日本の水道水中には最大で何mg/lの硝酸塩が含まれているのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

水道法による飲料水に関する「水質基準」では硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素の合計で10mg/Lという基準が設けられています。

従ってこの数値を上回るような水道水は供給されることはないものと思います。
通常水道水源に使用される源水に亜硝酸性窒素が含まれることは考えられないため、(合計)のほとんどが硝酸性窒素だと思います。水道水源が山間部のダムから供給されている地域では1mg/Lを越えることは稀です。大河川の下流部を水源にしている(例えば大阪市)地域は上流部からの汚水の影響で高くはなりますが、硝酸性窒素で(硝酸イオンではありません)最大でも5mg/L程度だと思います。
硝酸イオンは陰イオンのため、土壌に保持されることは無いため(アンモニウムイオンは土壌有機物などで保持される)、硝酸性窒素による地下水汚染が問題になっています。畑作が盛んな地域では肥料として施された窒素が流亡し地下水中の窒素の合計で50mg/Lとなっている地域が各地で見られます。このような地域で井戸を使用しているところ(公共水道ではなく個人所有)では濃度が高い水を利用している方も居ると思います。
    • good
    • 0

 直接の回答ではありませんが,「水道水質デ-タベ-ス」というペ-ジ(↓)があります。

このペ-ジには,平成9・10年度に全国の水道事業者が水道の水質検査をした結果が出ています。

 「硝酸塩」としては出ていませんが,「硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素」の測定値がありますのでご覧下さい。

参考URL:http://www.jwwa.or.jp/mizu/
    • good
    • 0

厚生労働省の基準では


平成10年12月17日の改正で
水道水は
硝酸性窒素 0.05mg/l(暫定)

WHO飲料水水質では
ガイドライン  
亜硝酸塩0.2mg/l
(亜硝酸性窒素として0.06mg/l)
となっているようです。

参考URL:http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1012/h1217-2_14.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野菜の、”硝酸塩は、その野菜に含まれている(固有な)ものですか”、あるいは、”硝酸塩は、人為的に添付

ある書物に次のことが書いてありました。

<硝酸塩の主要な摂取源は野菜だが>
教えて頂きたいことは、
①”硝酸塩は、その野菜に含まれている(固有な)ものですか”、
あるいは、②”硝酸塩は、農薬のように、人為的に添付されたものですか?”

Aベストアンサー

野菜の場合は、植物が自分の成長の一環として土壌から吸収したものです。 有機栽培であるなしに限らず、肥料(有機の場合は堆肥等)が土壌中で分解され硝酸態窒素になってから植物が吸収したものです。 肥料は人為的に加えられているのかと聞かれているなら、人為的かもしれませんが、それなしでは出荷できるような野菜を作り続けることはできません。 まあ、の状態で育ったとしたら、固定された窒素がそこにあるから育ったということにもなります。  過剰に肥料をやれば、よりたくさん吸収され大きく育ちますが、自然の状態でも吸収されます。 このような植物においては窒素系の栄養素がないところでは育たないということになります。

Q単位 μg/l と mg/m3 について

水中のクロロフィル濃度を示す単位でμg/l と mg/m3 の両方が使われていますが、
10μg/l と 10mg/m3 は同じ濃度と考えていいのでしょうか?
後者は気体中の濃度を示す単位のようですが...

どなたかお分かりの方、ご教授、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ濃度です。

L(リットル)もm3(立方メートル)も体積を表す単位なので、
それが水でも空気(気体)でも使えます。


10μg/L=10×10^(-6)g/1×10^(-3)m3=1×10^(-2)g/m3

10mg/m3=10×10^(-3)g/m3=1×10^(-2)g/m3

Qスラッジ、アンモニア・亜硝酸・硝酸塩

いつも色々な方の質問も読み勉強させていただいています。
その中からの疑問です。

(1)低床の中にもスラッジが溜まるそうで、かき混ぜることで確認できるとのことですが、水換えの際にかき混ぜてでも念入りにスラッジを取り除いたほうがいいのでしょうか?
(2)今では飼育水がアンモニア→亜硝酸→硝酸塩と変化してゆくことを理解していますが、ということはこの3つが同時に検出されることはないのでしょうか?
あるいは硝酸塩の試験薬でテストし、硝酸塩が検出されるということは、アンモニア・亜硝酸についてはまったく心配する必要はないのでしょうか?
裏返して言うなら、仮に硝酸塩がゼロなどと測定された場合、水が相当汚染されていて、亜硝酸あるいはアンモニアが検出される可能性大ということでしょうか。

Aベストアンサー

> (1)低床の中にもスラッジが溜まるそうで、かき混ぜることで確認できるとのことですが、水換えの際にかき混ぜてでも念入りにスラッジを取り除いたほうがいいのでしょうか?

・いえいえ。
念入りに取り除く必要はありません。
本当にザックリと底砂から舞い上がるスラッジを除去するだけで充分です。

> (2)今では飼育水がアンモニア→亜硝酸→硝酸塩と変化してゆくことを理解していますが、ということはこの3つが同時に検出されることはないのでしょうか?

・いいえ。
水槽内では、絶えず「アンモニア、亜硝酸、硝酸塩」は発生しています。
ただ、濾過バクテリアが水槽設備中に繁殖定着し、しっかりと硝化作用が機能していれば、試薬や試験紙で検出できる限界値以下の濃度にしかならないと言うことです。
測定限界値以下ですから、安全な水槽です。

> あるいは硝酸塩の試験薬でテストし、硝酸塩が検出されるということは、アンモニア・亜硝酸についてはまったく心配する必要はないのでしょうか?

・硝酸塩が検出されたと言うことは、アンモニアと亜硝酸を硝化する濾過バクテリアが水槽内に存在している証拠です。
ですが、濾過バクテリアも生物です。
突然、調子を崩し、アンモニアや亜硝酸の硝化力が激減する危険性もあります。
したがって、油断してはイケマセン。

> 裏返して言うなら、仮に硝酸塩がゼロなどと測定された場合、水が相当汚染されていて、亜硝酸あるいはアンモニアが検出される可能性大ということでしょうか。

・水槽立ち上げ初期(立ち上げ1年未満)で、アンモニアや亜硝酸が検出される場合は、硝酸塩の有無に関わらず何か問題があります。
・水草類を育てることにより、硝酸塩を減らすことは可能ですが、水草類だけで硝酸塩を0には出来ません。
・水槽立ち上げ後、9ヶ月以上経過し、アンモニア、亜硝酸、硝酸塩のいずれも検出されない可能性は偶にあります。
この場合、多くが底砂を厚めに敷いた水槽。
底砂の深部に嫌気性バクテリアが自然繁殖し、硝酸塩を窒素ガスに分解し、大気中に自然放散する嫌気濾過が運良く機能している水槽です。

> (1)低床の中にもスラッジが溜まるそうで、かき混ぜることで確認できるとのことですが、水換えの際にかき混ぜてでも念入りにスラッジを取り除いたほうがいいのでしょうか?

・いえいえ。
念入りに取り除く必要はありません。
本当にザックリと底砂から舞い上がるスラッジを除去するだけで充分です。

> (2)今では飼育水がアンモニア→亜硝酸→硝酸塩と変化してゆくことを理解していますが、ということはこの3つが同時に検出されることはないのでしょうか?

・いいえ。
水槽内では、絶えず「アンモニア、亜硝酸、...続きを読む

Q水道水中のカルシウムを測定したいと思っています。

水道水中のカルシウムを測定したいと思っています。
比色法であるOCPC法で測定しようと思っているのですが、
OCPC法の検出限界はどのぐらいの濃度なのでしょうか?
ちなみに、使うセルの光路長さは1cmです。

Aベストアンサー

試薬を使って既知濃度の溶液を作成し、
検量線を描いてみればいかがでしょうか?

Q硝酸塩の濃度が高いときはどうするのが一番良い?

アクアリストビギナーです。いつもここでお世話になっています。
立ち上げて2ヵ月ぐらいですが、今日、はじめて水質テスターを買い調べました。
すると、硝酸塩の濃度がけっこう高いことがわかりました。
そこで、水替えを頻繁におこなった方が良いのか?
あるいはテトラバランスというものを入れて硝酸塩を除去した方が良いのか?
さきほど1/4ぐらいの水替えをしたのですが、硝酸塩濃度は高いままでした。
水草はそれなりに入れている方だと思うのですが。。。
立ち上げ時からずっと元気だったエビが今朝がた☆になっていたのは、
硝酸塩濃度が高かったせいでしょうか?

Aベストアンサー

・ソイルには肥料分として硝酸態窒素が含まれています。
粘土質の土壌には保肥力がありますが、それでもセットして暫くは肥料の溶け出しでコケ易くなります。
つまり、硝酸塩は餌由来ではなく、底床由来のものである可能性があります。
ならば、高くなっても当然です。

・植物は主に根から硝酸態窒素を吸収しています。
しかも、栄養分の吸収に土壌バクテリアが関与しています。
土壌バクテリアの立ち上がりは、濾過バクテリアより遙かに遅いのが通例です。
天然砂なら数ヶ月かかることも珍しくありません。

「水草が入っている」と言っても、たかだか2ヶ月しか経っていません。
スターター(パイロット)プランツと呼ばれるような水草でない限り、
環境に馴染み、根を十分に張り、本格的な成長を見せるには時期尚早かもしれません。
入っているだけではダメで、日に数cmのスピードで成長しているというのでないと判断ができません。
当然、水草の窒素吸収量が低位であれば、硝酸塩の数値も高くなります。
水草が入っているのに...と考えるには、まだ早いでしょう。

> テトラバランス
個人的な意見ですが、薬品は使わない方が良いでしょう。
水の浸透圧という面から、濃い薄いを考えます。
換水をすると、水は薄くなりますが、薬品を入れると数値上辻褄があっても水は濃くなります。
水が濃くなることで、生体の新陳代謝が適正に行われないこともあるわけです。
淡水魚は海で暮らせないでしょう?

水質は、数種類の試験で分かるほど単純な物ではありません。
試薬は、少ないテストで水槽内で起こっていることを推測する手掛かりであり、一指標でしかありません。
水質を弄くろうとして色んな物を入れると、その指標が当てにならなくなるのです。
テトラバランスがどんな作用をしているのかまでは分かりませんが、余計なことになる可能を指摘しておきます。
ビギナーほど水質調整剤の類に振り回されやすいものですが、ビギナーだからこそ、シンプルに維持して下さい。
水槽に起こる水質変化の過程を学べなければ、試薬を使う意味が半減します。

硝酸(塩)は、あまり多量に蓄積し過ぎると害になるかもしれませんが、毒性はかなり低いですし、
水槽内では、硝酸がpHを低下させることにより生体の適正pHを外すことや、
コケの栄養源になることから、計測されるのが実情で、餌を起点とする窒素循環の把握が目的です。
生体が死ぬような危急の自体はほとんどないですし、硝酸塩が蓄積すれば、
毒性より先にpH低下で生体が死んでしまうことでしょう。
優先順位はpHです。
エビが死んだのは、pHが異常低下していない限り、硝酸塩濃度とは別の要因と捉えるべきだと思います。

まあ、他の回答者様が言われるように、基本的には水替えで対応してください。
多少の蓄積は気にしなくても構いません。

あと、試薬は確認のためのものであって、数値に拘り過ぎると飼育自体は下手になりかねませんので、その点にもご注意下さい。

・ソイルには肥料分として硝酸態窒素が含まれています。
粘土質の土壌には保肥力がありますが、それでもセットして暫くは肥料の溶け出しでコケ易くなります。
つまり、硝酸塩は餌由来ではなく、底床由来のものである可能性があります。
ならば、高くなっても当然です。

・植物は主に根から硝酸態窒素を吸収しています。
しかも、栄養分の吸収に土壌バクテリアが関与しています。
土壌バクテリアの立ち上がりは、濾過バクテリアより遙かに遅いのが通例です。
天然砂なら数ヶ月かかることも珍しくありませ...続きを読む

Q水道水中の塩素濃度

水道水の塩素の濃度をおおよその平均でいいので教えてください。

Aベストアンサー

水道法で、末端、つまり蛇口から出てくる水の遊離残留塩素(*)として
0.1ppm *以上* あることが定められています。

  (*) 純粋な塩素イオンだけでなく、塩素化合物としても殺菌に有効な
    ものがあります。

ただ、のぞましい濃度の上限がうたわれていることは kawakawa さんの
言う通り。


ただ、浄水場で塩素を投入するのは、殺菌だけが目的ではありません。

例えば、アンモニア成分が取水に含まれる場合には、通常の沈殿・ろ過
プロセスでは、除去することができないのですが、沈殿前に、塩素を投入
することで、不溶性の塩化アンモニウムになるので、沈殿プロセスで
除去できるようになります。

アンモニア成分は、普通の土壌に含まれますから、雨が降った場合など
には、塩素の投入が多くなります。


また、塩素は、暖かいと飛んでしまうので、蛇口での最低塩素濃度が
定められているので、暖かい日になると予想される場合には、多めに
投入されます。もし、予想に反して、あまり暖かくならないと、蛇口
での塩素濃度は高くなります。

それなりに適切な制御を行おうとしている浄水場も多々ありますが、
それに見合った費用がかかってしまう(つまり、水道料金に反映され
て高くなってしまう)ので、長年の勘に頼った投入をしているところ
も多いです。

なので、地域や情況によってさまざまなのですが、おおよそ
0.5ppm~2.0ppm の間に収まっていると考えてもらえば良いです。


ちなみに、しばらく水を使ってない蛇口からは、塩素が飛んでしまった
水が出てくるので、ちょっと濃度が低めになります。

水道法で、末端、つまり蛇口から出てくる水の遊離残留塩素(*)として
0.1ppm *以上* あることが定められています。

  (*) 純粋な塩素イオンだけでなく、塩素化合物としても殺菌に有効な
    ものがあります。

ただ、のぞましい濃度の上限がうたわれていることは kawakawa さんの
言う通り。


ただ、浄水場で塩素を投入するのは、殺菌だけが目的ではありません。

例えば、アンモニア成分が取水に含まれる場合には、通常の沈殿・ろ過
プロセスでは、除去することができないのですが、沈殿前に...続きを読む

Q硝酸塩濃度が急激に低下した理由が知りたい

「OH!Fish水族館」さんのサイトの「人為的アンモニア発生法」で海水魚水槽を立ち上げています。

60センチ規格水槽、上部ろ過(ウールマット+活性炭入りろ材)、エアレーションあり、底砂は珊瑚砂9.5キロ、
水道水の人工海水で添加剤はテトラ アクアセイフ、コントラコロライン、
比重1.022、pH8、水温25℃~29℃です。
これ以外は温度計、サーモスタット、ヒーターが水槽に入っています。
試薬はテトラのものです。
(余談ですが、数ヶ月後にはろ過装置をエーハイムのフィルターに交換する予定です。)

開始から2週間で亜硝酸濃度が測定値上限になり、その後7日目で下限にまで下がりました。
硝酸塩は亜硝酸が上限になるあたりから50mg~100mg/リットルと上昇していました。
ここまではサイトに書いてある通り順調なのですが、
同じく7日目で硝酸塩が10mg/リットルに急激に下がっていました。
水槽の奥や別の場所から吸い取った水で測定してみましたが、やはり同じ結果です。

ここまで水替えなどは一切しておりません。
変わった事は、硝酸塩濃度がゼロになった後で一部水替えする海水を作るため、6日目の測定後にエアレーションとヒーター+サーモスタットを水槽から出した事です。
水槽に漬かっていたチューブ、配線にぬめったもの(白色)が付いていたので、それを出した事で硝酸塩が急激に減ったのでしょうか?
まさかこの程度の設備で硝酸塩が分解される事はないと思い驚いています。
理由やアドバイスをよろしくお願い致します。

「OH!Fish水族館」さんのサイトの「人為的アンモニア発生法」で海水魚水槽を立ち上げています。

60センチ規格水槽、上部ろ過(ウールマット+活性炭入りろ材)、エアレーションあり、底砂は珊瑚砂9.5キロ、
水道水の人工海水で添加剤はテトラ アクアセイフ、コントラコロライン、
比重1.022、pH8、水温25℃~29℃です。
これ以外は温度計、サーモスタット、ヒーターが水槽に入っています。
試薬はテトラのものです。
(余談ですが、数ヶ月後にはろ過装置をエーハイムのフィルターに交換する予定です。)

...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
不思議ですね。
硝酸塩(NO3)は溜まる一方の物質で水換えするか、還元濾過をしない限り減らないことが普通ですから、この質問を読んで感じた事を書いてみます。

>2週間で亜硝酸濃度が測定値上限になり、その後7日目で下限にまで下がりました。
私も海水水槽を何本かアサリを使用して立ち上げていますが同様です

>亜硝酸が上限になるあたりから50mg~100mg/リットルと上昇していました。
亜硝酸(NO3)をエサとして硝酸塩(NO3)に換える硝酸菌が繁殖し亜硝酸が無くなり硝酸塩が増える正常な形です。

>硝酸塩濃度がゼロになった後で一部水替えする海水を作るため、
ご覧になったサイトがこの様に書いてありますが、考え方の違いでしょうか私は水換えの必要は全く無く、折角こなれた水を捨て新しく尖った水を入れてしまう結果です。
この件は関係ありませんね。(汗)

>(白色)が付いていたので、それを出した事で硝酸塩が急激に減ったのでしょうか?
これはカルシウムでしょうか、1ヶ月くらいでこんなにヌメリがつきましたかね。

>この程度の設備で硝酸塩が分解される事はないと思い驚いています。
今現在魚やアンモニアの元は入っていないと考えて良いですね。

仮説です。
最初に発生した硝酸塩(NO3)は底砂の中に沈み込み、水中のNO3濃度が薄くなった事と、新たのアンモニアの元が無い為、亜硝酸が作られず結果として硝酸塩(NO3)も発生しない状態と考えました。
今後魚を入れエサを与え始めるとアンモニアの元が入る為硝酸塩(NO3)の蓄積が始まると思いますが、
>上部ろ過(ウールマット+活性炭入りろ材)、
この設備では生物濾過を行う場所が殆んど無く、濾過能力の非力による猛毒アンモニアの発生が充分に予想されますので、せめて活性炭入りろ材を外しサンゴ砂やリング濾材を入れないとトラブルの元となります。
この方法は生物濾過が無く水流が有るので、ライブロックを入れプロティンスキマーを設置するとベルリンシステムと同様になりますが、生体を入れると立ち上がるまで時間が掛かるので、私は好きではありません。
参考まで。

こんにちは。
不思議ですね。
硝酸塩(NO3)は溜まる一方の物質で水換えするか、還元濾過をしない限り減らないことが普通ですから、この質問を読んで感じた事を書いてみます。

>2週間で亜硝酸濃度が測定値上限になり、その後7日目で下限にまで下がりました。
私も海水水槽を何本かアサリを使用して立ち上げていますが同様です

>亜硝酸が上限になるあたりから50mg~100mg/リットルと上昇していました。
亜硝酸(NO3)をエサとして硝酸塩(NO3)に換える硝酸菌が繁殖し亜硝酸が無くなり硝酸塩が増える正常な形...続きを読む

Qアンモニウムイオンから亜硝酸イオン、そして硝酸イオンへの反応をストップするためには?

河川水などをサンプリングした後に、アンモニウムイオンから亜硝酸イオン、そして硝酸イオンへの反応をストップするためにはどうすればいいのですか?ニトロソモナスやニトロバクターを殺して?しまえば反応は化学的には起こらないのでしょうか?その場合、どんな化学薬品を入れれば微生物の活動を止めれるのでしょうか?アジ化ナトリウムでしょうか?基本的な質問で申し訳ありません。教えてください。

Aベストアンサー

> どんな化学薬品を入れれば微生物の活動を止めれるのでしょうか?

日本工業規格の工業排水試験方法(JISK0102)によれば、試験液を
保存する場合、
 ◎アンモニウムイオン・有機態窒素・全窒素の測定用:
  塩酸又は硫酸を加えてpH2~3に調整
 ◎亜硝酸イオン・硝酸イオンの測定用:
  試料1Lにつきクロロホルム約5mlを添加
した上で、0~10℃の暗所に保存、とされています。
(短日数の場合は上記処理なしでの0~10℃での暗所保存も可)
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=3674
(「規格の閲覧」のところのpdfファイルへのリンクで、内容を確認できます。
 4頁目の「3.3 試料の保存処理」のところ(窒素関連は4~5頁目))

採水地点から実験室までの移動の間にも確かに窒素の存在形態は
変化すると思いますが、微生物による消費は、溶存酸素測定における
「大気中への放出の影響」(→その場で酸素固定を行う必要がある)ほど
クリティカルではない、ということではないでしょうか。
(室温程度でのアンモニウムイオン等の半減期の大まかな値がわかれば
 よかったのですが、ちょっと見つからず・・・(汗):
 試料内の微生物種などによって大幅に変化するかもしれませんが)

どうしても気になるようでしたら、実験室に持ち込んでからの各窒素の
経時変化を一度追ってみるのもいいかもしれません。
(1時間、2時間、4時間、8時間、24時間、で測定して、大まかに
 半減期を出してみる、と:
 上記の通り、比較的変化が小さいと思われることから、ある程度
 加温した条件のサンプルも必要かもしれません(汗))

> どんな化学薬品を入れれば微生物の活動を止めれるのでしょうか?

日本工業規格の工業排水試験方法(JISK0102)によれば、試験液を
保存する場合、
 ◎アンモニウムイオン・有機態窒素・全窒素の測定用:
  塩酸又は硫酸を加えてpH2~3に調整
 ◎亜硝酸イオン・硝酸イオンの測定用:
  試料1Lにつきクロロホルム約5mlを添加
した上で、0~10℃の暗所に保存、とされています。
(短日数の場合は上記処理なしでの0~10℃での暗所保存も可)
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=3674
(「規格の閲覧」の...続きを読む

Q硝酸塩の安全値と危険値

金魚を飼っています。
今日硝酸塩の検査薬を買ってきました。
アンモニアや亜硝酸の検査薬はテトラの物を使っていて
わかりやすかったんですが、今日はいつもと違う店で買い
薦められるままに購入してきましたが
説明書に詳しく書いていなくて、どの値が安全なのかわかりません。

検査したところ硝酸塩は10mg/lのところでした。
この数値はどうなんでしょう?
また安全値と危険値も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テトラ テスト試験紙硝酸塩では、
「理想的な硝酸塩濃度は10mg/r以下ですが、25mg/rまでは許容できる値です。」
と記述されています。
http://www.tetra-jp.com/products/treatment/treatment08/#treatment04

> 検査したところ硝酸塩は10mg/lのところでした。
私は、理想値だと思います。
なお、硝酸塩は低すぎると、水草の育成に問題が生じます。

実際のところ、清水飼育が前提の特定魚種を除いて、例えば金魚ならば50mg/r前後の濃度ならば、問題なく飼育できます。
まあ、少し余裕を見て、危険値は50mg/r以上でしょうか。
なお、100mg/rを超えると、
・魚がエロモナス病などの病気になりやすくなります。
・水槽にコケが発生しやすくなります。
ご注意ください。

Q日本の送電網で受電(反対方向)する場合の最大W

当方学生です。

現在、日本新エネルギーの普及の為、送電網について研究しています。
以前、どこかの論文で
太陽光エネルギーの買い取りのように、逆方向からの電気の流れの場合、
送電と逆方向の電気の流れに関しては弱い。
送電ほどの許容量はない、1/10ぐらいであると読んだ覚えがあります。

このことに関して、本当である否か、もしくは、参考ページなど教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

潮流とその影響をお調べになったら


人気Q&Aランキング

おすすめ情報