好きな漫画家なのですが、遅筆で次が続かなくて困っています。
知っている限りでは
 「出直しといで」
 「花田少年史」
 「ハッスル」
 「ピアノの森」
しか知りません。
他に作品はありますか?何かご存知の事を教えて下さい。

A 回答 (2件)

Google(参考URL)で「一色まこと ダイニングルウム」を検索して下さい。


トップに来ているページに他の作品が紹介されています。

参考URL:http://www.google.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お答え頂いて有り難うございます。
私の知らない作品が色々ありました。
早速、楽天ブックスで検索したのですが取り扱っていないようで・・・
地道に探します。

お礼日時:2001/10/05 13:23

【熊本産・無敵男】1997年、 週刊ビッグコミックスピリッツに掲載された古いものです。


【魚人荘から愛をこめて】1998年:集英社から出版されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にお答え頂いて有り難うございます。
私の周りにはあまり知っている人がいなくて・・・
よかった、参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/10/05 13:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ミヨリの森」のキャスト

今日21:00から放送された「ミヨリの森」で、ダイスケ(?)の役(坊主頭の男の子です)をされていた声優さんの名前を知りたいです。
どこかで聞いたことあるような声なので気になっています。

わかる方、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

クレジットを見たら沼田祐介さんでした。
あたしンちの吉岡やちびまる子ちゃんの大野君なんかをやってらっしゃるようです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BC%E7%94%B0%E7%A5%90%E4%BB%8B

Q「南国少年パプワくん」のキャスト

「南国少年パプワくん」のキャストが知りたいのですが
どうしてもコージの声優だけ変わりません。
「PAPUWA」読んでても声が思い出せないので
威力が半減してます。(何の威力だ。)

キャストを紹介しているサイトへ行っても、
主なメンバーの情報だけで、コージだけがいないです。
ナマズメハーカズ(嫌な名前…)や
エグチくん、ナカムラくんなどの
レアキャラがどんな声だったのかも
すんごく、気になってます。

Aベストアンサー

お待たせしました 笑

■パプワ:田中真弓
■チャッピー:増岡弘
■シンタロー:緑川光
■イトウくん:玄田哲章
■タンノくん:難波圭一
       西村智博(6話から)
■シミズくん:沼田祐介
■カタミくん:飛田展男
■フクダくん:中友子
■エグチくん:河西利江
■ナカムラくん:園部啓一
■薫ちゃん:松下美由紀
      中村大樹(10話から)
■クボタくん:園部啓一
■ホサカくん:園部啓一
■アライくん:郷里大輔
       島香裕(39話から)
■くり子:西原久美子
■コタロー:大谷育江
■東北ミヤギ:島田敏
■忍者トットリ:彩乃木崇之
■アラシヤマ:塩谷翼
■マジック総帥:速水奨
■サービス:目黒祐一
■カムイじいちゃん:緒方賢一
■マミヤくん:園部啓一
■ナカイくん:柏倉つとむ
       菊池正美(27話のみ)
■モッくん:桜井敏治
■オッくん:中原茂
■グンマ博士:中原茂
■ドクター高松:山崎たくみ
■ウミギシくん:松本保典
■テヅカくん:山田妙子
       白鳥由梨(30話から)
■名古屋ウィロー:鈴木勝美
■ホワイトシンタロー:森川智之
■ハーレム:鈴置洋孝
■ルーザー:塩沢兼人
■武者のコージ:菊池正美

お待たせしました 笑

■パプワ:田中真弓
■チャッピー:増岡弘
■シンタロー:緑川光
■イトウくん:玄田哲章
■タンノくん:難波圭一
       西村智博(6話から)
■シミズくん:沼田祐介
■カタミくん:飛田展男
■フクダくん:中友子
■エグチくん:河西利江
■ナカムラくん:園部啓一
■薫ちゃん:松下美由紀
      中村大樹(10話から)
■クボタくん:園部啓一
■ホサカくん:園部啓一
■アライくん:郷里大輔
       島香裕(39話から)
■くり子:西原久美子
■コタロー...続きを読む

Q同人作品における「頒布」の表現に関して

先日、知人より指摘されたことなのですが、
同人作品をコミケ・または通信販売等で売る際の表記として、
「販売」「発売」と使うのは何か問題があるのでしょうか?

知人の話によると、「頒布」「リリース」などの言葉にしたらどうかとのことだったのですが、
「販売」や「発売」といった言葉を使うことにより、何か法的に問題があるのであれば、表記の仕方を検討したいと考えています。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C8%D2%C9%DB
ここに書いてあるような、作品を売る際の主旨の違いで使い分けるものなのでしょうか?
こちらでも色々と調べてはみたのですが、
法的に縛りがあるかどうかまでわかりませんでした。

ちなみに、売ろうとしている作品は完全オリジナル作品で、
著作権に関わる問題等は一切ございません。

些細なことであるかもしれませんが、ニュアンスの問題として大変気になっております。
ご存知の方は教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「コミックマーケット」ではその理念上、会場内で同人誌などの創作物を「売る」ことを「頒布」と呼んでおり、他の即売会や、同人サークルもそれに倣っている場合が多いと思います。
ただ、これは「販売」などの言葉に「(商品を)売る」というニュアンスが含まれ、この用語が「個人的な創作物を実費程度の対価の授受で広く世に出す」という同人の理念に合わないのではないかというところから言い換えているだけのものであり、個々の同人サークルがどのような理念/用語で創作物を世に送り出すかを規定するものではないと思います。

「売る」という動詞の辞書的な意味は「代金と引き換えに品物や権利などを相手に渡す」ことであり、営利目的の有無はこの言葉のニュアンスに(本来的には)含まれていません。
法律的に見ても、営利目的の有無に関わらず、
一般参加者が「カネを出して本を買う」意思を表示する
→サークルがその意思表示を承諾する
→一般参加者が金銭を支払う
→サークルが本を引き渡す
という流れを経ている以上、これは立派な売買契約です。

「金銭の授受を伴ってモノ(創作物)を引き渡すが、実費程度で営利を目的とはしていない」ことを示す適切な動詞が日本語にない(少なくとも私は知らない)以上、どんな言葉を選択するかはそのサークルさんに任されているものでしょう。
言葉を変えたからといって行為自体が変わるわけでもないので、瑣末といえば瑣末な問題だと思いますよ。

「コミックマーケット」ではその理念上、会場内で同人誌などの創作物を「売る」ことを「頒布」と呼んでおり、他の即売会や、同人サークルもそれに倣っている場合が多いと思います。
ただ、これは「販売」などの言葉に「(商品を)売る」というニュアンスが含まれ、この用語が「個人的な創作物を実費程度の対価の授受で広く世に出す」という同人の理念に合わないのではないかというところから言い換えているだけのものであり、個々の同人サークルがどのような理念/用語で創作物を世に送り出すかを規定するもので...続きを読む

Q古い作品ですが安彦さんが監督した「アリオン」って

古い作品ですが安彦さんが監督した「アリオン」って
公開当時もその後もあまり評価されていないような、
人気がないような気がするのですが、どうなんでしょう?
私の周りの友人知人でも評価どころか観たこともないという
人が結構います。みんなそれなりにアニメは観ている連中なのに。

私はこの作品すごく好きだし、クオリティも高いと思っています。
音楽も含めスタッフ、キャストも一流どころばかりだし。

人気がない、評価が低いと思っているのは単に私の
思い込みなんでしょうか?

アリオンをご存じの方どう思われますか?

Aベストアンサー

アリオンと言えば、ヒロインが妹だったという奴ですよね。
徳間書店の方針でやっていたナウシカに続くアニメーター漫画のアニメ化だったから、アニメファンが知らないというのは信じられないと言う見方もできなくも無いのですが・・・
安彦さんの人気のピークは80年前後で、アニメファンの好む絵は移り変わってましたからね。
86年と言えば「聖闘士星矢」のアニメが放映開始する年ですが、今も昔もアニメファンというのはキャッチーな作品を好む傾向があるから、鳥山明や高橋留美子と言った人気漫画のアニメの方がアニメファンに受け入れられていたと思います。
ギリシャ神話ブームも聖闘士星矢からでしたからね。
アニメ雑誌にしても作画からキャラクターへと現在見られる紙面構成へと移り変わっていく時期だったようにも感じます。
要するに安彦さんが旬を過ぎた存在だったと言えるのかもしれません。

安彦さんはアニメーターとしての評価は高かったですが、氏の監督作品は評価されていません。
何でも出来る器用さはあっても監督としての技量は評価されてないはずです。
クラッシャージョー、巨神ゴーグ、ヴイナス戦記、風と木の詩・・・
アリオンも含めた彼が監督したアニメで最も評価が高いのは「巨神ゴーグ」でしょう。
TVシリーズ(2クール)で半端じゃないクオリティだったという点においてで、映像作品の面白さとしての評価ではないです。
安彦監督作品のアニメは総じて作画オタクには人気があるけど、話にエンターテイメント性(キャッチーさ)が無いから残念ながら知名度もありません。

アリオンは宝島の特集でアニメライターから80年代不遇のアニメとして名が挙げられるくらいだから、宮崎駿に続く人気アニメーター漫画のアニメ化だったけど今でも監督の名前で客が入るのがごく一部であるように当時としても苦戦したのではないでしょうか?
あのカリオストロの城にしても放映当時はボロカスだったのに宮崎駿とジブリが成功していくにつれ評価が高まっていった好例ですからね。

アリオンと言えば、ヒロインが妹だったという奴ですよね。
徳間書店の方針でやっていたナウシカに続くアニメーター漫画のアニメ化だったから、アニメファンが知らないというのは信じられないと言う見方もできなくも無いのですが・・・
安彦さんの人気のピークは80年前後で、アニメファンの好む絵は移り変わってましたからね。
86年と言えば「聖闘士星矢」のアニメが放映開始する年ですが、今も昔もアニメファンというのはキャッチーな作品を好む傾向があるから、鳥山明や高橋留美子と言った人気漫画のアニメの...続きを読む

Q「友達」というものを大きなテーマとしている作品

「友達」というものを大きなテーマとしている作品を探しています。
と言っても、普通の「友情もの」などではなく、
もっと深く、「友達ってなんだろう?」ということを
考えさせてくれる作品が望ましいです。

この作品を「深い」と言って良いかどうか分かりませんが、
例えば「僕は友達が少ない」という作品は、友達を作るための
部活が存在し、「そもそも友達とは何だ?何をすれば友達なのだ?」
というような(ふと考えさせられる)台詞がよく出てきます。

このような、「友達」というものの光と影にスポットライトを当てたような
作品がありましたら、教えてください。
アニメ、漫画、小説(ラノベ)、映画、ドラマ、ジャンルは問いません。

Aベストアンサー

さくら荘のペットな彼女
夏目友人帳
あの日みた花の名前を僕たちはまだ知らない
ココロコネクト
とか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報