最新閲覧日:

私は団塊の世代で戦後の新しい教育を受けてきました。と言っても新旧の端境期で学校の廊下には「静かに歩きませふ」と有ったのを覚えています。義務教育での国語はもちろん当用漢字で教わりました。高校位になると「古文・漢文」が必修ですが、先生・先輩とか大人の人から旧漢字の覚え方を習いました。  
例えば:
「櫻」=「二階の女が木にかかる」→ 「桜」
「欒」=「イトシ・イトシと言う心」→「恋」
「學」=「メメ・ヨヨ・冠・子」→  「学」
「桜」と「恋」は色っぽいなって感じました。「学」の読み方は無理がありますね。
そこで、外の旧漢字で読み方が有ったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。


「壽」=「さむらいの笛1インチ」→「寿」
というのをテレビで見た記憶があります。
なぜか印象が強くて覚えてしまった高校生(当時)でした。

この回答への補足

「恋」は「欒」としましたが「戀」でした、お詫びし訂正いたします。

補足日時:2001/10/05 10:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事有難う御座います、「寿」は「壽」である事は承知してましたが、覚え方は初めてです。貴重な覚え方有難う御座いました。

お礼日時:2001/10/05 11:02

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ