派遣社員として働いていた27歳の主婦です。
9月中旬に足に怪我をして現在も治療・自宅安静中です。
完治するまでには半年から2年かかる事もあるそうで、医師からはなるべく歩かない様に言われ、仕事を探す事も出来ません。通勤の徒歩もダメとの事で仕事も辞めました。雇用保険には入っていましたが、丁度退社した9月末に契約更新を迎えていた為、契約終了という扱いであってケガによる自己都合の退社ではないです。知人に相談した際に「働けないのだから雇用保険はすぐ給付される」という意見と「あくまでも契約期間終了であって怪我による退社ではないのでケガをしていても待機期間は発生する」と二つの意見がありました。この場合雇用保険の給付はどうなるんでしょう?
すぐ給付されないのであれば足を引きずってでもすぐに仕事を探さなければいけないのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

雇用保険は、すぐに就職できる状態でないと支給出来ません。


ですから、雇用保険については、受給期間延長手続きをしないといけません。
受給期間延長手続きは、働けなくなって30日経過後の1ヶ月間です。
仮に9月末退職であれば、10月31日~11月30日です。
その間に、離職票及び働けない状態を証明できる書類(社保の傷病手当金申請書のコピーでも可)を揃えて、
手続きをしてください。
代理人または郵送でも申請できます。

当分の間、働けないということですが、
働けない期間について、社会保険から傷病手当金がでるのではないでしょうか?
会社に確認してみてください。

蛇足ですが。。。
受給期間延長(働けない期間)が退職日から90日を越せば、自己都合退職であっても、給付制限3ヶ月はありません。
ですから、退職理由はあまり気にしなくても良いのではないでしょうか?
    • good
    • 0

・自己都合の退社の場合


 待機期間があります

・契約終了で退社の場合
 くりかえし契約が更新されることにより、実質的に期間の定めのない労働関係となったと場合、
 次の契約更新を会社側が拒否することは、期間の満了ではなく、解雇となります。
 したがって、雇用保険の待機期間はありません。(即日給付)

参考URL:http://www.pref.osaka.jp/rofuku/soudankyoiku/m11 …
    • good
    • 0

基本的に、すぐに仕事があってもつけないわけですから、通常の待機→受給とはならないでしょう。



ただし、期間が最高4年と決まってますので、どのくらい両用が必要かわかりませんが、その期間の如何によっては、受給ができないことも考えられます。

詳細はハローワークで確認された方がよいです。
説明すれば(場合によっては診断書が必要)わかります。
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/hello/hoken06 …
    • good
    • 0

 わたしの家内も、病気で自宅療養が必要とのことで病気退職しましたが、会社は自己都合扱いで証明しました。


 しかし職安で事情を説明し、診断書を見せたら病気退職となりました。職安に相談してみては・・・会社ではなかなか撤回しませんから・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報