muon の崩壊にともない電子が出てきますよね。
ここで、muon の質量が 106MeV なのに
出てくる電子の最大エネルギーが 106MeV でないところがよくわかりません。
なぜなのかヒントだけでもお願いします。

A 回答 (2件)

muon はほぼ100%の分岐比で


 μ → eνν
のように電子とニュートリノ2つに崩壊します。
ここでエネルギー保存を考えると、3つの粒子のエネルギーの合計は
静止muon のエネルギー 106MeV に等しいことがわかります。

ここで、ニュートリノ2つのエネルギーを0
電子のエネルギーを 106MeV としてはいけません。
もう一つ大事な保存則がありますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

仰るとおりニュートリノ2つのエネルギーが0の時が
電子のエネルギーは最大になり 106MeV だと考えていました。

うっかり運動量保存を忘れていました。
ある方向に電子が飛び出し、その逆方向に2つのニュートリノが飛び出す
という場合に電子のエネルギーが最大になるのですよね。
これで最大エネルギーが muon の静止質量の
約半分になることがわかりました。

お礼日時:2001/10/03 15:12

ミューオンの崩壊の式を書いて、他にエネルギーを持つ粒子が出ていないか調べてみては…。

自信はありませんが、中性子の崩壊からの類推です。

中性子の崩壊:
n→p+e+ν
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

電子のほかにニュートリノが出てくることは知っていたのですが
うっかり運動量保存を忘れていました。

お礼日時:2001/10/03 15:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学エネルギーとエネルギー・質量保存則

物質が持っているエネルギーが化学エネルギーです。
物質の質量をエネルギーに変えることもできます。
物質の質量をエネルギーに変えることができるのであれば、物質の質量は化学エネルギーなのでしょうか?

Aベストアンサー

熱エネルギーについてコメントします。
化学エネルギーは化学結合に関係してのエネルギーです。原子が分子になったりイオンになったりするときには原子の結合状態が変化します。電子の状態も変化します。結合エネルギーの差が出たり入ったりします。今までの回答を見ると化学エネルギーは熱エネルギーのことであるという表現を使われている人が多いです。これは間違いです。化学反応に際して熱エネルギーとして出てくることがあるということであり、同じものではありません。#6の方の回答に熱エネルギーは分子の運動エネルギーと有ります。当然これは化学エネルギーではないでしょう。化学結合のエネルギーは原子核と電子の間に働いている電気的な力が基本ですからエネルギーの大きさもその程度です。化学エネルギーを熱を経由しないで取り出す事も出来ます。電池はその例です。燃料電池は水素と酸素の反応と同じ事が中で起こっていますが熱を通ってから電気エネルギーになっているのではありません。よく脂肪を体内で燃やすという表現をします。これも化学反応によるエネルギーの出入りを熱でしか発想できない人の謝った表現です。栄養素を反応させてそのエネルギーで筋肉を動かすとき、熱を経由しているのではありません。生体に必要な物質を合成するのも熱を通っていません。

原子核は陽子と中性子が結びついて出来ています。この結合エネルギーに当たるものが原子核エネルギーです。普通の化学反応では原子核は壊れません。周辺の電子が移動するだけです。E=mc2に当たるエネルギーは原子核の結合エネルギーに関係します。質量数2の水素には陽子一つと中性子1つが含まれています。この原子核の質量は陽子1つの質量と中性子1つの質量を加えたものよりも小さくなっています。別々に存在していた2つの粒子がくっついて1つになると結合エネルギーの分だけ質量が小さくなります。

どれも物質ですが成分粒子を結びつける力の性質に違いがあります。区別する必要があります。
水素や酸素の原子核を作る結合、水素と酸素から水を作る結合、水と水が集まって液体の水や固体の水を作る結合、性質も大きさも違います。これをはっきりと区別する必要があります。
地球の上で起こること、太陽系で起こること、銀河系で起こること、こういう事が区別されていないと何を言っているかがわからなくなるのと同じです。

化学エネルギーは熱エネルギーではありません。原子核エネルギーも熱エネルギーではありません。エネルギーは互いに姿を変えて移り変わりますから熱として現れることもあります。電熱器で熱を取りだしたからと言って電気エネルギーが熱エネルギーだとしてはいないはずです。エネルギーは姿を変えても量は変わらないと言うのがエネルギー保存です。量として同じだから同じエネルギーがと言うのは困ります。

熱エネルギーについてコメントします。
化学エネルギーは化学結合に関係してのエネルギーです。原子が分子になったりイオンになったりするときには原子の結合状態が変化します。電子の状態も変化します。結合エネルギーの差が出たり入ったりします。今までの回答を見ると化学エネルギーは熱エネルギーのことであるという表現を使われている人が多いです。これは間違いです。化学反応に際して熱エネルギーとして出てくることがあるということであり、同じものではありません。#6の方の回答に熱エネルギーは分子...続きを読む

Q質量数Aとα崩壊、β崩壊の関係について 

・質量数Aが小さくなるとα崩壊が起こりにくくなる理由は何でしょうか?

・また、β崩壊の場合、質量数Aが小さくても起こる理由は何でしょうか?

色々調べたのですが、参考書を読んでも何が原因なのか理解できませんでした。
どなたか知識のある方がいらっしゃいましたら回答を宜しくお願いします。
また、お勧めの文献やURLがあれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

原子核は中性子と陽子で構成されています。原子核内ではこれら核子は互いに引き合って
いるとはいえ、陽子同士は電気的に反発しあっているので、原子番号の大きな元素の原子核
では、陽子の反発が大きくなるため、安定な原子核では、その電気的反発を緩和するように、
中性子数が多くなっています。
安定な原子核を取り上げると、軽い元素の原子核、例えば、原子番号が20位のカリウム、
カルシウム辺りでは、中性子数と陽子数の比は、ほぼ1:1ですが、ウラン辺りになると、
120:80位になります。
しかし、この安定の範囲より中性子数が多過ぎる場合、原子核が安定化するため、
中性子→陽子+電子という変化が起こります。こうして放出される電子線がβ線でβ-崩壊です。
逆に、陽子数が多過ぎる場合は、陽子→中性子+陽電子という変化が起こります(β+崩壊)。
質量数が大きい原子核では、陽子を減らすため、ヘリウム原子核を放出するものが多数
あります。これがα崩壊です。これらの崩壊が起こった後もまだ不安定であれば、安定化のために、
余分のエネルギーがγ線の形で放出されます。

原子核は中性子と陽子で構成されています。原子核内ではこれら核子は互いに引き合って
いるとはいえ、陽子同士は電気的に反発しあっているので、原子番号の大きな元素の原子核
では、陽子の反発が大きくなるため、安定な原子核では、その電気的反発を緩和するように、
中性子数が多くなっています。
安定な原子核を取り上げると、軽い元素の原子核、例えば、原子番号が20位のカリウム、
カルシウム辺りでは、中性子数と陽子数の比は、ほぼ1:1ですが、ウラン辺りになると、
120:80位になります。
しかし、こ...続きを読む

Q原子物理 MeV 静止質量 運動エネルギー

940Mevの運動エネルギーをもつ中性子の速度を計算しなさいという問題なのですが、そもそもMeVがよくわかりません。

運動エネルギーの単位にMeVを使ことがあれば、電子または陽子の静止質量にもMeVを使いますよね?

加えて、βを相対速度としたときに、
運動エネルギー=[(1/(1-β)^(1/2) -1}m0c^2
と書けると思いますが、このときのm0はkgなのかMeVなのか、それとも静止質量を光速Cの2乗で割った値なのか、全くわかりません

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

アインシュタインの「E=mc^2」はご存じですよね。
エネルギー=質量×光速度×光速度
の意味で、質量とエネルギーの等価性を表しています。
エネルギーと質量はカタチは違いますが本質的に等しいのです。

1[g:グラム]=9×10^13[J:ジュール]=5.63×10^32[eV:電子ボルト]
ってこと

>>運動エネルギーの単位にMeVを使ことがあれば、電子または陽子の静止質量にもMeVを使いますよね?
はい、本質的に一緒なので
-------------------------------
アインシュタインの式はわきに置いて、運動エネルギーは質量×速度×速度÷2ですから
E=mv^2/2
Eは与えられていますね。上式をvについてといて値を代入してください。
その際、エネルギーの単位変換をお忘れなく。
1eV=1.6×10^(-19)Jですよ

※相対論的効果も考慮せよっというならばE=mv^2/2の式は使えません。出題の前に何か式を示されていませんか?そこに速度もしくは運動量が入っているでしょうから、速度について求めてあとは代入!

Q位置エネルギーの極小点近傍で運動する質量mの物体の運動方程式とはどういう意味ですか? 位置エネルギー

位置エネルギーの極小点近傍で運動する質量mの物体の運動方程式とはどういう意味ですか?
位置エネルギーはU(x)=ae^(-bx)/b+ax-a/bです。
前問で三項までのテイラー展開も求めています。

Aベストアンサー

-dU/dx = ma

ということです。後は 極小点近傍でのテイラー展開を
代入して微分方程式を解くだけ。

Q2.04MeVのγ線照射で対生成した電子のその後?

ガンマ線を照射するための陽子が一個静止していたとします。いまこの陽子をめがけて、エネルギー2.04MeVのガンマ線が照射されたとします。このとき、陽子近傍の真空からは、電子と陽電子の対が生成される場合があることが知られています。このような場合、約1.02Mevのエネルギーを持つ陽電子は遠方まで飛び去るのに対し、電子の方は遠方に飛び去らずに、すぐにガンマ線を放出して速度を落とし、近傍にあった陽子に取り込まれて陽子内に吸収されたり、吸収されないまま陽子と水素原子を生成したりする場合がある兆候は、観測されていますか? もし、そのような過程が観測されている場合、実際に電子が放出するガンマ線のエネルギーの実験値を教えてください。またこのような情報が得られる教科書、論文等があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

いわゆる対生成の話でエネルギーが物質に変換される例になっています。

>約1.02Mevのエネルギーを持つ

最大0.51Mevと考えるべきです。対生成に1.02Mevのエネルギーを使い、陽電子で余剰のエネルギーを半分づつ持つと考えられます。核との衝突等によるエネルギーロスがあります。

>陽電子は遠方まで飛び去るのに対し、電子の方は遠方に飛び去らずに、すぐにガンマ線を放出して

根本的な誤解です。陽電子は周囲物質の外核電子等とすぐに対消滅してガンマ線になります。電子は核外電子と衝突しながら減速します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報