康法でなおりました。少しづつ快方に向かっているように見えますが、実際にはまだまだのようです。現在プレドニンを一日に50ミリを服用しています。体中に発疹がでてきています。
今はただ、主治医の先生を信じておまかせしています。
大変参考になりました。ありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。どうぞ、お体たいせつにお過ごしください。

お礼日時:2001/11/05 22:21

潰瘍性大腸炎は、何らかの理由で活性化した顆粒球が大腸の粘膜を傷つけるためにおきるといわれています。

そのような観点から最近、免疫抑制剤の併用療法に加えて、顆粒球を除去する新しい治療が工夫され、昨年の4月から保険も適用になっています。 NO1の方が紹介されている医療器具はそのためのものです。
適応基準等、まだ難しい問題もあるのですが、再発予防の治療にも有用である可能性があるといわれており、多数の施設で行われるようになっています。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「潰瘍性大腸炎」

http://daichou.com/colon.htm
(大腸.com)
このページで「炎症性腸疾患」をクリックしてください。

現在入院中なのでしょうか?

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://www.nanbyou.or.jp/tokuteisikkan/k/k1.html
    • good
    • 0

アダカラムという医療用具があります。

詳しくは
http://www.jimro.co.jp/
のHPを見てください。
このページの中にアダカラム治療可能施設一覧のページ
http://www.jimro.co.jp/01.seihin/01.adacolumn/02 …
もあります。

参考URL:http://www.jimro.co.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q潰瘍性大腸炎について

潰瘍性大腸炎について教えて下さい。
医師も潰瘍性大腸炎の診断をする場合は慎重になるのでしょうか。

大腸内視鏡検査→組織病理検査→染色体検査をしましたが、診断の結果は潰瘍性大腸炎の疑いは否定できないが、炎症の具合も軽症だし自覚症状(下痢等)もない為、経過観察、服用薬もなし。半年後位に改めて内視鏡検査を受けて下さいとの事。保険の更新がある事を話し診断書を書いて頂いたところ、病名の欄には「腸炎」と書いてありました。しかし話しの中では潰瘍性大腸炎の話しが多かった(安部総理の話等)と思いました。
難病指定になっている病気なので医師も慎重になるのか?と思った次第です

Aベストアンサー

潰瘍性大腸炎にたいする病理は、陰窩膿瘍のような特徴的な所見がでれば別ですが、
普通はそんな所見がでることはなく、非特異的な炎症所見しかでないので、
たいていは臨床医が潰瘍性大腸炎を疑うと書けば、潰瘍性大腸炎でも矛盾はしませ
ん...という返事が返ってきます。潰瘍性大腸炎ですという返事はまず、返って
きません。

慎重になるとかではなくて、要するに経過を追うしかないという事です。

Q吐き気があるときの水分補給

15才の娘が2日前から激しい嘔吐を繰り返し、病院で「感染性胃腸炎」と診断され、2日続きの点滴をうけました。「これからは飲めるようになりますから、こまめに水分を補給してください」と言われましたが、スプーン1杯の水にも吐き気を催すようです。下痢もしているので、何とか飲ませてやりたいのですが。
病院からは吐き気止めの座薬も処方されましたが、入れた途端に便意を感じて出してしまいました。

このような場合、どれくらいの量の水分をあげていけばいいのでしょうか。本人も吐き気を催すので飲みたがりません。また、1回うまく飲めた時は次はどれくらいの時間をあけてあげると吐かずにとれるでしょうか。

自分の今までの子育て経験では点滴後はごくごく飲めたことがほとんどだったので、2回も受けたのに吐き気が収まらず、本当に困惑しています。それほどノロ(検査はしていませんが)の毒性が強いということでしょうか。

Aベストアンサー

私も感染性胃腸炎から復帰したばかりなのですが、確かに吐き気のある時は何も飲みたくないものです。お医者さんは、吐くから座薬を選んだと思うのですが、私も座薬はダメで経口薬にしてもらってます。吐き気止めの薬で錠剤ならば粉末にしてペロペロなめるようにしてます。シロップでも一気にゴクゴク飲まずになめるようにします。それと吐き気があるということは、胃酸過多に陥っていることがしばしばあるので、その逆性のクエン酸を含む食べ物を白湯につけて飲むのも効果的です。
例えば梅干とか梅の砂糖漬け等を白湯で少しづつ飲むのがいいと思います。ただの水道水よりスポーツドリンク(例えばゲータレードとかアクエリアス等)を摂取するのもいいと思います。これは私の主治医からの
すすめでした。ノロウイルスやロタウイルスは、発症後長くて1週間
(だいたい5日間)で収まってきますから疲れを溜めずにのんびりさせてあげてください。最初は10CCほどでもえづいたりしますが、時間の経過とともに摂取量も50、100、500とあがっていきますので
あまり心配なさらずに見守ってあげて下さい。

Q潰瘍性大腸炎の腹痛

潰瘍性大腸炎による腹痛とはどの程度に痛むのでしょうか?

先日、潰瘍性大腸炎の疑いはあるが治療施行はしないで経過観察と診断されました。最近になり下痢や便秘、血便等はないのですが、お腹の調子が今一歩です。激しい痛みではないのですが、潰瘍性大腸炎からの腹痛ではと思うと不安で他の事も考える事が出来ません。

Aベストアンサー

>潰瘍性大腸炎による腹痛とはどの程度に痛むのでしょうか?
あんさん、大腸にはやのぉ~、痛点(痛みを感じる組織)は無いんですわ!
せやさかい「激痛」はありまへんで!
ただ、ダラダラと下血が起こるだけですわ!
>お腹の調子が今一歩です。
ただの「気の迷い」でっせ!
整腸薬でも飲んだら治りますわ!
ダラダラ下血はして無いんでっしゃろ。
してない=大丈夫 でっせ!

Q4歳吐き気止め点滴後、すぐ吐き気止め座薬誤使用

4歳の女の子昨夜からの嘔吐下痢で、
病院で吐き気止めの点滴をして
吐き気止めの座薬を(ナウゼリン30を一度に二分の一使用)点滴から5~6時間後に使用と言われたのに誤って二時間後に入れてしまいました。
今のところ目だった不調は訴えていませんが大丈夫でしょうか?
受診した病院は電話が繋がらず困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は医師でも看護師でも薬剤師でもないので
大丈夫ですよと言うわけにもいかないのですが

娘が周期性嘔吐症にかかって
点滴後帰宅してまたすぐ吐いたときに
あせって座薬入れたことがあります
しまった!間開けるの忘れた!と思いましたが
特に問題は発生しませんでした

他にも一日2回の薬を間違って3回のませたこともあります
そのときも問題は発生しませんでした

どちらも後から医師に伝えたら
別に大丈夫でしょうけど気を付けてくださいねと言われました

あくまでも個人の経験ですが
ご参考になれば幸いです

Q潰瘍性大腸炎とクローン

潰瘍性大腸炎とクローン病は似ていますが、見分け方はありますか??内視鏡で判断できますか?クローンと潰瘍性大腸炎の自覚症状の違いはなんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは
ちょっと調べてみました。

UCは主に粘膜を侵して、びらんや、潰瘍を形成。
持続性、反復性の粘血、血便
内視鏡で、粘膜がもろく易出血性を伴い粘血膿性の分泌物を付着しているかわかる。
多発性の潰瘍、偽ポリポーシスを認める

生検で組織学的に粘膜に炎症反応を認める
このとき膿瘍や腺の配列異常、上皮の変化を認めることができる。

CDは主に若い成人に多く、繊維化や潰瘍を伴う
肉芽腫性炎症性病変からなって、消化器(口~肛門)
のどの部位にも起こる。

内視鏡だけでは確実な判断できないと思います。
細胞診でやっとわかるのではないかと思います。
UCとCDはみかけよく似てると思われます。

前の回答の補足ですが
なぜ高エネルギー食をとらないといけないか
〇消化管に炎症があると微熱、下痢、腹痛によって、体の代謝が亢進する為エネルギーが必要だからです。

低脂肪食にしないといけないのは
〇脂肪の吸収が疎かのまま大腸に移行され、脂肪を乳化する胆汁酸が腸壁を壊したり、細菌が脂肪を分解するため、下痢や腹痛の原因になったりします。とにかく脂肪というものは腸管に刺激を与えてしまうからです。

繊維物を控えるのは
〇普通繊維と言うのは便通をよくしたりしますが、これらの病気の場合は繊維が腸管を刺激して炎症が回復しにくい(水分の吸収が出来ない)状態になって、下痢の原因になったりします。

UCの場合は厳密な制限はしないまでも最低の基本(特に低脂肪食)は守って言った方がいいです。

内視鏡をやった時点で、重症なら、絶対安静で入院となります。

考えこむなとはいえませんが、神経質になる状態が続くと
それがストレスとなってお腹を余計に悪くしてしまう気がします。

こんばんは
ちょっと調べてみました。

UCは主に粘膜を侵して、びらんや、潰瘍を形成。
持続性、反復性の粘血、血便
内視鏡で、粘膜がもろく易出血性を伴い粘血膿性の分泌物を付着しているかわかる。
多発性の潰瘍、偽ポリポーシスを認める

生検で組織学的に粘膜に炎症反応を認める
このとき膿瘍や腺の配列異常、上皮の変化を認めることができる。

CDは主に若い成人に多く、繊維化や潰瘍を伴う
肉芽腫性炎症性病変からなって、消化器(口~肛門)
のどの部位にも起こる。

内視鏡だけでは確実な...続きを読む

Q潰瘍性大腸炎と 病原性大腸菌について教えて下さい。

主人が数ヶ月の下痢と出血のため内視鏡検査を受け、生検をし潰瘍性大腸菌だと思うとの診断を受けました。ただその際に頂いた「細菌検査報告書」の中の 「抗原検査・指定菌その他の検査」欄に下痢原性大腸菌(1+) 「細菌培養同定検査」欄に Escherichia coll(血清型O74)(1+)と記載されており、お医者さんからも このような数値が出ているが、とりあえず潰瘍性大腸炎の治療をしようということで ペンサタとラックビーを処方されました。帰宅してから、だんだん気になりだしたのですが、O74の症状とはどのようなもので、そちらの治療をせずにペンサタを飲んでいても大丈夫なのでしょうか?薬は今日から飲みだしているので、ご専門の方にお答え頂けたら・・・とご質問させて頂きました。よろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

O74は大腸菌の一種で時には毒性があるといったものです。大腸菌は名前の通り、大腸にいる細菌ですが一部にのみ病原性があります。O157が有名ですね。O74もその一つですが、検出頻度は低く、検出されたからと行って必ずしも悪さをしてるとは限りません。たまたま検出されただけかもしれません。大腸菌と「数ヶ月の下痢と出血」とは無関係でしょう。ペンタサは感染症の合併のさいも飲んでも安全ですの指示に従って服用すればよいと思います。病原大腸菌が多少悪さしていたにせよ、ほっておいても治癒しますので海外では抗生剤を使用しないことも多いようです。

Q潰瘍性大腸炎の検査、転院について

お世話になります。
現在、潰瘍性大腸炎の疑いで内視鏡をする予定です。
現在かかっている医者は町の診療所なので、内視鏡専門医で検査をし、確定診断が出たら、潰瘍性大腸炎に詳しい医者へ転院しようと考えております。

そこで疑問なのですが、内視鏡専門医でしたら潰瘍性大腸炎の診断を1回の検査でできるものでしょうか?
それとも、検査も潰瘍性大腸炎に詳しい医者で受けるべきでしょうか?
(UCに力を入れている医者は、内視鏡経験豊富というわけではないらしく、若い開業間もない先生です。)

また、内視鏡の結果というものは、紹介状などを書いてもらえれば、UC専門医にも状態が伝わるものでしょうか?
それとも、映像などを貸出となるのでしょうか?

アドバイス宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的には、治療をうけようとする施設で検査を受けられた方がいいかと思います。通常は診断は大腸内視鏡を1000例程度しかしていない医師でも容易にできます(時に、クローンと区別しにくく病理でもどっちともいえない症例がありますが...)し、潰瘍性大腸炎は特定疾患なので申請したり毎年(か隔年だったかな)更新する必要があるので最初から同じところでした方がいいかと思います。
特に、経験的には60歳以下の男性で術後などの癒着がなければ、大腸内視鏡は簡単にできる場合が多いので大腸内視鏡が特に上手である必要はありません。

Q潰瘍性大腸炎の診断について

こんにちは。
潰瘍性大腸炎には緩解期がありますが、この期間に大腸カメラの検査をした場合、潰瘍は確認できるのでしょうか?本当は潰瘍性大腸炎になっているのに、たまたま緩解期に検査を受けた場合、正しく診断されないということはあり得るのでしょうか?
また、市販の整腸剤を服用中に検査を受けた場合は影響はある(潰瘍が発見されにくい等)のでしょうか?
診断がつきにくい病気と聞いているので詳しいことが知りたいのです。
できれば、専門家の方か、詳しい方にお答え頂きたいのですが・・・よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

潰瘍性大腸炎とはちょっと言いにくいと思いますね。ごく初期である可能性は完全には否定できませんが。

あと、潰瘍性大腸炎についてですが、特定疾患に入っているせいか難病のイメージがありますが、患者さんの平均寿命は普通の人とほぼ同じです。一部の重症や難治性の方を除くと、予後の悪い病気ではありません。

Q潰瘍性大腸炎について

昨年の8月に潰瘍性大腸炎と診断されました。会社の健康診断で便潜血反応陽性だつた為再検査で分かりました。
しかし炎症も軽く、臨床的に無症状だった為に一年が立つ今まで一度も薬(潰瘍性大腸炎の薬)による治療は行った事がありません。お腹が張る感じや、軟便下痢症状、軽い腹痛には時々ありましたが、その都度診察にいって処方されるのは整腸剤止まりです。今までは本当に潰瘍性大腸炎なのかと思う所もあります。
私の主治医は炎症性腸疾患専門医師の為間違いないと思うのですが、薬の服用はどの様な症状が出始めたら行うのでしょうか?
潰瘍性大腸炎で治療をしている方が廻りにいない事や、インターネットワー等の情報は難病、治らない等の情報しかなく、結局は主治医の指示のまま現在にいたります。もう少し主治医と今後の治療方法や症状の説明が上手く出来ればと思い質問指せて頂きました。
どんな事でも構いません、潰瘍性大腸炎について教えて頂けたら幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは^^

オヤジゴリラさんは、腸炎に詳しい医師にかかっているのですね^^

腸炎については、軽いものであれば、整腸剤と胃薬(腸にも効く)で十分対処できます。
あと、一番大切なのは、炎症を引き起こしている要因を排除することです。
・・・寝不足・カフェイン・アルコール・ストレス・ウィルス・・etc.

潰瘍性とのことですが、本当に必要であらば、入院を指示されるはずです。

ちなみにですが・・・
診察のとき、
・便の状態(軟便or水様便)の確認
・どのようなタイミング(例えば食事をしてから2時間後くらいor不定期)に下痢をするか
・腰痛(片側だけ)があるか
・尿の検査
・血液の検査
・内視鏡検査
といったことはなさいましたでしょうか?
(これは、腸だけではなく消化器全般(すい臓等も含む)についての検査になります。)

便潜血・腹痛ということで、やはり腸だと思いますが・・・

> 今までは本当に潰瘍性大腸炎なのかと思う所もあります。

もし、ご不安であれば、炎症性腸疾患専門ではなく、消化器の専門医を一度訪れてみるのもいいかもしれません。(現在の主治医には内緒で。)

炎症性腸疾患専門=腸については専門だけど、腸以外は??の場合もあります。
あとは、大きな病院だと、重い病気にならない限り、丁寧なアドバイスをしてくれない、といった医師もいます。

後半、ご質問への内容から外れてしまいました。
申し訳ございません。

オヤジゴリラさんが早く元気になれますように・・・。

こんにちは^^

オヤジゴリラさんは、腸炎に詳しい医師にかかっているのですね^^

腸炎については、軽いものであれば、整腸剤と胃薬(腸にも効く)で十分対処できます。
あと、一番大切なのは、炎症を引き起こしている要因を排除することです。
・・・寝不足・カフェイン・アルコール・ストレス・ウィルス・・etc.

潰瘍性とのことですが、本当に必要であらば、入院を指示されるはずです。

ちなみにですが・・・
診察のとき、
・便の状態(軟便or水様便)の確認
・どのようなタイミング(例えば食事をしてから...続きを読む

Q潰瘍性大腸炎の特定疾患申請について

潰瘍性大腸炎診断された友人がおり、特定疾患申請をするかどうかを悩んでいると相談を受けました。
幸い自覚症状もないそうで、薬はアサコール錠400mgを1日9錠服用だそうです。

申請するメリットは、医療費助成(3割→2割または医療費上限がある)があることだと思うのですが、デメリットは、症状が急変した時に、すぐには医療費助成が対応できないことだと思っています。
申請しなくても新たな保険加入や大型ローン(住宅購入など)ができないことは、了解済み(自己申告の元)です。
医師や区役所で聞いても、”申請は患者個人の問題なので。。。”と言われたそうです。

現在、治療されている皆さんは申請されていますでしょうか。デメリットは何があるでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数年前に特定疾患と認定され、受給者証を所持しています。

私自身、生活上で感じるデメリットを挙げるとすれば

(1)診察の度に、病院名(薬局名)と金額を記入する用紙の提出が必要
(2)年に1回の更新手続きが面倒(平日に役所へ足を運ばなければいけない)
(3)健康保険証が変わる度に手続きに行く必要がある

今のところはこれくらいですね。

生命保険等について私も医師から説明されましたが、
今は腸疾患患者の加入に積極的な会社もありますので、
さほど気にしていません。

私の場合は当時の症状が酷く、失業していたこともあり、
高価な薬代を負担するのは大変なので申請に至りました。
特定疾患に関係すると認められれば、
病名の症状以外でも医療費助成の対象になる場合もあります。
ご参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報