ランタンで140Wと200Wのものととで悩んでいます。明るさはやはり大幅に変わるものなんでしょうか?後、ガスランタンとガソリンランタンでの同じワット数でも明るさはおなじなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

コールマン


 - パワーハウスツーマントルランタン(WG) 190W
- ツーマントルランタン(WG) 140W
- ワンマントルランタン(WG) 130W
ユニフレーム UL-C 100W
スノーピーク 天 80W

を、比べてみました。

確かに出力が大きいと明るい気がするのですが、大差ないきもします。ガスは満タン時は明るいのですが、ガスが減ると暗くなります。ガソリンは、ガソリンが減ったら、ポンピングか追加すればいいので効率が良いです。出力が大きいと燃料がなくなるのも早いです。だから、140Wを選択すべきです。さらに明るさが欲しいならあとは、影を消すようにして、別のランタンを用意した方が良いです。燃料切れのとき順番に燃料を補給できます。最悪マントルが破れても、懐中電灯の暗闇の中から焼きしなくて済みます。また、出力の高いランタンはマントルが高価になりがちです。

出力は140Wあれば十分。複数のランタンがあると効果的かつ利便性がUP。と考えてください。できればガソリンのもの。

5人程度ならコールマンのワンマントルランタン&ユニフレームUL-Cの組み合わせで使っています。人数が増えればランタンを追加します。
    • good
    • 0

ご質問への回答は出てますから・・



すでにありますように、大小2つのランタンがあると便利ですよ。特に夏は、大きいのを少し離して立てておくと、大半の虫はそちらに行きますから快適です。ランタンスタンドかそれに代わるものがあった方が良いですね。

テーブルはテント内と兼用で螢光燈ランタンでも良いのですが、これは暗いですから、小形のガスランタンあたりが便利です。食事などが終われば、暗くして、お酒などをちびちびと・・・ キャンプで至極のひとときですね。メインをガソリンにしたならサブはガスにしておくと小回りが利いて便利です。ストーブにガスを使っていないなら、わざわざガスを用意しないとならないので面倒ですけど。
    • good
    • 0

同じワット数なら明るさはほぼ同じと思っていいんじゃないでしょうか?


明るさはマントルの面積も影響してくるので、同じ火力なら表面積の大きいマントルを使用している方が明るいですね。
ガスとガソリンですが、某メーカーのランタンでは、同じマントルを使用していてもガソリンの方が若干明るかったと思います。
    • good
    • 0

ガソリンのほうが明るいですね。


夜、食事のときは電池式の蛍光灯ランタンをテーブルに置いて
虫除けに両サイドにガソリンランタン・ガスランタンを使ってます。
手軽さでいくとガスランタンでもいいと思います。
ガソリンの方がカロリーが大きいと思いましたが。
    • good
    • 0

真夏にキャンプされるならリビングから虫を遠ざけるために大小の明かりは欲しいですね、


両方必要ってことですが。。
ガス、あるいはガソリン?
バーナーの燃料とあわせるのが一般的です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q灯油ランタンとガソリンランタン

灯油ランタンの方が、デザインがいいものが多い気がしますが、
ホワイトガソリンランタンというのは、普通の車用ガソリンで
使えるんでしょうか。

匂いはどうでしょうか?緊急時の事も考えて、アウトドア用品を
集めだしたので、それも考えて選びたいですが。

どちらが光量やその他利点がありますか?

Aベストアンサー

自動車用ガソリンはススが出るのでノズルが詰まったりマントルやホヤが汚れたりしますので、本来の性能は発揮できないと考えていいと思います。現実的に「使えるの?使えないの?」といえば、「使えます」。

灯油ランタンといってもプレッシャーを掛けるものと単に芯が燃えるものがありますが、燃費や点火の楽さは後者、明るさは圧倒的に前者が勝ります。加圧式はガソリンランタンと同等以上の明るさです。

加圧式の灯油ランタンは必ずプレヒートが必要です。ガソリンランタンも必要なものがあります。
ニオイはどちらも若干あります(ガソリンのニオイと灯油のニオイです。当たり前ですが)。

緊急時(災害とか)のためなら着火が楽で明るいガス式か、入手のしやすさと継続時間を考えて灯油の芯式がいいのではないでしょうか?
あとはローソクとか。

QガソリンランタンとLPガスランタンの特徴

 ガソリンランタンとLPガスランタンで
どちらを購入しようか迷ってます
個人的にはガソリンランタンのオレンジというか
茶色がかった灯りがすきなのですが、
LPガスランタンではあの色合いは出ないのでしょうか?
 あと、コストパフォーマンスや使い勝手など、
それぞれの特徴を教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

移動手段が車の場合は、季節や期間によって使い分けてます。
夏と冬はガソリンか灯油、ろうそく。
春秋は上にガスの選択肢が増える程度です。
明かりの色は燃料より、火力やマントルによって違うような気がします。
氷温以下のガスなんて破れ行灯のようですよ。

夏にはガスはよっぽど条件が揃わないと使いません。
なぜなら炎天下の露天(SAとか)に駐車するとかなり車内の温度が上がります。
ちなみに、万一爆発することがあっても、車内は40℃は軽く超えますのでメーカーは当然保証なんてしないでしょう。
わざわざクーラーバックなんかにガス缶入れて置くのも…
ガソリンとか灯油なら携行缶に入れておけば、ガスよりましです。
火の気のないところでガス抜きも出来るし。

ガスは確かに使うときの手間が掛からないのですが、ゴミが増えます。
一、二泊程度なら良いのですが一週間ぐらいになるとうんざりしますよ。
持って帰ってゴミの分別が厳しいと、また手間が掛かります。
詰め替えたりしても別なゴミが増えるだけですし。
面白いもので、使うときの手間や点検整備なんかは気になりませんが、ゴミの始末はたいした手間でなくても面倒な気がします。

ガソリンの缶もゴミにはなりますが、ガス缶より出ません。
家での保管はガスと同じような所で大丈夫です。

一通り使ってみてはどうですか?
キャンプ場でレンタルもしている所もあるようですし。

所詮、道楽の道具ですから。手間も遊びのうちですよ。

移動手段が車の場合は、季節や期間によって使い分けてます。
夏と冬はガソリンか灯油、ろうそく。
春秋は上にガスの選択肢が増える程度です。
明かりの色は燃料より、火力やマントルによって違うような気がします。
氷温以下のガスなんて破れ行灯のようですよ。

夏にはガスはよっぽど条件が揃わないと使いません。
なぜなら炎天下の露天(SAとか)に駐車するとかなり車内の温度が上がります。
ちなみに、万一爆発することがあっても、車内は40℃は軽く超えますのでメーカーは当然保証なんてしないでしょう...続きを読む

Qランタンのポンピング不調コールマンのガソリンランタン295なんですが、

ランタンのポンピング不調コールマンのガソリンランタン295なんですが、いくらポンピングしても、空気が供給されません。
燃料タンクの蓋もしっかり締め、火力調節部分もオフを確認し穴を塞いでの結果です。
パッキンも今年に入って交換したばかりで、先週のメンテした時は問題が無かったのに…
自分の手に追えない様な問題であれば、メーカー点検修理に出そうと思います。簡単に書いてしまいましたが、ここが怪しいとか改善策があればご指導下さい。

Aベストアンサー

ポンプ用の油「ルブリカント」は、つかいましたか?コールマン製品売り場には、たいていあります。
指で塞ぐ穴から、1・2滴さすだけです。ポンプのピストンカップの、潤滑と密閉性のために必要です。
それでも直らなかったら、メーカーに依頼するしかないかも。

Qガスランタンの明るさが・・・

EPIgasのMBランタンオート(L-2010)を、メインランタンとして半年ほど前に購入し、2回程使用しました。
最初に使った時は眩しいくらいに明るかったのですが、GWのキャンプで使った時はとても暗く、前の1/4位の明るさしかありませんでした。
カートリッジも前回と同じパワープラス、またレギュラーに変えてみても変わりませんでした。
どこか目詰まりなど不具合が出ているのでしょうか?そうだとすると、何かメンテナンス方法があれば教えて頂けると助かります。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ほぼ100%目づまりですね。(^_^;
専用のノズルクリーナーでキレイにしてください

http://www.epigas.com/products/accessories.html
EPIはブリッカーという製品です、必ずランタン用を使ってください

Qガソリンランタンについて

ガソリンランタンのマントルが破れます。
マントルが破れないようにするには、

Aベストアンサー

マントルは破れるものとして予備を必ず携行してください。300円ぐらいですから(通常3枚入りなのでそのままでも焼く前なら厚みは3枚でも5mm程度)焼く前のマントルはかさばりませんので携行するのに邪魔にはなりません。ランタンを古いバスタオルで包んでくるまで運ぶと通常マントルは輸送の衝撃で割れないです。車の中でゴロゴロ転がらないようにすれば対丈夫です。シーズンはじめにはマントルが割れて無くても新しいものにすれば現地でマントル焼きしなくてもいい場合があります。敗れてもマントル焼きは数分で終わります。

キャンプ1回持てばよければマントル焼きしながらガスを除所に供給する荒業?があります。輸送に耐えないかもしれませんが問題なく使用かのうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報