今日、出先から車で帰宅途中に警告灯のバッテリーのマークとしずくがたれているようなマークが点灯したためあわててガソリンスタンドに寄り見て貰ったところ、「ベルトは切れてないので99%ダイナモがだめで交換と言う事になると思います。多分5万円ちょっと位かかると思います」と言われました。これは本当に交換しなくてはいけないのでしょうか?というのもあとからステレオやカーナビをつけて見たりしているのでただ発電が消費する電気に追いつかないだけじゃないかと思ったんです。だとしたらテレビ等を切ってしばらくエンジンをかけとけば直るのかと思うのですが・・・。どなたか教えて下さい。車が乗れないとこまるので・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 mo-mo-さんは女性のようですので(違っていたらすみません。

)、なるべく分かりやすく書くようにしてみますね。

 まず、ランプが点いたということなので、問題が起きたのは間違いありません。

 その問題は大きく2つの可能性があります。

 1つは、発電機(オルタネーターといいます。)の不具合。

 もう1つは、バッテリーの不具合です。

 さて、そしてそれぞれについて少し詳しく考えてみます。

 まず、発電機の場合は、車屋さんに持って行けばテスターで発電量を調べてくれます。
 これは、発電機の端子にテスターを当ててみればすぐ分かります。大体13~14ボルトです。
 もし、この発電量が少なければ発電機の不具合の可能性が高くなります。

 修理方法としては、
 ・新品に交換(車にもよりますが6万~8万)
 ・リビルト(整備された中古品)に交換(3万~5万)
 ・中古品(3,000円~1万)
 ・プロが修理(今はあまりやってくれるところがない)(修理代不明)
 ・自分で修理(部品代約500円ぐらい)
 があります。今は「修理」より「交換」の方が一般的のようです。

 ちょっと専門的な話になりますが、車の発電機はエンジンの回転を使って動いています。自転車のライトのようなモノです。そして、発電に使う部品に「ブラシ」というものが2本、発電機の中に使われています。ブラシといっても毛がたくさんあるわけではなく、棒状です。
 これは完全に消耗品で、ある程度時が経つとすり減って交換しなければいけなくなります。目安は大雑把に10万km~15万kmといったところでしょうか。

 部品としてはとても安く、ディーラーで注文できますし、必要な工具もねじ回しとハンダぐらいですが、作業はちょっと詳しい人でないとムリかも知れません。

 その他、発電機に付いている「ICレギュレター」という電気部品が壊れることもあります。
 これは、素人にはちょっと手が出せません。部品代だけでも1万以上します。

 ということで、発電機が原因の場合はリビルトあたりが妥協点でしょうか。

 次に、バッテリーの場合です。
 まず、2点確認して下さい。1つ目は、バッテリーの上部に端子というかツマミが6個付いていますか?
 そして、そのどこか1か所に車のどこかからのコードが付いていますか?

 この時点でツマミがなかったり、ツマミがあってもコードがなければ、不具合の原因は先の発電機でほぼ間違いなしです。
 
 もしコードが付いていれば、バッテリーの外側からバッテリー液の量(液面)が目で見て少なければ(限界のラインがバッテリーに引いてあります。)、バッテリーが原因の可能性が高いです。
 液面が分かりづらいときは車を上下に揺すってみると、液が揺れていくらか分かりやすくなるかも知れません。
 
 修理(整備)方法としては、
 バッテリー液(数百円)を車用品屋などで買い求めて、6個のツマミを全部外しどこも液面の高さが同じになるように少しずつ入れます。液の上限ラインのちょっと下ぐらいで揃えます。これだけです。

 今の車にどれだけの期間や距離をお乗りか分かりませんが、どちらの症状も基本的には長い時間によって発生するモノです。

 できれば両方の点検を、スタンドではなくディーラーか街の車屋さんでなさるのが確実ですね。

 なお、現代の車では、よほど「電気喰い」の電装品を車に付けていない限り、消費電力が発電力を上回る心配はありません。ステレオ(大きなアンプやスピーカーはないですよね。)や、カーナビ程度なら、全く心配ないはずですよ。

 長くなってすみませんでした。
 
    • good
    • 1

乗り継いだ車全部で同じトラブルを経験しています。



エンジンをかけた状態で、
バッテリーの-端子をはずして、
エンジンがかかったままならバッテリーの交換(\5000くらい)でOK、
エンジンが止まったら(ほぼ)オルタネーターの交換です。

No.5の方が言うように、
1.自分でオルタネーターを直せるのなら、~\1000。
2.自分でオルタネーターの取り外しができるのなら、
「○○バッテリー」とか「○○電装」に持ち込んで修理、\10000~\20000。
3.修理を任せるのなら、交換工賃、部品代を考えると、
\50000くらいかかるのは妥当だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
ここでみなさんにお礼を申し上げます。ありがとうございました。が・・・結局新しい車に買い換える事になり(あまりに故障が多いので)そのため必要な書類を揃えるために区役所へ行ったら、その帰り道とうとうボンネットから煙が出てきてしまいました。JAFを読んで車を買った所に持っていって貰いました。でも今度の車も中古車なので、また故障などで解らない事があったときはよろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/09 22:57

修理屋さんの探し方を書きます。



普通の修理工場ではなく、電気専門を探すのですが、普通気にしてないのでわからないですよね?(知ってたら飛ばしてください。)

小さいお店で○○バッテリーとか○○エアコンの看板があって、2~3台車が止まってて、ボンネットを覗き込んでるところです。

気をつけて見てるとありますから、すいませ~んと言って診てもらいましょう。
お話の様子だとオルタネーターのようですね。

腕のいいおじさんだと「お金無いんです」と言えば、修理でやってくれるかも知れませんよ。    (お金持ちでも言いましょう。)
    • good
    • 0

赤色のバッテリーの絵のマークはチャージウォーニングランプといい、発電系統の異常を示すランプです。

発電量が消費電力の量を下回ったからといって点灯するものではなく(ヘッドランプやエアコンなどをフル稼働するとアイドリング状態では発電量が不足する車種は数多くありますがこの時点で警告灯は点灯しません。ただし30年以上前の車種でしか使われていないでしょうが、DCダイナモを使用している場合は点灯します)、発電機を含めた発電系統に異常が発生した場合に点きます。この場合発電機の機能が完全に失われていない場合でも、何らかの異常が検出(発電機内部に組み込まれたレギュレーターICの機能で)された場合は点灯します。また、点灯した蛍光灯が黄色またはオレンジ色であれば、バッテリー液の不足を警告する(この機能を有した車両ではバッテリーの液栓の中のどれかひとつから配線が出ており、車両側の配線とつながっているはずです)ためのものですので、バッテリー液の補充で消えるはずです。

一般に複数の警告灯が同時に点灯する場合は発電機(この場合ダイナモと表現されていますが、正確にはオルタネーターといいます)の不良の場合が多いでしょう、これは、オルタネーターのL端子(他の呼び方をする場合もあり)の出力でエンジンが動作中であるかどうかを判断しているためで、エンジンが動作中で無い(キーをオンにしてスターターを回し始動するまでの間)に各警告等の断芯(球切れ)のチェックをするようになっている為です。オルタネーターに異常がありL端子の出力が正常に出てこない場合、エンジン始動後であっても警告灯の回路がそれを検出できずに点いたままになるのです。ただし、極最近の車種では当てはまらない場合もあります。

因みに、殆どのガソリンスタンドには、これらの故障を正確に診断・修理できる整備技能者はいないでしょう。故障の状況・診断を正しく得るのであれば整備士(この場合は電装整備士)のいる整備工場やディーラー・できれば電装整備工場へ持ち込んで診断してもらうことをお勧めします。症状が再現している(この場合警告灯が点いている)状態であればすぐに不良個所を特定してくれるでしょう。またその時点で修理の見積もりを出してもらうこともできるはずです。
    • good
    • 0

まず第一に、ガソリンスタンドの人に言われたからと言って、全てを鵜呑みにしてしまうのは危険です。


まずは、2、3軒、ちゃんとした整備工場に持っていって相談なさった方がいいと思います。詳しいこと(特に何が原因でそうなるのか)を説明してくれるはずですから。
そして、どうしても修理が必要な場合、その修理にいくらかかるのかも聞いて、それぞれのお店の値段を比較して、安いところを選ぶのがいいと思いますよ。
一つの店だけで決めては、お金の損ですよ。

ところで、mo-mo-さんの車は、購入してから何年ぐらい経っていますか?
また、エンジンオイルを交換してから何キロ走っていますか?
さらに、バッテリーを交換してから何年経っていますか?
これによって答えが違ってきますよ。

まず、エンジンオイルが十分あるのか、汚れがひどくないのか、バッテリー液が十分入っているのかをご確認なさってくださいね。

何でもない症状に対して、何万円もかかるような修理代をぼったくられないことを祈っています。
    • good
    • 0

しずくがたれているマークと言うことで、ひょっとして、バッテリー液を点検してくれ!という警告かもしれないので、バッテリー液量をチェックして下さい。

    • good
    • 0

>というのもあとからステレオやカーナビをつけて見たりしているので


>ただ発電が消費する電気に追いつかないだけじゃないかと思ったんです。
>だとしたらテレビ等を切ってしばらくエンジンをかけとけば直るのかと
>思うのですが・・・。

そのエンジンをかけた状態でバッテリーに充電する機械をなんと言うか
知ってますか?
それを行うのが"ダイナモ"の仕事です。
まぁ、発電量よりTVやカーナビやステレオで消費する電力の方が多ければ
バッテリー切れになるでしょうけど。
最悪の場合、エンジンもかからなくなるので、ご注意を。
(エンジンを始動するためのスターターを回すのはバッテリーというのは
ご存知ですよね?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答有難うございます。
結局ダイナモが発電してないのかそれとも発電してても追いつかないだけなのかを知りたかったんです。(車の内部のことはまったくわからなくて恥ずかしいのですが^_^;)
追いつかないだけならエンジンをかけてて充電しとけばいいのかと思ったもので・・・。あちこち壊れるのも中古車の運命なのかな(笑)

お礼日時:2001/10/03 19:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれって、本当ですか?「クロスバイクでは、ハブダイナモにするものではないのです。」

最近こんな回答が有りましたが、本当ですか?素直にバッテリーライトを付けるようにと、クロスバイクにハブダイナモをつけるのは素直ではないのですかね?ドロハンより素直でないのですか?

Aベストアンサー

ライトはユーザーの利用状況に合わせて選択するもので、
バッテリーライトに縛られることはないと思いますよ。
特に通勤通学に利用する場合、ハブダイナモは確実に点灯して明るいから良いですね。
ロードバイクでも夜間走行の長いブルベではハブダイナモを装備する人も珍しくないです。

Q初心者マークや高齢者マーク、身体障害者マークの色や大きさについて。

初心者マークや高齢者マーク、身体障害者マークの色や大きさを変えた物を作り車両に表示すると、表示義務違反になりますか?それとも正しい表示とみなされますか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは

>表示義務違反になりますか?それとも正しい表示とみなされますか?

道路交通法第71条の5に『内閣府令で定める様式の標識』となっています。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html

その初心運転者標識等の様式は道路交通法施行規則第9条の7に書かれています。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35F03101000060.html

初心運転者標識
道路交通法施行規則 別記様式第5の2
1 縁の色彩は白色、縁線の色彩は黒色、地の左の部分の色彩は黄色、地の右の部分の色彩は緑色とする。
2 地の部分には反射材料を用いるものとする。
3 大きさは縦18.5cm、横11.6cmなど

高齢運転者標識(努力義務)
道路交通法施行規則 別記様式第5の2の2
1 縁及び縦の帯の部分の色彩は白色、縁線の色彩は黒色、地の左の部分の色彩は橙色、地の右の部分の色彩は黄色とする。
2 地の部分には反射材料を用いるものとする。
3 大きさは縦18.5cm、横12.2cmなど

身体障害者標識(努力義務)
道路交通法施行規則 別記様式第5の2の3
1 縁及びマークの色彩は白色、地の部分の色彩は青色とする。
2 地の部分には反射材料を用いるものとする。
3 大きさは直径12.2cmなど

以上のように決められていますので、色や大きさを変えた物は正しい表示とみなされませんよ。

こんにちは

>表示義務違反になりますか?それとも正しい表示とみなされますか?

道路交通法第71条の5に『内閣府令で定める様式の標識』となっています。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html

その初心運転者標識等の様式は道路交通法施行規則第9条の7に書かれています。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35F03101000060.html

初心運転者標識
道路交通法施行規則 別記様式第5の2
1 縁の色彩は白色、縁線の色彩は黒色、地の左の部分の色彩は黄色、地の右の部分の色彩は緑色...続きを読む

Qハブダイナモ式ライトを電池で動かす方法

ママチャリのハブダイナモ式の砲丸ライトを、クロスバイクにつけようと思っています。
ですが、クロスバイクにはダイナモは付いていないので、バッテリーで動かしたいと思っています。バッテリーは、USBモバイルバッテリーです。
正規のライトはついていて、サブというか、見た目だけで付けているのでそのところは気にせずに回答お願いします。

Aベストアンサー

確かに5Vバッテリーをライトケーブルに直接接続することは無理があります。

そこでライトヘッドを分解して、プリント基板のダイオードの後にUSBモバイルバッテリーの電圧が掛かるように改造してください。
プラスマイナスを間違えないように確認して行なうこと。
LEDランプの場合はかなり低い電圧から明るく点灯しますから、これで充分の照度が得られるはずです。

Q車のダイナモとバッテリーって、エンジンの回転数がアイドリングの状態でも12ボルトで発電して充電するのですか?

車のバッテリーは通常12ボルトで放電と決まっていますが、充電はエンジンの回転数が走行時や停車時によってまちまちなので、定格電圧で充電できないと思うのですが・・・?
車のダイナモとバッテリーって、エンジンの回転数がアイドリングの状態でも12ボルトで発電して充電するのですか?

また回転数が5,000回転でも6000回転でも12ボルトで充電しているのですか?

Aベストアンサー

>永久磁石をつけておけば、励磁電流なんて不要なのにね・・・。

いやいや、全部、電磁石をつかうのがミソなんですよ。
車のオルタネーターは真中のローター部分と外側のステーター部分にコイルが使われていて、
これらのコイルに流れる電流をICでコントロールして、磁束をコントロールすることで
どんな回転数でも、電圧を一定にするようにしています。
(ICはオルタネーターと一体化しています。車の場合これをレギュレターと呼びます。
いわゆる余分な電気を熱に変える3端子レギュレターとは違います。)

こうすることで、ライトを点灯するなど電力を消費するときには、コイルに流す電流をふやし、発電量をふやします。
逆に負荷が小さいときは電流を減らし発電量を減らします。
これにより、電気の負荷が小さいときはオルタネーターを回転させる負荷が小さくでき、
また、逆に電気の負荷が大きいときのみオルタネーターを回転させる負荷が大きくなります。

また、十分に磁束を斬ることが出来る高回転時の負荷を減らすことができます。

ちなみに、ダイナモは永久磁石です。
これは電圧を一定にするために3端子レギュレターを使っています。
余分な電力は熱に変えて放熱するため無駄が多すぎます。
また、勝手に負荷は変りますが、高速回転すればするほど、無駄に電気を捨てることになります。

以上、私がかき集めた情報と推測です。

>永久磁石をつけておけば、励磁電流なんて不要なのにね・・・。

いやいや、全部、電磁石をつかうのがミソなんですよ。
車のオルタネーターは真中のローター部分と外側のステーター部分にコイルが使われていて、
これらのコイルに流れる電流をICでコントロールして、磁束をコントロールすることで
どんな回転数でも、電圧を一定にするようにしています。
(ICはオルタネーターと一体化しています。車の場合これをレギュレターと呼びます。
いわゆる余分な電気を熱に変える3端子レギュレターとは違いま...続きを読む

Qダイナモに寿命ありますか?

こんにちは、スズキジェベル250を譲ってもらいました。
バッテリーが不調で押しがけでしばらく乗っていたそうです。
乗らない状態から長くて2年ほど経っています。

バイクメーカー店の方に、押しがけをしつづけ乗ると電装系のダイナモとかが不調になってしまう
とも聴いたことがあります。

ダイナモには寿命があるのでしょうか?
バッテリー切れ状態によるダイナモ不調とか起きうる?

Aベストアンサー

>もしダイナモがちゃんと稼動しているかどうか
>確認方法ご存知の方いましたらお教えください。

充電電圧を測ってください。

新品のバッテリーをつけてエンジンをかけて、バッテリーのプラス、マイナス端子にテスターを当て、少しづつ回転を上げていって、電圧が14v前後まで上昇すればOKです。
エンジンをかける前のバッテリー電圧と変わらなければ、ジェネレーターが発電していないか、レギュレターレクチャファイヤの不良で充電していない可能性があります。
逆に15v以上上がるようなら、レギュレターがパンクしています。

Qシャシーダイナモにて

パワーチェックもかなり一般的になり、
量販店でもやる様になりましたね。
自分も先日、某有名ショップで初めての兆戦。

さて、そこで折れ線グラフの様なものを渡され、
係員の説明を聞きましが、イマイチわからない。
折れ線グラフの頂点から水平に横を見ると、
PSの単位の縦線があり、当然馬力と思い、
目盛りを見ると230位。
そんなもんかと思っていると、係員が
「それは、補正前の値。実馬力はこれ」
と裏面に記入してある数値を提示。
230馬力より大きい値でした。

シャシダイによる馬力測定には二つの値が存在する??
この二つは、それぞれなんの値なんでしょうか?
また、最近、解除が噂さされる280馬力規制は
どちらの値が対象なんでしょうか?

長くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1つ気になる点があるので補足させていただきます。
駆動ロスと言うのはシャシダイナモのロスではなくエンジンからタイヤを駆動するまでの間、ミッション・デフの伝達ロスです。
グラフの0から上の線はタイヤがシャシダイのローラーを回す力を示しています。その線の右端はストンとしたに下がってマイナスになっているはずです。
この時はクラッチを切って惰性で転がしていたはずです。
これが抵抗となっている分で、両方を足してエンジンの出力としています。
例えばエンジンは250psぐらい出ているけれども、ミッションとデフで馬力をくわれてタイヤにかかっているのは230psである、というわけです。規制対象になっているのはカタログ値でエンジン単体の出力です。
ちなみにタイヤにかかる馬力は後輪出力といいます。

Qバイクのエンジンの発電って...

車のエンジンにはダイナモ(オルタネーター)がついていて、走行中、若しくはエンジンを始動している間に発電、バッテリーの充電を行っていると思うのですが、バイクの場合はどうなんでしょう? どこにもダイナモが付いていないですよね? バッテリーは使い切ったら終わりなんでしょうか?

Aベストアンサー

もちろんバイクにもダイナモがあります。
大抵はエンジン内に組み込んでありますから分解しないと見ることができません。
ダイナモがなければセルモーターを何十回か回したらバッテリーは空になりスパークプラグの火花が出なくなってエンジンを掛けることもできなくなります。

Qダイナモ・コントーロールボックスの調整

直流発電機(ダイナモ)使用の車(1968年式フィアット)を所有しております。

ダイナモには電圧や電流を制御するコントールボックスがあり
ボルテージ、カレントレギュレーターとカットアウトリレーがあります。
整備書に従い各数値を調整したのですが雨の夜に3時間ほど
ドライブをした後バッテリーが上がってしまいました。

ここでお聞きしたいのはバッテリーの容量で各レギュレーターの
数値は変えないといけないのでしょうか?
もしくは使用する電気(電装類)により数値を上げるなど・・・。
(ダイナモの発電は正常という仮定で御願いします)
他にもバッテリーが上がってしまった原因などありましたら合わせて御願いします。

Aベストアンサー

発電機がダイナモの車は、アイドリング時にはまったく発電も充電もできません。
だから、雨の夜、たびたびアイドリング状態になるドライブでは、ダイナモやバッテリが正常でもバッテリが上がってしまうおそれは多分にあります。
当時のFIATのダイナモ容量は、イタリアそして広くヨーロッパの交通事情を勘案して、アイドリングを含む平均車速がこのくらいになるだろう、夜間走行はこのくらいだろうと推定し、その他の条件を考慮して決めているはずです。もちろん日本車メーカーも同じ思想です。
その車を現代の日本で走らせると充電・放電のバランスが取れなくなるのですね。

ご質問の回答ですが、バッテリ容量でリレー類の数値を変える必要はありません。使用する電気量により数値を上げることは可能ですが効果はそれほど期待できず、下手をするとダイナモを焼損させるようなおそれがあります。
カレントレギュレータは、過大な出力電流を取り出すことがないようにして、ダイナモが焼損しないように働きます。
カットアウトリレーは、アイドリング時のようにダイナモ電圧が低いとき、バッテリからダイナモへの電流を阻止して、バッテリの放電を防止します。
だから整備書どおりに調整してください。

対処方法ですが、乗り方、走り方を工夫するしかないでしょうね。
アイドリング時は消灯。
雨天の夜間時はギアを一段下げてエンジン回転数を上げて走る。

点検箇所は、ダイナモもバッテリもOKとして。
まず、ダイナモのベルトにゆるみのないこと。できれば新品に。
次に、ダイナモからバッテリ間のどこで電圧降下が大きいかを突き止めることですね。
多分、カットアウトリレーの接点が傷んできていると思います。
磨いても修復できるかどうか、またいつまでその良好な状態を継続できるか、疑問ですね。

あとは一般的な点検で、充電電流の通路にゆるみやさび付きがないこと。
ダイナモ、リレー、バッテリのすべての端子を確実に締める。
バッテリとボディアース間のハーネスの締め付け。
同様にエンジンアース線の締め付け。

愛車を気分よく使用し続けるために、車の電気屋さんに相談されるとよいですね。

発電機がダイナモの車は、アイドリング時にはまったく発電も充電もできません。
だから、雨の夜、たびたびアイドリング状態になるドライブでは、ダイナモやバッテリが正常でもバッテリが上がってしまうおそれは多分にあります。
当時のFIATのダイナモ容量は、イタリアそして広くヨーロッパの交通事情を勘案して、アイドリングを含む平均車速がこのくらいになるだろう、夜間走行はこのくらいだろうと推定し、その他の条件を考慮して決めているはずです。もちろん日本車メーカーも同じ思想です。
その車を現代の...続きを読む

Qハブダイナモでどの商品を購入するか悩んでいます

マウンテンバイクに明るいライトをつけたいと思っています。
今は3LEDのライトをつけていますが、暗い夜道では正直ほとんど役立っていません。
そこでいろいろと調べた結果、明るさを最優先してハブダイナモを取り付けようと思っています。

ハブダイナモのなかではどの商品がオススメでしょうか。要望としては
・時速30kmくらいで20m先くらい先のポールや障害物を認識できる程度の明るさ。
・予算は1万円前後。

小生のマウンテンバイク前輪は
ホイール:ARAYA 26×1.50HE VP-20
タイヤ:MAXXIS 26×1.95
ブレーキ:Vブレーキ
です。

マウンテンバイク初心者なので、情報不備があるかもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 書き忘れました。時速30キロで20メートル先の物を認識ということですが。
http://www.qbei.jp/product_info/product/4128/category/2_35_82/
 このハブダイナモ+ライトでも白いポール等なら発見することはできます。しかし黒い路面状況となるとかなり厳しい物があるレベルです。10メートルくらいなら何とかなるのですが。
 その速度でその距離となりますと、やはりOLIGHT T25やFENIX L2D Q5などの電池式ライトしか選択肢はないと思います。

Qダイナモのダイオード不良、換え時。

ダイナモのダイオード不良、換え時。

先日はパワステベルト断裂の件にて参考になるアドバイスを頂きました。
しかし泣きっ面に蜂な自体が重なりました。
ベルトを交換した正に翌日、エンジン始動がスムーズにいかなくなり、
翌日にはキーを回すとセルがカチッとは言えどかかりきらず、明らかに
セルモーターの故障、色々頑張りつつなんとか始動させ電装屋さんで修理
となりました。
それはそれで直ったのですが、またまたその際に「ダイナモから若干異音
がするのでチェックしてみたら、波形が乱れています。ダイオードの不具合
でしょう。ライトつけてエアコン全開だと消費電力の方が大きくなってしまい
ますが修理します?」とのこと。
ライト点等する夜中にエアコン全開っていうシチュエーションも無さそうでは
ありますし(昼間は日々結構な距離走ります)カーオーディオで電圧表示が出来る
ので見てみると(バッ直接続)、エアコンやライト点けないときで13Vちょい、
両方点けて11V~12Vくらいをちょろちょろしています。
どうでしょう、やはり即修理した方が良いレベルなのでしょうか?(3万くらいだそうで)
※ちなみに、3年程前に別のところでダイナモ自体リビルトに交換のものです。

ダイナモのダイオード不良、換え時。

先日はパワステベルト断裂の件にて参考になるアドバイスを頂きました。
しかし泣きっ面に蜂な自体が重なりました。
ベルトを交換した正に翌日、エンジン始動がスムーズにいかなくなり、
翌日にはキーを回すとセルがカチッとは言えどかかりきらず、明らかに
セルモーターの故障、色々頑張りつつなんとか始動させ電装屋さんで修理
となりました。
それはそれで直ったのですが、またまたその際に「ダイナモから若干異音
がするのでチェックしてみたら、波形が乱れています。ダイ...続きを読む

Aベストアンサー

>GSとかでいっつも不要な修理・交換
を押し売りされてなんだか疑心暗鬼になってしまいまして…。

私もコレについては解りますが、きちんとした認証工場などの看板のあるスタンドも有ります、町のスタンドの多くはバイトの兄ちゃんだったりします、私は過去にボンネット内の点検をするというので任せたらオイルを交換して1時間も走っていないのに汚いから交換しないとエンジンに良くないなどと言われたこともありますが、その後私の職場と職種に多少嫌みを含めて伝えたら顔色変えていましたが3日も立たないうちに居なくなりました(当時整備業に居た)

全てとは言いませんがガソリンスタンドの多くはガソリンだけの販売では商売が成り立たないためにオイルや水抜きなどの添加剤みたいな製品を売って少しでも売り上げを上げるために色々としています、もちろんその中にはきちんとした整備士が居る所も知っていますし全くガソリンなどの販売しか出来ないところも知っています。

疑心暗鬼に成って当然とは思いますがその様なときは何件か見積もりを取ることで多少なりとも値段の差や無駄とも思える修理も減らす可能性は有ります、一番は信頼の置ける掛かり付けの工場を見つけるのが良いのですがなかなか簡単ではないと思います。

私も正確な数値は(エンジン回転数)忘れましたが電圧と電流とフルに発生させるのには2000回転くらい10数年前の車で回さないと解らなかったと思います(結構あやふやな記憶ですが)オルタネーターなどは車の電装専門店で私はいつもオーバーホールさせていたので値段も意外に安いと思っています。

運が悪いとICレギュレーターは簡単に壊れますし過去に経験した中では大出力のオーディオ取り付けていたときには2~3年でトラブルを繰り返していたことも(多分設計時の使用電流を遙かに超えていたのでしょう)

>GSとかでいっつも不要な修理・交換
を押し売りされてなんだか疑心暗鬼になってしまいまして…。

私もコレについては解りますが、きちんとした認証工場などの看板のあるスタンドも有ります、町のスタンドの多くはバイトの兄ちゃんだったりします、私は過去にボンネット内の点検をするというので任せたらオイルを交換して1時間も走っていないのに汚いから交換しないとエンジンに良くないなどと言われたこともありますが、その後私の職場と職種に多少嫌みを含めて伝えたら顔色変えていましたが3日も立たないう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報