DELLのBTO(Build To Order)って何ですか
詳しい方教えてください。
(雑誌に出ていた言葉なのですが、その雑誌には詳しく書かれていませんでした)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 宅配ピザを注文するときには、ピザの種類のほかにトッピングを選べますよね。

これとこれを乗せてほしいとか、これは抜いてほしいとか。

 このような注文方法をPCで行なうことをBTOと呼びます。すなわち、注文を受けてからその仕様に応じて組みたてる方式です。

 もちろん、すべての仕様を客に決めさせては煩雑ですから、基本的な仕様(ピザの種類に相当)を何通りか用意しておいてそれにオプション(トッピングに相当)を選択させるという方法になります。

 詳細は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/14/5783914.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。とてもわかりやすい解説!ありごとう。

お礼日時:2001/10/04 12:24

nobuckさん、こんにちは。



これは、CPU/マザーボード/ケースなど、基本部品以外のスペックをニーズによって変更できるシステムです。

例えば、HDDが通常10GBの製品でも、20GBに変更してくれ!
ということで、20GBのマシンが納品されます。
もちろん価格には、変更された部品の価格差分が上乗せされます。

つまり、メーカー側で構成・出荷する(Build)時に、部品のスペック変更を頼む事(Order)ができるんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。よく考えればそうですよね。(ちょっとあわてて質問してしまいました。)

お礼日時:2001/10/04 12:23

BTOについてですよね。


その名の通り買う側が、機能や性能を自分で選べるというものです。
自分で、マシーンをカスタマイズしてオーダーするオーダーメイドのPCで、これによって利用者は予算やほしい性能に応じて購入できます。

そして、メーカー側は、在庫を抱えずに製造でき在庫リスクも少なくなり利益を出しやすくなります。

よって、どちらにも効率的な商品となります。
ただし、BTOは初心者向きとは言えませんから、自分である程度パソコンの知識や性能についての理解がついてからオーダーするのが良いです。

ちなみに、最近はdellに限らずNECなどの大手でも行っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「納得」しました。

お礼日時:2001/10/04 12:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDELL PowerEdge1400で「Strike the F1 key to continue, F2 to run the setup utility」が

DELL PowerEdge1400でCPUの増設を行おうと思い、ケースを開けてCPUを挿したり抜いたりして、結局元の1CPUの状態に戻したのですが、起動してみると下記のメッセージが表示されました。

----------------------------------
ALERT! Cover was previously removed.
Strike the F1 key to continue, F2 to run the setup utility
----------------------------------

ぐぐってみると、F2を押してBIOSの設定画面にて[ Chassis Intrusion ] を [ Enabled-Sillent ]に設定すれば直るという事だったので、設定を変更しました。
すると1行目のエラーメッセージは消えたのですが、2行目のメッセージは表示されたままです。(下記のような状態)

----------------------------------
Strike the F1 key to continue, F2 to run the setup utility
----------------------------------

このメッセージを消す事は出来るのでしょうか?

ちなみに[ Chassis Intrusion ] を [ Desabled ]に戻したら、1行目のエラーメッセージは消え、2行目のエラーメッセージのみ表示されるようになりました。

DELL PowerEdge1400でCPUの増設を行おうと思い、ケースを開けてCPUを挿したり抜いたりして、結局元の1CPUの状態に戻したのですが、起動してみると下記のメッセージが表示されました。

----------------------------------
ALERT! Cover was previously removed.
Strike the F1 key to continue, F2 to run the setup utility
----------------------------------

ぐぐってみると、F2を押してBIOSの設定画面にて[ Chassis Intrusion ] を [ Enabled-Sillent ]に設定すれば直るという事だったので、設定...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、CPU追加に関する質問のほうにも回答している者です。VRMに関する情報を載せたのでそちらも見ておいてください。自分が見つけたVRMは対応のものと同じブツらしいので高い確率で動くと思いますよ。オークションもあと4日ほど残っていて入札者0、価格1500円でした。

>このメッセージを消す事は出来るのでしょうか?

実はBIOSデータ保持用のリチウム電池切れとか。コンセントをつないでいるとほとんど消費しませんが自然放電があるのでいつの間にか切れていることもありますよ。

QBTOカスタマイズPCとDELL、レノボ、フロンティアといったメーカー

BTOカスタマイズPCとDELL、レノボ、フロンティアといったメーカーと比べるとどちらが品質的にいいですか?BTOは安くて細かいカスタマイズが出来ますが、DELL等は最初から殆ど決まっていて値段も少し高いです。どうでしょう?

Aベストアンサー

安物PCの代表格のDELLが高いって・・・
Alienwareとかを見ているのでしょうかね?
であれば、あの価格は仕方のない物だと思いますが。

ショップブランドのBTOってのは、お店が決めたパーツで、お店に組み立てて貰う自作PCの亜種ですから。
パーツメーカーが行った品質検査以外は、ショップが組み立てた後に、OSが起動するのを確認する程度で、それ以外の品質検査は行われていません。
そのパーツですら、ノーブランド品だったりしますから、本当にショップで組み立て後チェックの際に、「動いた」というレベルの保証しかないですね。

一方、DELL等は国内メーカーに比べれば、本当に最低限ですが、それでもトータルでの品質検査を行っています。
その人件費が価格に上乗せと考えれば納得できますか?

特に、ゲーム特化ブランドのAlienwareとかだと、他のDELLのPCとは完全に別物で、サポートも国内で日本人が行いますし、品質検査も他のに比べればしっかり行われています。
まぁ、何より一つの確立された全世界的なブランドですから、その分の上乗せもあるでしょう。

値段を安く上げるには、如何に安い部品を使って、如何に人件費をかけずに作るか、です。

安物PCの代表格のDELLが高いって・・・
Alienwareとかを見ているのでしょうかね?
であれば、あの価格は仕方のない物だと思いますが。

ショップブランドのBTOってのは、お店が決めたパーツで、お店に組み立てて貰う自作PCの亜種ですから。
パーツメーカーが行った品質検査以外は、ショップが組み立てた後に、OSが起動するのを確認する程度で、それ以外の品質検査は行われていません。
そのパーツですら、ノーブランド品だったりしますから、本当にショップで組み立て後チェックの際に、「動いた」というレベルの...続きを読む

QBTOをどうですか?BTOなら、どこがお薦めでしょうか?

最近、ここなどでPCについて詳しくなるにつれ(と言ってもまだ素人の域ですが)、メーカー店頭販売モデルの拡張性のなさ、性能の悪さなどが理解できて来ました。(特に省スペース型)
省スペース型などは自力では壊れたパーツも交換できない特殊なパーツを使っているPCもあるようですし…
その点、自作やBTOモデルなら各パーツが壊れても交換もやパワーアップも自由に出来ますよね?
そこで、どうも皆様のお話を聞くと、自作、またはBTOが拡張性、性能面でもっともお得であるように感じます。
価格面にしてもオーダー直販なのでそこまでデメリットはない気がします。
かえって、性能を考慮するとお得なのかも?
そこで、なら自作と行きたいところなのですが、そこまでのスキルは私には全くありません。
保証面でも躊躇してしまいます。
よって保証もきくメーカーBTOを考えているのですが、どこが良いでしょうか?
私が調べたところNECなど良さそうですね。
最新の3Dゲームが余裕で出来るスペックですら20万円超で構成できました。
しかも3年保証での価格です。
(私はゲームはやりませんが、店頭販売モデルで満足に3Dゲームが出来るモデルってほとんどありませんよね。ていうか拡張すらできないモデルも多いですよね?)

他にもSONYやDell、ヤマダ(フロンティア)など多々ありますが、どこがお薦めでしょうか?
BTO等にお詳しい方、ご回答よろしくお願い致します。
また私の見解が間違っているところ、注意点があれば是非、ご指摘ください。

最近、ここなどでPCについて詳しくなるにつれ(と言ってもまだ素人の域ですが)、メーカー店頭販売モデルの拡張性のなさ、性能の悪さなどが理解できて来ました。(特に省スペース型)
省スペース型などは自力では壊れたパーツも交換できない特殊なパーツを使っているPCもあるようですし…
その点、自作やBTOモデルなら各パーツが壊れても交換もやパワーアップも自由に出来ますよね?
そこで、どうも皆様のお話を聞くと、自作、またはBTOが拡張性、性能面でもっともお得であるように感じます。
価格面...続きを読む

Aベストアンサー

>そこで、なら自作と行きたいところなのですが、そこまでのスキルは私には全くありません。
保証面でも躊躇してしまいます。

上記より私は、ショップ物はお勧めしません。
ショップ物は、サポートがあてにならないので自分でトラブル対応が出来ないと苦労します。
保証とサポートを求めるならNEC Directを推薦します。
最近、NECの水冷も安くなってきています。
NECの水冷PCは、BTOも自由です。
拡張性もCPUを除けば拡張性は高いです。
この手のメーカーPCで拡張5インチベイがあるのは魅力です。
もちろん、AGPもあります。(省スペースはこの点が欠点ですよね)

Q3DMark2001SE(build330)の結果 4660 はひどい数字?

質問させていただきます。

自作PCなのですが、ベンチマーク(タイトル内)をした結果が非常に悪く思われます。(4660)
ベンチマークスコアのサイトを見ると、どう見ても、古い7500よりも悪いのです。
どこに原因があると思われますか。

当方、特別ゲーマーでもなんでもないのですが、ちょっとしゃくに障るものですから。
(動作に異常があるとか、画質が悪いということはありません)
よろしくご教授願います。

過去のこちらの回答を見ると、
 ・常駐ソフトを減らす
 ・VGAカードをハイスペックのものにする
といったものが見受けられました。

PCの構成
 M/B : Aopen AK77-600N
CPU : AthlonXP 2500+ (ダウンクロック 164MHz*10)
VGA : Sapphire Radeon9000 64MB (RV250 メモリバンド 64bit)
 (DriverはATIの最新のもの)
HDD : Maxtor 6E030LO (30GB OS用)
    Seagate ST3120022A (120GB appri&DATA用)
Samsung 120GB (IO-Data UIDE-133R2にて増設、バックアップ用
Mem : Micronチップ 512MB (PC3200 3CL)
    (memtest86にて15pass エラーなし)

その他:ウィルスチェック avast!4 Home (動作は停止状態でベンチマーク実行) 

質問させていただきます。

自作PCなのですが、ベンチマーク(タイトル内)をした結果が非常に悪く思われます。(4660)
ベンチマークスコアのサイトを見ると、どう見ても、古い7500よりも悪いのです。
どこに原因があると思われますか。

当方、特別ゲーマーでもなんでもないのですが、ちょっとしゃくに障るものですから。
(動作に異常があるとか、画質が悪いということはありません)
よろしくご教授願います。

過去のこちらの回答を見ると、
 ・常駐ソフトを減らす
 ・VGAカードをハイスペ...続きを読む

Aベストアンサー

#2です

>当方としては、このシステムを長く使いたいので、
>O.C.をしてCPUを痛めつけたくはないのです。

#3&#4の方もRESしてますが、正規のAthlonXP2500+
でしたら定格で使うの宜しいかも・・・当時の2500+は
コア耐性も高くなかなか良いCPUです。
(当方でも2500+@3200まで回りましたよ)

オーバークロックしたくない場合でもダウンクロック
したからと言って寿命が大きく伸びるとは思えないし、
それよりもPCケース内のエアフローを良くしてM/B上の
ブロックコンデンサ又はHDDを冷やした方が有効です。

>普通のRadeon9000なら(たとえダウンクロックして
>ても)、7000~8000ぐらいは出るはず・・・

仰る通りで、当方でも下記のPC構成でスコア=7000点以上
が出てます・・・当該PCは後輩宅へ養子にだし元気です。

M/B ASUS A7V600(KT600)
CPU AthlonXP2500+
ビデオ ELSA GLADIAC FX534/128MB (FX5200/128bit)

ASUSのA7V600の時にAthlonXP3200+から2500+に載せ替え
たときにクロックダウンの設定したら、当然ですがメモリ
のSPD情報(AUTOでも)が正常に認識出来なかったよ。

AGPやPCIのバスクロックも変動すると思うので、BIOSの
設定を再確認しメモリのCL値等も見直した方が安全です。

#2です

>当方としては、このシステムを長く使いたいので、
>O.C.をしてCPUを痛めつけたくはないのです。

#3&#4の方もRESしてますが、正規のAthlonXP2500+
でしたら定格で使うの宜しいかも・・・当時の2500+は
コア耐性も高くなかなか良いCPUです。
(当方でも2500+@3200まで回りましたよ)

オーバークロックしたくない場合でもダウンクロック
したからと言って寿命が大きく伸びるとは思えないし、
それよりもPCケース内のエアフローを良くしてM/B上の
ブロックコンデンサ又はHDDを冷やした方...続きを読む

QDELL Dimension3100CからDELL Inspiron530へのメモリとハードディスクの追加

DELL Dimension3100Cのメモリ(512MB×2)をDELL Inspiron530(既存メモリ1GB×2)へ追加できるでしょうか?

DELL Dimension3100Cのハードディスク(250GB)をDELL Inspiron530(既存ハードディスク160GB)へ追加できるでしょうか?

Aベストアンサー

メモリは追加可能ですが
(どっちもDDR2 667MHz SDRAM(PC2-5300) 240Pinの筈で
 Inspiron530はメモリは4スロットだったはずなので)

ハードディスクに関しては
Inspiron530は確かスリムタイプとミニタワータイプの
2筐体タイプがあったはずなので
前者であれば追加不可能、後者であれば追加可能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報