最新閲覧日:

以前本で、額田王は巫女だった、という説とうねめだった、という説を読みました。
それについての詳細を知りたいです。
何か、少しでもいいので知っている事があったら返答お願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (3件)

巫女については知らないのですが


采女については
服従の意思を示す為に朝廷に送られたその娘達=女官を采女といいます。


父の鏡王を地方豪族とすると(王は今の王様の意味ではありません)
采女であったとするほうが自然でしょう。

采女はある意味人質であり、また貢ぎ物でもあります。

そして「褒美」として譲られることもあったそうです。
(天智天皇が鎌足に采女を与えたように…また大友皇子の母親も采女です)

お話的には三角関係の方が面白いでしょうしそれもいいとは思いますが

個人的には弟(というのも怪しいですが)から兄へ、優れた「上等な奴隷」を、譲ったと考えた方が自然だと思います。

自由意志で大王を巻き込んで自分の意志で結婚するなど無理だと考えた方が、他の采女や、どう考えても政略結婚があったと思える系図を見る限りは自然だと思います。

それに、もう1人の恋の相手の中大兄皇子にはこれまた問題ありな恋人候補がいますしね。

この時代は正確なことがわかっていないので面白いです。

ちなみによく言われる恋の歌は
宴会の余興として恋の終わったもの同士の大人の歌。
という解釈もあります。


巫女については
この少し後の時代、他の斎宮がある皇子との恋仲を疑われて「斎宮」をやめ都に戻されたのではないか。
というような解釈をしている本もありますから
「巫女」というものが妻としてこの時代にいられたかは疑問です。

失意のうちに自害して果てたかもしれない娘に比べ、たいそう長生きしましたから案外かなりしたたかな女性だったのではないでしょうか・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほお、なるほど!すっごくためになりました。
早速レポートを作りたいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/10/15 20:23

私も額田王や持統天皇やその時代に興味があって  先に書いてる方と同じく 天上の虹 やその他いくつも出ているマンガや小説などを読みあ

さっています   額田は最初は采女だったみたいです   でも額田だけではなく色々な所の豪族の  見目うるわしくかしこい娘が  天皇の所に出仕させるみたいな感じで集められたみたいで  額田や額田のお姉さんもその中の一人みたいです  そこから歌が上手で巫女の力もある額田が  特に天皇家のお気に入りになったみたいです  天武天皇や天智天皇が額田を争って取り合いしたのは  歌がうまくて美人だっただけではなくて  何か特別な力があったからではないかって書いてありました  それが巫女の力で神の声が聞けたとか  よく当たる占いができたからだって書いてましたよ  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

巫女説の情報、ありがとうございました。
どうしても巫女説の情報が少なくて困っていたんです。
またマンガの方も探してみます。

お礼日時:2001/10/15 20:27

こんばんわ。

私も額田王やその時代に興味を持ってる者です。
私が知ってるのは釆女であり、巫女のような事もしていたのでは?
と、いうくらいです。と、いっても本当かどうかはわかりませんが・・・
里中満智子さんの「天上の虹」というマンガはご存じですか?
額田王やその時代の事がマンガになっています。
説は色々だと思いますが、読んだ事がなければぜひ、読んでみては?
額田王は万葉集にもたくさんの歌を詠んでいて、才能ある方だったんですよね。
釆女というのは知識とか教養とか家柄もそうですけど、そういうのが完璧な
女の人がなる職業?なんですってね。
詳しい答えになってなくてごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々ありがとうございました。
マンガの方は、また図書館にでも行って探してみます!

お礼日時:2001/10/15 20:25

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ