来月上旬に入院&手術をすることになりました。

一週間ほど入院して、手術費を合わせて恐らく30万円から
40万円かかる予定です。
私は今、仕事をしていませんので三割負担の健康保険証を
所持しています。

退院するときに、とりあえずはこの高額の料金を支払わない
といけないんですよね?それから、高額医療費はあとから
返金されると聞いたのですが、どれくらい返金されるもの
なんでしょうか。また、返金されるまでどれくらいの日数が
かかるものなのでしょうか。

貯金をしていないので、医療費を払うのがとても大変です。
詳しく教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

国民健康保険に加入されていると思いますので、方法は2つあります。

1つは、退院時に病院からの請求に基づき3割を支払い、その領収書を市町村役場の国保担当課に印鑑を持参して高額療養費の支給申請をする方法です。この場合、お金が戻ってくるのは、診療を受けた月から2ヵ月半から3ヶ月くらい後になります。

 もうひとつの方法は、「高額療養費受領委任払」と言う制度で、病院に3割相当額の全額を支払うのではなく、高額医療費による自己負担限度額のみを病院に支払う制度です。

 例えば、病院の一部負担金(3割相当額)が40万円で、高額療養費として30万円が後から戻ってくるのなら、最終的な自己負担額は10万円ですので、病院には10万円だけ支払えば良いというせいどです。一時立替をしなくて良い制度です。この制度を利用する場合は、市町村役場の国保担当課に印鑑を持って行き必要な書類を作成してもらって、その書類を病院に提出してください。

 高額療養費の自己負担限度額は、
 市町村民税の課税世帯の場合は、医療費が318,000円〔10割の額)未満の場合は63,600円、318,000円を超える場合は(医療費-318,000円*1%+63,600円
 市町村民税が非課税世帯の場合は、35,400円
 前年所得が670万円以上の世帯は、医療費が609,000円未満の場合は121,800円、609,000円を超える場合は(医療費-609,000円)*1%+121,800円 となっています。

 これらの医療費は、「一ヶ月」単位で算定していきますので、月をまたいだ場合は別々に計算されます。又、入院時の食事一部負担金一日780円(非課税世帯は650円)、保険適用外の経費は高額療養費の対象にはなりません。

 お大事にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高額療養費受領委任払いという制度があることは
全く知りませんでした。

本当に助かります。一度役所に聞いてみます。

お礼日時:2001/10/04 15:43

病院に相談するところはありませんか?


立て替えなくてもよい。30万だとして、10万が自分で負担しなければならない額だとすると、一旦30万支払い、後で20万戻るのが通常ですが、はじめから10万でよい・・・という制度があるのです。
役所でわかるのですが、病院によってはすでに用意されていて、記入と押印だけで住む場合もあります。
もし、相談する場所が病院になければ、会計で聞いてもそれなりの担当の方が応対してくれるはずです。
用紙が用意されていないとしても、詳細は病院で教えてくれるはずです。

入院される前に、ご相談なさってはいかがですか?

一旦立て替えると、3ヶ月くらいは戻ってこないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう制度があることを全く知りませんでした。

一度病院か役所に相談をしてみます。
有難うございました。

お礼日時:2001/10/04 15:45

#2です。

質問の内容とは直接関係ありませんが、追加を少々。

高額医療費の還付を受けても、諸々の支出を合わせて最終的に支払う金額は安くないですよね。最終的に支払った合計額が10万円または所得の5%(どちらか少ない方)を超えた場合には超えた分が税の医療費控除の対象になります。そしてこちらの「医療費」には差額ベッド料や病院食代も含めていいみたいです。ですから治療に関わる領収書はすべて確定申告の時まで残しておいた方がいいとおもいますよ。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/mizikana/sitte/h12 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご説明をすみません。

参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/10/04 15:44

地方自治体にもよって若干違いますが、ハンコ1本で高額医療費の最高限度までの負担金でよいところと、とりあえず請求額を支払って後に割戻ししてくれるところと様々です。

 あなたの場合、国民健康保険でしょうから市民税非課税世帯なら3万5千円くらいが上限だったと思います。課税所帯なら6万4千円くらいに上がりますし、31万円から足が出た分の1%は上乗せ計算になります。仮に40万円なら900円ほど自己負担が増えます。無論、差額ベッドや保険診療にならない治療分ならびに食事代金は計算から除外します。 返金日数も様々でおおむね60から90日というところです。また、県立病院、大学病院クラスになると医事相談室みたいのを設置していますので支払いに不安があれば相談なされたらいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい、ご説明を有難うございました。

一気に高額の費用が必要になったのであわてていた
ところです。医事相談室みたいなところがあったので
一度聞いてみます。

お礼日時:2001/10/04 15:40

こんばんは



高額医療費は、その月の医療費が¥63600(1999年現在)を超えた時、その超過分が払い戻しされます。払い戻しには2-3ヶ月かかるようです。但し上記「医療費」には食事代と個室に入った時などの差額ベッド料は含まれず、その分は自己負担になります(手術なら術後しばらく個室になることも多いので)。あと、一時的にでも数十万の医療費を支払うのは困難な場合もあるでしょうから、その場合は自治体による無利子の融資制度もあるようです(具体的な制度は自治体により異なる)。

下記以外にも、Googleで高額医療費と入力したら沢山出てきますよ。

参考URL:http://www.hosp.go.jp/~kamo/seido/kogaku.htm, http://www.zensharen.or.jp/zsr_home/iryohi.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

食事代と個室代はベット料金は別なんですね?!

でも、無利子の融資制度を一度たずねてみます。
有難うございました。

お礼日時:2001/10/04 15:35

その30~40万円というのは、


保険を使っての金額でしょうか?
たしか、高額医療というのは1ヶ月の支払いの上限(4~6万ぐらい)が決まっていて、
それ以上は、一時立て替えておいて、のちほど返してもらえるはずです.
少し前だと2~3ヶ月くらいかかりました.
ご心配なら、お住まいの市町村の保険の係か、
お住まいのエリア担当の民生委員にお尋ねになってはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご返答、有難うございました。
前回手術をしたとき(同じ病気で)、30~40万円を
病院に支払った経験があります。

一度たずねてみます。

お礼日時:2001/10/04 15:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高額手術費の返金?

静岡県在住です。
70歳の母が心臓血管の手術をすることになりまして、手術代が
およそ100万ほどかかるといわれました。
その時に担当医師から「高額医療費ナントカカントカで8万以上かかったものは
申請すれば2週間後に戻ってきますよ」と言われたのですが 内容が良くわかりません。
どなたかご存知の方、(1)どういう内容のものか?(2)申請方法 この2点を教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

高額医療費については2とおりあります。

まず、自分で払っておいて後から戻るもの。
それ以外に、その戻り分を借りるもの。

手続きは加入されているのが国保なら市役所、社会保険なら社会保険事務所となるので
確認後、参考URLを参照してください。

参考URL:http://www.ideta.or.jp/iryou_kougaku.htm

Q胃ガンの手術費・入院費について

胃ガンの手術費・入院費・その他について

私の、おじいいさんが胃ガンと診断されました。悪性だそうです。
手術をしなければ、ならないのですが手術費・入院費はいくらぐらいでしょうか??
また、胃ガンの悪性でステ-ジIIIだそうです。余命は・・・??

Aベストアンサー

お爺さんが健康保険に入っていると思いますが
加入している団体(国保なら市役所など、息子さんの扶養なら息子さんの会社の…)に「限度額認定証」を申請してもらってください。
これを申請すると 限度額以上の支払いをしなくて済みます。

もし申請しないとなると 
例えば手術代100万円→3割負担なら30万の請求をとりあえず支払う→限度額以上に支払った分を健康保険に申告して3ヵ月後くらいに払い戻してもらう。【高額療養費で払い戻し】

3ヶ月以上入院するならその間もずっと「とりあえず自腹で3割」を続けないといけません。
限度額は収入などで違いますが、8万円くらい(一般家庭ならです。手術をした月は16万ほどのはず)。

ということで 限度額認定証を入院時に病院に提示して
高額療養費の分を確実に戻るように手続きしてあれば
手術の月に16万+保険の効かないサービス・消耗品? がかかります。
手術がない月は ただ寝ているだけで大部屋なら8万円程度+保険の効かないものの分。

抗がん剤などはどっちにしても高額になるので
最初に申請できるものは申請しておいたほうが現金の支払いが減るので…。

余命は判りませんねぇ
私のガン友(私も病気なので病人の友達が多いのです)は
胃がんで悪性であちこちに転移していて、余命1ヶ月と言われていますが、1年生きていて細々と畑仕事に復帰しています。悪化してるようですがまだ生きています。

お爺さんが健康保険に入っていると思いますが
加入している団体(国保なら市役所など、息子さんの扶養なら息子さんの会社の…)に「限度額認定証」を申請してもらってください。
これを申請すると 限度額以上の支払いをしなくて済みます。

もし申請しないとなると 
例えば手術代100万円→3割負担なら30万の請求をとりあえず支払う→限度額以上に支払った分を健康保険に申告して3ヵ月後くらいに払い戻してもらう。【高額療養費で払い戻し】

3ヶ月以上入院するならその間もずっと「とりあえず自腹で...続きを読む

Q高額医療費の返還について

今年の10月に20万、12月に50万ほどの手術入院があり、出費が痛いのですが会社の社会保険から申請すればいくらか戻ってくると知人から聞きました。疑問点は年末調整の申請とだぶってもいいのか?ということです。いいという人もいれば年末調整ではなく3月に税務署に申告するというひとも(意見も)あります。どちらでしょうか??

昼間に税務署なりに問い合わせればいいのですが仕事が落ち着くのがやっとこの時間でなかなか聞けません。

高額医療費に詳しい方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No3ですが補足です。仮に12月の病院の窓口での支払いが50万円、
差額ベッド代が1日5000円で30日入院
入院時食事療養費が1日780円と仮定した場合、
保険が利かない金額は5000円×30=150,000円
食事780×30=23,400円
になりますよね。
従って保険が利く部分の自己負担は
500,000-(150,000+23,400)=326,600円
窓口で支払う金額は、実際に保険診療にかかっている費用の3割ですので、保険診療に実際にかかっている額は、
326,600円÷3×10=1,088,667円
ということになります。

社会保険庁の計算式を用いると自己負担限度額は
72,300円+(医療費-241,000円)×1%
ですから
72,300円+(1,088,667円-241,000円)×1%=72,300+8,477円=80,777円が自己負担限度額になると考えられます。

しかし、食事療養費や差額ベッド代は自己負担になるため、
上記の例の場合
自己負担限度額80,777円+23,400円+150,000円=245,177円は自己負担になるとお考えになったほうが宜しいと思います。

差額ベッド代のかからない病室を選んだ場合はもっと自己負担は少なくなります。

なお、「高額療養費貸付制度」というものもありますので、念のため加入されている健康保険を取り扱っているところ(社会保険事務所など。)にお問い合わせください。

あと、月々のお給料が高い場合には、自己負担限度額は上がりますのでご注意ください。

まずはお体を大切にされ、病気の治療に専念してくださいね。

No3ですが補足です。仮に12月の病院の窓口での支払いが50万円、
差額ベッド代が1日5000円で30日入院
入院時食事療養費が1日780円と仮定した場合、
保険が利かない金額は5000円×30=150,000円
食事780×30=23,400円
になりますよね。
従って保険が利く部分の自己負担は
500,000-(150,000+23,400)=326,600円
窓口で支払う金額は、実際に保険診療にかかっている費用の3割ですので、保険診療に実際にかかっている額は、
326,600円÷3×10=1,088,667円
ということになります。

社会保険庁の計算式を用...続きを読む

Q高額医療費の還付金の事前減額制度?

国民健康保険に加入している50代の父親が
今度白内障の手術を受けることになって
医療費が約15万円ほどかかります。
それで高額医療費の一部還付について、
支払った後の還付申請方法については、
ネットでいろいろ調べてわかっているのですが、
支払う前に病院から請求書をもらって、
役所で還付金を事前に計算して請求金額を
減額訂正してもらって、この減額訂正後の
金額を病院に支払うことができる制度が
あるとききました。
それで、この事前減額制度についてネットで
検索したのですが、なかなか関連HPがみつかりません。
それで質問ですが、
1.ほんとにこうした制度があるのですか?
2.あるとすれば、実際にどういう手続きをとるのですか?
3.およそどのくらいの減額になりますか?
4.この制度について解説したHP等あれば、紹介して
ください。
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

市町村によって違うので役場に訊かれるといいと思います
還付範囲は
同一月内に同一疾病で同一医療機関で受けた治療に限ります

役場に必要な書類があるのでそれに書き込みます

Q前立腺癌の治療が終了、高額医療費の計算方法は?

前立腺癌の放射線治療もほぼ終了しました。
国保の3割負担ですが、放射線照射の支払金額と泌尿器科の検診、薬局への薬代支払額を合算すると結構な金額になるのですが
高額医療費の算定基準をネットでみると
【同一の病院・診療所・薬局その他、入院・通院ごと】との記述があります。
一つの病気で病院へ支払った治療費と薬局へ支払った金額は合算されるのでしょうか?
それとも病院又は薬局へ支払った金額が基準額を超えないと高額医療費とは
ならないのでしょうか?

Aベストアンサー

具体的な例として、ご紹介しておきます。
75歳未満として……

診察・治療の状況
11月にA病院の泌尿器科、放射線科で治療。
泌尿器科に入院
泌尿器科から出された処方箋の薬をB薬局で受け取る

12月にA病院の泌尿器科、放射線科で治療
入院なし。
泌尿器科から出された処方箋の薬をB薬局で受け取る

だとします。

11月の計算
(1)泌尿器科の入院
(2)泌尿器科の外来とB薬局の費用を合算
(3)放射線科の外来治療

12月の計算
(1)泌尿器科の外来とB薬局の費用の合算
(2)放射線科の外来

つまり、病院は、科ごと、入院・外来ごとに別々に計算。
薬局の費用は、処方箋を出した科の外来費用と合算。
ということです。
それぞれについて、高額療養費制度の計算をします。
一つの高額療養費制度の上限を単純計算で8万円とすると、
上記の場合、5つを別々に計算するので、上限は40万円です。

ご参考になれば、幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報