私は日本の歴史にとても疎いのですが、お正月にやっていた10時間スペシャル「国盗り物語」を見てとても興味を持ちました。司馬 遼太郎は読んだ事がないのですがとても面白かったです。そこであまり難しくなくて、あのラストから続く話が楽しめる本や映画があれば教えて下さい。またそれ以外でも歴史物でオススメがあれば嬉しいです。m(_ _)m よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

小説 織田信長」に関するQ&A: 織田信長の小説

A 回答 (4件)

あの続きと言うと、秀吉の話になりますよね。


・永井路子「王者の妻」・・・秀吉の妻の視点での物語
・堺屋太一「豊臣秀長」・・・秀吉の弟の視点での物語
いずれも文庫で出てます。「国盗り物語」は史実に忠実という立場を捨ててフィクションをかなり取り入れた話なので、その続きとして面白いかと言うと自信が無いですが、よくある「秀吉もの」の小説よりは上記の方が面白いと思います。
信長の話だと、安部龍太郎「信長燃ゆ」(これも文庫)も面白いです。本能寺の変にいたる約1年半だけを描いた作品。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>フィクションをかなり取り入れた話

そうだったんですか。ちょっとがっかり。すべて忠実にノンフィクションだと思って見ていたので...結構脚色しているのですね。上記は家族の視点で書かれているというのが面白そうですね。「信長燃ゆ」も国盗りの余韻が残っているうちに読んでみようと思います。ありがとうございました!!

お礼日時:2005/06/18 03:06

明智光秀や羽柴秀吉といった中央から少し外れた視点の物語ですが、池波正太郎の「真田太平記」も本能寺の変後の激動の政局に翻弄される田舎大名の一族物語として面白い作品です(一度NHKでドラマにもなっています)。

これを読めば、織田家の家老の一人、滝川左近将監一益の最後も良く分かります。サブテキストとして読んでおけば視野が広がって良いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

田舎大名、織田家の家老などの話も大変興味が沸きました。読む時間がたくさんないことを恨みたくなります(-"-;)とても参考になります。ありがとうございました!!

お礼日時:2005/06/18 03:16

司馬遼太郎の「国盗り物語」の次は「新史太閤記」


続いて・・・「関が原」と読んでみて下さい。

司馬ワールド全開です。
下手な映画よりも面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、司馬遼太郎読んだ事ないのでTV版の原作から読み始めていくほうがよさそう。
>下手な映画よりも面白いですよ。
とってもよくわかります。映画って本には敵わないですよね~。ありがとうございました!!

お礼日時:2005/06/18 03:11

国盗り物語のその後の話となると明智光秀、羽柴秀吉が中心になった話だと思うので、


羽山信樹の「光秀の十二日」あたりが良いのではないでしょうか。
参考URLに明智光秀を中心に描いた小説の作者、タイトルが多数紹介されています。

参考URL:http://www32.ocn.ne.jp/~unasaka/siryou/jinbutu/j …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にURLまでありがとうございます★これをみるとすごくたくさんあるんですね。読みきるころには禿げそう(笑)この中からもいろいろ調べて好みの物も読もうと思います。ありがとうございました!!

お礼日時:2005/06/18 03:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの前の国盗り物語で・・・

この前楽しみにしていた国盗り物語をおしいことに見逃してしまいました・・・どーしてもストーリーが知りたいです。おしえてください!

Aベストアンサー

斉藤道三が油屋の若後家に近づき、店を繁盛させ、それを資金に美濃を取りに行きます。
美濃を取り、濃姫が信長に嫁ぎ、信長が主人公になります。
あとはお約束のうつけ者→桶狭間の戦い→足利将軍との確執→本能寺の変です。
主役がメインで秀吉・家康などほとんど出てこない、信長・濃姫が全然年をとらないし、お市の方は離婚のときだけ、側室は全然、出てこないのに息子が突然、成人で出てきて不自然に感じました。

すぐに再放送すると思います。

Q公立の一般入試まであと26日しかありません、、、 私は歴史がとても苦手なので 入試までの日数で歴史の

公立の一般入試まであと26日しかありません、、、
私は歴史がとても苦手なので
入試までの日数で歴史の全体的な流れが覚えられる方法はありますか???
あと年号と出来事の覚えかたも教えて下さい!!m(_ _)m

Aベストアンサー

高校受験であってますよね?間違ってたらごめんなさい。
高2日本史ガチ勢(仮)です。
もともと日本史が好きで歴史に関しては色々苦じゃなかったのでその感覚で述べてしまいます。身勝手で申し訳ないです。
時間があるなら流れで覚える方法でノートに一つの出来事から矢印でそこから派生した出来事やそれに関わった人物を連想ゲームの如く書いていくという方法をとっていましたが残り26日ならそんなことやってたら他教科のことも考えると時間が無いでしょう。

ラストスパートで私は一問一答を極めました、ここで複数の参考書に手を出してはいけません必ず一つにしてください。複数参考書に手を出して間違えて不安を煽られては本末転倒です。自信を付ける期間にしてください。日本史においては漢字に特に気をつけてください。そんなの当たり前だと思うかもしれませんが割と漢字のミスでの失点は多いです。苦手なのであれば難しい問題をとることではなくできる問題を確実に取れるよう努力してください。
年号ですが大きな出来事だけ覚えとけば大丈夫かとおもいます。それでも私が使った記憶があるのをあげると

645 大化の改新

なんと(710)大きな平城京 平城京遷都

鳴くよ(794)ウグイス平安京 平安京遷都

いい箱(1185)作ろう鎌倉幕府

いつも敗北(1281)元寇襲来 弘安の役(2回目)

人よ虚しい(1467)応仁の乱

1600 関ヶ原の戦い

ドイツでイクイク(1919)ワイマール憲法

くらいですかね...
理科社会は26日あればまだ伸びます。あとはあなた次第です。私の友人は模試でその高校トップの成績だったのに最後一ヶ月サボっただけで落ちてしまいました。逆に模試で努力圏だったのに本番かなりの好成績で合格した友人もいます。
ラストスパート気を抜かず頑張ってください!!

高校受験であってますよね?間違ってたらごめんなさい。
高2日本史ガチ勢(仮)です。
もともと日本史が好きで歴史に関しては色々苦じゃなかったのでその感覚で述べてしまいます。身勝手で申し訳ないです。
時間があるなら流れで覚える方法でノートに一つの出来事から矢印でそこから派生した出来事やそれに関わった人物を連想ゲームの如く書いていくという方法をとっていましたが残り26日ならそんなことやってたら他教科のことも考えると時間が無いでしょう。

ラストスパートで私は一問一答を極めました、ここ...続きを読む

Q国盗り物語 その後

私は日本の歴史にとても疎いのですが、お正月にやっていた10時間スペシャル「国盗り物語」を見てとても興味を持ちました。司馬 遼太郎は読んだ事がないのですがとても面白かったです。そこであまり難しくなくて、あのラストから続く話が楽しめる本や映画があれば教えて下さい。またそれ以外でも歴史物でオススメがあれば嬉しいです。m(_ _)m よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あの続きと言うと、秀吉の話になりますよね。
・永井路子「王者の妻」・・・秀吉の妻の視点での物語
・堺屋太一「豊臣秀長」・・・秀吉の弟の視点での物語
いずれも文庫で出てます。「国盗り物語」は史実に忠実という立場を捨ててフィクションをかなり取り入れた話なので、その続きとして面白いかと言うと自信が無いですが、よくある「秀吉もの」の小説よりは上記の方が面白いと思います。
信長の話だと、安部龍太郎「信長燃ゆ」(これも文庫)も面白いです。本能寺の変にいたる約1年半だけを描いた作品。

Q「太郎」という名の歴史

太郎という名はいつ頃から日本の代表的な男性名として扱われるようになったのでしょうか?
また、史実上または文学上で、太郎ないし○太郎(例:桃太郎、金太郎など)という名前の日本最古の出典/登場はいつでしょうか?
論拠となる具体的な事例、参考書名などを明記して回答していただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

> 史実上または文学上で、太郎ないし○太郎(例:桃太郎、金太郎など)という名前の日本最古の出典/登場はいつでしょうか?

こちらについては、蘇我入鹿の別称「林太郎」が最古ではないかと思います。
もしくは、やはり蘇我入鹿の別称である「蘇我大郎鞍作」(「太」ではなく「大」です)が、これに該当すると思います。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yoropara/mretu/mretu00127.htm
↑こちらのサイトにもありますが、
『上宮聖徳法王帝説』には、「皇ノ御世に 乙巳ノ年ノ六月十一日に 近江天皇(生まれまししより廿一年ソ)林太郎を殺したまひき □□明日を以って、其ノ父豊浦大臣ノ子孫等を皆滅したまひき」とあります。
「大郎鞍作」については、『日本書紀』に見られます。

> 太郎という名はいつ頃から日本の代表的な男性名として扱われるようになったのでしょうか?
「太郎」などを「名前」と捉えると難しいですね。
あくまでも便宜的な呼称からはじまったものと思われます。
平安時代の貴族の娘は、入内する、官職を得るなどしなければ「名」は残りません。
実際にはあったのかもしれませんが、記録として残されていません。
ですが、物語等から屋敷内では「大姫(おおひめ)・大君(おおいぎみ)」(長女)、「中姫(なかのひめ)・中君(なかのきみ)」(次女)、「三姫(さんひめ、さんのひめ)・三の君(さんのきみ)」(三女)…以下略-と呼ばれていたような事例が見て取れます。
太郎、次郎、三郎…もこういった便宜的呼称から派生した「名前」ではないでしょうか。
先に述べさせていただいた蘇我入鹿についても、「大郎鞍作」や「林太郎」は通称、異称、別称-とされるものですから。
八幡太郎義家も、それで充分誰のことかは分かりますが、八幡太郎は通称であって、実名は「源義家」(朝臣とか付けるのが正式なんでしょうが)ですよね。
「太郎」などが独立した「名前」となるのは、ずっと後世、明治時代以降といってもいいのかもしれない-と思ってしまいます。

> 史実上または文学上で、太郎ないし○太郎(例:桃太郎、金太郎など)という名前の日本最古の出典/登場はいつでしょうか?

こちらについては、蘇我入鹿の別称「林太郎」が最古ではないかと思います。
もしくは、やはり蘇我入鹿の別称である「蘇我大郎鞍作」(「太」ではなく「大」です)が、これに該当すると思います。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~yoropara/mretu/mretu00127.htm
↑こちらのサイトにもありますが、
『上宮聖徳法王帝説』には、「皇ノ御世に 乙巳ノ年ノ六月十一日に 近江天皇(生まれま...続きを読む

Q「国盗り物語」で土岐頼芸に内親王が降嫁したような場面があったと思うのですが・・・。

TV東京のお正月ドラマ「国盗り物語」で、斉藤道三が、都の女性を求める「主君」土岐頼芸に内親王を斡旋(?)したという部分があったように思うのですが、それは事実なのでしょうか。仮にも皇女・内親王が、美濃守護のところへ降嫁するとは・・・、とびっくりしたのですが、どなたか教えていただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このドラマは見てませんが、確かお話では「香子内親王」となっていたと思います。
この時代は公家も困窮し、天皇でもその日の食事にも事欠き、一説ではメニューが決まっているので、腐った魚を食事に出して「腐ってるので食べないように」と注意書きを貼ってご膳に出したとか。
その為、高貴な女性(さすがに内親王は無理と思いますが)でもお金を出せば地方の有力者が嫁に出来たようで、土岐氏は清和源氏の名族ですからありそうな話ですが、実際の正室は近江守護大名の六角定頼の娘が土岐頼芸に嫁いでいます。
斎藤道三が頼芸から貰い受けた深芳野もお話では内親王の妹となったますが??

Q歴史の格言(良い歴史、悪い歴史)

良い歴史も悪い歴史もない。歴史はただ事実の積み重ねである。
みたいな格言があったと思うのですが・・・
誰の言葉かご存知の方いらっしゃいますか?
トィンビーのような気がしてたんですが、いろいろググってもでてこなかったもので質問させていただきました

Aベストアンサー

おおっ、既にカーの名前が出てしまっている!

歴史とは事実の積み重ねだと言ったのが誰かは知りませんが、それに反対する人なら、苦し紛れでもうひとり思いつきます。

フランシス・フクヤマという人の理論で、歴史とは社会が自由になっていくというプロセスであって、現代においては既にそのプロセスは完了してしまっており、したがって歴史はもう終わっている、というものがあります。

これは、ドイツ人哲学者ヘーゲルの歴史観を単純化し、ネオコン系米国思想に適合させたものです。

Q国盗り物語3・4

 先日、国盗り物語の1・2を読みました。歴史はにがてだったのですが、読書は好きなので入りやすく斉藤道三という名前しか知らなかった人物が名前を変えながら、歴史も変えていくという姿がとても印象的でした。
 ただ、知人に話したところ『3・4も読め』と半ば強制的に薦められました。1・2がおもしろかったので3・4も読もうという気持ちはあるのですが、仕事で忙しく中々読めません。知人とは上司で、仕事を理由にすると『あの程度の仕事ならそんなに時間はかからないだろう』ととりあってくれません。私の能力不足が問題なのですが、出来れば感想を言い、返却してしまって その後で自分で購入して時間を気にせずにじっくりと読みたいのです...。
 情けない質問で本当に申し訳ないのですが、どう言った内容になっているのか・どんな感想を持った方がいらっしゃるのか知りたいです。教えて下さい。

Aベストアンサー

ふたたびこんにちは

#2の方への補足で質問されていたことについてまたおじゃまします。

まず、京に残ったお万阿の方は晩年油屋をたたみ隠居し尼になります。財産があったので暮らし向きは贅沢なものでそこへ道三討ち死にの知らせが入ります。知らせを持ってきたのは赤兵衛です。赤兵衛は道三が京から去った後も京と美濃を行ききし手紙や金銀を運びました。道三の死後彼は頭を丸め僧になります。

次にお万阿のもとを訪れたのは光秀です。光秀が道三の最後を語り終えたときお万阿は道三のことを「思えばこの世に2人とないおもしろいお人でした」と微笑したまま大粒の涙をこぼします。 私がこの小説を読んだのは20年も前ですがこのシーンはくっきり脳裏に刻まれました。 微笑したまま泣くという姿に感動したものです。

耳次についてはちょっと記憶に残ってないですごめんなさい。 

光秀が本能寺に至る経緯はとてもひとことでは言い表せないのでここでは書きません。ご自身で読まれたほうがいいでしょう。もし、上司さんから突っ込まれたら「殺される前に殺したんですね」でOKです。本当はそれだけではないんですが。これ以上は複雑で難しくて、といえば上司から語ってくれますよ。たぶん。

ふたたびこんにちは

#2の方への補足で質問されていたことについてまたおじゃまします。

まず、京に残ったお万阿の方は晩年油屋をたたみ隠居し尼になります。財産があったので暮らし向きは贅沢なものでそこへ道三討ち死にの知らせが入ります。知らせを持ってきたのは赤兵衛です。赤兵衛は道三が京から去った後も京と美濃を行ききし手紙や金銀を運びました。道三の死後彼は頭を丸め僧になります。

次にお万阿のもとを訪れたのは光秀です。光秀が道三の最後を語り終えたときお万阿は道三のことを「思えばこ...続きを読む

Q歴史に詳しい方、教えてください。最近歴史が面白いなと思ってきました。歴史が詳しい方はどの時代、ま

歴史に詳しい方、教えてください。
最近歴史が面白いなと思ってきました。
歴史が詳しい方はどの時代、または
どの人物が面白いですか?
また理由もお願いします。

私は最近、真田幸村と沖田総司が気になってます。

あと、伊達政宗は片目がおかしかったのですか?

Aベストアンサー

63歳主婦です。

何と言っても明治維新ですね。

長州テロリストの残虐性にびっくりします。

吉田松陰を始めとする門下生のその残虐性に胸が痛くなります。

幼い天皇を人質とした軍事クーデター。

「天誅、天誅!」と叫びながらの長州藩士の残虐行為。

民家に押し入り、夫の目の前で、数人で妻を犯し、夫の目の前で

殺害。

若い女がいない家では白髪混じりの老婆を犯して殺害。

そして10歳にも満たない女児まで犯して殺害。

そして抵抗する役人の肛門から先の尖った竹で脳天まで串刺し。

天皇拉致を企て、天皇の御所を砲撃し、京都中を焼き払った上に、

東北では女・子供にまで極悪非道の限りを尽くした

吉田松陰一派の長州テロリスト。

真実を知るとなかなか面白い!

沖田総司は、池田屋事件で喀血した、、、ということになってますが

これは事実ではないそうです。

司馬遼太郎氏の著作に「竜馬が行く」というのがありますが、

これは司馬さんの小説で、フィクシヨンです。

ですから、「坂本龍馬」を「竜馬」と敢えて「竜馬」に

したのです。

司馬さん自身もそのことを十分意識しておられたそうです。

岩倉具視を後ろで操った大久保利道。

大久保利通は、幼馴染の西郷隆盛を暗殺するため薩摩に

スパイを送り込み暗殺活動をしたとか。


真実を知ると 歴史はなかなか面白いものです。

63歳主婦です。

何と言っても明治維新ですね。

長州テロリストの残虐性にびっくりします。

吉田松陰を始めとする門下生のその残虐性に胸が痛くなります。

幼い天皇を人質とした軍事クーデター。

「天誅、天誅!」と叫びながらの長州藩士の残虐行為。

民家に押し入り、夫の目の前で、数人で妻を犯し、夫の目の前で

殺害。

若い女がいない家では白髪混じりの老婆を犯して殺害。

そして10歳にも満たない女児まで犯して殺害。

そして抵抗する役人の肛門から先の尖った竹で脳天まで串刺し。

天皇拉致を企て...続きを読む

Q昔の金ドラで松坂慶子主演のタイトルを教えて!

こんばんは

タイトル通りです。
20年くらい前の金ドラの枠だったと記憶しているのですが、松坂慶子が主演(?)のドラマのタイトルを思い出せないのです。

内容は、松坂慶子が人気の深夜放送のDJで、実は優しい声にカリスマ性があるのに、声だけの謎の人物という設定です。
彼女のファンは沢山いて、偶然知り合ったファンの人と親しくなるのですが、実はそのファンは彼女がDJだと知らず・・・。

という内容でした。

他のキャストは全く憶えてません。
このくらいで判りましたら、教えて戴ければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは。

ひょっとしたら松坂慶子さんではなくて
大原麗子さん主演の「たとえば、愛」ってことは
ないでしょうか。 
1979年のドラマで「とまどいトワイライト」という
主題歌がヒットしました。
共演は原田芳雄さんでした。
違っていたらすみません。

Q歴史意識と歴史認識

歴史意識と歴史認識について困っています。
歴史意識は歴史の事実を知ることであり、歴史認識は、
歴史意識に関係することについて触れたとき、何を
受け取るか(イメージするか)ですか?

中国のデモは、中国の、愛国心をあおるような「日本に
被害を受けた」という事実を教えまくった結果、そのような事実で歴史意識が構成され、日本の教科書を見たときに「このような歴史意識が載っていると言う事は反省してないと言うことだ」という歴史認識が出てきたのかなと
判断しているのですが、いかがでしょうか。

Aベストアンサー

歴史意識とは、各個人の歴史に対する意識、つまり「日本の近現代史は自虐史観によって支配されている」という考えに共鳴し、あるいは思いついた場合に形成されるものであると考えます。

歴史認識とは、以上のような意識によって規定されるものであり、そうした歴史意識によって歴史を分析・判断すること、および叙述することの基本であると思います。

反日デモについては、中国の人たちにとっては「日本は加害者で、中国は被害者である」という歴史意識があり、当然、その意識に沿った歴史認識による教科書などが書かれることになります。

ですからこうした意識を持つ立場から云えば、加害者が示す歴史意識が自己弁護的であることを見聞したとき、真に反省していないという風に考えることは当然であろうと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報