私の父は測量会社を経営しています。でもこの不景気で毎月の借り入れの返済
に頭をかかえています。(現在会社の売上は0です)返済のお金は父の母が何とか
出しています。それもいつまでもつか・・・。娘の私も父の会社で働いていましたが7月に社員全員解雇になりいま失業中です。(会社には解雇された社員さんが数名バイトをしています)私は母親と同居しています。両親は3年前に離婚しました。慰謝料として家をもらいました。(1軒家)父も再婚した相手と1軒家で暮らしています。母は父から家を貰う時に「この家は担保に入っていないから困ったときには売ったらいい!」と言っていたのですが最近父が10年前に買った家の担保に入っていることが発覚したのです!今父は家の担保を抜くために銀行の借り換えをしようと必死ですが会社の経営悪化もあり銀行もいい返事はくれません。不動産も何件かあり売りに出していますが売れません。私は父の住んでる家を売りに出したらと言ったのですが父はYESといいいません。(父には小さな子供が二人います)
母は精神的にかなり疲れています。働けない体なので家の維持費は妹が払っています。私も協力出来たらいいのですが昔からの借金もあり、子供もいる状態でなかなか借金も減らず家に協力出来ません。(無職の為自己破産も考えています)妹が本当に可哀相です!でも担保に入ってる以上家を売却することは出来ませんよね!兄も同居ですが借金がある上働かず毎日催促電話がかかってきている状態で母は昨日疲れとストレスから倒れてしまい病院で点滴を受けて今寝込んでいます。(心臓の手術を数年前に受けているのです)この状況をどうしたらいいのか私のバカな頭では考えられません!何かいい方法はないでしょうか?アドバイスできる方お願いいたします。m(--)m

A 回答 (2件)

辛い状況ですね。



妹さんの収入だけで生計を立てるのは大変でしょう。その上、お母さんの医療費もかかるとのこと。

まず、市区町村の福祉課で相談されたらいかがでしょうか。
母子家庭としての援助や、生活保護を受けるなどの方法を相談されたらよろしいかと思います。

また、過去の借金が有るとのことですから、自己破産も考えられたらよろしいでしょう。
これは、費用がかかりますが、国で費用を援助する「法律扶助制度」も有ります。
制度の詳細は、参考URLをご覧ください。

とにかく、悩んでいても解決しませんから、早急に、市の福祉課に行って相談することをお勧めします。

体に気をつけてください。

参考URL:http://www.jlaa.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!生活の事に関しては役所に相談が一番いいみたいですね。今日兄は弁護士に相談に行きました。自己破産をするようです!
私もこのままの状態ではいけないと思うので自己破産を考えています。簡単に自己破産を口にしていますがやはり子供のことを考えるとそうすべきかなぁ~と。
自分で作った借金は返すのがあたりまえです。でも返したくても返せない状況に陥ってしまいました。再就職に向け職安に通うものの保育園に子供を預けてるこの状況での再就職は本当に難しいです!でも前向きに頑張って行こうと思います!
本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/10/04 23:02

ご両親が離婚した時には今済んでいらっしゃる家が抵当に入っていたということですよね。

名義変更をした時点で抵当権が設定されているとは十分知り得たことだと思うのですが...。借金が払えないというならば最終的に家は競売にかけられることになるのではないでしょうか。
あなたのおうちの大変さしか分からず、あなたが何を希望しているのか分かりません。
出来ればあなたはどうしたいのか、書いていただけませんか?

では。

この回答への補足

回答ありがとうございます!おっしゃる通り今住んでる家が抵当に入っています。
名義変更したときに抵当権の設定を知ることが出来るとの事ですが名義変更する前から父に抵当権は抜いた!と言われていた為父の言うことを家族は疑わず信じていたので父に何もかも任せっきりだったので判らなかったのです。確認するべきだったのだと母は言っていました。(今更ですけど・・。)今父が住んでる家のローンの残債は3500万残っています。買った当事は6500万で購入しています。売値は路線価でみても4000万ぐらいになるそうです!でもこの不景気に家なんてなかなかうれませんよね?父も売る気はないみたいですし・・・。私はどうにか家の抵当を抜くことが出来ないかと考えています。母にとって住んでる家は唯一の財産です。なんとかしたくても私にはどうすることも出来ません。だからこの教えて!gooに投稿し何か良い方法があればと
思いました。この状況ではただ指をくわえてみてるだけしかないのでしょうか?

補足日時:2001/10/04 22:52
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま

父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま)の住民票は我が家に登録された状態です。

父と母は別居して4年になり離婚は成立していないままです。
先日、父の名義で借金が発覚し裁判所から内容証明のようなものが届き、
出頭しないと資産の差し押さえが行われるような事が書いてありました。
父の携帯に電話してもつながらず、どこで何をしているのかも不明です。
もし父が出頭しなかった場合、我が家の資産が差し押さえられるのでしょうか?

参考までに
車・・・父名義ですが、車を購入したのは母で使用者も100%母です。新車登録から8年経過した走行距離3万キロの日産のマーチ。
後は、差し押さえるような父名義の私物はありません。

要は、父名義の家ですが行方不明の父なので生活実態が我が家には何年もありません。
借金の額は70万位ですが、連絡すらつかない父の肩代わりをするのも嫌です。
おそらくほかにも数100万くらい借りていると思うので、
肩代わりしてもきりがありませんし、そんないい加減な人間に肩代わりする気もありません。

この場合車などの差し押さえはされるのでしょうか?
また、裁判所等にどのように対応したらいいのでしょうか?
家は近々、出ていく予定です。

どうか知識が御有りの方、助けてください。

父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま)の住民票は我が家に登録された状態です。

父と母は別居して4年になり離婚は成立していないままです。
先日、父の名義で借金が発覚し裁判所から内容証明のようなものが届き、
出頭しないと資産の差し押さえが行われるような事が書いてありました。
父の携帯に電話してもつながらず、どこで何をしているのかも不明です。
もし父が出頭しなかった場合、我が家の資産が差し押さえられるのでしょうか?

参考までに
車・・・父名義ですが、車...続きを読む

Aベストアンサー

裁判所からの出頭要請には従ってください。
推測の域を出ませんが、母親が連帯保証人にされている可能性が高いと感じます。もし、そうであるなら連帯保証人は偽造であるということを裁判所で証明しなければなりません。証明できないのなら自己破産も視野にいれなければなりません。いずれにしても状況把握しないと先に進めません。出頭要請を無視すると全面的に相手(多分サラ金)の言い分を認めたことになります。

Q母の遺産相続協議中に借金のある父も死去

母が死去しました。相続人は、父と子供3人です。母の遺産分割を協議中に、父が死去しました。母には財産がありましたが、父には借金がありました。ですので、父の相続は放棄します。母の財産は、子供三人で分割できるのでしょうか。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

母父の順で逝去し、亡母遺産分割未了で、父逝去したとのこと。

亡父遺産につき、相続放棄するしないで扱いが違ってきます。
相続放棄しないなら、亡父の立場で、母遺産分割協議します。子3人のうち、だれか一人相続放棄しなかったなら、その子が、亡父にかわって、母遺産につき分割協議することになります。

子全員相続放棄したなら、亡父の相続権は、亡父の直系尊属(第2順位)、兄弟姉妹(第3順位)と移っていき、相続放棄しなかったために、亡父の相続人となった人と、母遺産につき分割協議に参加します。

亡父相続人と目される人が皆、相続放棄したら相続人不存在で、亡父遺産につき利害関係者(借金債権者)が請求し家裁が立てた相続財産管理人と、分割協議することになります。

いずれにせよ、亡父遺産につき子全員相続放棄すると亡父が相続する分(母遺産1/2)につき、子であるあなた(方)の自由にはならない、ということになります。母遺産を子で分割したいなら、すくなくとも子のだれか一人(3人ともでもよい)、父遺産につき相続放棄しないで、父借金と向かい合わなければなりません。その人が、亡父が相続するはずの母遺産をあわせて受け取れるわけです。

母父の順で逝去し、亡母遺産分割未了で、父逝去したとのこと。

亡父遺産につき、相続放棄するしないで扱いが違ってきます。
相続放棄しないなら、亡父の立場で、母遺産分割協議します。子3人のうち、だれか一人相続放棄しなかったなら、その子が、亡父にかわって、母遺産につき分割協議することになります。

子全員相続放棄したなら、亡父の相続権は、亡父の直系尊属(第2順位)、兄弟姉妹(第3順位)と移っていき、相続放棄しなかったために、亡父の相続人となった人と、母遺産につき分割協議に参加します。
...続きを読む

Q父が勝手に母名義で作った借金で,母が訴えられました(長文です

先日,簡裁より「訴状」が届きました。
訴状に添付されていた原因となる契約書を読んだところ,以下のことが分かりました。

(1)契約は平成4年に母名義で某信用金庫との間で結ばれた当座貸越契約で,母の名前が署名押印されているが,明らかに父の筆跡であり,口座及び印鑑は父が使用・管理していた物で母は使用したことはない。
(2)契約書には,母が父の経営する会社の取締役と書かれているが,当時母は専業主婦であり,取締役である事は知らず,契約のことも父から全く聞いていない。
(3)契約は父の事務所内で行われ,信金側担当者氏名と面談日時が記載されているが当時母は父の事務所には行くことはなく,契約を結んだ日にも事務所には行っていない。
(4)債権は,信用金庫→保証会社→債権回収会社と移ったものであり,請求金額は元本約20万円と完済までの損害遅延金。
(5)訴状が届く約1年前から回収会社から「債権譲渡通知」と「お電話のお願い」が届いていたが,母は全く身に覚えのないことなので今流行の「振り込め詐欺」だと思い放置していた。今回,訴状を見て初めて父が作った借金だと判明した。

平成10年の離婚以降現在に至るまで,父は行方不明となり,母は女手一つで私と姉の2人を育ててくれました。離婚の際養育費・慰謝料等は一切ありませんでした。やっと手に入れた平穏な生活を,今回のことによって乱され,また苦労するのかと思うと本当にうんざりしますが,訴えられた以上放っておけません。まず回収会社に経緯を話し,訴えを取り下げて貰うことを検討していますが取り下げをして貰えない場合,本人訴訟で勝訴するためには具体的にどうすればいいのでしょうか。また,勝訴の見込みはあるのでしょうか。(どんな判決が予想されるのか)答弁書の提出が10月末であるため,急がなければなりません。どうぞよろしくお願いします。

先日,簡裁より「訴状」が届きました。
訴状に添付されていた原因となる契約書を読んだところ,以下のことが分かりました。

(1)契約は平成4年に母名義で某信用金庫との間で結ばれた当座貸越契約で,母の名前が署名押印されているが,明らかに父の筆跡であり,口座及び印鑑は父が使用・管理していた物で母は使用したことはない。
(2)契約書には,母が父の経営する会社の取締役と書かれているが,当時母は専業主婦であり,取締役である事は知らず,契約のことも父から全く聞いていない。
(3)契約は父の事務所...続きを読む

Aベストアンサー

ご指摘の「本人確認法」はマネーロンダリング規制の中で預金契約の当事者の確認・実在人での口座開設を徹底する為の資料・手法の制定と考えますので、今回の母親の連帯保証契約とは無関係です。今回母親の問題については契約後の追認行為と同様に、個別契約において、契約当事者へ請求・裁判上での権利行使をするのに足りる証拠となりうるかどうか、だけを個別に判断するしかなさそうです。(なのでこれ以上は事実関係が分りません)

金融機関との個人保証については、H17/4施行の包括保証の禁止に係る「民法の一部を改正する法律」の方が関連合いが大きそうです。(但し、本件では既に保証債務の対象が確定しており改正法との関係は無いのですが、金額・時間軸両面での無制限な保証から個人を解放するという改正法の趣旨だけ理解しておいて下さい)
http://www.moj.go.jp/HOUAN/houan28.html
http://birdreport.jp/rp/BR040301.html

それ以上に本件については、当初融資した信用金庫・保証したクレジット会社が敢えて請求しなかった(請求できなかった)保証債務を、債権譲受会社が少額訴訟という低コストで権利確定させようとしているのでは、と考えますので、「筆跡相違・印鑑相違」を理由に厳然とした対応をすれば決着するのでは、と推測します。(但し、これも事実関係が不明なので推測の域を出ません)

ご指摘の「本人確認法」はマネーロンダリング規制の中で預金契約の当事者の確認・実在人での口座開設を徹底する為の資料・手法の制定と考えますので、今回の母親の連帯保証契約とは無関係です。今回母親の問題については契約後の追認行為と同様に、個別契約において、契約当事者へ請求・裁判上での権利行使をするのに足りる証拠となりうるかどうか、だけを個別に判断するしかなさそうです。(なのでこれ以上は事実関係が分りません)

金融機関との個人保証については、H17/4施行の包括保証の禁止に係る「民法の...続きを読む

Q父が亡くなり 父名義の土地の名義変更を行いました。子供は私1人なので母

父が亡くなり 父名義の土地の名義変更を行いました。子供は私1人なので母と話し合い私1人の名義にしました。(母は破産しており、その後も借金を繰り返していた為)ところが2年たった今頃になり、土地の価格の半分を渡せといってきました。私が相手にしないでいると、家庭裁判所へ調停を申し込むといいました。私は支払い命令がでるのでしょうか?どなたか、詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

相続登記のさいに法定持分でなく、あなたの単独名義にするためには、遺産分割協議書・遺産分割証明書・特別受益者証明書、以上3種類のいずれかにお母様が実印を押印し、印鑑証明書を添付しています。
あなたが署名した記憶がなければ、遺産分割証明書・特別受益者証明書にお母様だけが捺印して名義変更したものと思われます。
書面の作成は違いますが、実質遺産分割協議という法律行為は適正になされましたので、不動産の所有権は真実あなたのものです。
適正になされた名義変更に対して半分返せと言っても法律の根拠がありません。
調停に出すのは自由ですが、半分返せの法律根拠がありませんから、調停委員もどう対処していいか困るでしょう。
法律的にはお母様はなんの請求権もありません。
従って質問にあるような法的手段はお母様はとれません。

他人であれば、なんの根拠もありませんのでただ無視すればいいのですが、親子関係となると法律とは違う問題なので、いちがいに無視してくださいともアドバイス出来ません。
法律上ではお母様はなんの権利主張も出来ませんので、単なる親子関係のお金の貸し借りということですが、お金の貸し借りといっても破産する人ですから、あなたがお母様にいくら贈与出来るかという問題です。
不動産の名義を半分贈与しますと莫大な贈与税が発生しますので、現実的に名義変更は無理です。
出来るとすればあなとの所得からわずか金銭贈与をすることぐらいです。
しかし意味もなく贈与というのは常識に反していると思います。

再度書きますが、お母様はあなたに何の請求権もありませんので、あなたが善意で贈与するのかどうか、法律の話ではありませんので、常識的にお考えください。

相続登記のさいに法定持分でなく、あなたの単独名義にするためには、遺産分割協議書・遺産分割証明書・特別受益者証明書、以上3種類のいずれかにお母様が実印を押印し、印鑑証明書を添付しています。
あなたが署名した記憶がなければ、遺産分割証明書・特別受益者証明書にお母様だけが捺印して名義変更したものと思われます。
書面の作成は違いますが、実質遺産分割協議という法律行為は適正になされましたので、不動産の所有権は真実あなたのものです。
適正になされた名義変更に対して半分返せと言っても法律の...続きを読む

Q父の借金。母の資産はどうなるの?

 ぜひ、銀行関係者や法律の専門家の方にお聞きしたいのですが・・・。
 父は個人事業主で、現在銀行・国民公庫などに約2000万円の借り入れが、あります。ところが先日、その父が病気で倒れてしまいました。つまり、事業が継続できない状況になりつつあります。当然、土地も家も担保に入っており、毎月の返済は容赦なく、25万から30万円をこれからも返済していかなければなりません。公庫や銀行との打ち合わせた上、返済期限や返済方法など、検討はしましたが・・・。手形を先送りや返済月額を減らして期限を延ばす、など、考えられる方法はすでに手を打ちました。
 一方、母は堅実に預金や保険などで1000万円ほどの資産を形成しており、学習塾の収入も毎月約20万円あまりあります。
 そこで、この場合、父の借金返済が滞った場合、保証人に請求がいくであろう事はわかるのですが、保証人でもない母や子供に対して、請求されるのでしょうか?死亡したのなら、相続放棄などの方法があるのですが、死亡ではなく、生きていて収入が途絶えることになったときの対処法は、どうしたらよいでしょうか?
 父の自己破産という手も考えておりますが、これも母や子供に請求が回るのでは考え物です。
 父と母の離婚、自己破産、相続放棄、ありとあらゆる手立てを覚悟していますので、ぜひお知恵を貸してください。
 ちなみに、銀行は家や土地を担保に取っているのですが、現在の価値としてはせいぜい1000万弱といったところ。また、子供は事業を継承しておりません。
 よろしくお願いします。

 ぜひ、銀行関係者や法律の専門家の方にお聞きしたいのですが・・・。
 父は個人事業主で、現在銀行・国民公庫などに約2000万円の借り入れが、あります。ところが先日、その父が病気で倒れてしまいました。つまり、事業が継続できない状況になりつつあります。当然、土地も家も担保に入っており、毎月の返済は容赦なく、25万から30万円をこれからも返済していかなければなりません。公庫や銀行との打ち合わせた上、返済期限や返済方法など、検討はしましたが・・・。手形を先送りや返済月額を減らして期限を延...続きを読む

Aベストアンサー

借金の返済が滞った場合は、
1.保証人に請求がいきます。
保証人でなければ家族であっても保証の履行が請求されることはありません。
したがってお母様の資産や収入に強制執行がなされません(なされても異議の申立で執行が解除されます)。
しかし、他人が保証人である場合、その他人が保証の履行を迫られているのに「知らん顔」が出来るかですね。
2.抵当権の実行がされます。
その場合、抵当物件に居住している者は退去しなければなりません。
また、物件処分をしてもまだ債務が残る場合は、主債務者、保証人とも支払い義務が残ります。
3.離婚してもしなくても法的には同じです。
ただし、他人が保証人であるような場合「知らん顔」する為の口実になりうることもあるでしょうか。
4.自己破産と「免責」を受けた場合
抵当権の実行は避けられませんが、債務が残っても支払義務は免責されます。
しかし、ご心配の「家族への請求」はありません。
保証人も破産、免責をしない限り保証人への請求は残ります。

5.相続放棄
未だ相続が開始していない段階で放棄は出来ません。

実務的には以上の様になります。
事業に採算がとれず、あきらめるのであれば破産がやむを得ない選択でしょう。
事業継承の意思がおありなら、#2を参考にされて、
また債権者に相談されて、事業再生の道を探られるのもひとつの方策だと思われます。
大変なことですが何らかの「けじめ」をつけることが大事です。頑張ってください。

借金の返済が滞った場合は、
1.保証人に請求がいきます。
保証人でなければ家族であっても保証の履行が請求されることはありません。
したがってお母様の資産や収入に強制執行がなされません(なされても異議の申立で執行が解除されます)。
しかし、他人が保証人である場合、その他人が保証の履行を迫られているのに「知らん顔」が出来るかですね。
2.抵当権の実行がされます。
その場合、抵当物件に居住している者は退去しなければなりません。
また、物件処分をしてもまだ債務が残る場合は、主債務者...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報