こんな話をききました
「他大学の大学院に行くと、勝手に研究室を決められて、自分が希望する研究室に入れないことが多い」
ということです
これは本当なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

frankさんは将来は大学院に進みたいとお考えでしょうか?


確かに他大学の大学院進学については憶測が憶測呼んで妙な噂がいろいろ流れる
ようですが、この件についてはまずあり得ないとお考えください。
私自身も他大学の大学院に進学経験があります。(日本史ですが)どの分野の専攻
に進まれるにしても、大学院に進学するからには希望する学生にも具体的に研究
し続けてゆきたいテーマがあってこそですよね。まして、自分の在学していた大学院の
方が、受験対策なども練りやすいしなんといっても慣れ親しんだ環境であることは
承知した上で、それでももっと自分が取り組みたいテーマにより即した環境を求め
他大学へ出ることを選ばれるのですし。
と、すれば自分が希望する研究室に進学できないというのはその大学院に進学する
意義が大幅に薄れてしまうということになってしまいます。
大学院の方としても研究家の卵として院生を預かるのですから、自分の研究と縁の
無い学生が来られても困ってしまうだけでしょう。
受験の際は、面接の時、面接担当の教官から「どの先生の研究室に在籍したいか」
聞かれました。たいていの大学で聞かれるはずです。
私も答えるときは自分の研究テーマとその先生の研究テーマとの関連性などを示して
こういうわけで○×先生の指導を希望しますと述べました。受け入れる側もこれまで
育ててきた学生ならばどんな人物かわかってますが、他の大学からの受験生は未知
な部分が大きいのでお互いきちんとした認識が必要になります。
ただやはり自分の受験するつもりの大学についてはやはり事前にお願いして研究室訪問を
させてもらうのが受験の時の有利不利とは別次元で上記のような理由で重要だと
言われます。かくいう自分も事前訪問が出来なかったために、面接の時は事細かに
聞かれました^^;。

ここまで読まれてもしその専攻の受験者数が仮に募集予定人数に達しなかった場合
でも、ある一人の先生の研究室に志望者が集中した場合はどうなるのか?という問題が
生じてくると思います。私が学部で通っていた大学の院の入試では実際このような
事態になってしまったことがありました。しかし先生の方も修士論文の指導の責任
者となるのですから、一人で見られる人数は限られてしまい、その先生の研究室に
入学希望していた方の数人は残念ながら不合格となりました。

今まで書いたような理由で勝手に決められるというのはまずないと思います。
よほどその先生が急病で突然休職とかになってしまった場合などでもない限りあり得ないとも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく回答してくださってありがとうございます
私も「おかしな噂だな」とは思っていたのですが
不安になってしまったのです
でも、私は他校に行きそうにはないんですよ・・・

お礼日時:2001/10/05 00:18

 これは各大学院によって異なると思います。

frank さんは物理を専攻されていますよね。物理に限らず理系の大学院では研究(実験)が必須になってきます。そのため,一研究室で受け入れ可能な学生数に制限がある事が普通です。したがって,その研究室を希望する学生が多かった場合,あぶれる学生が出てきます。

 この場合の処理に2通りあります。一つは,guwappa さんがお書きの様に「不合格」とします。もう一つは,第2希望の研究室に回します。ここで,もし,第2希望の研究室が既に一杯であった場合,適当な研究室に回される事はあり得ます。

 ただし,これは他大学からの受験生に限ったことではなく,成績の悪かった受験生全員です。もっとも,他大学の受験生に比べて,自大学の受験生の方が問題の傾向もわかっており,成績が良くなりがちですが。

 ですので,「自分が希望する研究室に入れないことが多い」は,ある程度本当です。が,「勝手に研究室を決められて」というわけではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この噂は自分が希望する研究室に入れなかった人が
「希望するところに入れなかったよ」って言った話が
「希望するところに入れない」に変化しちゃったものかもしれませんね
ありがとうございました

お礼日時:2001/10/05 00:50

私の知っている範囲でお答えしますね。



私は他大学の院に進学しましたが、自分で研究室を選べましたし、特に内部進学組とそういった面で差をつけられることはありませんでした。
私の友人も、特に問題なく進学していましたよ! (^.^)

院は基本的に「研究室」を決めてから受けるものです。
ですから、受験の前に希望する研究室を訪問し、教授と話をしておくのは必須です。
漠然とした希望で受験する人はあまりいません。
事前の訪問で教授に会い、どんな研究を行っているのか、また自分がどんな研究をしたいのかということをお話することをオススメします。
面接の際も、そういったことを聞かれましたよ。
「研究室訪問はしましたか?」
といった形だったと思います。
通常でしたら、合格した時点でほぼ研究室は決まっていると思ってください。
入学してから研究室を考えるのは、大学院大学(学部が無く、大学院のみ存在するところです)くらいではないでしょうか?
勝手に割り振られるというよりも、合格後に研究室を割り振る…ということはないと思います。

他大学の院を受験する場合の大きなハンデは、合格後よりもむしろ受験そのものです。
内部の人間に比べて、明らかに難しいです。
試験問題は同じなのですが、内部の人間には十分に情報が行き渡っていますし、試験問題も、今までのテストで見たような「おなじみの」問題であることも多いです。
ですから、受験が決まったら、まず希望する大学の研究室を訪問し、そこで授業ノート等を借りられると良いと思いますよ。
それから、内部の人間が院に進学する時は、基本的に同じ研究室に進学していきます。
ですから、非常に入りやすい状態です。
そこに割り込んで(?)いくのですから、かなりの成績が求められます。
内部進学組と同じスタートラインで受験できるとは思わないで下さい。
同じ点を取った場合、まず受かりません。
外部から受験する人間に対しては、非常にシビアな基準になっていますのでご一考ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回の噂は間違いだったということがわかって安心したのですが
他大学院受験は相当厳しいというのはショックでした
私の実力からして無理をして他大学院に行かないほうがいいかも・・・
じつは自分の大学院で興味のある研究室があったから受験することはないと思うんですけどね

お礼日時:2001/10/05 00:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q修士論文が不合格だった場合について

私は現在国立大学の修士課程(大学院前期課程)2年生です。
数日前に修士論文を提出したのですが、正直申しまして論文のクオリティーがかなり低く、とても論文は通りそうにありません。
もし修士論文が不合格となってしまった場合はどうなるのでしょうか。
修士課程単位取得退学のといったような形で退学扱いになるのでしょうか?
それとも留年と言う形で大学に残り次年度にて再度修士論文を提出することは可能なのでしょうか?
それとも大学によって異なるのでしょうか?
以前、一度修士論文を提出した場合は2年間は論文が提出できないなどのお話を聞いたことがあります。
修士課程に2年もいるのに全くの無知でお恥ずかしいのですが、もしよろしければ教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

教授が修士論文の提出を許可したのであれば,論文は通ると思います.

留年して次年度に提出は可能です.
クオリティを上げれば,半年後に卒業などもあるかもしれません.
ただ,大学によって異なりますので,ここで相談するより教授に相談しましょう.

Q日本の仏像の研究について(大学院での研究)

文系の他大学の大学院を来年2月に受験しようと思っています。日本の仏像(飛鳥、奈良時代頃)について、特にその表情に注目して、時代や世相との関係を調べていきたいと思っているのですが、詳しくこの分野のことをまだ知っているわけではなく、このような研究がそもそも成り立つのか、先行研究の論文はあるのか、などの情報がまだ乏しく、研究計画が立てられない状況です。とりあえず、先行研究を探しています。上記のことについて何か知っておられましたら、教えてください。

Aベストアンサー

特に美術史を専攻したこともないのですが、関連する研究として下記のものが記憶に残っています。

平安初期彫刻の謎 : 天平の終焉と新時代の仏師たち / 松村史郎著. - 東京 : 河出書房新社 , 1988.12

著者が美術専門なのか歴史学的な論証としては甘いかなと思えるところもありますし、特に「表情」限った研究というわけでもないのですが、平安初期までの仏像様式の変化と時代・世相の変化を関連付けた研究だったと思います。

他にも、美術史の研究で(「表情」も含めた)美術様式と時代背景を関連付けるのはポピュラーですから、先行研究は事欠かないと思います。ただ、時代を飛鳥奈良に限定し、且つ対象も表情に限定するとなると、だからこそユニークな研究になり得るのですが、材料が限られてきてしまうかもしれません。

Q修士論文は公開論文ですか?

よろしく、お願いいたします。
タイトルどおりなのですが、大学院の修士論文は公開論文でしょうか?
博士論文は、公開論文と認識しておりますが、修士論文は如何でしょうか?

修士論文に書いた内容を、もう少し、世間に出してみたいと思ったのですが、既に公開論文であれば、当然、他の公開論文集等に出す事は出来ませんので、確認の為にお伺いしてみました。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通常は、修士論文も博士論文も公開(広義)されたものと見なしますが、あくまで学位論文であり、雑誌への投稿はできます。

投稿論文の場合、未公開(狭義)の内容という規定が普通ですが、学位論文に書いたこと(広義)は、問題にされません。

というより、私の修士論文の場合、投稿原稿を書くように教授に言われましたし、博士論文の場合(論博)、投稿済みのものは良いとして、未投稿の内容は、博士の学位を取得して1年以内に雑誌に投稿する規定になっていました。

また、修士論文を投稿する場合、当然、指導教官に許可を得るべきです。修士だろうと博士だろうと、あくまで指導教官の指導のもとで研究を行なったと見なされます。もし、これを無視して投稿した場合、ばれたら法的なことはともかくとして、研究者としては生きていけないでしょう。必ず了承を取る(おそらく連名になる)ことをお勧めします。

Q奈良先端科学技術大学院大学、情報科学研究科について

僕は情報科学部に所属する3回生です。奈良先端科学技術大学院大学、情報科学研究科に興味があるのですが。選考について詳しく知っている方教えてくれませんか??ホームページには「小論文等に基づく質問、英語(英文読解)、数学(代数、解析、確率・統計、離散数学等)及び出身専攻分野を考慮した情報科学関連の質問を面接により1人30分程度行います。」と書いていますが、情報科学関連の質問とはどの程度のレベルなのでしょうか??実際選考に合格するのは他の大学院(阪大、京大など)と比べればどの程度難しいのでしょう??

Aベストアンサー

こんにちは.
私の友達の阪大工学部の人から聞いたことですが,
阪大工学部をでていたら無試験で奈良先端科学技術大学院大学に入学できるそうです.また,そこへは車がないと通うことはほとんど不可能だそうです.
周りは原生林が広がっているらしいです.
勉強がんばってね☆
ふぁいとっ

Q修士論文の変更

大学院に来年4月から通います。(合格済)
その準備のために家で勉強していますが、私のこれまでのバックグラウンドからして研究計画書に従った修士論文を書くことが難しいと判断しています。自分の知識を見極め変更したほうが成果が出ると思います。そこで質問です。
質問
(1)各大学の修士論文(私の専門の分野)を集めることは可能ですか?
(2)研究計画書を変更して修士論文を書くことは出来ますか?
 勿論今から修士論文の準備はします。
※なお、この分野の研究者になる予定ですので修士論文はレベルの高いものが求められます。不安で夜も寝れません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1のように、(1)は各大学の修士論文・博士論文は問い合わせれば入手可能です。(2)も指導教員次第です。きちんと相談して下さい。

ただし、変更の理由はどうかと思いました。試験の際の計画書はできると思って書いたものであるのが前提です。もちろん進捗状況で路線変更することはよくあることではありますが、まだ手をつける前から自分の知識を見極めるのは、指導側からするといい印象を持ち得ません。将来的に研究者を目指すということをふまえると、大丈夫かという不安を残します(目指さないなら何も問題なしです)。それも含めて再度計画を作成し、指導教員と相談することをお薦めします。

Q底辺高校からの一流大学とかって事例あるんですか? 本当は地頭が良かったとか、本当は頭いいけどやる気

底辺高校からの一流大学とかって事例あるんですか?

本当は地頭が良かったとか、本当は頭いいけどやる気がなかっただけとか

はなしです。


本当に底辺から這い上がって自分の力(塾、予備校はあり)で行った人は存在するのでしょうか?

気になったので質問させていただきました

Aベストアンサー

たくさんいますよ、なぜか告白してくれた方が居ます。大学の附属高校は嫌いだそうです。東大には「開闢会」というイヤミな会があり、高校創立初めて入った方のみ加入できます、もちろんバカバカしいから加わらない方も多い。告白して下さった方は目立たないが一途な方でした、高校時代はライバルなど居ないから苦労したそうですが、彼を過たず東大に入れた教師陣は立派だった。

Q修士論文の審査を厳しくしないのはなぜでしょうか?

学部生の自分が言うのもなんですが、修士論文はだいたい通りますよね?公聴会を聞いていても本当にこれが修士論文かと思うほど内容が薄いものもあります。博士論文の審査は厳しく、3年で博士号を取れるのは理系は4割ぐらいらしいです。
 修士論文の審査を厳しくしたほうが論文のレベル維持のためにいいと思うのは僕だけでしょうか?明らかに修士論文に達していないのは受理しないとか考えたほうがいいと思います。そうすることで企業に就職して研究職につく際も修士号の価値が出てくると思います。僕の考えはおかしいでしょうか?

Aベストアンサー

自分もまだ学部生ですが、同様の考えをもったことがあります。
自分は文学専攻ですが、MからDに進学する人は、現在の大学では
各学年多くて二人とか、そんなものです。
正直、二年間のモラトリアムをゲットするために来る人が多いです。
修論審査を厳しくしてしまうと、そういう人たちはいつまでたっても
修了できないですし、先生たちはそういう学生には早く出て行って
ほしいと思っているのがはっきりとみてわかります。
そういった状況を見ていて、論文審査を甘くせざえるをえないのかな…
と思うようになりました。

確かに、レベルの低い院生ばっかり増やして、
学部生が聞いていてもお粗末な論文で修了させてしまうのは
問題ですし、大学院の重点化というのはただ単に院生の人数を
増やして、修了者を増やすだけではないだろうと
ここ一年ぐらい考えてしまうことがあります。

Q中央大学の法科大学院…

中央大学の法科大学院って東京のどの辺りにあるんですか??誰か教えてください。調べても良くわかりません…

Aベストアンサー

ちなみに住所は下記になります。

東京都新宿区市谷本村町42-8

Q就職研修か修士論文か?

1月の最終月曜が修士論文の提出期限です。
つまり、今はめちゃくちゃ忙しい状況です。

しかし大変なことが起きました。内定先の企業が来週から1週間の研修を行うと言ってきました。
修士論文で忙しいので行けない旨を伝えたところ、相手は絶対に来ないといけないと言いました。

人事部の人は、
「就職するなら優先順位を考えられるようになりましょう。」
「修士論文なんか出せば通ります。修士論文で落ちた学生は聞いたことがありません。」
と言います。とりあえず研修に来いと。。。

これを教授に言うと激怒して、
「そんな会社辞退してしまえ!」
と言いました。

私はどちらを選択すればいいのかアドバイスをください。

Aベストアンサー

基本的に、学生である期間中に企業が入社する予定の学生の研修などをすることはしてはいけないことです。特に修士論文研究や学会発表などは優先されます。それで学生への教育効果が上がるのですから。すなわち、指導教員から企業の人事に説明してもらうのが最も良い方法です。指導教員には、「修論に専念したいので、取り合ってほしい」といえば、指導教員も快くとりあってくれると思います。企業から、これに対抗することは不可能ですので安心してください。研修中に事故でもあったらどうなりますか?大学としても責任を問われてしまいます。また、研修を断ったからといって、入社後何の支障もないです。これまで何人もこのような状況の人を見てきましたので、ご安心ください。ただ、卒業旅行をするなど全く暇な期間なら、研修に行くのもよいでしょう。

Q他大学の大学院を目指す手段についてと、合格したところの辞退についてですが・・・。

文系の4年で、大学院進学を考えています。色々迷うことが多く、今までも何回かここで質問をしているのですが・・・。
秋、受けたところが受かったのですが、親に反対されて(有名なところではなかったのが一番気にかかるらしい)入学はあきらめました。そこで辞退の手紙を書かないとと、思っているのですが、どのように書いたらいいのか・・・。

もうひとつは、その、前述の辞退騒動(?)からこのかた、さっぱりやる気が起きないというか、自分のやりたい分野がまだまだ未熟であるのが思いやられてきて、春、本命で受けようと思っていた院(ここは難しいですしかも)の受験を、やめて科目履修生としてそこで1年修行させてもらってから受け直そうかという考えが、浮上してきたのですが・・・。そもそもそんなこと可能なのでしょうか。

今は考古学ですが、院では文化史(特に仏教美術)を学びたいと考えています。
考え方が逃げに入っている気がします。困りました・・・(^^;

Aベストアンサー

 ANo.#1のshinkishuです。思ったよりも色々考えていらっしゃるようなので、少し安心しました。

 ただ、まだ、何が問題なのか、イマイチはっきりわかりません。もう受かったところは、入学辞退することに決めているんですよね? だとしたら、あとは辞退の手紙をどう書けばいいかという問題だけですよね。これは、書けそうな気がしてきたとおっしゃっているから、大丈夫ですね。

 次に、本命のところを春に受験するか、それとも、受験せずに科目履修生として一年修行するかということですよね。これは、ANo.#1でも書きましたが、受けてみるのがいいと思います。文化史についての論文を提出する必要がないのなら、研究計画書と卒論は何とか両立できるのではないでしょうか。仮に両立できず、院の入試のための準備が十分にできなかったとしても、一年修行する覚悟があるのであれば、同じことですよね。
 私が院生(国文学科ですが)の頃、他大学からの受験者は、やはりなかなか合格できませんでしたが、不合格になっても、一年研究生として研究室に出入りし、研究室になじんで色んなことを吸収しようと努力した人が、やはり次の年にいい結果を残しました。

 もし、一年遅れるかもしれないということに関して不安があるのでしたら、言うまでもないかもしれませんが、考古学にしろ、文化史にしろ、実社会ではほとんど役に立たず、本当に好きでなければ続けられない学問ですよね。多少回り道してもかまわないと思うくらいでないと、続けていけないのではないでしょうか。もしかして、マスター修了後、学芸員などとして就職したいと考えていらっしゃるのかもしれませんが……。

 厳しいことを言って、ごめんなさいね。私も、博士前期課程から博士後期課程に進学する際、研究分野のずれ、家庭の事情、研究室の人間関係、経済的な問題などに悩んだすえ、一年修論の提出を延期したあげく、結局、進学を断念したという苦い過去を持っており、何とか力になりたいと思い、投稿させていただきました。

 いい結果になることをお祈りしております。

 ANo.#1のshinkishuです。思ったよりも色々考えていらっしゃるようなので、少し安心しました。

 ただ、まだ、何が問題なのか、イマイチはっきりわかりません。もう受かったところは、入学辞退することに決めているんですよね? だとしたら、あとは辞退の手紙をどう書けばいいかという問題だけですよね。これは、書けそうな気がしてきたとおっしゃっているから、大丈夫ですね。

 次に、本命のところを春に受験するか、それとも、受験せずに科目履修生として一年修行するかということですよね。これは、AN...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報