痔になりやすい生活習慣とは?

初めて質問します。
私はごく軽いアトピーからステロイドを使っていたのですが、15年ぐらい前に脱ステして完治しました。
ところが最近、ステ皮膚症のような症状が出るようになり、外国の化粧品や売薬にでもステが入っていたのかも、と怖くなり、内容のわからないものを使わなくて済む生活がしたいと思い、いろいろ調べはじめました。もう二度とあのような苦しみはしたくありません。

あるアトピー情報のサイトで、食用油に関しての情報を得ましたが、リノール酸を減らしてαリノレン酸を取るように、また、マーガリン・ショートニングは取らないように、という事が書かれていました。
液状のはずの植物性脂肪を固める為に水素を添加して、「トランス型脂肪酸」というものになっており、摂取していると細胞膜が弱くなるので、悪いそうです。

簡単に実行できることなので、やってみようと思うのですが、マヨネーズはどの種類の油にあたるのか、知りたいと思います。
リノール酸、αリノレン酸、オレイン酸のどれなのか、
(これは原料油の種類によるんですよね?αではなさそうですよね)
トランス型なのかどうか、
お分かりになる方、お願いします。

もし、亜麻仁油などを使って手作りすれば、良いマヨネーズが食べられるのなら、市販のはやめて作ろうと思います。
私はマヨラーではないのですが、チョコレートスプレッドやクッキー類が除外品となる上に、マヨネーズのない人生はあまりに味気ないです・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「トランスファットフリー」のマーガリンは「ファットフリー」ではないこともあるのでご注意を。



ふつうマーガリンの原料になる大豆油脂は、不飽和脂肪酸を多く含んでいて、そのままでは固まりません。

これに水素添加してトランス脂肪を作ることでマーガリンに固めていたわけです。

トランスファットフリーのマーガリンは、トランス脂肪を含まないので、どうやって固めているか、と言いますと。。。
(1)飽和脂肪酸(ファット)を添加する
   椰子油などを混ぜるようです。ローファットですがファットフリーではないです。
(2)完全水素添加にする
   水素添加工程を促進すると、トランス脂肪がなくなります。この工程には、もともと金属汚染のリスクがあるので、嫌がる人もいるようです。(個人的には、現状のマーガリンと同程度のリスクだと思いますが)

なお、トランス脂肪の規制を行っているアメリカFDAによると、トランス脂肪は、
(1)体内で、飽和脂肪酸と同様に悪玉コレステロールを増やす
(2)体内で、善玉コレステロールを減らす
作用があります。

そのまま比較するとトランス脂肪の方がヤなのですが、ふつうはマーガリン等のように、不飽和脂肪酸(悪玉コレステロールを減らす)と一緒に摂ることになるので、
「悪影響はバターよりちょっとマシ」
と言うことになります。

ただ、ファット系を摂らないよう薦められている方は、控えた方がよいと思います。

参考URL:http://www.cfsan.fda.gov/~dms/qatrans2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

椰子油は飽和脂肪酸なのですね。動物性脂肪みたいなものと思って良いのでしょうか。トランスファットフリーと言っても、とっっても安全というわけではないわけですね。参考URLありがとうございます。英語じゃないですか~~(泣)頑張って見てみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/24 01:05

natoriです。

たびたびすいません。生ごま油は自然食品店やネット等で手に入ると思います(うちではムソーの生ごま油170g430円だったかな?を扱っています。他からも数種出ているはずですので、手に入れやすい物を見つけてください)。無色無臭で肌に塗っても全くべとつきません。整体院ではこの油に同量の生姜汁を加えたものを血行不良や喘息症状の緩和、陽のアトピー(かさかさしているアトピー)の手当てに使っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生ごま油、売ってるものなんですね。無色無臭は使いやすそうですね。ごまの香りの料理はおいしそうですけど、肌から香るのは困りますもんね。度々ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 23:19

整体師・食養士をしています。

他の方のように詳しい知識は無く、経験からなので自信は無いのですが・・・アトピーの外用手当てに生のごま油は多く使います。そして食事の油を生ごま油か、オリーブ油に切り替えてという事で、ある程度成果をあげているので、この2つの油は大丈夫だと思います。マヨネーズは慣れると簡単に作れます。ぜひやってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はアトピーそのものは軽いものなんです。バカみたいにステロイドを出されたことによる副作用でした。生のごま油というのは、自分で作るのでしょうか?マヨネーズはやっぱり自作ですね。やってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/20 00:09

マヨネーズは殆どリノール酸から作られていると思います。



油の種類として、一般的な植物油の、米油、ひまわり油、コーン油、ごま油などは、成分中にリノール酸を多く含みます。オメガ6系列油と呼ばれ、これから体内で生合成されるホルモン用物質には強い炎症作用があり、アトピーがひどくなることがあります。

植物油の中で、えごま油、亜麻仁油は、αリノレン酸を多く含みます。オメガ3系油と呼ばれます。
これらの油と魚の油から誘導されるプロスタグランジンの炎症作用は弱いので、食事の油をオメガ6からオメガ3に替えると、多くの場合炎症が軽減します。

オリーブ油はオレイン酸を多く含みます、オメガ9系と呼ばれ、炎症作用は低いものです。また、酸化しにくい特徴があります。

オリーブ油と酢からマヨネーズを作ってみたらいかがでしょうか。
オリーブ油には3種類あって、果肉を軽く絞った製品がオリーブバージンオイルと言って化粧用に使われます。
果肉と種を絞って、エクストラバージンオリーブオイルがとれます。

私はバージンオイルを食用にしてきましたが高くつきます。

植物油に水素を添加して複成するトランス脂肪酸は、体によくないと言われています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とりあえず、炒め物などには、キャノーラ油かオリーブ油に切り替えたところですが、オリーブ油の高級なのって、すごく高いですよね・・・。安いオリーブ油ではあまり良くないんでしょうか。自作マヨネーズ、挑戦してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/19 23:56

トランス脂肪酸が本当に体に悪いのかどうかはわかりませんが、日本で売っているサラダ油の類は高温で精製処理をしているので、トランス脂肪酸になっているらしいです。

だとしたら、それを原料にしている市販のマヨネーズのほとんどもトランス脂肪酸だということでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわあぁぁぁ、そんなことになってるんですか?
本当にトランス脂肪酸が悪いのかどうか、ですよね。化学わからないんで、私には信じるか信じないかの世界です。
アメリカとかでは、「トランス・ファット・フリー」のマーガリンが売ってるらしいんですよ。
どうもありがとうございました。とりあえずマヨネーズも控えめの方向で行きます。

お礼日時:2005/06/20 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む

Qトランス脂肪酸の少ない油

トランス脂肪酸がなにかと話題ですが、
トランス脂肪酸の少ない油とはどれを指すのでしょうか
調べてもなかなか解決できませんでした

Aベストアンサー

こんにちは。
バターとクリスピー・クリーム・ドーナツが好きな私には大打撃なトランス脂肪酸、
素人ながら少し調べたことがありますので、よろしかったらご覧ください。
まず、詳しくは雪印のリリースがわかりやすいと思います。
http://www.snowbrand.co.jp/report/documents/20050901.htm

脂肪のうち、不飽和脂肪酸にはトランス型とシス型があります。
この「トランス型」の脂肪酸は、ある条件で油脂に含まれます。

1 水素添加をした油脂
2 高温・高圧で加熱した油脂
3 反芻動物(牛など)の体内で生産

問題となっているのは、自然界に存在するより多量に含まれる1と2です。
2の場合、揚げ油以外に「油脂を加工した商品」なども含まれる場合があるようです。
健康によいという触れ込みで、植物性油脂を加工しコレステロールを下げる機能を謳った油脂に含有されるトランス脂肪酸の量が、原料の油脂よりも多いという結果があるそうです。

で、2つの条件の場合、「シス型の脂肪酸がトランス型に置き換わっている」ために、
「最初からトランス脂肪酸が少ない油脂でも、
1、2を経るとトランス脂肪酸の多い油脂に変わってしまう」と私は理解しています。
つまり、もともとはcelicadonさんがご希望のようにトランス脂肪酸が少ない油を使用しているのにも関わらず、
ショートニングやマーガリン、全ての揚げ物は一定のトランス脂肪酸を含むようになるということです。
ポテトチップスばかりやり玉に挙がりますけれど、実際には
天ぷらやフライのほうが食べる機会の多い人が多数でしょうから、問題はこっちです。
あと、油を生産する時に原料を高温・高圧で圧搾することがありますが、このような油も望ましくないらしいです。
残念ながら、サラダ油によく使われる大豆油、菜種油はやや多いみたいですので、
家庭で揚げ物に使う商品の段階で、100gあたり1g以上のトランス脂肪酸を含む商品が多いそうです。

で、「トランス脂肪酸が少なく、高温加熱調理に使える油」です。
・コールドプレス(生成段階で30度以上熱を加えず圧搾する低温圧搾)で生産された油
・高温に強く加熱してもトランス脂肪酸に置換されにくい油
・飽和脂肪酸(トランス脂肪酸というのは不飽和脂肪酸に含まれる脂肪酸の種類なので)
 
亜麻仁オイル、オリーブオイル、一部のゴマ油、紅花油、ラード、パームオイル(レッドパーム含む)、ココナッツオイル、
などが条件にあてはまるそうです。
でも、マーガリンや製菓用ショートニングにも、トランス脂肪酸が除去されたものがもう出回っています。

それからいろいろ調べてわかったことは、脂肪酸というのはいろんな種類があって、
脂質は人間が生きていくのに必須の栄養で(悪玉コレステロールと呼ばれるものでさえ、0だと人は死ぬ)、
これひとつだけ摂っていればいい…という油脂は存在しない、ということです。
できれば複数の種類の油脂から脂肪を摂取するのがベターらしい、ということです。
上に挙げた中には入れませんでしたが、グレープシードオイルにも一部の商品はトランス脂肪酸が少ないそうです。
このオイルはアレルギーの人に足りていないと言われる多価不飽和脂肪酸を多く含み、お化粧品にも使われます。
ただ、このオイルばかり食べていると他の脂肪酸が不足するでしょう。

最後に、トランス脂肪酸はつまるところ、「多量にとりすぎればよくない」という、
悪い程度は飽和脂肪酸と同じぐらいなんじゃないかということです。
たくさん食べなければ問題ないようです。

長々とごめんなさい…。

参考URL:http://www.snowbrand.co.jp/report/documents/20050901.htm

こんにちは。
バターとクリスピー・クリーム・ドーナツが好きな私には大打撃なトランス脂肪酸、
素人ながら少し調べたことがありますので、よろしかったらご覧ください。
まず、詳しくは雪印のリリースがわかりやすいと思います。
http://www.snowbrand.co.jp/report/documents/20050901.htm

脂肪のうち、不飽和脂肪酸にはトランス型とシス型があります。
この「トランス型」の脂肪酸は、ある条件で油脂に含まれます。

1 水素添加をした油脂
2 高温・高圧で加熱した油脂
3 反芻動物(牛など)...続きを読む

Q一番体に良い油は何でしょうか?

一番体に良い油は何でしょうか?
料理をしていて常々疑問に感じていました。サラダ油、キャノーラ油、ヒマワリ油、コーン油、オリーブオイル、グレープシードオイルなど、他にもいろいろ沢山種類がありますが、どれが体に一番優しいのでしょうか。主人と2人暮らしのため用途別に使い分けるには消費ペースが遅いので、一種類に決めたいと思っています。体に良く、炒め物・揚げ物と何にでも使えるものとして常備するにはどの油が理想的でしょうか。ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。
前の回答は味重視でしたので訂正します。

健康重視で選ぶならば、生きていく上で絶対必要な必須脂肪酸をバランスよく含んでいることが大切であると考えました。必須脂肪酸というのは、リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸、α-リノレン酸、エイコサペンタエン酸 、ドコサヘキサエン酸 です。

このなかで、エイコサペンタエン酸 、ドコサヘキサエン酸 は魚に、アラキドン酸は肉と卵に含まれていて油に期待しなくても良いので、リノール酸、γ-リノレン酸、α-リノレン酸のバランスと考えます。

単品原料油では必須脂肪酸のバランスに偏りがありますので、何種類かの油をブレンドしたものがよいかと思います。

普通にサラダ油と称して販売されている油は、大豆とキャノーラ菜種のブレンドですから、必須脂肪酸のバランスも悪くないなではないかと思います。また、すべての料理をカバーすることを考えると、あまり個性の強い油も良くないのではと思います。

ということで、健康も配慮しすべての料理をカバーできる「これ一本」となるとサラダ油となります。

栄養素というのは、みんなそうですが、健康に良いからといって、やたらにたくさん取れば良いものではありませんで、過剰摂取は病気の原因にさえなります。

最近健康食品として人気のオレイン酸やα-リノレン酸も所詮は高カロリーの油ですから、過剰摂取はメタボの元になります。ふつうの食生活で必須脂肪酸不足になることはありません。

#3です。
前の回答は味重視でしたので訂正します。

健康重視で選ぶならば、生きていく上で絶対必要な必須脂肪酸をバランスよく含んでいることが大切であると考えました。必須脂肪酸というのは、リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸、α-リノレン酸、エイコサペンタエン酸 、ドコサヘキサエン酸 です。

このなかで、エイコサペンタエン酸 、ドコサヘキサエン酸 は魚に、アラキドン酸は肉と卵に含まれていて油に期待しなくても良いので、リノール酸、γ-リノレン酸、α-リノレン酸のバランスと考えます。

単品...続きを読む


人気Q&Aランキング