隣人との境界をはっきりさせ、穏便に解決したいので相談させていただきます。

当方甲(宅地)と隣人乙(農地)との間に石垣があるのですが、乙が農地内の境界ぎりぎりに小屋をつくり、この小屋の屋根が境界の石垣を超えて進入しております(完全に屋根が進入しています)。

一年を経過すると「この侵された境界」を認めたことになるそうですが、それまでに文書・口頭(争いはできれば避けたい)で事実関係をはっきりさせ、こちらの土地であることを主張しておきたいのですが、よい方法はございませんでしょうか? 

また、そうなればこの境界ぎりぎりに作られた物置小屋を撤去させたいのですが、その方策をおしえてください。

ちなみにこの境界の石垣も作った当時、境界からこちら側に50センチ離して基礎を打ち、立てたものですので、本当の境界線はあちらが小屋を建てているさらに50センチ後ろになるのですが。それを証明するにはどうすればよろしいでしょうか。法務局の公図などはどの程度信用できるのでしょうか?

乙の農地にはもちろん誰も住んでいませんし、乙も農作業をする以外は自宅に住んでおります(乙は最近この農地を買ったようですが、境界についてはほかでもトラブルを起こすような人物だと聞いておりますので、水掛け論になりかねません)。

まだ一度も話し合いはもっておりませんし(我が強い人物であると予想されますが)どのような「法的証拠」で解決できるのかさっぱり分かりません、助言よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まずポイントは境界確定ができているかどうかです。


この場合のように争いを避ける為には
(1)隣接地所有者と立会いのもとに境界を確認すること
(2)その境界に境界標(石、鋲、金属板など)を設置
(3)その境界で双方合意した立会確認書を作成
(4)できれば確認書に実印で押印し印鑑証明を添付
という手続きが必要です。
今回の場合、上記のどのレベルまでできているかがポイントだと思います。(4)までできていて建物が越境しているのであれば越境している部分を移動してもらうのは仮に裁判まで行ったとしても解決は早いでしょう。(1)までいってない場合にそもそも境界の合意ができていないと相手から主張され、争いになった場合は石垣自体が自分の土地だと言って来る事も考えられます。
以上の点を確認したうえで弁護士などに相談されるのがよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速お返事をいただきありがとうございます、すごく勉強になります。こちらからの御礼がおそくなりすみませんでした。

ところで境界に杭は打っていません。

しかし農地の前の所有者(最近現在の所有者に変わりました、言い忘れてすみません)との間には30年以上なんのトラブルもなくいわば暗黙の了解で石垣とその基礎部分(石垣から50センチ隣人側まで)の所有はこちらにあることになっています(そういう既成事実では対抗できませんかね)。

それに隣人の「掘っ立て小屋」は農地なので「建築物」としては法的に認可されないはずですし、いわばガラクタの山(言い方は悪いですが)とでもいえる建物?です。

その建築物ではないものが、こちらの「敷地内にある石垣」のメンテナンスもできないほど隣接しているという状態なのです(約10センチの隙間しかないほどの距離にその小屋が建ててある、しかもその小屋の屋根が石垣を越えて侵入しています)。つまりこちらの敷地には約50センチ侵入していることになります。

現在、隣人に直接申し出る準備中ですが、書類での証明は期待できないのですかね、うちの場合はきっちりした境界も法的書類も残ってないようですから。

もともと法律の証書(法務局や現在残っている書類もいくらでも難癖つけられそうです)も強制力がないように感じています。

そうなると果てのない言い争いになりそうなので、もし面倒なこと(うちの石垣にまで隣人が所有権を主張しだしたりするようなこと)にならければ、

つまり「うちの土地である」ということさえ法的に証明できれば、小屋の現在の位置は我慢してもいいかなとも思っています(弱気すぎますか?)。

つまり後から隣人に「一年間侵入したまま黙認していたのだから、石垣と石垣から10センチ侵入した部分も自分の土地である」などと言われないようにだけ対抗しておきたいのです。

たびたびご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

近所づきあいも難しいものですね、皆考え方はちがうのですから。

弁護士に依頼する場合どれくらいの「御礼」とどのような「窓口」があるのかおしえていただけませんか。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 01:44

(完全に屋根が進入しています)にもかかわらず何故(争いはできれば避けたい)のですか? また (我が強い人物であると予想されますが)ならば、なおさらのことkokokara242さんの方から積極的に裁判所に訴え、その物置小屋の収去してはいかがでしよう。

それは「建物収去土地明渡請求事件」です。しかし、hanboさんのおっしゃるとおりモノには順序がありますから、まず、口頭で「この物置小屋は越境しています。境界線を超えないよう移動してください。」と云います。それでも豪儀なら簡易裁判所の調停をお勧めします。それでも話し合いができないなら冒頭の訴訟です。そのような順序ですが、私の意見は「境界に争いがない」ことが前提となっています。何故なら「杭」もあるようですし「分筆図面」もあるようですから。相手がその境界線を争っても勝ち目はないと考えるからです。なお、最近の裁判所は以前と違って親切になっていますし、簡易裁判所では数々の定型用紙も用意してあります。だれでも、いつでも簡単に調停や訴訟ができるように工夫されています。一度、相談だけでも訪問してみて下さい。
    • good
    • 0

 まず、境界に目印となる「杭」「地杭」などが、入っていますか? 境界から50Cmとのことですので、境界が確認できる物があるかと思います。

その「杭」なりの目印を入れるのには、地権者双方の合意により杭を入れていますし、分筆をした場合には境界の合意に押印をしていますので、境界に異論は無いことになります。

 現状の写真を証拠として撮影して、申し入れしてはいがでしょうか? 又、法務局の公図は、信用が出来ますし分筆などの場合の登記に使った図面が保存されていますので、公に証明出来る図面です。杭が入っているのであれば、法務局の図面の謄本を取る必要もないかと思いますが、確証を得るために図面と実際の杭を照合するのも方法です。

 それらを証拠に、法的手段に訴える方法もありますが、まずは直接申し出る方法が良いかと思います。いきなり法的手段より、段階を踏んだほうが将来のこともありますと、得策かと思います。

この回答への補足

早速お返事をいただきありがとうございます、すごく勉強になります。こちらからの御礼がおそくなりすみませんでした。

ところで境界に杭は打っていません。

しかし農地の前の所有者(最近現在の所有者に変わりました、言い忘れてすみません)との間には30年以上なんのトラブルもなくいわば暗黙の了解で石垣とその基礎部分(石垣から50センチ隣人側まで)の所有はこちらにあることになっています(そういう既成事実では対抗できませんかね)。

それに隣人の「掘っ立て小屋」は農地なので「建築物」としては法的に認可されないはずですし、いわばガラクタの山(言い方は悪いですが)とでもいえる建物?です。

その建築物ではないものが、こちらの「敷地内にある石垣」のメンテナンスもできないほど隣接しているという状態なのです(約10センチの隙間しかないほどの距離にその小屋が建ててある、しかもその小屋の屋根が石垣を越えて侵入しています)。つまりこちらの敷地には約50センチ侵入していることになります。

現在、隣人に直接申し出る準備中ですが、書類での証明は期待できないのですかね、うちの場合はきっちりした境界も法的書類も残ってないようですから。

もともと法律の証書(法務局や現在残っている書類もいくらでも難癖つけられそうです)も強制力がないように感じています。

そうなると果てのない言い争いになりそうなので、もし面倒なこと(うちの石垣にまで隣人が所有権を主張しだしたりするようなこと)にならければ、

つまり「うちの土地である」ということさえ法的に証明できれば、小屋の現在の位置は我慢してもいいかなとも思っています(弱気すぎますか?)。

つまり後から隣人に「一年間侵入したまま黙認していたのだから、石垣と石垣から10センチ侵入した部分も自分の土地である」などと言われないようにだけ対抗しておきたいのです。

たびたびご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

近所づきあいも難しいものですね、皆考え方はちがうのですから。

補足日時:2001/10/13 01:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q境界杭の上にブロックを設置するのは普通ですか?

荒れ地だった、うちの隣地が、整備をして新築住宅として売り出されることになりました。
それで、境界杭(コンクリート杭・頭に十字の溝がある)を隣地負担で設置し、我が家も立ち会い、確認の書類を交わしました。
その後、コンクリートブロックを二段積んだ塀をつくる、とは聞いていたのですが、そのブロックはなんと、境界杭の上に積まれてつくられていたので驚きました。境界杭の頭の、半分を覆うような形で積まれています。

境界杭の、頭の面の半分、その上にブロックが積まれている状態です。ですから、土地の境界としては、たしかに向こうの土地であり、そこにブロックを置くのは自由なのかもしれませんが、私としては、境界杭の上にブロックを置く、という発想がなかったので驚きました。ブロックと境界杭が接触するところは、ブロックの方を削って設置すると思っていたので・・・・。

これは普通のことなのでしょうか。境界杭は大切なものですし、杭の頭は全面的に見えているべきではないかと思ったのですが、こうした工法は通常、よく行われるものなのでしょうか。仮に我が家もブロック塀を作ったとして、隣地と同じやり方をしたら、結局、境界杭は完全にブロックに埋まって見えなくなってしまうことになりますよね・・・・。

できれば先方に申し入れて、ブロックを境界杭の上に置くのではなく、その部分を削って、境界杭自体にはブロックがかからないようにするよう、お願いしたいのですが、これはわがままになってしまいますか?

ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

荒れ地だった、うちの隣地が、整備をして新築住宅として売り出されることになりました。
それで、境界杭(コンクリート杭・頭に十字の溝がある)を隣地負担で設置し、我が家も立ち会い、確認の書類を交わしました。
その後、コンクリートブロックを二段積んだ塀をつくる、とは聞いていたのですが、そのブロックはなんと、境界杭の上に積まれてつくられていたので驚きました。境界杭の頭の、半分を覆うような形で積まれています。

境界杭の、頭の面の半分、その上にブロックが積まれている状態です。ですから、土...続きを読む

Aベストアンサー

まあ、最近は境界杭の厚みぐらいは、控える場合もありますが、控えない場合もあります。
杭の部分のみ、見えるように削ってある場合は多いです。
特に、道路との境の所の境界杭は、私のまわりでは、削って見えるようにしている場合がほとんどです。
尚、そのように施工されているなら、少しでも質問者様の方にブロック等が傾いたら、越境することになるので、施工主に、その時はどうするのか、確認するか、覚え書きでもしといた方が良いかも知れません。

Q境界線のトラブルです。20年前に両親の名義の土地に家を建てました。隣人との境界線に以前から問題が有っ

境界線のトラブルです。20年前に両親の名義の土地に家を建てました。隣人との境界線に以前から問題が有った。両親が、地続きの空地を30年前に購入した時、約一年前に隣人が改築工事を行い、浄化槽部分が境界線を越していた事から、両親に対して50センチの土地分筆をしたく、購入依頼があったが、登記を済ませしまった為、土地の販売や分筆は断った。但し、境界線を越した部分浄化槽部分は、使用可能と撤去はしなくても良いと口約束にて、おこなれていた。私が、家を建てる際にも、境界線マークに従い建物外壁を1m以上にて、家を建て、隣人の浄化槽部分越境部分に則してフェンスを建てた。この2年後に、隣人が公道側の縦木での垣根だった所に壁を作り、その際に、境界線マークを取り払った模様。両親の境界線の不明となるのは、困るとの申し出に対して、境界線は認知している
公道側側の反対側にも、境界線マークがあり、境界線は認知していると押し切られた。
、父親が6年前になくなり、土地所有者は、母親と私になぅたが、ここ4前から立木に依る垣根を徐々に浄化槽部分へ繋がるようにしている。又、公道側と反対側にあった境界線マーク部分に、エヤコンの室外機が設置され、設置場所の下側は、コンクリートとなっている。境界線が不明となっている旨、境界線を明確にすべく測量を申し出たが、境界線についての測量は、了解するも、所有権は、時効成立との解釈。測量での境界線を明確して、所有権の奪回は、境界線マークの紛失故意を理由に出来無いものか、裁判しか方法は無いものか。 うまく説明出来ないで、申し訳ありません。何かアドバイスを頂ければと思います。

境界線のトラブルです。20年前に両親の名義の土地に家を建てました。隣人との境界線に以前から問題が有った。両親が、地続きの空地を30年前に購入した時、約一年前に隣人が改築工事を行い、浄化槽部分が境界線を越していた事から、両親に対して50センチの土地分筆をしたく、購入依頼があったが、登記を済ませしまった為、土地の販売や分筆は断った。但し、境界線を越した部分浄化槽部分は、使用可能と撤去はしなくても良いと口約束にて、おこなれていた。私が、家を建てる際にも、境界線マークに従い建物外壁を1m...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.iekenko.net/toiawase3.html

こちらに相談してみるか
弁護士さんに相談するか

プロでないとちょっと解決できないかも

Q隣家境界ブロック工事のこと

境界ブロック工事のことで教えてください
我が家と隣家は区画が少しずれています。我が家は敷地内の境界線から数ミリ逃げて境界ブロック工事済みです。隣家は我が家や他のお宅が境界工事をしている部分は何もせず、我が家の境界に垂直(T字型)になる部分を今回工事しました。問題は、隣家の境界ブロックが数ミリとはいえ境界を越えて我が家の境界ブロックにセメントでくっつけられていることです。まるで、隣家と我が家の共有の境界ブロックのようです。事前に相談や工事をする挨拶等は一切ありません。いまさら作ってしまったものを戻せというわけにもいかないですし、引越しの挨拶等もしないような家なのでどうしようもないとは思いますが、今後、売りに出した場合に不利になったり、境界を作り直したりするときに問題にならにでしょうか。また、このようなことは普通にあることなのでしょうか。

Aベストアンサー

相談者さんは、境界からバックを数ミリしたのですから、問題ありません。
しかし、隣はブロックに密着させているのですから、境界を越えている事になります。
きちんとするなら、話し合いは期待できませんが、一度は形式的に話し合いをして、調停で相手の不法行為を改善する要求をするか、弁護士に依頼して境界から出た分を、早急に境界より引き下げる要求をして、訴訟も辞さないと強気で出るしかありません。

確かに、隣と言う事で争いは嫌だと思いますが、財産を守る為には、やらなければならない時もあります。

Q農地に小屋を建てたい

以前から所有している農地(地目:畑 面積:5畝強 現況:自家用の野菜畑)があります。そこに、5~10坪ぐらいの作業小屋を建てたいのですが、何らかの制約があるのでしょうか? 小屋は居住用ではなく、資材保管などの目的です。残りは依然、畑として耕作します。また、この畑の周囲は水田です。なお、我が家は農家ではないので、この土地は本登記できないとのことで、依然より仮登記の状況です。
特に知りたいことは、地目がこのままで、建造できるのか? できるとすれば法的な制約はあるのか? 許認可などの手順は? といったことです。

もちろん本格的に進める段階になれば、役所や建築業者との折衝や確認は想定しています。今の段階では、予備知識として知っておきたい といったところです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ほとんどの建物の建築には、建築確認もしくは、建築許可が必要であることを念頭においてください。

 農地を売買するには、地元地方公共団体の農業委員会の許可が必要です。
 しかし、ながら、農地の譲渡の場合、農業委員会の許可を得るには、農家どおしの取引か、既成の農家から、一定の条件を具備した新規農家への譲渡になると思われます。

 そのため、一気に3反~5反の農地を取得して新規農家となることができない場合、譲受人としては、自分の所有権を保護(担保)するために所有権移転の仮登記を行うことになります。

 貴方の場合の、これに該当するので、所有権移転の仮登記でとどまっているものと想像されます。

 さらに、農地の形状を変える場合(農地から宅地)にする場合も、同じく農業委員会の許可が必要となります。

 もう一つ、その土地が、都市計画内の土地か否かの問題があります。
 土地計画が全くない土地の場合(市街化区域でも、市街化調整区域でもない場合)、一定の面積以内なら、農業委員会の許可は必要ですが、建築確認・許可は不要になります。

 土地計画があり、その土地が市街化調整区域であれば、農地を造成して宅地にする場合、「開発許可」が必要となります。同時に、農業委員会の許可も必要となります。さらに、建築許可が必要となります。

 都市計画があり、その土地が市街化区域であれば、農業委員会の許可と、建築確認が必要になります。

 つまり、地目「畑」のままでは、建物は、建てることができません。

 農業委員会への申請は、登記上の所有者であるはずです。
 農業委員会への農地転用許可申請の場合、その許可する区域を明確にするため、作業小屋を建築し、使用する土地の範囲を、分筆するように指導される可能性もあります。

 ほとんどの建物の建築には、建築確認もしくは、建築許可が必要であることを念頭においてください。

 農地を売買するには、地元地方公共団体の農業委員会の許可が必要です。
 しかし、ながら、農地の譲渡の場合、農業委員会の許可を得るには、農家どおしの取引か、既成の農家から、一定の条件を具備した新規農家への譲渡になると思われます。

 そのため、一気に3反~5反の農地を取得して新規農家となることができない場合、譲受人としては、自分の所有権を保護(担保)するために所有権移転の仮登記...続きを読む

Qブロックの中央が境界線の場合

初めて利用させていただきます。一年前に新築を購入しました。隣の家との境界線はブロック一段のみ(半分はコンクリートに埋まっているのでとても低いです)でフェンスも何もありません。なのでお隣さんに古タイヤなどを我が家の敷地まで置かれたり、通路のように通っていかれたりします。境界のしるしがはっきりと印されているのにブロックが低すぎるのとフェンスがないためだと思いフェンスを取り付けることにしましたが、別のお隣さんがもめていたので今はまだ取り付けまで至ってません。そのもめていた内容というのは、あるお宅がブロック上には収まっているものの、ウッドフェンスを勝手につけ、それがお隣さんの境界線をこえている。そのくせ、ウッドフェンスにお隣さん側の荷物を立てかけて置くとコケが生えてくるからフェンスに当たらないようにしてくれ。と言われたことなどです。このようなトラブルを避けたいので、フェンスを立てると少しお隣さんのほうへ出てしまうため、今ある境界の低いブロックを境界線のところまでの半分を切り落としてもらい、ギリギリのところから少し高さを変えてブロック塀を設置したいと考えています。境界の印されているブロックは半分に削ってもいいのでしょうか?元からある境界のブロックは不動産が積んだものですが・・・・。

初めて利用させていただきます。一年前に新築を購入しました。隣の家との境界線はブロック一段のみ(半分はコンクリートに埋まっているのでとても低いです)でフェンスも何もありません。なのでお隣さんに古タイヤなどを我が家の敷地まで置かれたり、通路のように通っていかれたりします。境界のしるしがはっきりと印されているのにブロックが低すぎるのとフェンスがないためだと思いフェンスを取り付けることにしましたが、別のお隣さんがもめていたので今はまだ取り付けまで至ってません。そのもめていた内容と...続きを読む

Aベストアンサー

そのブロックは隣地所有者との共有物になるのはお分かりの通りかと思います。
ブロックがどの様な経緯で構築されても土地所有権が有るのであれば、もはや不動産?は何ら関係ないでしょう。
共有物を取壊したり、大きな変更をする場合は隣地所有者の了承が必要です。
技術的にお考えの様な切断作業は難しいと思いますが、基礎などの取り壊しを考えると残された隣地側の部分は無意味な物となるでしょう。
また、貴殿土地内(境界線)にブロックを布設する際も邪魔になりますので事実上無理と考えます。
工事としてはブロックを全て撤去した方が安価に済むと思われます。
または、既存ブロックに嵩上げする様に造る事も出来るでしょう。
現在あるブロックの高さに合わせて基礎を造り貴殿側に2段目以上を構築する事も考えられます。
この場合、共有物が残存しますのでスッキリしたければお勧め出来ません。
良く協議されて最善の施工方法をご検討下さい。

Q隣の建築中の車庫が境界ぎりぎりに

何時もお世話になります。
今回は、我が家の隣の建築中の車庫が境界ぎりぎりに建設中なのでそのことについての質問です。
約60m2くらいの車庫を(mai9999)の家の境界から15センチくらいの所に建設中です。隣家の人に文句を言いたいのですが、未だ転居前でどこの人かわりません。
建物は、役所で聞いてみたら建築確認は受けているようで他の条件はクリアーだと言うことですが、民法の境界から50センチバックして建てるという規定はどうなるのかと質問したところ、それは、民事の問題と言うことで建築確認の方では問題ないと言うことでした。
セットバックした所に建築して他の法規に適合するから確認申請が通ると思っていたのですが(汗)
ご存じの方いらっしゃいましたら宜しくご指摘のほどお願い致します。

Aベストアンサー

まず民法の50cm離すという規定については、原則的には車庫も建築物として含まれると考えて良いと思いますが、この規定はそもそも地域の習慣が優先されることになっていますので、必ずしも適用になるというものではありません。

家屋自体は適用されることが多いのですが、車庫となると多くの地域で車庫については50cm規定を考慮していないケースが多いこともあり、まず御質問者の地域では果たして車庫といえどもみな50cmの規定を守っているのかというのを見てみる必要があります。
特に傾斜地などでは擁壁をかねて設置しているような場合もあり、この場合には当然ながら適用されませんし、家屋とはかなり状況がことなります。

なんにしてもそれでも50cmの規定に反しているというのであれば、連絡先は建築確認申請されていれば現場に掲示されているはずですから(されていなければ指導課で確認)、そこに連絡して交渉下さい。

ちなみに民法の50cmの規定が有効であっても、必ず離して建てなければならないものではありません。隣人との間で合意があれば守る必要はないのです。つまりご質問者が文句を言わない限りは法に反するわけではありません。

だから建築確認申請では民法規定はノーチェックです。

まず民法の50cm離すという規定については、原則的には車庫も建築物として含まれると考えて良いと思いますが、この規定はそもそも地域の習慣が優先されることになっていますので、必ずしも適用になるというものではありません。

家屋自体は適用されることが多いのですが、車庫となると多くの地域で車庫については50cm規定を考慮していないケースが多いこともあり、まず御質問者の地域では果たして車庫といえどもみな50cmの規定を守っているのかというのを見てみる必要があります。
特に傾斜地など...続きを読む

Q隣との境界のブロック塀について

私と隣の境界線の内側つまり私側にブロック塀を私の費用にて設けております。このたび隣の土地に新しく新築され引っ越しされてきました。問題なのはそのお隣さんが当方に何の相談もなく私の所有物であるブロック塀にコンクリートを当てる形で犬走りを施工しました。当方のブロック塀は境界線より5mm内側にあります(ブロック基礎部分が境界線一杯です)のでそのコンクリートがブロック塀に当たることは境界を越えていることになります。境界線は間違いありません。相手が故意か知らずにかは不明ですが声もかけずに一方的に行う行為に強い疑念を生じました。私としては相手側にも塀を設けていただければと考えていますがそのような請求は可能なのでしょうか。仮に塀がだめな場合、越境分のコンクリートの撤去の請求は正当でしょうか。気分的には私がお金を掛けて建てたブロック塀を勝手に使われること自体不愉快ですが皆様のお声とご意見をよろしくお願いいたします。なお私のブロック塀への費用などを請求する気はありません。あくまで塀は私の所有物としたいのです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

恐らくNo1回答の方の言われる通り施工業者の判断で
行われたものかも知れません。
しかし一言断りがなかったのは、先方の落ち度と言っ
ても仕方がありませんが、これから末永くお付合いす
るお隣様ですのでお互いに納得できる解決方法を探る
ように仕向けないと事が大きくなって後々大変ですね。

塀はお互いの境界から数センチ控えて立てることがほ
とんどですね。その塀と塀の間は、土を入れるんです
が、雨等で流れてしまうのでコンクリートを打つ場合
もあります。当然互いの了解の元です。

現況の状態からだと越境部分の土間の撤去より隣地側
にフェンス、塀又は境界ブロックを設置して貰うほう
が良いかなと思います。

家を新築する時は結構気持ち的に一杯一杯で近所に心
配りが出来ないこともあります。本当はそんなんじゃ
いけないですけどね。
また改修するにも金銭的な余裕もないかもしれません
が、ここは一つ強く言うより促す形で解決できればそ
れに越したことはないかと思います。

Q畑の境界線ぎりぎりまで掘って土壌を混ぜられてしまうのを防ぎたいです

父が大事にしている畑の隣地は20年来相続の関係で荒れた土地で放っておかれていました。最近大手不動産会社が集合住宅とその駐車場を建築中です。その建築車両が畑に入り、大事に耕してきた土壌が踏みつぶされてしまいました。父は苦情を申したところ、私の帰省中に作業服の方が菓子折りを持ち、踏み荒らしすみませんでしたが、畑の地下に支柱を埋めさせて欲しいと言ってきました。菓子折りも持って帰ってもらい、支柱の件を断った翌日、背広の男性が手ぶらで現れ、車両はうちの車両とは限らないし、境界線ぎりぎりまで掘るとおたくの土壌も削られることもありますが、こうやって言いに来るだけ他社よりマシだと言うのです。父にとっては大事に耕してきた土地と荒れた土地の土壌がまざるのは許し難いことです。横柄な不動産会社員にも呆れてしまいますし、どうにかならないものでしょうか?

Aベストアンサー

その大手不動産会社、ずいぶん横柄ですね。
不動産の問題というのはとても難しいし、私は一般人ですので、このお答えは参考程度にして下さい。

民法234条には「境界線付近の建築の制限」があり、建物を築造するには、境界線から50cm以上の距離を保たなければならないとあり、同2項には前項の規定に違反して建築をしようとする者がある時は、隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることが出来る。ただし、建築に着手した時から1年を経過し、又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求のみをする事が出来る。とあります。
尚、この条文と異なる慣習がある場合はその慣習に従う事になります。

そして237条には「境界線付近の掘削の制限」があり、井戸・用水だめ・下水だめ・肥料だめを掘るには境界線から2メートル以上、池・穴蔵・し尿だめを掘るには境界線から1メートル以上の距離を保たなければならない。
同2項には導水官を埋め、または溝若しくは堀を掘るには、境界線からその深さの2分の1以上の距離を保たなければならない。ただし、1メートルを超える事を要しない。とあります。

さらに238条には「境界線付近の掘削に関する注意義務」があり、境界線付近において前条の工事をするときは、土砂の崩壊又は水もしくは汚液の漏出を防ぐ為必要な注意をしなければならない。とあります。

これらの法律が何かの助けになればと思います。

また、お父様が農家さんなのでしたら、畑の踏み荒らしをした車両・そのナンバーの写真を撮り、動かぬ証拠として突きつけ、損害賠償を請求する事も出来る、農家さんでなくても、踏み荒らしが限度を超えて酷く、その土地を回復させるのに費用を要した場合はその分の請求、又は原状回復を請求出来るのではないかと思います。

ただし、建築用地がどこの通路にも面していない袋地で、お父様の土地をどうしても通らなければならない時は、必要最低限それ(相手の通行権)を認める義務があります。

その大手不動産会社、ずいぶん横柄ですね。
不動産の問題というのはとても難しいし、私は一般人ですので、このお答えは参考程度にして下さい。

民法234条には「境界線付近の建築の制限」があり、建物を築造するには、境界線から50cm以上の距離を保たなければならないとあり、同2項には前項の規定に違反して建築をしようとする者がある時は、隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることが出来る。ただし、建築に着手した時から1年を経過し、又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求...続きを読む

Q隣地との境界となっているブロック塀の撤去費用

今回の震災で、隣地との境界となっているブロック塀の撤去、再築が必要となりました。
境界のブロック塀は、50年ほど前、私の家で建てたものですが、撤去費用は私の家で負担する必要があるでしょうか?それとも隣家との折半でよいでしょうか?
境界のブロック塀なので当初誰が建てたかにかかわらず、共有物という扱いで折半しという認識で問題ないでしょうか?
法律上の観点と、一般慣習としてはどうなのかの2点からお教えいただけると助かります。(法律上はどうかだけでもお教えください)

Aベストアンサー

>境界のブロック塀は、50年ほど前、私の家で建てたものですが

ということであれば、ブロック塀は質問者様の所有物なので、質問者様の負担で撤去しなければなりません。


>境界のブロック塀なので当初誰が建てたかにかかわらず、共有物という扱いで折半しという認識で問題ないでしょうか?

そのような法律論も慣習も聞いたことがありません。
自分の所有物がいきなり他人との共有物になんてなりませんよ。

Q最近購入した土地に私道がありその部分に境界を越えて小屋が出ています。境

最近購入した土地に私道がありその部分に境界を越えて小屋が出ています。境界内に入れて頂くようにお願いしても一向に応じて頂けません。私道を通られる方からは、「道が狭まって邪魔になるから何とかして」と言われています。前の土地の持ち主からも言われていましたが、素直に直されませんでした。隣同士でもあり揉め事を起こしたくありません。この様な場合、どのように対応したら良いでしょうか?回答の程、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私道であっても以下の理由により違反になります。

第3条 都市計画区域内において、道路の一端が幅員1.8メートル未満の道に接続するときは、その道内に、もしくはその道に突き出して建築物を建築し、または通行上支障がある工作物の類を築造してはならない。
また、建築基準法第42条第2項には「この章の規定が適用されるに至つた際現に建築物が立ち並んでいる幅員四メートル未満の道で、特定行政庁の指定したものは、前項の規定にかかわらず、同項の道路とみなし、その中心線からの水平距離二メートル(前項の規定により指定された区域内においては、三メートル(特定行政庁が周囲の状況により避難及び通行の安全上支障がないと認める場合は、二メートル)。以下この項及び次項において同じ。)の線をその道路の境界線とみなす。

元々は幅員が4mに満たない道路であっても、道路沿いの民地部分を建築基準法上の道路としてみなし、建て替えの際には道路中心線から2m下がった位置での建築となります。

以上の項目に該当した場合は建築主や設計・施工会社は20万以下の罰金を受けます。ただ、境界がはっきりしないなどの理屈をごねたり、お金がないなどと抵抗するとは思います、どの程度かわかりませんが小屋をどけたほうが安上がりだとは思いますが。

こちらの項目を提示した上で、道路管理者や弁護士などの第三者を交えて相談されてはいかがでしょうか。
(市役所などの道路維持課などに相談してはどうですか)

参考URL
建築基準法施工条例http://www.pref.kyoto.jp/reiki/reiki_honbun/a3000732001.html

私道であっても以下の理由により違反になります。

第3条 都市計画区域内において、道路の一端が幅員1.8メートル未満の道に接続するときは、その道内に、もしくはその道に突き出して建築物を建築し、または通行上支障がある工作物の類を築造してはならない。
また、建築基準法第42条第2項には「この章の規定が適用されるに至つた際現に建築物が立ち並んでいる幅員四メートル未満の道で、特定行政庁の指定したものは、前項の規定にかかわらず、同項の道路とみなし、その中心線からの水平距離二メートル(前項...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報