暖房器具に450Wってかいているんですが、この数値から何がわかるのでしょうか?普通の家庭用コンセントに繋いで、1時間あたりの消費電力はいくらですか?そもそも1時間あたりの消費電力ってどうやって出すんですか?なんか遠い昔、公式があったような…っていうかワットって何??意味わからなくなってきた。誰か私に分かりやすく教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>暖房器具に450W


電気ヒーターですか?ヒーターの場合ほぼ純抵抗なのでWはそのままの計算でいいと思います。
純抵抗のとき100V(ボルト)×4.5A(アンペア)=450W(ワット)
時間あたりはそのまんま、450W/h(アワー)です。
電気代が1kw/h=30円だったら、30×0.45=13.5円(一時間)になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速なご回答有難うございました。そういえばそんなのだったな~みたいな公式でした。感謝!

お礼日時:2001/10/03 14:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無効電力単位バールの語源は?有効電力〔W〕ワットは人の名前ですよね。

無効電力Varバールの語源が知りたいのです。出来れば有効電力P、無効Q、皮相SのそれぞれP,Q,Sの元になったものも知りたいです。お願いします。

Aベストアンサー

Var は volt-ampere reactive の略.
P は Power の P だけど.... Q, R は何だろ? 「P の次」かなぁ?

Q電力のワットと、仕事率のワットについて。

仕事の原理の勉強をしていて、仕事率は、P=W/tで、単位は、ワット、さらにこれは、電力のワットと等しいと書いてありましたが、仕事率と、ワット(電流×電圧)が、どう結びつくのかがよく分かりません。
アドバイスいただけないでしょうか??

Aベストアンサー

>、仕事率は、P=W/tで、単位は、ワット、さらに
>これは、電力のワットと等しいと書いてありましたが、
>仕事率と、ワット(電流×電圧)が、どう結びつくのか

過去に同じような質問に答えたのを再編します。僕の説明は仕事をエネルギーと書きました。

(1)力学的エネルギーと熱エネルギーは等しい。
これは水を撹拌して温度上昇の精密実験を行ったジュールの大発見です。これを記念して、エネルギーの力学単位( kgm^2/s^2)を、Jとも書く。

(2)仕事率とワット
仕事率とは、仕事をこなす速度のことである。力学的速度m/sと同じように、J/sとなる。エネルギーの流速。
ジェームスワットは蒸気機関時代の人でありワット自身が使った単位は「馬力」であったが、後のメートル法ではワットを記念して、エネルギー流速J/sをWとも書く。
ゆえにワットは純粋に力学的な単位である。(学校の理科では、ワット=V×Aと登場するがこれは定義ではない。)

(3)すべての電気の定義の基本は、電流である。
電流同士は電磁力を発する。これによって「電流の大きさ」を力学的に定義できる。国際的にもこう決められており、長さ1mの線2本が間隔1mにあるときの力がこれこれである電流を、1Aとする。
アンペアとは何か?の答は「力の単位の一種です」である。(学校の理科では、電流=V/Rとして登場するがこれは定義ではない。)

(4)電流は熱を発生し続けるという事実がある。
熱は力学的エネルギーであるから、電流と熱エネルギー発生速度の比例定数として「電圧の大きさ」が定義されている。ゆえに電圧の力学的単位は(J/s)/Aで、これをVとも書く。
(学校理科では最初に電池の電圧の単位として登場するがもちろんこれは定義ではない。)

(5)また発熱は、電流を2倍にすると4倍に、電流の2乗に比例するという事実がある。
電流^2と発生エネルギーの比例定数として「電気抵抗の大きさ」が定義されてる。抵抗の力学的単位は(J/s)/A^2で、これをΩとも書く。


したがって質問への答は「ボルトとアンペアは上記のようにエネルギー流速の間接表現なので、掛ければ元に戻るだけのこと」です。

言い替えるならば、
ワットは純力学的に決まり、それと無関係に電流が決まり、電圧は、発熱の比例係数として決まる。


過去ログは下記のNO4。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=919418

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=919418

>、仕事率は、P=W/tで、単位は、ワット、さらに
>これは、電力のワットと等しいと書いてありましたが、
>仕事率と、ワット(電流×電圧)が、どう結びつくのか

過去に同じような質問に答えたのを再編します。僕の説明は仕事をエネルギーと書きました。

(1)力学的エネルギーと熱エネルギーは等しい。
これは水を撹拌して温度上昇の精密実験を行ったジュールの大発見です。これを記念して、エネルギーの力学単位( kgm^2/s^2)を、Jとも書く。

(2)仕事率とワット
仕事率とは、仕事をこなす速度のことで...続きを読む

Q並列回路において、抵抗Rにおける消費電力を最大にするRの値と、そのときの消費電力Pmの求め方

電気回路の問題で、答えの導き方がわかりません。
一応、答えのみは分かっているのですが、肝心の導き方がわかりません。
質問の文章と答えを以下に示すので、どなたか導き方を教えて下さい。
よろしくお願いします。

質問:図の回路(添付データ参照)において、抵抗Rにおける消費電力を最大にするRの値と、そのときの消費電力Pmを求めよ。
解答:R=8Ωのときで、Pm=200W

Aベストアンサー

Rから左を見ると、出力抵抗8Ω、出力電圧80Vの電源回路になります。
(10Ωと40Ωの並列抵抗が電源に入っている事より)
最大の電力が得られるのは、電源の出力抵抗と等しい時なので
Rは8Ω。最電力時は、電源電圧の半分がRにかかるので40V。
40Vx40V/8Ωで200Wとなります。

参考まで

Q有効電力と消費電力について質問です。

消費電力、負荷電力を求めよ、という場合有効電力を求めればよいのでしょうか?単純な質問で申し訳ございません。

Aベストアンサー

消費電力と有効電力はイコールと考えて問題ないと思います。なぜなら、有効電力は、消費される電力であり、無効電力は、出力として有効に利用できない電力だけであって、無効となる電力ではないからです。無効電力は、誘導性、容量性どちらも、電界、磁界の差はあるものの空間にエネルギーを蓄える負荷で、正弦波回路であれば、次の半サイクルで電源側に蓄えたエネルギーを放出します。エネルギーは消費されません。(エネルギー移動のための電路損失は発生しますが)
一方、私の記憶に限れば、負荷電力とは、あまり表現されないと思います。問題で、このような表現がされるということは、あまり、有効電力と無効電力を明確に扱う必要のないレベルの問題と思われます。明確な正解とはなりませんが、この場合、有効電力として扱って問題ないのではないでしょうか?どっちにしろ、問題の出し方が間違っていることは間違いありませんね?

Q電力(消費電力)初歩的な質問です。

よろしくお願いします。

 100V-50Wの電球3個を写真のように接続した。
 電球1個の抵抗は何Ωか。

 という問いで答えは200Ωなのですが
 なぜ同じ抵抗値なのかが理解できません。
 電圧のように並列であれば数値がすべて同じではないですよね
 どなたか詳しくご教授ください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

並列にしてもA側とB側の両端にかかる電圧は100V

「B」の抵抗Rに流れる電流Iは
 W=EI → I=W/Eで
 I=50[W]/100[V]=0.5[A]

 R=E/Iから
 R=100[V]/0.5[A]=200[Ω]

「A」側は混乱させる単なる引っ掛けだと思います。
ちなみに「A」側は合計400Ω、0.25A、1球当たりの電力12.5W


人気Q&Aランキング

おすすめ情報