接ぎ木について調べたら、連作障害を防いだり
病気を防ぐとありましたが、よく分からないので
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

思いつくことだけ書いてみます。



(1)病気に強くする。
 病気に強い台木に接木します。
 根から感染する病気に対する抵抗力がつきます。
 トマト、ナスなどが有名です。

(2)連作に強くする。
 (1)とほとんど同じです。
 連作障害のないカボチャにスイカを接木するとか。

(3)樹形をコンパクトにする。
 地面を這うように育つリンゴの台木に、リンゴを接木します。
 するとリンゴの木があまり大きくなりません。

(4)育ちを早める。
 葉が美しい斑入り(アルビノ)の植物を、
 普通の葉の植物に接木し、早く大きく育てます。
 大きくなったら首をはねて、挿し木して地面に戻します。
 木の観葉植物やサボテンでよく行なわれます。

(5)栄養素を与える。
 全身アルビノというサボテンを、
 葉緑素を持ったサボテンの台木に接木します。
 すると台木が光合成を行ない、上に乗ったサボテンが育ちます。
 緋牡丹というサボテンが有名です。

(6)収量を上げる。
 台負けという状態になると収量が上がります。
 また結実までの期間を短くすることができます。

(7)特定の品種を繁殖する。
 種をまいて育てた台木に、性質のよい品種を接木します。
 性質のよい品種の苗を量産することができます。

あかん、いくらでも思い付いてしまう。
きりがない...(笑)。
    • good
    • 0

接ぎ木の目的は


1.病気を防ぐ 野菜類、花木類など
2.結実年数を短くする 果樹など
3.草勢を強くする
4.植物をコンパクトにする
5.増殖効率を高める 花木、果樹など
などいくつかあります。

1.病気を防ぐ についてですが。
植物には土を伝染源とする病気があり、これを土壌伝染性病害といいます。病原菌は土の中で数年間生き続け、目標とする植物の根が近くに来ると、にわかに活気づいてこれにとりつき、増殖してこれを枯らしてしまいます。同じ作物を同じ畑で何年も栽培し続けると、土の中で特定の病原菌の密度が高まり、作物が枯死する可能性が高くなります。このことを連作障害と呼びます。なお、連作障害には土の中の特定の肥料成分がなくなる、あるいは植物体浸出物質が蓄積して起こるものもあります。

 病気を防ぐための接ぎ木では、
病気に弱いけど品質が良い品種 を穂木(地上部)、
土壌伝染性の病気に強いけど、食べられない、まずいあるいは奇麗ではない品種を台木(地下部)、
として接ぎます。

具体的な事例として、キュウリを例にとると、
キュウリはつる割病というカビによる病害やネコブセンチュウという小さな虫に弱いのです。そこでこれらに強いカボチャを台木として接ぎ木を行っています。
    • good
    • 0

接ぎ木と言ってもこれは木ではないでしょう


たぶん野菜の接ぎ木のことでしょう
いまナス スイカ キユーリ 等など流行です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植木の接ぎ木のやり方について

 クロガネモチのいいところの枝を剪定されてしまいました。枝を接ぎ木したいのですが、方法がわかりません。どなたかお分かりの方、教えてほしいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人の傷と同じなんですよ。
繋ぎたいところをスパッと切って、同じ形状にします。
貼り合わせて、包帯でしっかり密着させます。

違うところは、その包帯が乾かないように、
コケなどを巻きつけて、乾燥しないようにします。

Q稲はなぜ何百年も同じ田で栽培しても「連作障害」を起こさないのでしょうか

稲はなぜ何百年も同じ田で栽培しても「連作障害」を起こさないのでしょうか?

Aベストアンサー

ご参考に
http://www.pcc-gardendesign.net/rensaku/rensaku-what.htm#gifu

水稲は連作障害を起こしません。
大量の水を使いますが、その水にいろいろな成分を含んでいます。
不足する成分を補ったり、過剰な成分を洗い流したりしてくれます。

陸稲は、使う水が少ないので連作障害を起こします。

連作障害に関しては未解明の部分もあります。
稲は生理的に連作障害を起こさない植物である、という説もあります。

Q果実樹の高接ぎ木について教えて下さい

例えば栗の木に柑橘系や柿、桃などは高接木できますか?

Aベストアンサー

接ぎ木は分類学上同じ系統の木でないと出来ません(枯れるだけです)
ご質問の組み合わせはいずれも不可です。

もともと、根が強い野生種に栽培種(品種改良種)を接いで、収穫を安定させる目的で使われます。

ボタンは芍薬に接ぎ木をしますが、接いだボタンから発根させてやらないと数年で枯れてしまいます。

Q連作障害がある植物名リスト

野菜類で連作障害が発生する,
植物名リストの記載がある,
HPなどの情報をお知らせください.

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

多くの作物には連作障害があります。
それが軽微なのか重大なのかの違いだと思います。
軽いものですと、実際には連作している事も多くあります。

http://www2.tokai.or.jp/shida/FarmAssist/rensakusyougai.htm
http://katesai.main.jp/08rensakutaisaku.htm
http://www.honda.co.jp/helloyasai/chishiki10/0004.html
http://members.jcom.home.ne.jp/makotokuri/farm/chie/chie3.htm

Q折ってしまったトマトの接ぎ木

トマトをプランタ栽培しています。
40cmほどに成長したのですが、不注意で真ん中編からポッキリと切断してしまいました。
追った上部はこのまま復活を期待して、3日ほど切り口を水に漬けてました。
素人考えで接ぎ木すればいいと思い、切断面を斜めにカットして接ぎ木してみました。
ある程度成長した状態からの接ぎ木でもうまくいくでしょうか。
接ぎ木後の扱いでの注意などあれば教えて下さい、

Aベストアンサー

根元側は切り込みを入れ、折れた先の枝側は楔状にとがらせて、先の切り込みに押し込みます。
接合面はテープで巻いて固定します。
動くと失敗するので、添え木をして、風が当たらないところに置きます。
先端側には、ビニールをかぶせておきます。ただし、一気に外すと失敗します。
ビニールをかぶせて、水分の蒸発を防ぎますが、外すときに一気に外すといきなり乾燥してやられてしまいます。
少しずつビニールに穴を開ける感じで外気にならします

Qトマト,キュウリの連作

一般にトマト,キュウリなど連作がきかないといいますが,
どのような理由で連作がきかないのでしょうか.

Aベストアンサー

土壌を団粒化をする作用が最も強いのは糸状菌(カビやキノコ菌)などの菌類です。これらの分解物や分泌物が糊の役目をし、土壌粒子を繋ぎ止めると考えられます。
ところが、そこに堆肥や化学肥料を投入し無機態の窒素が大量に増えると、有機物が腐敗し大量のバクテリア(細菌類)が増えます。

バクテリアは土を繋ぎ止めている糊状物質まで分解してしまいます。すると団粒構造が崩壊し土は単粒化・緻密化します。要するに土壌の物理性が悪化し、気相・水相・固相のバランスが崩れ、土壌の通気・通水、保水・保肥性も悪くなります。

耕土層は時々耕起により、ある程度の柔らかさを保てますが、その下には硬盤層が形成され、水はけが悪くなり更に土壌の腐敗が進行します。
このような状態になると、いわゆる有用微生物と言われるものが減り、有害センチュウや有害作用のある微生物が増えます。

土壌中の排水不良や有害成分が根を痛め、腐敗成分や過剰な無機窒素(硝酸塩)などを吸い上げた作物は弱ります。すると虫や菌に対する抵抗性が落ち病虫害が発生します。連作をすると、これらの症状が顕著に現れるだけのことです。
作物により障害が現れやすい物があり、そのような物を連作が出来ないと言っているわけです。

つまり、連作障害は施肥障害です。その証拠に無施肥の自然農法では連作できない作物など一つもありません。無施肥でも養分循環のやり方さえ分かれば慣行並みの収量が無防除で可能です。

土壌を団粒化をする作用が最も強いのは糸状菌(カビやキノコ菌)などの菌類です。これらの分解物や分泌物が糊の役目をし、土壌粒子を繋ぎ止めると考えられます。
ところが、そこに堆肥や化学肥料を投入し無機態の窒素が大量に増えると、有機物が腐敗し大量のバクテリア(細菌類)が増えます。

バクテリアは土を繋ぎ止めている糊状物質まで分解してしまいます。すると団粒構造が崩壊し土は単粒化・緻密化します。要するに土壌の物理性が悪化し、気相・水相・固相のバランスが崩れ、土壌の通気・通水、保水・保...続きを読む

Qバラの接ぎ木で多色にしたい

添付のコンラードアデナウアーにピンク系のバラを接ぎ木したいのですが
種々の色の花をつけたバラを今まで見かけたことがありません
ノバラの台に接ぎ木するのは一般的なのでしょうが種々の接ぎ木は成功しないのでしょうか
出来れば黄色も接ぎ木して3色咲かせてみたいです

Aベストアンサー

一本の台木に同時に2本以上の接ぎ木をしても1本だけつくか全部つかないかです。よって同時に複数本を接ぐことはやりません。台木なしの接ぎ木、つまり赤と黄色の接ぎ木は絶対に成功しません。よって赤がつぃた接ぎ木の台木部分に黄色を接ぐことになるかと思いますが大抵は共倒れになるか(赤も黄色もダメ、接ぎ木全体が枯れる)、黄色が付かないかのどちらかです。よって多色はバラでは見かけません。

Qモモの接ぎ木を依頼したいのですが・・・・

私の趣味の畑には少なくとも樹齢25年にはなる桃の木があります。最初に2本、近くの種苗店でモモの苗木を買ってきましたが、その内の1本は台木の枝の勢いが強すぎたため、引き抜いてしまいました。

 しかし、もう1本のモモは大当たりでした。とても甘く、大きく、おいしい桃が毎年、沢山なります。自画自賛になりますが、お前のとこのモモを食べたら、他のモモが食べられなくなったと大勢の方に言われてきました。
 
 途中、根本が腐りかけてきたことがあったので、何とか残したいと思い、各方面に問い合わせ自分で樹医のような仕事をして延命に成功しました。
 
 しかし、現在は太い枝が折れたり、樹皮がめくれ上がったり、幹にキノコができたり、根元にサルノ腰掛けができたりして、老化が進行しつつあります。しかし、今年もおいしい桃ができました。

 数年前に新しいモモを植えましたが、はるかに及びません。何とかして、接ぎ木してこの老木の遺伝子を残したいと考えておりますが、具体的にどこにどのように頼めばよいか分かりません。
 
 どなたか良い智恵がありましたらお教え頂けないでしょうか。
 なお、私は大阪の泉州地域に住まいしております。

私の趣味の畑には少なくとも樹齢25年にはなる桃の木があります。最初に2本、近くの種苗店でモモの苗木を買ってきましたが、その内の1本は台木の枝の勢いが強すぎたため、引き抜いてしまいました。

 しかし、もう1本のモモは大当たりでした。とても甘く、大きく、おいしい桃が毎年、沢山なります。自画自賛になりますが、お前のとこのモモを食べたら、他のモモが食べられなくなったと大勢の方に言われてきました。
 
 途中、根本が腐りかけてきたことがあったので、何とか残したいと思い、各方面に問...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、林檎の木は扱った事が有りますが、モモは初めてですので、参考まで、
1) 樹齢25年の枝を新しいモモに「高接ぎ」されては如何ですか?(継いだ部分が枯れる可能性があるので切っても良い枝に)
下記参照してください。
http://www.nogyo.tosa.net-kochi.gr.jp/saibai/kaju/yougo/ikusyu/ikusyu0.htm
2) 下記の天香園ですが、扱っている数が沢山有りますので注文して見ては?(わたしはここで購入してます)
3) 下記の天香園は自分の所で研究所があり、苗を作っているそうですので、台木を譲って戴くか、枝を送って接いで貰うとか、相談したら如何ですか?(迷惑な事かも知れないが)
それでは、参考になると有難いです。

参考URL:http://www.tenkoen.co.jp/product/momo/index.htm

Q接ぎ木の目的と方法

2年前から神奈川県でトマト、きゅうり、ナス、とうもろこし、かぼちゃ、いんげんを育てています。

過去の質問を読んでみると、接ぎ木は連作障害を防ぐ目的で行っているようですが、連作障害予防以外の効果というのはあるのでしょうか?例えば接ぎ木した方が普通のものより(連作してないとして)おいしい、よく育つといったことなど。接ぎ木の目的、長所、短所はなんでしょうか?

また、接ぎ木の方法について調べたのですが、あまりわかりやすいのが見つけられませんでしたので(調べ方が悪かったらすいません)、ご存知でしたら教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「切り接ぎ」が基本的です。「ポマト」も「切り接ぎ」です。

今ふっとおもったのですが、接木処理した苗でしたら、
接木の処理はいりませんよ。

ホームセンターなどですでに
接木処理したトマトやその他の野菜も売っていますよ^^
近くのホームセンターは86円で売ってました。
かなりお買い得でした。

Q豆類の栽培ー連作に関連して

新しく畑を始めて2年目です。そろそろ今年もエンドウ豆などの種を播こうと考えています。豆類は連作を嫌うと本で読みました。昨年から今年にかけて、ジャガイモやナス科の野菜を植えた場所に播いても構いませんか?

あと、サツマイモを植えている場所もありますが、まだ収穫をしていないので準備ができていません。収穫を終えてからこの場所に播いた方が良いですか?どうも、畑のローテーションをどうしたら良いかわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本やネットでは根粒菌が影響して連作障害が起ると書いてあります。回答者さんの場合、どうして障害がなかったのでしょうか。
>おそらく裏山に竹が繁茂しているのですが
これを焼いて炭と灰を耕すときに振りまくことが良いのかと思っています。ほかの野菜に関しても病気かなと思ったときに根元に灰を撒いてあげると治りますので・・・これはなかなか手に入りませんよね。ケイ酸が代用となるのかもしれません・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報