先日買ったワインの酸化防止剤として アスコルビン酸 なるものが添加されていました。初めて聞く名前でしたが、どのようなものでしょうか。また、健康への影響はないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

腎臓結石」に関するQ&A: 腎臓結石

A 回答 (4件)

「アスコルビン酸」に関しては、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#2で紹介したサイトも参考にしてください。
これ以外にもTOPページで「アスコルビン酸」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にしてください。

ワイン中のアスコルビン酸含有量は分かりませんが、以下のサイトは参考になりますでしょうか?
http://plaza19.mbn.or.jp/~amenity/vitaminC.html
(ビタミンC:ビタミンC過剰にとるとどうなるか)
http://www.nsknet.or.jp/~ka-tsu/aaa/vitc.html
http://www.fine-club.com/supli/faq/09.html
http://www3.vino.metamart.co.jp/VITAMIN/suiyou.h …
(水溶性ビタミン:ビタミンC(アルコスビン酸、セビタミン酸))
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/hts7k/stone.htm
(尿路結石について:高シュウ酸尿症)

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=45772
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よ~~~~く分かりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/04 18:17

>健康への影響はないでしょう


アスコルビン酸単体では.分量によっては毒性があります。これは.アスコルビン酸が分解されたときに.蓚酸(物質名は疑問)となり.これが膀胱や腎臓に蓄積して腎臓結石・膀胱結石になるとか.いわれています。が.この分量は生半可な分量ではありません。栄養剤のビタミンCの最大許容摂取量の2倍くらい飲まないとはっきりした毒性は出ません。
この分量をワインでとろうとしたら.腎臓結石になる前に.急性アルコール中毒になってしまいます。

なお.ビタミンCが原因となりうる結石などの疾病を持っている方は.このワイン程度の分量でも.体内に余裕がなく.結石になる場合が考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答、ありがとうございます。健康に影響なしということでホっとしました。

お礼日時:2001/10/04 18:15

ビタミンCの一種で、酸化防止のためにワインに入れます。


風邪薬にも使われていますから、健康には問題がないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ビタミンCなら問題ないですね。安心しました。

お礼日時:2001/10/04 18:12

たしかヴィタミン-Cの化学名だったと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/04 18:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワインのラベルはがし

ワインやシャンパンなどのラベルをはがす道具のことを何ていうのでしょうか?
購入したいのですが、商品名がわからず・・・(^_^;
教えてください☆

Aベストアンサー

以前、
http://www.wine-selects.com/goods.htm
で見つけたときはワインラベル・レコーダーという名前でした。

その直後にデパ地下のワインショップでワインラベルコレクターという商品名のが売っていたのをたまたまみつけたのででそちらを買いました。
http://www.globalwine.co.jp

どちらも12枚、千円程度で購入できます。

Q酸化防止剤無添加ワインについて

スーパーのワインコーナーをみると「酸化防止剤無添加」という文句が張ってある国内産ワインが何種類かありました。言い換えると、他のワインは酸化防止剤が添加されるとのことになりますが、これは体に良くないものでしょうか。
また、ワインに添加される添加物は酸化防止剤以外にもあるのでしょうか。例えば、砂糖とか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

亜硫酸に関しては、使用濃度に制限があり、
その範囲内では安全とされています。
古代ギリシアではワインに硫黄を吹き込むことで、
亜硫酸を加えていたことが知られており、
歴史的な経緯もあります。

添加物としては、保存料としてソルビン酸もしくはソルビン酸カリウムが使用されているものがあります。
表示義務がありますので、ラベルを探して書いてなければ使っていない、
というのが建前です。
こちらも使用濃度の制限があります。

砂糖は”添加物”ということにはなりません。
原料の糖度が低い場合に、”補糖”することはあります。
アルコール自体が糖分を酵母が醗酵させて作られるものですから、
糖分が足りないと十分なアルコールができないためです。
製品の品質として同化は別として、安全性には問題ないと思います。

また、ラベル等に記載されず、なおかつ最終製品には残留しない”添加物"もあります。
濾過目的の珪藻土、おり下げ剤のベントナイト、二酸化珪素、アルギン酸ナトリウム、除酸目的の炭酸カルシウムなどですが、これらはワインの製造工程次第では使用されているものもあります。
特にベントナイトは多くのワインで使用されていると思います。
これらは最終製品には残留させず、取り除くことを前提として使用が許可されている添加物です。

酒類に関する添加物は国税庁の長官指定物質として、制限がありますので、参照なさると面白いかもしれません。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/syouhi/818/01.pdf

亜硫酸に関しては、使用濃度に制限があり、
その範囲内では安全とされています。
古代ギリシアではワインに硫黄を吹き込むことで、
亜硫酸を加えていたことが知られており、
歴史的な経緯もあります。

添加物としては、保存料としてソルビン酸もしくはソルビン酸カリウムが使用されているものがあります。
表示義務がありますので、ラベルを探して書いてなければ使っていない、
というのが建前です。
こちらも使用濃度の制限があります。

砂糖は”添加物”ということにはなりません。
原料の糖度が低...続きを読む

Qラベルのはがし方

旅行に行くたび、地酒を購入します。
せっかくなので、今までにどんなお酒を飲んだか記録しようと考え、
ラベルを保存したいと思っています。

ラベルの上手なはがし方、保存方法などご存じの方ご教授下さい。
道具、薬剤等使う方法でも構いません。

Aベストアンサー

ギリギリ間に合いましたでしょうか??

わたしも,主に日本酒のラベルを収集しています。

最初は水に漬けたり,薬品を使ったりしてましたが,どうしても糊が溶ける前に紙がふやけてしまい
見てくれが悪くなり困ってたところ,ある方から教わった方法がバッチリでした。

前置きしますが,糊の材質により稀に失敗する場合(化学糊??)がありますが
非常にきれいにはがれます。

方法
飲み終わったラベル付のビンを夜寝る前に,浴室の洗い場に置いておきます。
この際湯船には残り湯が溜まっている事と,少し風呂蓋をあけておく事がポイント(空けすぎるとベタベタになり,少ないとはげません)

明朝になるとあら不思議,スルッ!!とはげます。
この際,皺がよりますが,一旦乾かしたから再度表面を濡らしてから,鏡やガラスなどに今度はラベル面を下向きにして貼り付け,渇いたら再度霧吹きでシュッ!!
すると,新品のラベルのようになります。
アイロンの手もありますが,破れる心配と,熱で変色の可能性があるため臨機応変で・・・

糊は通常全面ではなく,条状に塗ってあるのが多いのでこのポイントを剥ぐ場合にだけ注意下さい。

先日,ビンの中に氷水を入れてから部屋の常温で試してみましたが,結露がまばら・・(上下で違いが出る)で結果的には思わしくありませんでした。

いずれにしても,ビン表面の結露を使う事がこのポイントです。

保存は,できれば糊を使用しないアルバムがべすと。
かといって,通気性が良すぎると,先の糊が化学変化(?)し変色しますので注意してください。

とても良い趣味だと思います
気長に楽しんでください・・・

ギリギリ間に合いましたでしょうか??

わたしも,主に日本酒のラベルを収集しています。

最初は水に漬けたり,薬品を使ったりしてましたが,どうしても糊が溶ける前に紙がふやけてしまい
見てくれが悪くなり困ってたところ,ある方から教わった方法がバッチリでした。

前置きしますが,糊の材質により稀に失敗する場合(化学糊??)がありますが
非常にきれいにはがれます。

方法
飲み終わったラベル付のビンを夜寝る前に,浴室の洗い場に置いておきます。
この際湯船には残り湯が溜まっている事...続きを読む

Q開封したワインの酸化防止にオリーブオイル?

友人から聞いたのですが、開封したワインにオリーブオイルを少し入れておくと、ワインの酸化を防いでくれるという話を聞いたのですが、本当なのでしょうか?
どのような理由、根拠なのかがわからず、ワインの味に影響を与えてしまうのではないかと考えてしまいます。
友人曰く、イタリアやフランスでは当たり前のようにオリーブオイルを入れているとのことなのですが、このような話を聞いたことがある方、いましたら教えてください。

Aベストアンサー

pirokore さん、今晩は。

誤解が生じるといけないので一言。

ワインには防腐剤は入っていません。殆どのワインには酸化防止剤が添加されています。これはワインの醸造過程で不必要な酸化を防止するために僅かに入れるもので、長期の熟成中や抜栓後の酸化を防ぐ量は入っていません。

またオリーブオイルが表面に浮くことで酸化を防止するのはNo1さんのおっしゃるとおりですが、オリーブの香りがワインに移るので風味が変化します。油を使うのでしたら葡萄の種油が適していると思います。

抜栓後の酸化を防ぐ方法としてバキュバン等の真空にして保存する栓、小瓶に移し密栓する方法、これらを冷蔵庫に入れ保管するなどが有効です、1週間程度は持つでしょう。

蛇足ですがごく一部の若い高級ワインの中には抜栓後より1晩たったほうがむしろ美味しいという例外もあります、殆どのワインは開けたてが一番美味しいので早く飲んでください。

Qワインのラベルについて

ボルドー産のワインのラベルでは、年号がラベル内に一緒に書かれていますが、ブルゴーニュ産の多くのワインのラベルでは年号の部分だけは別になっています。これはどうしてですか?小規模生産者がラベル経費を安く上げるためなのでしょうか。それにしては大きなドメーヌも同じように年号を別にしたラベルにしているように思うのですが。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
これはいくつか理由があります。
ひとつはnori1121さんが書いているように、ブルは小規模のドメーヌが多いため、このようにラベルと別々にしてコストダウンも考えられます。
あるHPで見かけましたが、瓶熟成を自分のところでするため、出荷時まではラベルを貼らず、出荷時に改めてラベルを貼り出荷しているとのこと。(例えばアンリ・ジャイエとか)なので、多分ドメーヌそれぞれの考え方があると思いますが。
う~ん、回答になっていない(笑)

Q食品添加物(ソルビン酸と亜硝酸Na)

保存料として使われているソルビン酸は、発色剤の亜硝酸Naと結合すると発癌物質に変わると本に書いてありました
ソルビン酸と亜硝酸Naが一緒に使われている食品がたくさん出回っているのですが、どういうことでしょうか

気にするほどの使用量ではないということですか?

Aベストアンサー

これらの添加物はご指摘のとおり人への影響があるといわれているため、使ってよい食品と、使ってよい量が、厳しく決められています。
亜硝酸Naはハム、ソーセージなどの肉の加工品、たらこ、いくら、筋子などで、これを使う際は、発がん性のある化学物質が出来るのを防ぐ働きのあるビタミンCを一緒に使うとか決められています。

体に与える影響は食品の摂取する量にもよるでしょうし、一緒に摂る食事によっても異なるでしょうね。
冷蔵のハム・ソーセージなどは保存料がないと今の表示ほど日持ちがしませんのでなかなかメーカーにとっては保存料を抜くのはリスクになります。
もちろん添加していないメーカーの商品も売っていますから、そういう商品を買うか買わないかは消費者の判断じゃないでしょうか。
私は極力、入っていない商品を買っています。

Qワインのラベルを綺麗にはがす方法

先日とても美味しいワインをいただきました。

銘柄を忘れないようにラベルを剥がして取っておきたいのですが、
上手く取る方法はあるのでしょうか(・・)?

Aベストアンサー

水につける、湯煎する。
もしくはシールはがし。これで取れないものは苦戦苦闘します。
ワインのラベルは私も集めていますが、上の方法で取れないものは、先の方が紹介しているように、ワインラベル保存シートしかないみたいです。でも高いんですね。
安いワインには勿体無いと私も思います。
でも、方法は未だに見つかってません。

Q増粘安定剤と酸化防止剤

教えてください。わたしが最近気になってるもので増粘安定剤と酸化防止剤があります。ジュースを買っても、何を買ってもこれが書いてあって嫌悪感を感じます。これって毎日摂取しても問題ないのでしょうか。。。無添加ではないってことですよね??

Aベストアンサー

 >毎日摂取しても問題ないのでしょうか
 ちょっと乱暴に言いますね。
 ヒトが毎日一生涯摂取しても問題ない数値を1/100にしたものが食品添加物の基準です。たとえばあなたがPETボトル飲料を毎日1000本、一生飲み続ければ何か問題があるかもしれません。
 また増粘安定剤で有名なものは果物に普通に含まれているペクチン、とうもろこしを発酵させてつくるキサンタンガムなど。酸化防止剤で有名なのはビタミンC、E、お茶に含まれるカテキンなど。
 何か問題がありますか。

 食品添加物が危険だなんだというのは、はるか昔の話です。今では生協(狂信的なところは別)でもそんなことは言いません。どちらかといえば「危険」と言って怪しげなものを法外な価格で売りつける輩が多数出没しています。お気をつけください。
 

Qワインラベルに表示されているReserveの意味。

ワインラベルにReserveって表示されているものを時々見かけますが、その意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

RISERVA(E) リザーブ、リゼルバ、レゼルバ  これを名乗るためには規定があり、クリアーできたワインだけがラベルに記載することができます
美味しい、不味いとは直接関係なく、スタンダード物よりもやや高級品といったイメージですね

フランスワインの場合:あいにくと詳細は判りませんでしたが、やや良質のシャンパンに多い表記です

イタリアワインの場合:その地域で定めるアルコール度数、最低の熟成期間の規定を越えたもの

スペインワインの場合: 赤    樽熟1年以上  瓶熟3年以上(樽熟含め)  出荷は4年目以降
            白ロゼ  樽熟6ヶ月   瓶熟2年以上(樽熟含め)  出荷は3年目以降
            グラン・レゼルバの場合はさらに規定が厳しくなります

ハンガリー、ブルガリアにも似たように規定があります

Qレモンの酸化防止効果について

レモンに酸化防止効果があると聞きましたが本当でしょうか?

レモンは酸っぱいです。
酸っぱいということは酸が含まれているということで、
酸はものを錆びさせます。
100%確かなのかはわかりませんが、下記のでも「レモンは鉄を錆びさせる」とあります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1333084078

ものを錆びさせるものを入れて酸化防止というのは納得がいきません。
どなたか納得させてください。

Aベストアンサー

多くの食品に酸化防止剤としてビタミンCは利用されます。
理由はあっという間に酸化するからです。
様々な成分が混合している食品にビタミンCを添加することによってビタミンCが先に酸化して他の成分を守ります。

ビタミンCは有効成分としてサプリメントなどに入っていると考える方もいらっしゃいますが、製造している方では他の有効成分の酸化を守る意味合いで添加します。

一般的な酸化防止方法としては色素などの抗酸化物(アントシアニンやアスタキサンチンなど多数)を添加して保護するというのも有効です。こちらの場合は抗酸化活性の高い物質を添加して酸化を防止する手法です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報