先日、千葉のカルフールで<トウガラシ入りディジョンマスタード>というものを、もの珍しさから買ってきました。

しかし・・・
サンドウィッチにマスタード替わりに付けるには辛すぎるし、ソーセージにつけるだけでは芸がない感じです。

もし同じ物を使っている人がおられましたら、使い方・レシピを教えて頂けませんか?

他にも商品名から想像して、「こんな使い方は?」というアドバイスがありましたら、教えて下さい!

味はトウガラシとマスタードの味(そのまんまですね・・・^^;;)、それに酸っぱい味を足したような微妙な味です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たまたま同じ頃、同じモノをカルフールにて買いました。



レシピというよりは使い方になりますが、以下のものをオススメします。ただ、好みの問題もありますので、テイストに合わなかったらゴメンナサイ。

1.チキンとアボカドのトーストサンド または サラダ
私のお好みメニューですが、ボイルあるいはローストしたチキンとアボカドを合わせて、レタス・トマト・キュウリなど好みでサンドイッチ、あるいはサラダでもいいと思います。好みで少しソースを入れてもいいでしょう。サンドイッチであれば、ライ麦パンをトーストするのがオススメです。

2.ローストしたサーモンのソースとして
ローストあるいはオイル焼きしたサーモンのソースとしてすごくオススメです。サーモンは軽く黒胡椒したくらいでいいと思います。

3.シュリンプカクテルのソースとして
エビをボイルして冷やしたシュリンプカクテルのソースとしてもいいと思います。好みでリーペリンのウスターソースで味を調整しても面白いと思います。

ちなみにもうひとつのバジル入りマスタードも購入しましたけど、こちらも結構酸味つよめですが、美味しかったですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのレシピ、ありがとうございました!!
「面白そう!」と思って買ってはみたものの、いざ使おうと思ったらどんなお料理に合うのかわからなくて困っていました。
サーモン、美味しそうですね!
試してみます。

お礼日時:2001/10/05 00:14

よくステーキのソースにというのがあります。

それに唐辛子を入れたと考えればよいのかしら??


だとして。

ステーキを焼いた肉汁に赤ワインとコンソメスープ合わせて100ml入れる(半々か、少しスープが多め)
小さじ1くらいのディジョンマスタードを入れ混ぜ、半分くらいの量になるまで煮詰める。
バターを加え溶けたらそれがステーキソース。


あとは・・マヨネーズに少量加えてマスタードマヨネーズかな?

肉にとにかく合うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます!!
さっそく、試してみます。

お礼日時:2001/10/03 18:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマスタード味を消す調味料は?(さんまの缶詰)

間違えて、さんまのマスタード漬けの缶詰をいくつか購入してしまいました。
私はマスタードが嫌いなのですが、
何を混ぜればマスタード味が弱まりますか?
ちなみに、マスタードは辛くありません。

においの強いものと合わせれば大丈夫かと思って
みそで炒めてみましたが、だめでした。

Aベストアンサー

>私はマスタードが嫌いなのですが

具体的にマスタードの何が嫌いですか?
例えば酸味や色、独特の風味、粒のザラつき?

マスタード独特の酸味や風味を飛ばすには
マヨネーズ、ガーリック、チーズ乗っけて
オーブントースターや魚焼きグリルで焼くといいですよ。
マスタードは、油に溶けやすいので、炒めるよりは
オーブン系で焼いて香ばしくするほうが向いています。

Qムカつきます!!ソーセージって魚肉ソーセージですか

今、飯を食っていて、

おかずに、一品ソーセージを付けて!!!


って言ったら、「親が魚肉ソーセージを焼こう」と、したので、

そうじゃない!!!ウインナーだ!!!!

って言って、マジで大激怒しましたが、

「ソーセージ」って言ったら「魚肉ソーセージ」なのでしょうか??


マジで、母親の馬鹿さ加減にムカつくので、よろしくお願いします!!!!

Aベストアンサー

 私の年代だとソーセージ=魚肉ソーセージってのもあったなあ。

 あなたのお母さんが私と同じ世代かどうかわからないけれど、たまたま魚肉ソーセージしかなかった、って話じゃないんですか。そうなると馬鹿とか利口ではなくて、あるかないかの話。実は普通のソーセージも魚肉ソーセージも冷蔵庫にあって、という話だとしたらちょっと違和感はありますけれど、さすがに馬鹿とは言いがたい。
 いずれにしても、親を馬鹿呼ばわりしているとあなたも親になった時に馬鹿にされますよ。

 ちなみに「ウインナー」って「羊腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm未満」のものであって、数あるソーセージの一種類に過ぎません。
 ソーセージ=魚肉ソーセージじゃないですけれど、ソーセージ=ウインナーでもありません。

Q焼いたソーセージと、ボイルしたソーセージってそんなに食べた感じが違いますでしょうか?

どうでもいい質問ですみません。
私の夫はフライパンで焼いたソーセージは好きで食べてくれるのですが、
ボイルしたソーセージは食べないのです。
「どうして食べないの?ソーセージ好きでしょう?」と言うと、
「茹でたのは嫌いなんだ」と答えるので、
「ええ~!なんで?」と聞いても
「なんでもだよ。茹でたのはまずい」と言います。
はっきりした理由はいいません。

私には理解できません。
焼いたのも茹でたのも、同じようにおいしいと思いますし、そんなに味などが変わるようにも思えません。

夫と同じ感覚の方はいますか?
なぜ、茹でたのが嫌なのか教えてください。

Aベストアンサー

焼いても、茹でてもどちらも好きですが、それぞれかなり違うとは思います。

焼いた(フライパンで炒める?)は、こうばしい感じになり、多少なりとも油をひくでしょうから、ちょっとひつこいかも。
茹でると、あっさりしますが、ちょっとでも茹ですぎると、水っぽくなってしまうように思います。

皮の感じもかなり違いません?焼くとぱりぱり感が強いですが、焼きすぎると硬くなってしまいます。茹でたほうがソフトになる気がします。

どちらが好きというのも、それぞれにわかる気がします。

Qウインナーとソーセージは違いがあるんですか? ウインナーのソーセージは違いがあるんでしょうか?

ウインナーとソーセージは違いがあるんですか?

ウインナーのソーセージは違いがあるんでしょうか?

Aベストアンサー

「ウインナー」とは豚肉と牛肉を塩漬したものに香辛料を加えて練り合わせ、ケーシング(羊などの腸)に充てんした後、 燻煙・ボイルしたソーセージで、オーストリアのウイーンが発祥地のソーセージです。
ということは、「ウインナー」はたくさんある「ソーセージ」の一種なのです。
尚、日本の場合、JAS(日本農林規格)によると、

肉の種類や燻煙の有無等には関係なく、ある一定の基準で作られたソーセージのうち
羊腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm未満をウィンナーソーセージ
豚腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm以上36mm未満をフランクフルトソーセージ
牛腸を使用したもの、又は製品の太さが36mm以上をボロニアソーセージ
と分類されますので(あくまでも日本での分類ですが)



と、本やネットに記載されています

世界水準では
腸や袋で包むものを ウインナー
包まないで 牧場 や スライスされたのもを ソーセージ なんて 区分をしてたり してなかったりです!

明確な 区分はないのかもしれません
国により 棒の肉 とりあえず これを全部ソーセージといいます
って国や
ぎゃくに
これらを ウインナー といいます

なんて 感じだと思われますね!

「ウインナー」とは豚肉と牛肉を塩漬したものに香辛料を加えて練り合わせ、ケーシング(羊などの腸)に充てんした後、 燻煙・ボイルしたソーセージで、オーストリアのウイーンが発祥地のソーセージです。
ということは、「ウインナー」はたくさんある「ソーセージ」の一種なのです。
尚、日本の場合、JAS(日本農林規格)によると、

肉の種類や燻煙の有無等には関係なく、ある一定の基準で作られたソーセージのうち
羊腸を使用したもの、又は製品の太さが20mm未満をウィンナーソーセージ
豚腸を使用したも...続きを読む

Q辛子やマスタードについて

おでんや肉まんなんかに使われる辛子ですけど、栄養ってあるんでしょうか?マスタードと併せてお願いします。

Aベストアンサー

標準食品成分表より

からし・練りマスタード
エネルギー(kcal) 174.0 レチノール当量(μg) 9 ナトリウム(mg) 1200
水分(g) 65.7 ※レチノール(μg) 0 カリウム(mg) 170
たんぱく質(g) 4.8 ※カロテン(μg) 54 カルシウム(mg) 71
脂質(g) 10.6 ビタミンD(μg) 0 マグネシウム(mg) 60
※飽和脂肪酸(g) 0.00 ビタミンE(mg) 1.6 リン(mg) 140
※一価不飽和脂肪酸(g) 0.00 ビタミンK(μg) 6 鉄(mg) 1.8
多価不飽和脂肪酸(g) 0.00 ビタミンB1(mg) 0.14 亜鉛(mg) 0.8
※コレステロール(mg) 0 ビタミンB2(mg) 0.04 銅(mg) 0.10
炭水化物(g) 13.1 ビタミンB6(mg) 0.10 マンガン(mg) 0.41
※食物繊維(g) 0.0 ビタミンB12(μg) 0.0  
※※水溶性食物繊維(g) 0.0 葉酸(μg) 14
※※不溶性食物繊維(g) 0.0 ナイアシン(mg) 1.1
食塩相当量(g) 3.0 パントテン酸(mg) 0.27
廃棄量(%) - ビタミンC(mg) 0
※100g当たりに含まれる栄養成分の量です。

からし・粒入りマスタード
エネルギー(kcal) 229.0 レチノール当量(μg) 5 ナトリウム(mg) 1600
水分(g) 57.2 ※レチノール(μg) 0 カリウム(mg) 190
たんぱく質(g) 7.6 ※カロテン(μg) 32 カルシウム(mg) 130
脂質(g) 16.0 ビタミンD(μg) 0 マグネシウム(mg) 110
※飽和脂肪酸(g) 0.00 ビタミンE(mg) 1.4 リン(mg) 260
※一価不飽和脂肪酸(g) 0.00 ビタミンK(μg) 5 鉄(mg) 2.4
多価不飽和脂肪酸(g) 0.00 ビタミンB1(mg) 0.32 亜鉛(mg) 1.4
※コレステロール(mg) 0 ビタミンB2(mg) 0.05 銅(mg) 0.16
炭水化物(g) 12.7 ビタミンB6(mg) 0.14 マンガン(mg) 0.62
※食物繊維(g) 0.0 ビタミンB12(μg) 0.1  
※※水溶性食物繊維(g) 0.0 葉酸(μg) 16
※※不溶性食物繊維(g) 0.0 ナイアシン(mg) 1.8
食塩相当量(g) 4.1 パントテン酸(mg) 0.28
廃棄量(%) - ビタミンC(mg) 0
※100g当たりに含まれる栄養成分の量です。

標準食品成分表より

からし・練りマスタード
エネルギー(kcal) 174.0 レチノール当量(μg) 9 ナトリウム(mg) 1200
水分(g) 65.7 ※レチノール(μg) 0 カリウム(mg) 170
たんぱく質(g) 4.8 ※カロテン(μg) 54 カルシウム(mg) 71
脂質(g) 10.6 ビタミンD(μg) 0 マグネシウム(mg) 60
※飽和脂肪酸(g) 0.00 ビタミンE(mg) 1.6 リン(mg) 140
※一価不飽和脂肪酸(g) 0.00 ビタミンK(μg) 6 鉄(mg) 1.8
多価不飽和脂肪酸(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報