特定疾患、身体障害者、介護保険制度について、膠原病患者のつかえる制度について詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

症状によって違うのでなんとも言えませんが、


うちの娘が膠原病なので使っている制度を書き込みします。

検索をかけるとたくさんヒットしますが特定疾患センターで
医療費の事や、住まれている場所により違う相談窓口などの
情報が得られるかと思います。
http://www.nanbyou.or.jp/what/

うちの娘は特定疾患医療費助成制度を受けています。
あと厚生年金の障害年金3級を受けています。
    • good
    • 0

 膠原病は厚生省の難病指定になっていますから、こちらの手続きをされたらいかがでしょうか。

医療費は公費負担となります。
 身体障害および介護保険に関してですが身体障害はその程度により認定は受けられます。介護保険に関してですが65歳未満の2号被保険者の場合、原則として初老期痴呆または脳血管障害など加齢によるものでなければ対象になりません。したがって一般的には65歳未満の場合は介護保険の対象外となります。
 詳しくは難病指定に関しては保健所、身体障害および介護保険に関しては市役所でお尋ねください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膠原病の疑い(抗核抗体640倍について)

20代後半女性です。
私と似通った検査結果の方で、正確な診断を受けた病院は
初めから膠原病内科であったか或いは内科であったか、
教えてください。
4月4日に、普通と違う寒気を覚え(陽気がいいのに寒気を感じる)
近くの個人病院(婦人科)に行き、血液検査をしたところ、
昨日、抗核抗体が640倍、膠原病の疑いにひっかかり、
1番近い大学病院へ紹介状を書いていただきました。
その際、先生が「(その病院の)当たりが悪かったら言って下さい。紹介状書きますので。」
と言いました。それから、本当は膠原病内科がいい、ともおっしゃっていました。
先生は近くの3つの大学病院を候補に挙げていました。個人病院の内科ではなく。
紹介状は紹介先大学病院名が書かれてあり、一般内科です。
婦人科での膠原病に関する血液検査は抗核抗体(HOMOGENEOUS)、
抗DNA抗体/RIAが2以下(基準値6.0以下)この2つのみです。
他の詳細な血液検査はこれからです。
本来なら、膠原病内科に行った方がいいのでしょうが、
折角紹介状も書いていただいたので(ネットで調べた所、リウマチ認定医がいない大学病院の内科)
そのまま膠原病かどうかの血液検査を診てもらおうと思うのですが、
膠原病疑いを指摘されたことのある皆さまは、初めから専門にいかれましたか?
一般内科に行かれましたか?
また、一般内科でもある程度の膠原病の種類は特定できるものですか?
紹介先の先生が検査結果等からして手に負えなかったら、紹介してくれそうな気がするのですが?
長文お読み頂きありがとうございます。何かアドバイスいただければと思います。
よろしくお願いします。

20代後半女性です。
私と似通った検査結果の方で、正確な診断を受けた病院は
初めから膠原病内科であったか或いは内科であったか、
教えてください。
4月4日に、普通と違う寒気を覚え(陽気がいいのに寒気を感じる)
近くの個人病院(婦人科)に行き、血液検査をしたところ、
昨日、抗核抗体が640倍、膠原病の疑いにひっかかり、
1番近い大学病院へ紹介状を書いていただきました。
その際、先生が「(その病院の)当たりが悪かったら言って下さい。紹介状書きますので。」
と言いました。それから、本当は膠原...続きを読む

Aベストアンサー

「要らん心配&カキコしている暇が有るなら その時間で病院(時間が取れるなら専門)行け」
と 言わせて貰います。 まだ体が動いて居られるから 悠長な事をしていられますが交通事故など=生きるか死ぬか= 取り敢えず輸血だけでもしなければ、病院へ着く前に死ぬ=等と言う場面でしたら どうか?

私は 間質性肺炎の疑いアリ/この地域では 瀬戸市の陶生病院が詳しいから検査して貰え』と言われたので 工場(一応 一部上場)へ伝えた所「休まれては困る=長期休転工事の時までタノマァ」とズルズル。
 結局14ヶ月・一年以上ホッタラカシでした。
幸い、軽症軽度Sー1 で”特に悪さは無し”でしたが 他の呼吸器・酸素を外せない入院患者さん達を見ていると、”もしs-4とか進行してたら?”
イザって時、どう対応するんだ? 酸素ボンベ抱えたまま抛り出されるか?  と思うと『この工場、長くは居れんなあ』 と考えるこの頃。

後の方の質問に答えますと 最近の血液検査は300項目程もDETAが取れるそうで
(普通、そこまで遣るのは手間と金が掛かるのでしない=医者からの”ココの所重点的に”の指示で 遣るようですが)
血液だけで 相当な事が判る様です。 その”DETAを読む”能力/経験を積まねば為らぬので 専門分野がどんどん分れて行くようですが
私は ”陶生で納得出来たか?”と聞かれれば 納得出来た! と、答えます。

「要らん心配&カキコしている暇が有るなら その時間で病院(時間が取れるなら専門)行け」
と 言わせて貰います。 まだ体が動いて居られるから 悠長な事をしていられますが交通事故など=生きるか死ぬか= 取り敢えず輸血だけでもしなければ、病院へ着く前に死ぬ=等と言う場面でしたら どうか?

私は 間質性肺炎の疑いアリ/この地域では 瀬戸市の陶生病院が詳しいから検査して貰え』と言われたので 工場(一応 一部上場)へ伝えた所「休まれては困る=長期休転工事の時までタノマァ」とズルズル...続きを読む

Q身体障害者手帳(視覚障害)と要介護1との兼ね合い

相談は叔母のことなんですが。
私自身身体障害者手帳(肢体不自由)の3級を持っていまして、そこそこに知識は聞きかじってきましたが、タイトルのことがよく分かりません。

叔母は現在特別養護老人ホームに入所しております。
まだ身体障害者手帳(視覚障害)は持っておりません。

若いときから視力はよくなく、85歳の現在は相当見えにくいようです。

そこで、障害者認定手続きなどは私も経験済みなので分かるとして、たとえば1級、2級くらいの認定がもらえれば、特別養護老人ホーム入所している現在、どう言う金銭的な援助が受けられるものなのでしょうか。

国民年金を受給しておりますが、施設への支払いが少しですが足が出ている状態です。

今後病気などで、病院へ移される可能性もありますし、
老人の場合3ヶ月程しか置いてもらえないし、置いてもらうには15万、20万円という金額が毎月かかるという話をよく聞きます。

3級までの手帳を持っていれば、基本的に医療費は助成してもらえますよね。
この場合のどういう扱いになるでしょうか。

長々とすみませんが、宜しくお願いします。

相談は叔母のことなんですが。
私自身身体障害者手帳(肢体不自由)の3級を持っていまして、そこそこに知識は聞きかじってきましたが、タイトルのことがよく分かりません。

叔母は現在特別養護老人ホームに入所しております。
まだ身体障害者手帳(視覚障害)は持っておりません。

若いときから視力はよくなく、85歳の現在は相当見えにくいようです。

そこで、障害者認定手続きなどは私も経験済みなので分かるとして、たとえば1級、2級くらいの認定がもらえれば、特別養護老人ホーム入所している...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の件ですが、もし身体障害者手帳を取ろうと思えば、身体障害者手帳での障害認定基準(視覚障害)さえ満たせば取れますよ。
但し、介護保険制度と障害者施策とで重複する部分、例えば施設入所等については、基本的に介護保険制度が優先される決まりになっていますから、かなり厳しい現実があるとお考え下さい。
(注:障害者施策と介護保険制度は、それぞれ別物です。混同しないように気をつけて下さいね。)

障害者施策での医療費の公費助成ですが、これは各自治体単独の制度なので、「3級以上の手帳を持っていれば…」とは限りません。3級は認めていない、という所のほうが多いですね。1・2級が基本です。
ですから、後述するように、介護保険法での助成が使えないかどうか調べる必要があると思います。
一方、70歳以上の人は老人保健医療の対象となり、老人保健受給者証を交付されます(健康保険証や介護保険証とは別)が、身体障害者手帳1~3級を取れば、65歳から対象となり、医療費の一部負担金の軽減につながります。

現実には、介護保険でも、各自治体独自の助成とかがありませんか?
ちょっとお住まいの市区町村のことを調べてほしいのですが、身体障害者手帳1~3級を持っている方が介護保険を利用する場合、その自己負担金を全額又は半額助成する自治体も多いです。

ところで、いざ病院に移ることになった場合は、率直に言って、「助成制度がほとんどない」と言っても過言ではないと思います。
医療そのものがきちっと行なわれた場合には高額療養費の還付を受けることなどでカバーできますけれど、長く入院させてもらうために差額ベッドを利用したりする場合は、やはり、15万・20万という額を丸々自己負担しなくっちゃならなくなります。
差額ベッド代は医療費の助成の対象としても認められませんから、もしできれば、ホスピス(終末医療型の病院。医療費助成の対象になりえます。)を探しておいたほうがベターだと思います。

結論を申し上げると、年齢的にもどうしても介護保険制度が優先されてしまいますから、あまり障害者施策を期待しないほうが良い、ということになるでしょうか。
また、現実問題として、特別養護老人ホームに入所している叔母さまを障害者認定のために病院に連れてゆく、ということはなかなか認めてくれない(あるいは、認めない)のではないかと思います。絶対に障害者認定を受けたほうがいい、というわけではなく、年齢的にも緊急の必要性が低いためですね。

「うーん…」と思われるかもしれませんけれども、福祉にはそういう現実(矛盾、と言い替えてもいいかもしれません)があるんです。
こればかりは、必要性を根気強く訴えてゆかないと、なかなか変わってゆかないものですよ…。

ご質問の件ですが、もし身体障害者手帳を取ろうと思えば、身体障害者手帳での障害認定基準(視覚障害)さえ満たせば取れますよ。
但し、介護保険制度と障害者施策とで重複する部分、例えば施設入所等については、基本的に介護保険制度が優先される決まりになっていますから、かなり厳しい現実があるとお考え下さい。
(注:障害者施策と介護保険制度は、それぞれ別物です。混同しないように気をつけて下さいね。)

障害者施策での医療費の公費助成ですが、これは各自治体単独の制度なので、「3級以上の手帳...続きを読む

Q膠原病にこんな症状がありますか?

一ヶ月ぐらい前から、唾液が泡状になり、口の中がなんだか変なんですが、膠原病にこんな症状があるのでしょうか?

2年程前に浮腫み(足、手、顔)が出た時の検査では、抗核抗体値が以上に高く、膠原病(強皮症)の可能性があるが100%膠原病だとも言えない、との事でした。
当時、肉体的にも精神的にも極度の疲労状態であったので、仕事を辞めたところ浮腫みは出なくなりました。

その後、たまに原因不明の間接痛(膝、肩)があったりしましたが、別に腫れたりせずに、数週間すると治る状態で「膠原病かも」という事を忘れていました。

何かご存知の方がいらしたら、アドバイスいただきたいのですが。

Aベストアンサー

#2の方のように、唾液・口腔内が関係している膠原病(正確には膠原病類縁疾患)にシェーグレン症候群があります。正確に診断するためには、耳鼻科での唾液腺造影検査や唾液腺生検が必要になりますが、血液検査で抗核抗体の他に、抗SS/A抗体や抗SS/B抗体が出ると可能性が高くなります。

シェーグレン症候群では口渇感だけでなく実際に唾液の分泌が少ないことが診断の第一歩です。ご自身でも簡単に出来る検査に、ガム試験があります。これは実際の病院でもやる検査ですが、柑橘系のガムを噛んで、10分間にどれくらい唾液が出るかをみる検査です。唾液を貯めてみて、10分間で10ml以下なら唾液分泌量低下になります。是非試してみてください。ただし、10ml以下でも、実際に症状のそろったシェーグレン症候群では1ml以下のことが多いようです。

ちなみに皮膚の硬化がなければ、現時点では強皮症の可能性はきわめて低いと思います。

Q身体障害者手帳を持っていると、障害者年金と介護保険や生活保護が同時に受

身体障害者手帳を持っていると、障害者年金と介護保険や生活保護が同時に受けられないのですか。教えてください・知的障害で療育手帳A2です。54歳女性です

Aベストアンサー

障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のどれか)を持っている人が受けられる障害者施策と、障害年金、介護保険、生活保護は、同時に受けることができますよ。
ただし、生活保護は障害者施策や障害年金などのほかの手段がどうしても使えなくてお金が出ないようなときに最終手段として使われるものなので、役所は最初に、障害者施策が使えないだろうかとか障害年金をもらえないだろうかと考えることになっています。

上で書いたことは、それぞれに認められる基準があって、みんな基準が別々です。
手帳は手帳で、障害年金は障害年金で、といった感じで、みんな別々に、認めるか認めないかを調べています。
けれども、ひとつひとつが認められると、もしみんな認められたら、同時に受けることはできます。

介護保険は普通は60歳にならないと使えません。
けれども、身体障害者(身体障害者手帳を持っている人だけを言います。療育手帳はだめ。)でも、40歳以上の身体障害者のときは、もしも介護保険で決まっている特定の病気にあてはまるときは、使えます。こういう病気を特定疾病(とくていしっぺい)と言います。役所で聞いてみれば、どういう病気なのかがわかります。
もし特定疾病だったら、60歳になっていなくても、身体障害者は介護保険のほうを使って、障害者施策は使わないことになっています。ここだけは気をつけて下さい。

障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のどれか)を持っている人が受けられる障害者施策と、障害年金、介護保険、生活保護は、同時に受けることができますよ。
ただし、生活保護は障害者施策や障害年金などのほかの手段がどうしても使えなくてお金が出ないようなときに最終手段として使われるものなので、役所は最初に、障害者施策が使えないだろうかとか障害年金をもらえないだろうかと考えることになっています。

上で書いたことは、それぞれに認められる基準があって、みんな基準が別...続きを読む

Q膠原病疑いで1年間通院&2週間入院

初めまして。
1年程前から原因不明の病に悩まされています。
毎週の様に通院していますが原因不明のままです。

1年ほど前に右足親指付け根が熱を帯び赤く腫れ上がり
以後、症状は悪化。
抗核抗体の数値が高い為(2560倍)膠原病を疑われ
現在も大学病院の膠原病科にかかっています。

先日は右足の血流が悪くなり
紫色に変色・20度近い低体温・右足に赤斑が現れ
皮膚生検を行ったところ、血管に炎症がみられ
結節性多発動脈炎の疑いで入院。
結果、血管炎と診断され
毎日血流を良くする為の点滴と投薬治療を受け
2週間で退院しました。

現在の症状は
右足先端の麻痺(しびれ感)と痛み、むくみ、腫れ
不規則な冷感と熱を帯びる…の繰り返し
37度前後の微熱が半年以上続く(倦怠感)
右足の極度な運動能力の低下
等です。

現在までに受けた検査は、上記皮膚生検以外にも
血液検査と尿検査と首・腰・両手・両足のX線(定期的に)
頭部・腹部・両足のMRI
両手両足の筋電図,心電図,心エコー
肺の血流を調べるPET検査、等。

全て結果は、ほぼ異常なし。
末梢神経反応良好、炎症反応はゼロ
リュウマチ反応なし、血管異常なし
血圧も脈拍も正常、骨・関節に異常なし
心臓他内蔵も健康でした。

ただ、頭部MRIで未破裂の動脈瘤が見つかり
脳神経外科にも通っています。
ですが、脳動脈瘤が右足に関与している
可能性はないと診察されました。

家族や友人達も心配して
病気について色々と調べてくれていますが、
心配を掛けている現状が心苦しくもあります。
「判らない」「様子をみよう」しか言わない
現在かかりつけの大学病院に対する
不信感ばかりが募ります。
セカンド・オピニオンも考えるべきでしょうか?

どなたかご教示宜しくお願い致します。

初めまして。
1年程前から原因不明の病に悩まされています。
毎週の様に通院していますが原因不明のままです。

1年ほど前に右足親指付け根が熱を帯び赤く腫れ上がり
以後、症状は悪化。
抗核抗体の数値が高い為(2560倍)膠原病を疑われ
現在も大学病院の膠原病科にかかっています。

先日は右足の血流が悪くなり
紫色に変色・20度近い低体温・右足に赤斑が現れ
皮膚生検を行ったところ、血管に炎症がみられ
結節性多発動脈炎の疑いで入院。
結果、血管炎と診断され
毎日血流を良くする為の点滴...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
私の従姉が膠原病です。
以前 他の方への回答したときに貼り付けたHPが割と詳しい説明が載っていたので 参考にしてください。
http://homepage2.nifty.com/KOGEN/Kyoto/Kindex.htm
↓を読んでいただくと判りますが はっきり診断されるまでは 色んな検査を経なければならないようです。
もし 膠原病ならストレスは よくないと聞きましたので あまりにも不信感が募るようなら セカンド・オピニオンも考えた方がいいのでは?と思いました。
寒さも体に良くないそうなので 今の時期 お大事にしてください。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/KOGEN/Kyoto/kiso/Kogenbyou2.htm

Q身体障害3級+身体表現性障害3級=2級となりますか

去年、変形性股関節症で障害年金請求について質問したもみじと申します。
平成16年12月に右人工股関節全置換術を受けました。その後平成21年10月に左人工股関節全置換術を受けました。
私は12歳、13歳の時に、自骨の手術を受けていたために、障害年金裁定請求をしたところ、20歳前障害と認定されて障害年金不支給と言われました。
私は不服申し立て(審査請求)しましたが、やはり不支給の決定は覆りませんでした。
再審査請求の時に、高校~就職し初診日として主張している時に勤めていた会社までの間の、私の健康状態にて社会的治癒を証明するために、第3者による陳述書を提出したところ、右人工股関節全置換術を決心した時の診察日を初診とし、それ以前は社会的治癒の状態だったと認定されて、この度、認定日による請求が認められて、障害年金3級が受給できることが決定しました。

さて、質問いたします。
前述のように、長年変形性股関節症を患っていたために、去年の暮れに身体表現性障害と診断されて、現在仕事を辞めて、闘病中です。
変形性股関節症(両側人工)で、3級の障害年金の支給が決定しましたが、この心身医療科における診断の身体表現性障害でも3級が取れないか?と主治医に相談したところ、「挑戦してみましょうか。」
と言っていただきました。倦怠感が強くて睡眠時間が長く、腰、肩の痛みに苦しんでいます。このため仕事どころか、家事さえも満足にできない状態ならば、もしかしたら3級が取れるかも知れないと医師が言うのです。
病気の原因は、変形性股間節症が原疾患だと主治医は言います。

変形性股関節症で既に、3級の受給がきまっていますが、身体表現性障害で3級が認定されると、3級+3級=2級の障害年金が受給できるのかをお聞きしたいと思います。

よろしくお願いいたします。

去年、変形性股関節症で障害年金請求について質問したもみじと申します。
平成16年12月に右人工股関節全置換術を受けました。その後平成21年10月に左人工股関節全置換術を受けました。
私は12歳、13歳の時に、自骨の手術を受けていたために、障害年金裁定請求をしたところ、20歳前障害と認定されて障害年金不支給と言われました。
私は不服申し立て(審査請求)しましたが、やはり不支給の決定は覆りませんでした。
再審査請求の時に、高校~就職し初診日として主張している時に勤めていた会社までの間の、私の健...続きを読む

Aベストアンサー

身体表現性障害と言われたんですね?
精神の障害になるんですが、俗に言うヒステリーなので、神経症(ノイローゼ)の範疇です。

障害年金の障害認定基準の上では、神経症は、原則として認定の対象外ですよ。
ICD-10コードというもので、精神の障害として認める範囲が決められています。精神の障害の年金の診断書には、コードを書かせる欄があります。
はっきり言いますが、身体表現性障害という病名のままだと、神経症だったり一種の詐病だとして取り扱われてしまいますよ。
主治医の先生ともども、そういうことは調べているんでしょうか。
主治医の先生が取れるようなことを言っているんですか?
正直、ずいぶん軽率だなという印象を持ちました。

統合失調症や気分障害(そううつ病のことです)としての症状がはっきり認められないと、身体表現性障害ではアウトです。
要するに3級になりようがありません。

精神の障害の場合、統合失調症や気分障害として年金の診断書を出すことになります。
といいますか、そうせざるを得ないんです。さっきも書いたように、神経症の範疇だとアウトですから。
また、精神科医や精神保健指定医に書いてもらわないといけません。
とは言っても、変形性股関節症以上に検査数値等で病態を示しにくい障害ですから、はるかに困難をきわめますよ。もう、ほんとうに甘くないんです。
厚生労働省がどうだの日本年金機構がどうだの、社労士やソーシャルワーカーがどうだのと文句を言っても始まりません(こういう文句はやめていただきたいです)けれど、表現はよくないのを承知で言えば、統合失調症やそううつ病の症状がしっかり見られるぐらい頭がおかしくなっているという状況証拠をきちんと示してかからないと無理です。

3級と3級とで2級になるか?
あちこちで回答が付いていますけれど、併合判定参考表という決まりから言って、あなたの障害の場合にはあり得ません。
精神の障害単独で2級以上(統合失調症やそううつ病として)になっていなければアウトです。
また、変形性股関節症がなかったのなら精神の障害は生じていなかったとすると、どういうふうに因果関係が認定されるかなという問題も出てきます。
相当因果関係の認定と言うのですが、これは、実はやってみないとわかりません。請求する時点ではわからないんです。そういう問題も出てきます。

身体表現性障害と言われたんですね?
精神の障害になるんですが、俗に言うヒステリーなので、神経症(ノイローゼ)の範疇です。

障害年金の障害認定基準の上では、神経症は、原則として認定の対象外ですよ。
ICD-10コードというもので、精神の障害として認める範囲が決められています。精神の障害の年金の診断書には、コードを書かせる欄があります。
はっきり言いますが、身体表現性障害という病名のままだと、神経症だったり一種の詐病だとして取り扱われてしまいますよ。
主治医の先生ともども、そういうこと...続きを読む

Q膠原病の症状とは

数年前より異様な肩の痛みや手足の痺れを患っており、病院では胸郭出口症候群との診断を受けています。

ですが最近腕の凝りが尋常じゃないのです。とにかく腕が硬い。
首・腕のどの部分を触っても凝りが凄く、刺激すると手先に痺れが走ります。
また、前は痺れると言っても手先が主だったのですが、最近は、正座をした後でもないのに、普通に歩いている途中に膝下から足先までが痺れてくるということが時々あります。

加えて最近、顔に赤い斑点のようなものが出始めました。
ニキビのように見えなくもないのですがそれにしては小さく突起もあまりないのです。
そもそもニキビはそんなに出る方ではなく、出ても数える程度なのですが、最近よくよく鏡を見たら全体に沢山出ていました。
ファンデーションで隠れる程度のものですが。

滅多に出ないのにおかしいなと思い、痺れの方と合わせて検索をかけてみたところ、膠原病のページに行き着き怖くなりました。

単純に仕事が昼から夜中までの仕事で、平均12時間労働という所から来ている単純な凝りやニキビのようなものかなとも思うのですが…
ちなみに20代前半の女で、社会人1年目のため仕事自体不慣れなので、ストレスはかなりかかっています。

この原因はなんなのでしょうか?
そして膠原病の症状とはまた違うのでしょうか?
どなたか詳しい方お答え頂ければと思います。

数年前より異様な肩の痛みや手足の痺れを患っており、病院では胸郭出口症候群との診断を受けています。

ですが最近腕の凝りが尋常じゃないのです。とにかく腕が硬い。
首・腕のどの部分を触っても凝りが凄く、刺激すると手先に痺れが走ります。
また、前は痺れると言っても手先が主だったのですが、最近は、正座をした後でもないのに、普通に歩いている途中に膝下から足先までが痺れてくるということが時々あります。

加えて最近、顔に赤い斑点のようなものが出始めました。
ニキビのように見えなくもな...続きを読む

Aベストアンサー

ご心配ですね。
私は専門家ではありませんが、何かお役に立てればと思い書き込ませて頂きます。

私は質問者様の症状とは違うのですが、以前膠原病を疑った事があります。
今の時代ネットで病気の症状など事細かく載っており、自意識過剰に陥りがちですが、やはり一番大切なのはきちんとした検査をし、必要ならば治療を受ける事です。

膠原病科という物が入っている病院はもちろんですが、一般的な内科でも検査してもらえます。

抗核抗体検査というもので、抗体の値を調べる検査です。
私も検査をしましたが、全くの異常なしでした。

私の場合は微熱・肌のかぶれのような症状・あとは
関節痛があり心配になり検査をしました。
しかし今では全く症状はなく、多分ストレスから来るものだったのではないかと思います。

一度内科でお話されたらどうでしょうか?
ご自分の身体の変化が分かるのは、ご自分だけなので。
悩まれるよりも、ご自分のために一度検査をしてみてください。

Q身体障害者への福祉制度について

このたび義父が脳出血により半身に運動障害が残ることになってしまいました。
現在は、リハビリセンターでリハビリ中ですが、自宅のバリアフリー工事必要となりました。
知人から『工事費の助成があるよ』と聞きました。それに加えて税制面においても減免措置等があると聞きました。
役所に聞くのが一番だと承知していますが、身体障害者にかかる福祉制度についてわかりやすく解説してあるHPなどご存知の方、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

下記に主な一覧があります。
但し、市区町村や都道府県、あるいは障害等級によっては受けられない措置も記載されているので、参考程度にしてください。
詳細は、お住まいの地域の福祉事務所等で聞く方が良いでしょう。

http://navi.city.hadano.kanagawa.jp/syougai-f/yuuguusotiseido.htm

Q膠原病のような症状があります。

病院に行っても治らないので質問をさせていただきます。
私の父は10日ほど前に39度の熱が出ました。2日ほどで熱が下がりましたが、その後とてもひどい口内炎と手足のしびれと関節痛の症状がでていて、何かに掴まらないと立ち上がれないほどです。39度の熱が出たときに近くの病院に行って抗生剤を3日分もらって飲んでいました。飲み終わっても熱が37.5度位あり、口内炎や関節痛が治らないのでまた3日分もらって飲みましたがあまりにも治らないので総合病院に行き血液検査をしてもらいましたが何の病気でもなく、薬も処方されませんでした。それでも痛いのでまた近くの病院に行ったら総合病院の感染症科の紹介状をもらいました。感染症科で血液検査をしたところリウマチにでるような数値はでていないので膠原病の疑いはありませんと言われました。風邪の菌がいろいろな症状をだしたのでしょうということでしたが、納得いきません。このような症状で考えられる病気はありますか?もう一度検査をしてもらいたいのでどんな検査をしてもらうとよいでしょうか?私はまったく病気に疎いのでわかる方がいらっしゃったら教えていただきたいと存じます。
よろしくお願いいたします。

病院に行っても治らないので質問をさせていただきます。
私の父は10日ほど前に39度の熱が出ました。2日ほどで熱が下がりましたが、その後とてもひどい口内炎と手足のしびれと関節痛の症状がでていて、何かに掴まらないと立ち上がれないほどです。39度の熱が出たときに近くの病院に行って抗生剤を3日分もらって飲んでいました。飲み終わっても熱が37.5度位あり、口内炎や関節痛が治らないのでまた3日分もらって飲みましたがあまりにも治らないので総合病院に行き血液検査をしてもらいましたが何の病気でもなく、薬...続きを読む

Aベストアンサー

膠原病という先入観を抜いて、しばらくたっても治らないようなら、もういちど病院に行ってみるのはどうでしょうか。
症状が変わらず継続しているというだけで診断が変わる可能性があります。

Q障害福祉制度での訪問介護について

このたび、療育手帳の等級がB1からAに変更されましたので、障害福祉制度の訪問介護を利用しようかなと思っています。
訪問介護と言っても、介護保険を使っての訪問介護とほとんど一緒の内容らしいのですが、介護保険を使っての訪問介護は医療費控除の対象になると聞きましたが、障害福祉制度を使っての訪問介護は医療費控除の対象となるのでしょうか?

Aベストアンサー

はい、対象になる場合があります。


自立支援法のサービス体系は下記p3の「新サービス」を見てください(細かいサービス内容や利用対象は、支給決定のときに市町村職員に教えてもらってください)。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/dl/9.pdf#page=3

このなかでホームヘルプやガイドヘルプに類するサービスは以下のとおりです。
【1-1】身体介護 ※居宅介護のサブカテゴリ
【1-2】通院等介助(身体介護を伴う) ※居宅介護のサブカテゴリ
【1-3】通院等乗降介助 ※居宅介護のサブカテゴリ
【1-4】家事援助 ※居宅介護のサブカテゴリ
【1-5】通院等介助(身体介護を伴わない) ※居宅介護のサブカテゴリ
【2】重度訪問介護
【3】行動援護
【4】移動支援事業 ※地域生活支援事業(市町村事業)の1つ


これらについて、控除の取り扱いは以下のとおりです。
■全額控除→【1-1】【1-2】【1-3】
■半額控除→【2】
■対象外→【1-4】【1-5】【3】【4】

【1-1】【1-2】【1-3】【2】に共通して「医師との適切な連携をとって提供されたサービスに限る」という条件が課されています。また、対象者は「傷病により寝たきり等の状態にある者」とされていますが、あくまで「等」なので、あまり気にしなくて良いのかもしれません。

居宅介護のサブカテゴリについては、ネーミングでサービス内容はなんとなくわかると思います。居宅介護のなかでも身体介護のように本人の身体をペタペタ触るサービス内容じゃないと控除の対象にならない、ということですね。

重度訪問介護は、全身性の肢体不自由者むけのサービスです。「療育手帳」ということですので、たぶん知的障害の方だと思います。とすれば、重複障害でない限り重度訪問介護はサービス利用の対象外となります。なお、重度訪問介護では、身体介護、家事援助、外出介護、見守り待機が総合的に提供されます。おそらく、サービス全体が身体介護に類する内容とは限らないという理由から、半額控除となっています。


なお、ホームヘルプ&ガイドヘルプ以外のサービスでは、以下が控除対象になるそうです。
【5】短期入所 ※遷延性意識障害(いわゆる植物状態)の場合に限る
【6】重度障害者包括支援 ※【1-1】【1-2】【1-3】【2】【5】のサービスに限る
【7】訪問入浴 ※地域生活支援事業(市町村事業)の1つ

また、複数種類のサービスを利用していて、控除対象のサービスと対象外のサービスを併用する場合には、事業者報酬額ベースで利用者負担額を按分して控除対象額を決めるそうです。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/061226/betten2-3.pdf


で、困ってしまうのが、この控除がマニアックすぎて税務署職員もよくわかってないことです。ですので、税務署に聞くときは、

■国税庁HPの「医療費控除の対象となる在宅療養の介護費用の証明について」のページを確認してください。

と教えてあげてください。回答日現在の最新ページは、たぶん下記です(平成18年12月26日付)。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/061226/index.htm

はい、対象になる場合があります。


自立支援法のサービス体系は下記p3の「新サービス」を見てください(細かいサービス内容や利用対象は、支給決定のときに市町村職員に教えてもらってください)。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/dl/9.pdf#page=3

このなかでホームヘルプやガイドヘルプに類するサービスは以下のとおりです。
【1-1】身体介護 ※居宅介護のサブカテゴリ
【1-2】通院等介助(身体介護を伴う) ※居宅介護のサブカテゴリ
【1-3】通院等乗降介助 ※居宅介護のサブカテゴリ
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報