国語の教科書か何かで読んだのですが、あるウソばっかり言う女の子(名前がニジマス?)が虹のふもとには金のお皿があると言い出し、探しに行くという物語だったと思うのですが、タイトルと作者がわかりましたら教えて下さい。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

shibako74 さん、こんにちは~☆



> タイトルと作者がわかりましたら教えて下さい。

作者 - ハンス・カロッサ (ドイツ/作家) 1878-1956
タイトル - 『幼年時代』 (1922)

下記のURLを、参考にしました。

下段の方にある『ドイツの作家、ハンス・カロッサの「幼年時代」という
小説を読んでいた折のことである。』を参照願います。

http://www.ne.jp/asahi/sun/star/nkoku/mihon98001 …


『ハンス・カロッサ』

開業医を父としてオーベル・バイエルンのテルツに生まれる。
第1次世界大戦には軍医として従軍。ナチス時代には、その
御用機関である「ヨーロッパ作家連盟」の会長を押しつけられる。
若い頃は流行の文学にはほとんど触れず、
もっぱらゲーテに傾倒していたという。

それが彼の文学の底流をなし、古典主義的な「静けさ」を彼にもたらした。
作品 『ドクトル・ビュルゲルの運命』『幼年時代』
『ルーマニア日記』『若き日の変転』『医師ギオン』
『青年の秘密』『美しき惑いの年』『狂った世界』など。


ではでは☆~☆~☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう10年も前のことです。この話が教科書に載っていて、参考文献で著者と題名もあり、いつか読もうと考えていたのですが、教科書をどこかにやってしまってずっとひっかかっていました。今回お二人のおかげでこの謎が解け、とても嬉しく思います。ありがとうございました。そのほかの作品も合わせて読んでみようと思います。

お礼日時:2001/10/04 17:11

ドイツの作家ハンス・カロッサの『幼年時代』

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本史の教科書についてです。 現在実教出版の教科書を使用しているのですが、人気な教科書はやはり山川と

日本史の教科書についてです。
現在実教出版の教科書を使用しているのですが、人気な教科書はやはり山川と聞きます。
センター試験で日本史を選択するのですが、実教出版の教科書でも充分でしょうか?
教科書の内容にさほど偏りはないものですか?

Aベストアンサー

教科書自体の内容はある程度枠が有り、その枠内で書いていますので、
大差はないと言えばないですが、執筆者によって表現が違ったり、
何処を重点的に説明するかは、個人差があります。

今後、センター試験の勉強に向けて日本史の勉強をされる際に、
山川の問題集・参考書を使用する予定があるのなら、副読本の感覚で、
山川の教科書を入手するのも宜しいかと思います。

山川の問題集では、「各国別」と「テーマ別」という問題集があります。
センターには最適の問題集の一つと言えますので、書店等で確認してみて下さい。

参考までに。

Q中学や高校の教科書に完全準拠した「数学」の「教科書ガイド」を中古で買い

中学や高校の教科書に完全準拠した「数学」の「教科書ガイド」を中古で買いたいのですが、
元の教科書の内容が、年度ごとに変わっていなければ新品と同じように使えますよね。

そこで質問ですが、教科書の内容は、教科書の検定日以降の発行年月日であれば、
教科書の内容(問題・答えの数字を含む)は同じでしょうか?
対象となるのは東京書籍の教科書です。

おわかりになる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

教科書は何年かに一度、改訂があります。

中学の教科書は、平成24年度に改訂の予定です。
それまでは、現行の物が使えます。

Q教科書ワークと教科書テストどちらがいいか

小学1年生になりました。最近書店に行くと、最寄の小学校の各科目のテキストに準じた、教科書ワークや教科書テストという冊子が売られています。中をぱらぱらとみたら、教科書の復習的なものかなと感じました。家で勉強するのに、ワークとテストどちらがよりいいかわかりません。お勧めはどっちでしょうか?経験などから、おわかりになればアドバイスいただけると、助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前、中学受験の指導をしていた者です。

結論を申しますと、どちらでも大差ありません。
ただ、子どもは大人よりも分析力が低いです。したがって、小学校高学年くらいまでは(子が分からないところについては、)親が子に教えることができるというのがベストだと思います。したがって、解説をみて、親としてどちらが分かりやすいと感じるか、そして、その解説を子どもに教えて易いと感じるのはどちらであるか、この2点を考えて選んでみてはどうでしょうか。
本を選ぶ際は、予め読むテーマを決めておいて、それぞれ5分から10分程読んで比較してみることをおすすめします。

親が子に勉強を教える際のポイントは以下のようなものです。
例えば、特に小学3年生に国語(特に文法)を教えるのは難しいので、今の内から備えておくことをおすすめします。中学受験の国語ともなると、大学受験の国語とレベルは大差ありません。文法のルール、文章読解のルールなどを小さい子に教えるのはとても苦痛な作業です。以上のことから、親が参考にする図書は、子どもの学年にとらわれずに自分にとって分かり易いものを選ぶと良いと思います。

以前、中学受験の指導をしていた者です。

結論を申しますと、どちらでも大差ありません。
ただ、子どもは大人よりも分析力が低いです。したがって、小学校高学年くらいまでは(子が分からないところについては、)親が子に教えることができるというのがベストだと思います。したがって、解説をみて、親としてどちらが分かりやすいと感じるか、そして、その解説を子どもに教えて易いと感じるのはどちらであるか、この2点を考えて選んでみてはどうでしょうか。
本を選ぶ際は、予め読むテーマを決めておいて、それ...続きを読む

Q虹が8色

虹の色が8色以上あるというのが「常識」である文化を持つ民族ってありますか? 7色よりは少ない という文化・言語なら、聞いたことがあるんですが。

Aベストアンサー

1番の者です。
アフリカのアル部族では現在も8色とされているようです。
日本カラーイメージ協会のページにありました。
http://www.j-color.jp/r_02.php

ただ、その部族がなぜ8色としているかなど根拠の部分までは見つけられませんでした。

Q水の結晶はウソ?

今日の昼にやっていたニュース番組で
水の結晶について報道をしていました。

その内容は
「ありがとう」という言葉を貼り付けて凍らせると
綺麗な形をした結晶が出来るのに対し、
「ばかやろう」という言葉を貼り付けて凍らせた方は
汚い形になる。水は綺麗な言葉を見分ける。
しかし、実際にはそんなことはなく、
教育現場ではこの間違った話をよく使うとかという内容でした。

当方も似たようなことを聞いたことがあります。
毎日、「ありがとう」という言葉を話しかけた水は
綺麗な結晶で、飲むとおいしいのに対し、
毎日、「バカ」と話しかけた水は
汚い結晶で、まずいということなんです。

昼の番組では、ただ「言葉」を貼り付けて、凍らすだけでした。
原因は水が綺麗な言葉を見分けるということでした。

当方が聞いた似たようなことの原因は
言葉を声に出すことで、その声の振動が水に影響与える。
特に、鼻濁音は大きな影響を与えて、結晶の形を崩しやすいとかなんとかって聞いていたのですが・・・・。

やはり、当方が聞いたこの似たようなことも
デマというか全くのウソなんでしょうか?

物理やら化学などの科学的なことがさっぱりダメなので
ご存知の方、是非ともお教えください。

今日の昼にやっていたニュース番組で
水の結晶について報道をしていました。

その内容は
「ありがとう」という言葉を貼り付けて凍らせると
綺麗な形をした結晶が出来るのに対し、
「ばかやろう」という言葉を貼り付けて凍らせた方は
汚い形になる。水は綺麗な言葉を見分ける。
しかし、実際にはそんなことはなく、
教育現場ではこの間違った話をよく使うとかという内容でした。

当方も似たようなことを聞いたことがあります。
毎日、「ありがとう」という言葉を話しかけた水は
綺麗な結晶で、飲む...続きを読む

Aベストアンサー

教育系の研究者です。科学的な点については,他の方が回答して下さった通りです。

>教育現場ではこの間違った話をよく使うとかという内容でした。

はい。さすがに今では無くなりましたが,2,3年前はかなり流行っていました(そのテレビ報道,いささか情報が古いですね)。この「実験」を元にした道徳授業は,TOSSという,かなり大きな教育団体(教員が作る研究団体)が推奨したことで,特に若い教員の間で広がり,全国でやられました。

私も一度,そうした授業を見たことがあります。授業そのものはともかく,題材があまりにも非科学的なので驚きました。この話を,大学に戻って同僚と話したところ,文系の研究者と理系の研究者で全然違う反応をするので,こちらも面白かった経験があります。

もちろんどちらも批判的なのですが,
理系の研究者は,他の回答者の皆さんと同じ反応をします。つまり物理的にあり得ないし,実験としての再現性も無いものを科学とは言わない,という反応です。

文系の研究者は,人の行動規範や行動の価値は,水などという無機物(この場合は非生物という意味)に教えてもらわなければならないものか? 自分の頭で考えること,人との関わりの中で考えること,が大事なのではないか,という点からの批判をしていました。

「メルヘン」として某氏がこの本を出すこと自体はともかく,それを教育の現場で題材として取り上げることの意味を,文系・理系では全く違う観点から批判します。私はどちらの観点からの批判も大事だなぁ,と思いました。

教育系の研究者です。科学的な点については,他の方が回答して下さった通りです。

>教育現場ではこの間違った話をよく使うとかという内容でした。

はい。さすがに今では無くなりましたが,2,3年前はかなり流行っていました(そのテレビ報道,いささか情報が古いですね)。この「実験」を元にした道徳授業は,TOSSという,かなり大きな教育団体(教員が作る研究団体)が推奨したことで,特に若い教員の間で広がり,全国でやられました。

私も一度,そうした授業を見たことがあります。授業そのものはとも...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報