離婚時に子供がどちらの親と暮したいか、また養子縁組などで子供の考えが認められるのは、何歳くらいの子供ですか。またそのような法律はありますか。

A 回答 (2件)

#1の年齢は行為能力と呼ばれているもので、法律上有効に法律行為をすることができる年齢のことで、財産法では20歳、家族法では遺言15歳、結婚18歳、16歳などと誰からでもわかるように形式的・画一的に法定されています。

しかし、質問の内容は行為能力ではなく、本人の意思が法律行為の上で有効とされる意思能力の問題と思われます。意思能力は行為能力と違い。個別具体的に年齢を決定することになります。当然、法律では定められていません。一般には7~10歳で意思能力は認められています。実際にも、小学生になっていれば、認められるケースが多く、10歳にもなっているとほとんど認められています(事案・個人により違います)。それ以下の場合でも参考にされます。
    • good
    • 0

j516さん、こんばんわ。



離婚時に子供の意見が認められるのは、(どちらの姓を名乗りたいかも含めて)
15歳からです。

多くの裁判判例も出ており、調停上でも有効です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐに、返事をいただき有難うございます。

お礼日時:2001/10/04 22:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q意思能力と行為能力の関係について

法律行為を行うには権利能力・意思能力・行為能力の有無が関係するようですが、その中で「行為能力」があまりよくわかりません。
自ら瑕疵のない完全な法律行為をなし得る能力と書いてあるのですが、わかりやすく言えばどういうことですか?
また「意思能力はあるが行為能力がない」という場合はどういう時でしょう?
逆に「行為能力はあるが意思能力がない」場合というのもあるのでしょうか?
みなさんよろしく御教授お願いします。

Aベストアンサー

「自ら瑕疵のない完全な法律行為をなし得る能力」をもう少し単純化すると「法定代理人によって取消されることの無い法律行為をする能力」となります。

未成年者や、成年被後見人などの法律行為は、一定の場合、法定代理人によって取消すことができます。このような取消される可能性のある法律行為をさして、行為能力に欠ける法律行為といいます。

行為能力の有無は、その人が、未成年者であるとか、成年被後見人とされてるなどの事情から、形式的に決まるものであり、実際に、その人がどのような能力をもっているかということとは、直接関係しません。

事理弁識能力に欠けるとか、事理弁識能力が低い者、つまり、意思能力に欠けた法律行為をしてしまいそうな者を、個々の法律行為の際の意思能力の有無を判断しなくても、定型的に保護できるようにするための制度が、行為能力の制限です。

>意思能力はあるが行為能力がない
・19歳の通常の成年であれば、ほぼ大人と同様の事理弁識能力がありますので意思能力は認められますが、法律上、保護者による取消しが認められますから行為能力はありません。
・認知症で事理弁識能力が欠ける常況にあるとして成年被後見人となったものが、一時的に事理弁識能力を回復した時にした法律行為は、意思能力は認められても、成年後見人により取消し可能であり、行為能力は認められません。

>行為能力はあるが意思能力がない
・健常な成人が泥酔常態でした法律行為は、事理弁識能力が無い時にした法律行為のため意思能力に欠ける行為として無効の主張はできますが、法定代理人による取消は主張できませんから、行為能力はあることになります。
・事理弁識能力が欠ける常況にあるが、成年被後見人や被補助人とされていない者がした行為も、意思能力に欠け無効の可能性が高いですが、法定代理人による取消しはできませんから、行為能力はあることになります。

「自ら瑕疵のない完全な法律行為をなし得る能力」をもう少し単純化すると「法定代理人によって取消されることの無い法律行為をする能力」となります。

未成年者や、成年被後見人などの法律行為は、一定の場合、法定代理人によって取消すことができます。このような取消される可能性のある法律行為をさして、行為能力に欠ける法律行為といいます。

行為能力の有無は、その人が、未成年者であるとか、成年被後見人とされてるなどの事情から、形式的に決まるものであり、実際に、その人がどのような能力をもっ...続きを読む

Q普通養子縁組と特別養子縁組の違いについて

3月1日に再婚するのですが、子どもの籍は私個人の籍に入っており、彼も養子縁組をしたいと言っています。
調べていくうちに普通養子縁組と特別養子縁組があることを知り、その定義の違いについてよくわからないので、どなたか教えていただきたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 回答者が違いますが,#4の補足質問について
 試験養育期間は民法817条の8第2項で,審判の申立時から起算して6ケ月以上で,ただし,申立前の監護状況が明らかなときは,実際に監護が始まったときから起算する旨が記載されています。
 あなた方のケースでは半年同棲ということですから実際の監護はあるのですが,裁判所には状況が明らかとは言えません。原則では,家裁調査官が調査することになっているので,公的機関の監護記録がなければこの期間はカウントされないと考えられます。

 普通養子縁組後の特別養子縁組は,一般的にいって特別養子にすることで子の監護状況が向上するものではないとされ,疑問視されています。

 因みに大前提である特別養子の年齢要件をクリアしてますか?
 あなた方の年齢が25歳以上(片方がクリアしていれば一方は20歳以上)
 子が8歳未満(原則は6歳未満)
 
 なお,審判官(裁判官のこと)の考え方で試験期間や普通養子から特別養子にすることの判断が変わる可能性がありますので,申立予定の家裁へ実際に相談することをお勧めします(申立前に結論は教えてもらえないのは当然ですが,傾向等について書記官や調査官がアドバイスしてくれることもあります)。

 回答者が違いますが,#4の補足質問について
 試験養育期間は民法817条の8第2項で,審判の申立時から起算して6ケ月以上で,ただし,申立前の監護状況が明らかなときは,実際に監護が始まったときから起算する旨が記載されています。
 あなた方のケースでは半年同棲ということですから実際の監護はあるのですが,裁判所には状況が明らかとは言えません。原則では,家裁調査官が調査することになっているので,公的機関の監護記録がなければこの期間はカウントされないと考えられます。

 普通養子...続きを読む

Q意思能力について

認知症の患者が宗教に500万円ぐらいの献金をしたこれは患者の全財産であった。
患者自ら納得しての事だから認知症であっても意思能力があったので問題ないと言う意見がある。
一方これは宗教に洗脳されていたし認知症であった事等から、意思能力が無かったと判断する考えがある。意思能力が無かったと証明する方法、又は証拠を出すにはどうしたらよいでしょうか。認知症患者の実子である私を助けてください。

Aベストアンサー

(今までの質問者様のご懸念を整理)

認知症で元宗教法人代表の91歳で昨年なくなった母親が 生前教会に同居していた後任の代表者とその家族に 代筆の委任状により郵便局から月23万円を12年から15年までの3年間支払っていたのですよね。

その内容は生活費と宗教法人への寄付という名目で本人の意思であったと主張して返す気は無いといわれていた。
昨年の8月に一度 もう請求は無しにすると連絡したが それは取り消したいと思っている。

教会の60年間平成11年まで勤めた代表時代 報酬を得ていない母に対して後任の代表は報酬を得ている。

当時の診断書は残っている。
弁護士に相談したら まだらボケという話もあり その日常を記録した物が無ければ難しいといわれた。
預金等金銭管理に問題を生じていた事実はある。

かなり色々と証拠を集めてきて ここまで準備して請求しては断られて 更に 弁護士に相談しては難しいといわれて または料金が心配で依頼していない。

かと思えば 時に私は訴えられるでしょうか?と貴方がその被告人の立場で質問もなさっていますよね?自分がやったことがばれたら自己破産しなければいけないのだろうか?とか 心配で色々とここで質問してみて 言い訳を考えている用にもプロファイルできます。


(質問者様の今までの質問内容の 矛盾に対する 分析)
A
恐らくここに書いている状況は特定できないように多少事実関係を変えて書いている。しかし 3年にもわたり消えない上に解決しない問題として 貴方が抱えている問題があるのは間違いの無い事実。

B
     一貫して事態が何も進行していないのが特徴。

 全て頭の中での行ったり来たり考えているだけで 実際には裁判所に電話で聞くこともしていない。 下手したら 相手にお金を請求すらしていないのかもしれない。
 
C 
     本当に被害者の実子であるかどうかが疑問。

実は推定相続人や 実子の子の立場であるので口は出すが自身には何の権利も無い。 事実関係も実は一部しか把握していない。

D
 じつは (何回か訴えられる側から質問をしているが)本当は訴えられる事の心配が続いている。それで 色々ケーススタディーをして 防衛策を練っている。 実際には訴えられた事は無い。
       でも ちょっとそうなる心配もある。


(考察)
後見人を設定する事で本人の代理人になりうるのか?
意思能力を判断する診断とはどのような物なのか?
寄付といわれたらどうなのか?
生活費といわれたらどうなのか?
本人の頼まれたといったらどうなのか?
本人死亡したら遺族が調べれば請求される物なのか?
そうであれば時効はどのくらいで時効なのか?
意思能力が無かったと証明する方法があるのか?
請求されて支払能力が無かったらどうなるのか?
宗教団体が洗脳したといったらどうなるのか?
親族としての相談にはどう対応をされるものなのか?
 
といった質問者質問の目的は 
体裁はともかく 自ら実行するための悩みというよりは リサーチと捉えた方が適切。と判断。

(回答 参考意見)

「3年も訴えられないし請求もかなわないのだからあきらめましょう」
それか
「裁判とは戦いですあらゆる人に依頼して 自分で戦いましょう」


参考になれば幸いです。

(今までの質問者様のご懸念を整理)

認知症で元宗教法人代表の91歳で昨年なくなった母親が 生前教会に同居していた後任の代表者とその家族に 代筆の委任状により郵便局から月23万円を12年から15年までの3年間支払っていたのですよね。

その内容は生活費と宗教法人への寄付という名目で本人の意思であったと主張して返す気は無いといわれていた。
昨年の8月に一度 もう請求は無しにすると連絡したが それは取り消したいと思っている。

教会の60年間平成11年まで勤めた代表時代 報酬...続きを読む

Q父が養子縁組した人と兄弟関係を解消する方法。父が養子縁組をした方と兄弟

父が養子縁組した人と兄弟関係を解消する方法。父が養子縁組をした方と兄弟関係を解消したいと思います。どのような法的手続きを行えばよいでしょうか?私(独身)の遺産の五分の一を見ず知らずの他人に渡るのが理解できないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>父が養子縁組をした方と兄弟関係を解消したいと思います。

 兄弟関係を解消する法的手続はありません。しかし、兄弟姉妹がご相談者の相続人になった場合において、その半血兄弟に相続をさせたくないと言うことでしたら、例えば、全財産を全血兄弟に相続させる旨の遺言をすればよいです。兄弟姉妹には遺留分がありませんから、その半血兄弟が相続をした全血兄弟に対して遺留分減殺請求をすることはできません。

Q民法上の意思能力(少年法に関連した疑問)

民法をかじりはじめたものです。未成年など制限能力者は、意思能力の欠如や不満によって制限されてるんですよね?で、意思能力というのは"行動した結果を予測する能力"だったと思います。少年法で殺す意思が明らかで、殺すために行動して、結果相手がなくなっているのに、なんで未成年が保護されるのでしょうか?(まぁそういう法律だからといえばそこまでですが・・・)矛盾を感じています。意思能力というのはもっと深いもので、相手の死によってどのような事態になりえるか?ということを予測できる力。と考えるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

少年法で保護される部分は刑罰の部分ですよね。
民事上のいわゆる損害賠償などは相手が少年の場合でも保護はされません。(親権者が代わって損害賠償を請求されるということはありますが、実際には未成年者本人に対する請求ですので未成年者が免除されるということではないです)
また、民事上は過失、故意にかかわらず損害賠償の対象になっていますので、殺害の意思がある場合は刑事罰上の特例にはあたるかもしれないですが、民事上では過失であっても損害賠償請求されてしまいます。

まずは少年法および刑法などを勉強し、民事上の問題と刑法上の問題を区別して考えた方がいいと思いますよ。

Q養子と養子縁組、普通と特別養子って?

私に弟が1人います。子供が出来ないので養子をとることになりました。
が両親と私の推薦状がほしいと手紙が届きました。
私としては養子のことは考えてなかったので勉強不足でわからないです、自分にも3人の子供がいて高三、高一、中二です。
相続とかの問題もあったりするので、里親制度などもあるとかと聞いているのですが。
自分のこどもに損が出ないようにしたいのですが、おしえてください、お願いします。
私47歳、妻42、両親父75歳、母71歳、弟39歳、妻36歳養子にする予定の子供4月で1歳

Aベストアンサー

特別養子とは、6歳未満子供が対象で、特に必要がある時に子供とその実の親との法律上の親族関係を消滅させ、実親子関係に準じる安定した養親子関係を家庭裁判所が成立させる縁組制度です。

養親となる者は配偶者があり25歳以上の者で、夫婦共同で養子縁組をする必要があります。また、離縁は禁止されています。

ですから弟さんに実の子どもができたときと同じ相続関係も成立します。

つまり、年齢の順番に亡くなった場合、相続では特に問題は発生しません。

ややこしくなるのは、弟さんがご両親より先に亡くなった場合です。

養子を取らなければ、相続分はすべてあなたか、あなたも亡くなっていればあなたのお子さんへ権利が移ります。

養子がいれば、その子供に代襲相続の権利が発生しますので、養子半分、あなたか、あなたも亡くなっていればお子さん3人に合計で半分と言うことになります。

でも、普通に考えればの子供が親より先に亡くなるということの方が可能性としては低いので、そんなに悩むこともないでしょう。

あなただけが親御さんより先に亡くなっても、お子さん3人と弟さんで相続するので養子がいるかどうかは関係ありません。

特別養子とは、6歳未満子供が対象で、特に必要がある時に子供とその実の親との法律上の親族関係を消滅させ、実親子関係に準じる安定した養親子関係を家庭裁判所が成立させる縁組制度です。

養親となる者は配偶者があり25歳以上の者で、夫婦共同で養子縁組をする必要があります。また、離縁は禁止されています。

ですから弟さんに実の子どもができたときと同じ相続関係も成立します。

つまり、年齢の順番に亡くなった場合、相続では特に問題は発生しません。

ややこしくなるのは、弟さんがご両親より...続きを読む

Q判断能力、意思能力

15歳になれば、判断できる能力、意思能力があるというのを聞いたことがあるのですが、その根拠は何ですか?ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。

かつては13歳で元服とか、15歳で家を継ぐことも当然のようにあり、そういった社会的な背景があったわけですが…。


現代における15歳というのは一般に、義務教育の終了を迎え、自らの意志で進学/就労といった進路選択をする時期にあたります。多少の個人差はあるとはいえ、おおむねそれだけの権利が付与できる程度に成長しているというのが、建前です(現実にも、本人が最終的に進路を決めることが多いでしょう)。


ちなみに、判断できる能力や意思能力などは3歳の幼児ですら有していると私は思っています。要はその判断能力・意思能力などが、どの程度まで社会的に信頼・容認されるかという、責任と権限付与の問題です。


近年、犯罪に対する法律の適用年齢が14歳にまで引き下げられたかと思います。これは現代の青少年の判断力が以前より向上したというよりも、重大な犯罪の低年齢化による抑止力として、年齢設定を現実的なものにするために変更されたと見るべきでしょう。


他国では16歳からビールが飲めたりするし、特に15歳とか18歳とか20歳とかの区別に、発達段階による厳密な理由があるわけではないのかな、と思います。むしろ社会情勢や教育制度による、後付けの理由みたいな印象が強いです。15歳で中学卒業、18歳で高校卒業ですから。そして段階的に自由と責任を増していく現在の制度は、教育的だと私は思います。


こういうことで、よかったでしょうか?
参考になれば幸いです。

はじめまして。

かつては13歳で元服とか、15歳で家を継ぐことも当然のようにあり、そういった社会的な背景があったわけですが…。


現代における15歳というのは一般に、義務教育の終了を迎え、自らの意志で進学/就労といった進路選択をする時期にあたります。多少の個人差はあるとはいえ、おおむねそれだけの権利が付与できる程度に成長しているというのが、建前です(現実にも、本人が最終的に進路を決めることが多いでしょう)。


ちなみに、判断できる能力や意思能力などは3歳の幼児ですら有してい...続きを読む

Q養子縁組・養子(婿養子)・後継ぎの事で教えてください。

養子縁組・養子(婿養子)・後継ぎの事で教えてください。

この度、嫁方の父がなくなり嫁の実家に行く事になったのですが、養子縁組で入った場合、血縁関係が発生し、相続税対策にも良いと知っていますが、後継ぎ・婿養子で入った場合は血縁関係が発生しないそうですが、その場合、嫁には相続が発生し、嫁が財産をすべて相続してこれから先に夫、子供より先に亡くなった場合、相続の分配は法律上でどのようになりますか?
☆嫁には兄弟が2人います。
☆姓は嫁方の姓に変えて後継ぎ・婿養子とも嫁の姓に変えようと思っています。
☆養子縁組した際に夫に相続分配した後々離婚した場合、嫁方の方に返すのでしょうか?

◆上記の相続の対象は土地です。

Aベストアンサー

>嫁には相続が発生し、嫁が財産をすべて相続してこれから先に夫、子供より先に亡くなった場合、相続の分配は…

普通の嫁入り婚で、夫と嫁とを置き替えて考えれば良いだけです。
つまり、夫が 1/2、残り 1/2 を子供の数で均等に分割です。
http://minami-s.jp/page008.html

>☆嫁には兄弟が2人います…

実子がいる限り、兄弟は関係ありません。
というかそもそもその前段階、親から嫁が相続する時点で、嫁が独り占めできるわけではなく、兄弟で均等に分割です。
その後嫁が亡くなったときは、もう兄弟は関係ありません。

>☆養子縁組した際に夫に相続分配した後々離婚した場合、嫁方の方に返す…

そのような法律上の規定はありません。

>◆上記の相続の対象は土地です…

土地を兄弟の数で切り刻んでしまうか、嫁が独り占めして他の兄弟には嫁が応分の現金を支払うかどちらかです。

Q意思能力ない人の選挙

認知症の高齢者等、意思能力のない人の選挙権は、どうなりますか?投票ができますか?

Aベストアンサー

投票できます。

選挙だけでなく、リフォームや訪問販売だけでなく、悪質な親戚などいろいろ悪用されていると思います。

Q義母は法律上の母親(養子縁組しているの)でしょうか

私が幼少の時実の両親が離婚し、父は私を引取り今の義母と入籍(父の姓)再婚しました。私の戸籍を調べたところ母の欄は生みの親のままです。これって義母は法律上私の母親ではないということなのでしょうか。(私と養子縁組してないのでしょうか?)事情があって親に聞けないので分かる方おしえていただければ幸いです。…

Aベストアンサー

養子縁組されていれば自分の戸籍には養子縁組の記載と養母の氏名の記載があります。
なければ、法律上はほぼ他人(あなたから見て義母は父の妻、義母からみてあなたは夫の子)です。
扶養の義務のなければ相続権もありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報