最新閲覧日:

1)O- および P-ニトロアニリンの調整法として次に示した一連の反応が直接ニトロ化よりも好んで用いられる理由に ついて 


2)アセトアニリドのニトロ化を0~10℃ではなく100℃で行った場合にはどんな生成物が得られると考えられるか


これら 二つについて 解答 または 参考資料について
教えてください

お願いします

A 回答 (3件)

rei00 です。



「有機化学」の教科書は見付けられたわけですね。それでしたら,最後の所に「索引」がありますので,「ニトロ化」,「ニトロアニリン」,「親電子置換反応」等を探して見て下さい。
    • good
    • 0

rei00さんの回答に同感です!


>教科書は やはり 存在しないので なにを 参考にすればいいのか

どう言う意味でしょうか・・・・????
少なくとも図書館で「有機化学」の成書を探しましたでしょうか・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

プリントだけで 配布されたのです。
授業で 教科書を 使わないので。。。


有機化学 について 探しましたが 本の量が多すぎて
全てを 読み切れないし 見出しでそこまで 載ってるのが なかなか 見つからないのです。

補足日時:2001/10/05 09:07
    • good
    • 0

 何かレポ-トの様ですが,教科書はご覧になりましたか。

一番の参考資料は教科書ですよ。

 なお,1)については,「次に示した一連の反応」が書かれていませんので,回答のしようがありません。

この回答への補足

申し訳ないです。

C6H5NH2------------→C6H5NHCOCH3--------------→o/p-O2NC6H4NHCOCH3
(CH3CO)2O HNO3 H2SO4

------------→o/p-O2NC6H4NH2
H2O H+


この反応です。

教科書は やはり 存在しないので なにを 参考にすればいいのか
わからないのです。

補足日時:2001/10/04 20:22
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報