お世話になります。

いよいよ明日からルマンが始まりますが、今年は民放では放映しないのでしょうか?
テレビ欄を探してもそれらしい番組がなさそうで・・・。

スカパーとかに入ってないので民放だけが頼りなのですが・・・。

ご存知の方がいらっしゃったらお願いいたしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

テレ朝によるル・マンの地上波放送は03年までの契約で、


契約更新はしなかったんです。
んでもって、その後に契約した地上波テレビ局がなかったので、
残念ながら、スカパーまたはCATVの「スポーツ・アイ ESPN」から
観ることになります。

もっとも、今のル・マンって、
「モータースポーツへの関心が低い」一般の日本人からみれば、
カテゴライズはわかりにくいし、
日本人以外のエントラントの顔ぶれもピンとこないので、
地上波テレビ局には商売しにくいコンテンツかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったんですか!ありがとうございますm(__)m

特に車に詳しいわけではないのですが、いつもハラハラドキドキしながら楽しみに見てたのに~(>_<)

今回は電気屋さんに観戦に行こうかな・・・(T_T)

お礼日時:2005/06/17 14:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモナコ ルマン インディこの3つで優勝

モナコ ルマン インディこの3つ全てで優勝する日本メーカーに最も近いのはホンダですか?

Aベストアンサー

いわゆる3大レースといわれるやつでいいのかな。

モナコはF1?

であれば、1990年前後にエンジンサプライヤーとしては
勝ってますね。


ルマンは24時間?

1991年にマツダが勝ってますが、ホンダは出たこともないのでは。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B324%E6%99%82%E9%96%93%E6%AD%B4%E4%BB%A3%E5%8B%9D%E8%80%85
GT2クラスで優勝があるようですが。。

インディ500もこのところずっとエンジンサプライヤーとして勝ってますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3500


まあ、近いと言えば近いのかな。

QF1とF3000とルマンとインディー?とWRC?パリダカ?

会社に車好きの人がたくさんいるのですが
全く話しについていけません。
早い車の話と言うのはわかります。
強いチームが勝ち続けると面白くないから
ルールが変わるというのもなんとなくわかりました。
いろんなジャンルがあるようですがなにがどうち
がうのですか?最高速度が出るのはカウルを付けた
ルマンなんですか?なぜF1は人気があるのですか?
簡単にわかりやすくどなたか教えてください。
基本の基本ですみません。

Aベストアンサー

>いろんなジャンルがあるようですが、何がどう違うのですか?

 単純なところでは、ジャンル・カテゴリーによって「クルマのカタチ」が違います。(カテゴリー:「種類」「部類」のようなもの)
 その中で、大きく分類すると、「フォーミュラ・カー」と「ハコ車」に分かれます。

 フォーミュラ・カーとはF1やF3000、インディー・カーのように、ドライバーやタイヤが表に出ている(「むき出しになっている」という表現も使われます)ようなクルマのことをいいます。(ちなみに定義に関しては、慣習的なものらしいのですが。)
 ほんの少し見ただけでも、外観からして普通の道路を走っているようなクルマではありません。

 それに対して「ハコ車」とは、おっしゃっておられるように、カウルがついている、外観では普通の道路を走っているクルマと大差ない、くらいのクルマのことをいいます。(ちなみに「大差ない」と言っても、細かいところを見ていくと、差がないとは言えないんですけどね)
 主に、ルマンやWRC、JGTCといったカテゴリーが「ハコ車」のレースの代表的なものです。


 「クルマによる分類」の他には「コースによる分類」もできます。

 F1やF3000、ルマン、インディ、JGTCといったジャンル・カテゴリーでは、コースはサーキット(周回路)を使います。つまり同じコースを何周かして、順位を競うというものです。
 これに対し、WRCやパリダカでは、コースは「ある地点から別のある地点まで」(イメージとしては、例えば「東京から名古屋まで」といった感じですかね)、というように、同じところを回っているわけではありません。中には砂漠のような「道なき道」を走るレースもあります。


 また、「スプリントレース」と「耐久レース」という分け方もできます。

 ごく単純に言ってしまうと「スプリントレース」が「短距離レース」、「耐久レース」が「長距離レース」というような感じですかね。それから、これは全部が当てはまるとは言えませんが、スプリントレースの方は距離で区切っている(F1の場合、約300キロです)ことが多いのに対し、耐久レースの方は時間で区切っている(ルマンの場合、24時間です)ことが多いです。



>最高速度が出るのはカウルを付けたルマンなんですか?

 基本的には、フォーミュラ・カーの方は、速く走ることだけを目的に、あのような外観になり、そういった思想・考え方で設計されていたので、「ハコ車」よりも速度が高かったこともあったようですが、現在では、フォーミュラ・カーでも(特にF1では)、安全性を重視しているため、速度・スピードが押さえられる方向になっています。
 というわけで最高速度は、標準的な「クルマ」を使うレースの話として、フォーミュラ・カーの中で最速のものと、ハコ車で最速のものとの比較では、現在ではそれほど変わらない、とも言えます。

 ちょっと異質な部分を持つものとして、インディー・カーというのがあります。これは確かにF1よりも最高速度は速いです。ただしコースは「オーバル」、と呼ばれるものを使用しています。オーバルとは、直訳すると「だ円」という意味です。だ円形のようなコースをオーバルコース、と言います。(実際には数学的に見た時の「だ円」というわけではなく、長方形の角を丸くしたようなコースや、台形のようなコース、丸みを帯びた三角形のようなコースもあったりします。)。基本的にオーバルコースには、コーナーが4つしかありません。なおかつ、コーナーは左方向にしかありません。前のクルマを追い越す時や、タイヤを交換する時などは右にも曲がりますが、右に旋回する、という感じではなく、ちょっと右に移動するくらいです。
 このように左方向にしかコーナーがないコースを走ることを目的に作られたクルマですので、見方によっては、ちょっと変わっているように見えるかもしれません。

 さらに、それとは別に、ドラッグレース、という、直線のみの速さを競うレースもあります。これは、確かに速度としては一番速い、と言われていますが、曲がることを前提として作られてはいませんので、一般的に「車」と呼べるのか、ということについては、微妙な部分がある、と思います。



>なぜF1は人気があるのですか?

 F1が頂点である、という認識が高いから、だと思います。
 レーシングドライバーとしては、いつかは頂点で、というような意識があるでしょうから、多くのドライバーの目標となり、「人気が高くなる」ということですね。
 それから一般における、日本でのF1の「人気」については、私の個人的な見解ですが、メディアの影響が大きいと思われます。

>いろんなジャンルがあるようですが、何がどう違うのですか?

 単純なところでは、ジャンル・カテゴリーによって「クルマのカタチ」が違います。(カテゴリー:「種類」「部類」のようなもの)
 その中で、大きく分類すると、「フォーミュラ・カー」と「ハコ車」に分かれます。

 フォーミュラ・カーとはF1やF3000、インディー・カーのように、ドライバーやタイヤが表に出ている(「むき出しになっている」という表現も使われます)ようなクルマのことをいいます。(ちなみに定義に関しては、慣...続きを読む

Qルマン

99年のルマンに出場したCLRについてです。

何故この車は、トヨタのスリップストリームを

使って走っているときに飛んだのでしょうか?

また、似た事例が、911 GT1にも起きたように

思われますが関係があるのでしょうか?

この2車とも、形状が似ている気がします。

あと、この2車の大きな写真が閲覧出来るサイトがあったら教えてください。

Aベストアンサー

 911GT1に同じことがあったことは記憶していませんが、CLRの場合、高速時の空力処理に問題があったぐらいしか聞いた事がないですね。スリップに入ったとかでなく、確かロングストレートでの高速時に飛ぶようです。朝のセッションだかで同CLRの現F1のマーク・ウェーバーも飛んでいました。
 挙動的には、ピッチングが激しく、日本のスーパーGTなどでも活躍しているムーンクラフトの由良拓也さんも生放送中にピッチングを気にしていました。そしたら飛んでしまったと。
 フロントからアンダートレイにかけて空気の流量が一気に変化してしまったとか、全体的な変化でダウンフォースが一気に抜けてしまうとか(逆に飛行機みたいな浮力になってしまったのかもしれない)色々推測はできるけど、具体的な発表があったようには記憶していません。

Qルマン

カテゴリーなどは別にして近代F1とルマンマシンとでは、サルテサーキットを走行した場合タイムはどんな違いがありますか?状況により、いちがいには回答が出ないと思いますが予選のスペックでいいです。又、ルマンはFIAではどのような位置でのレースですか?

Aベストアンサー

タイムの予想は難しいですね。
F1のコース設定は安全性重視で低速化の方向にありますから、今のF1マシンを高高速セッティング(空力やギア比等)してどのくらい出るかは、未知数です。
単純に馬力と車重から割り出すと、CARTとF1はほぼ同タイム、
ル・マンマシンは車重があるためかなり不利になります。

ちなみにFIAでの扱いは2001年から『アメリカン・ルマン・シリーズ』というシリーズ中の1戦になります。
年1回しか使われなかったルマンマシンをもっと活用しようと創設されたシリーズだそうです。
それ以前は確か、FIA-GT選手権の中の1イベント扱いだったと思います。

(ル・マンについてサイト検索してみたんですが、どうも良いページを見つけられなかった・・・・。)

Qルマンはこうならないのですか?

日本のメーカーが最低3社ワークスで参加
ヨーロッパも3社程度ワークスで参加
ユノディエールも長いまま。
こんな日が来ますか?

Aベストアンサー

1980年代までのルマンには、総合優勝の他に、「熱効率指数賞」というタイトルがありました。
単に速いだけではなく、「速く、効率よく」という車が表彰されていました。
この賞は、レース当日には発表されず後日公表されていたのと、複雑な計算式で決められていたので、一般のファンには判りづらかったという難点がありました。

地球温暖化防止のために各国が努力しなければならない時代ですから、この賞を復活させれば、「省エネルギー、低公害、技術力」を宣伝したい各メーカーの動機付けになるのではないかと思います。


おすすめ情報