野鳥の糞尿のイオン成分についておしえてください。
アンモニウムイオンは含まれていると思いますが、カリウムイオンやカルシウムイオンも含まれているのでしょうか。おもな成分がわかればお願いします。

A 回答 (1件)

 分析するしかないんじゃないですか?野鳥である以上、色々なものを食べているでしょうし、それが糞として出てくるんでしょうから。

イオンにだけ限定するなら、水に溶ける部分をイオンクロマトで分析すれば良いでしょう。
 ちなみにアンモニウムイオンがあると考えるのは、ちょっと違う気がします。尿の成分は、尿素が知られていて、これが発酵するとアンモニアを発生しますが、アンモニアそのものではありません。記憶は定かではありませんが、確か人間の尿も含めて、アンモニアは含まれていなかったと聞いた覚えがあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qclinoptilolite(クリノプチロライト)はなぜカリウムとアンモニウムイオンに高い吸着性を示すのですか?

クリノプチロライトはカリウムイオンとアンモニウムイオンと高い吸着性を示すようですがその理由を知りたいです。いろいろ調べて、クリノプチロライトの中には小さな孔があってそこに入れないイオンは吸着されないということらしいですが、その説明ではカリウムイオンとアンモニウムイオンに対して高い吸着性を示してナトリウムイオンやカルシウムイオンには低い吸着性を示すことが説明できないと思います。イオンのサイズはあまり変わらないので。なぜカリウムイオンやアンモニウムに高い選択性を示すのかどなたか説明してください。お願いします。

Aベストアンサー

イオンサイズの違いでしょう。
No.1の方が例にあげたクラウンエーテルだと、サイズが大きくても小さくてもうまくカチオンを捕まえられません。
それと同様に、クリノプチロライト中の小さな孔も、カリウムイオンやアンモニウムイオンには丁度いいサイズですが、ナトリウムイオンやカルシウムイオンに対しては大きすぎるため、うまく吸着できないのでしょう。

概念的にいうと、直径10cmの筒が有ったとします。そこに直径10cmのボール(カリウムイオンやアンモニウムイオン)を入れるとぴったりはまって抜けなくなりますが、直径7cmのボール(ナトリウムイオンやカルシウムイオン)は入れても直ぐに抜けてしまいます。

Q【化学・水酸化カリウム】石鹸のボディソープに脱毛成分の水酸化カリウムが入っていてビックリしました】石

【化学・水酸化カリウム】石鹸のボディソープに脱毛成分の水酸化カリウムが入っていてビックリしました】石鹸のキレイキレイ、ボディーソープのDove(ダウ)、どろ豆乳石鹸で有名などろあわわに水酸化カリウムが入っていました。

検索にヒットしないように水酸化Kと表記してパッと見でカリウムが入っているように見せていない。

水酸化カリウムは脱毛剤で毛が抜ける。

ダヴを使っている人はハゲると思う。

だって、水酸化カリウムって毛を溶かすからパイプユニッシュとか配管の髪の毛を溶かす洗剤に使われるものだから。

だから、Doveとキレイキレイとどろあわわは買わない方が良いと気づいた。

気にしすぎですか?

せめて育毛成分が入っているのなら分かるけど、なぜわざわざ髪の毛を溶かしてハゲにしようとしているのだろう。

汚れ落としなら別の成分で対応出来るし、水酸化カリウムを入れているのはハゲテロとしか思えない。

キレイキレイで普段手を洗っている人は手の毛が薄くなっていると思う。

どろあわわに至っては毛ごと抜けて綺麗になってそう。


豆乳イソフラボンのやつも同じ会社か知らないけど綺麗になるってレベルじゃねーぞ。

【化学・水酸化カリウム】石鹸のボディソープに脱毛成分の水酸化カリウムが入っていてビックリしました】石鹸のキレイキレイ、ボディーソープのDove(ダウ)、どろ豆乳石鹸で有名などろあわわに水酸化カリウムが入っていました。

検索にヒットしないように水酸化Kと表記してパッと見でカリウムが入っているように見せていない。

水酸化カリウムは脱毛剤で毛が抜ける。

ダヴを使っている人はハゲると思う。

だって、水酸化カリウムって毛を溶かすからパイプユニッシュとか配管の髪の毛を溶かす洗剤に使われるもの...続きを読む

Aベストアンサー

完全に誤解ですね。
誤解と知識不足からここまで先走る方にどう説明したらよいものかわかりませんが。

単なる石けんの原材料です。
単体では劇薬や洗浄成分ではないものなどを、きちんとした手順で混ぜ合わせると石けんができるのです。
油脂(脂肪酸)とある種のアルカリはきちんとした手順をふむと「鹸化(けんか)」という化学反応が起こります。
お互いが余すところなく化学反応しきっていれば、まったく別の成分に生まれ変わっています。
それが石けんです。
仰る商品の原材料を見ると、「ミリスチン酸」「ステアリン酸」などと書かれているでしょう。これが水酸化カリウムと反応する脂肪酸です。
どんな脂肪酸をどのぐらい、そこにどのアルカリをどのぐらい入れたら何パーセントどちらが余るか、というのは厳密に計算できます。
製造する側は当然ながらそういった専門知識がある人が設計や製造に従事しています。これはかなり厳しい法律で決まっていることです。
ご安心ください。

確かに水酸化ナトリウムや水酸化カリウムは劇物ですよ。
タンパク質に高い腐食性を持っています。
水溶液でも濃度が高いと手にとんだ一滴が数秒で化学やけどを引き起こしたりします。(経験者です。)
でも化学反応で出来る石けんは劇物ではありません。
適切に扱えば肌を清潔に保ってくれる優れた洗浄剤です。

また固形石けんは水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)、液体石けんには水酸化カリウム(苛性カリ)がよくつかわれます。
水酸化Naや水酸化Kと省略して表記するのは、決して検索逃れなどではありません。ありえません。そんなアホな。
もっと省略されて「カリ石けん素地」と書いてあることもありますが。(カリ石けん素地は、水酸化カリウムベースで作られた石けんのこと)

ボディソープで髪の毛を洗っていらっしゃるようですが、
石けん系ならシャンプーを見ても同じように水酸化カリウムが使われていることはありますよ。
たとえば、定評がある太陽油脂のシャンプーは「カリ石ケン素地」と書かれています。
http://www.taiyo-yushi.co.jp/soap/products/hair/
上述のようにこれは水酸化カリウムで作られた石けんが使われているということです。

古代ローマ時代から中世までは石鹸を作るのに灰からアルカリを取っていたようですが、現代ではおおむね水酸化ナトリウムか水酸化カリウムが使われます。
どうしても化学反応の意味が理解できないのなら、もっと別の化学反応で作られた成分入りのボディソープをお使いになればいい。

ウソだと思うのなら、それらのボディソープを泡立てた中に毛を漬けこんでみて、溶けるかどうかの実験をしてみればいいです。
水につけておいた分ふやけたり切れやすくはなったりするかもしれませんが、ボディソープでパイプユニみたいに毛が溶けるものなら、胸毛やすね毛の処理に困る男性はこの世にいないはずなんですけどね。

完全に誤解ですね。
誤解と知識不足からここまで先走る方にどう説明したらよいものかわかりませんが。

単なる石けんの原材料です。
単体では劇薬や洗浄成分ではないものなどを、きちんとした手順で混ぜ合わせると石けんができるのです。
油脂(脂肪酸)とある種のアルカリはきちんとした手順をふむと「鹸化(けんか)」という化学反応が起こります。
お互いが余すところなく化学反応しきっていれば、まったく別の成分に生まれ変わっています。
それが石けんです。
仰る商品の原材料を見ると、「ミリスチン酸」「...続きを読む

Q現在のカリウムには放射性のカリウム40が0.0117%含まれている。そ

現在のカリウムには放射性のカリウム40が0.0117%含まれている。その半減期は1.277×10^9yである。45億年前のカリウム中のカリウム40の存在比を求めよ。

この問題を教えてください。

Aベストアンサー

1)放射性の速度式は ( At ) = ( Ao ) exp (-k t ) で表されると理解すると、この式の表現は一次反応式で、多分知っているでしょう。 
2)半減期 から k を 求める、 ( At )=0.5x ( Ao ) から 0.5 = exp ( -k x 1.277x10^9) から
  ln (0.5) = -k x 1.277x10^9 から  k = 0.5428x 10^(-9)
3) 45億年=4.5x10^(9) と k を 上の式 に入れると ( At ) = ( Ao ) exp (-0.5428 x 4.5 ) から
  ( At ) = ( Ao )x 0.08693  と なる、すなわち、はじめの (Ao) が 45億年後に 0.08693 (Ao) と
  なる。ということは、はじめの8.693% いいかえれば 1/0.08693 = 11.504 倍小さくなる。
4)現在 の K(40) が 0.0117% だから、 45億年前は11.504倍おおきい、0.0117x11.50=0.135%
5) wakatta ?

1)放射性の速度式は ( At ) = ( Ao ) exp (-k t ) で表されると理解すると、この式の表現は一次反応式で、多分知っているでしょう。 
2)半減期 から k を 求める、 ( At )=0.5x ( Ao ) から 0.5 = exp ( -k x 1.277x10^9) から
  ln (0.5) = -k x 1.277x10^9 から  k = 0.5428x 10^(-9)
3) 45億年=4.5x10^(9) と k を 上の式 に入れると ( At ) = ( Ao ) exp (-0.5428 x 4.5 ) から
  ( At ) = ( Ao )x 0.08693  と なる、すなわち、はじめの (Ao) が 45億年後に 0.08693 (...続きを読む

Q塩化アンモニウム+水酸化カルシウム

この2つが反応すると
2NH4Cl+Ca(OH)2→CaCl2+2H2O+2NH3
となりますが,これを酸と塩基の強弱の考えのもとに説明するとどうなりますか?
解答を見てもいまいちよく分かりませんでした。
解答には
「酸の強さはNH4+>Ca2+,塩基の強さはOH->Cl-なので弱塩基のNH3が遊離する」とあります。
これは
強塩基+弱塩基の塩→強塩基の塩+弱塩基
という決まりに関係があるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

NH3が弱塩基、Ca(OH)2が強塩基ということで
「強塩基+弱塩基の塩→強塩基の塩+弱塩基」
そのものです。
高校ではこれですみます。解答にある「酸の強さはNH4+>Ca2+,塩基の強さはOH->Cl-なので弱塩基のNH3が遊離する」」なんて見たことがありません。知ったかぶりの大学院生がバイトで書いた解答ではないでしょうか。

「強塩基+弱塩基の塩→強塩基の塩+弱塩基」は普通、電離度と平衡移動で説明されています。
イオン反応式で考えてみてください。NH4ClとCa(OH)2はイオンに分かれているとしていいと思います。NH4Clは塩です。Ca(OH)2は強塩基です。両辺に共通な遊離のイオンを消去します。

2NH4++2OH-→2H2O+2NH3

これはNH3の電離の逆反応です。NH3は分子性の弱塩基です。分子性の弱塩基であるというのは電離度が小さいということです。
NH4+とOH-は出会えば平衡が実現する所まで右に動きます。

中和反応として考えるのであればNH4+からOH-にH+が移っていますからNH4+が酸、OH-が塩基であるとすればいいです。

相手がOH-でなくてH2OでもNH3が出来る方向に平衡が実現する所まで移動します。この場合は
NH4++H2O→NH3+H3O+
になります。NH4Clの水溶液は酸性であるというのが出てきます。

注 イオン性の弱塩基は電離度ではなくて溶解度で決まっていると考えてください。溶ければ電離していると考えるからです。したがって金属の水酸化物で水に溶けにくいものは全て弱塩基です。溶けなければOH-が出てきません。
金属の水酸化物の場合、
「強塩基+弱塩基の塩→強塩基の塩+弱塩基」
という反応で「弱塩基が生じる」というのは「沈殿が生じる」ということになります。
金属イオンの系統分析で水酸化ナトリウムを加えると水酸化物が沈殿するというのはこの反応です。
逆にいうと金属の水酸化物で強塩基は水によく溶けるものです。周期表の左の2列の中の金属元素だけです。アルカリ金属元素とアルカリ土類金属元素だということになります。これが「アルカリ~」という名前のついた理由です。

NH3が弱塩基、Ca(OH)2が強塩基ということで
「強塩基+弱塩基の塩→強塩基の塩+弱塩基」
そのものです。
高校ではこれですみます。解答にある「酸の強さはNH4+>Ca2+,塩基の強さはOH->Cl-なので弱塩基のNH3が遊離する」」なんて見たことがありません。知ったかぶりの大学院生がバイトで書いた解答ではないでしょうか。

「強塩基+弱塩基の塩→強塩基の塩+弱塩基」は普通、電離度と平衡移動で説明されています。
イオン反応式で考えてみてください。NH4ClとCa(OH)2はイ...続きを読む

Q硝酸カリウムが塩化カリウムに変化することってありますか? 硝酸カリウム

硝酸カリウムが塩化カリウムに変化することってありますか? 硝酸カリウムとイオウ、松煙を混ぜて火薬を作り、燃やした場合に、塩化カリウムが発生することってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

黒色火薬の実験ですね。
硝酸カリウムが酸素を供給して、硫黄と松煙(炭素粉末)が
参加されることによって爆発的に燃焼します。

硝酸カリウムは反応して酸化カリウムになると思われます。
No.1の方がおっしゃっているように、塩素が全くないので
塩化カリウムはほとんどできないと思いますが、松煙が天然の
素材で、不純物としてNaCl、KCl等を含んでいる可能性は
あります。
精製された素材で実験すると塩化カリウムはできないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報